KIMUTATSU BLOG
木村達哉のブログ「キムタツブログ」

kimutatsu

知識→知恵

Posted on: 2019年6月27日(木) 10:39

743

今日は神奈川県立の高校の先生方が何人かで授業見学に
いらっしゃっています。僕の授業なんかがお役に立てば
いいのですが。

授業は1学期ずっとリスニングが中心でした。

ジョブズ、マララ、オバマといったセレブリティの演説、
CNNニュースなどを使って行いました。

それだけだと全く足りませんので、家庭用の教材として
『夢をかなえるリスニング①』と『夢をかなえるリスニ
ング②』とを、計画表(案)と共に配付しました。

けっこうなリスニング力が付いてきたように思います。

リスニングといってもこういう教材が全てではありません。

単語を覚えるのも英文法を復習するのもリスニングの勉強。

特に単語の発音は大事です。自分が正しい発音で英語が
読めるから聞き取れるというものです。

英文法の知識もかなり大事。英文法の知識があれば推測
しながら聞くことができるからです。

ですので、全ての授業で単語と文法をやっています。

詳細は書きませんが、さすがに3か月間毎日ですからね。
単語と文法とリスニング、毎日。

2学期は毎日ライティングをやります。受験指導的なこと
に関しては2学期で終わり。3学期からは英語を使うこと
を意識していろいろやってもらいます。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
数学みたいに発想力が要るわけではありませんからね。
英語の勉強はその点では楽です。知識が点数になります。
問題は3学期から始まる「知恵」の部分です。

 


kimutatsu

週末は高知です

Posted on: 2019年6月26日(水) 23:20

kochi2

今週末は高知でセミナーを開催するんですよ。高知といえば
ひろめ市場でしょ?初めて行ったときは驚きましたよ。

かつおのたたきってこんな風に作ってるんや!と。

kochi3

んでもって、ひろめ市場って昼間っからこんなんじゃない?

kochi4

うわ、高知!いいなぁ!と。

当時はアルクにいた石川君と「1杯ぐらいいいでしょ」と
言って、昼間から生ビールの大をいただきました。

1杯だけのつもりでした。

さて、リスニングの勉強法や指導法についてお話をしよう
と思っております。どういう勉強や指導をすれば、我々の
リスニング力は向上するのかというお話を。

単に問題集をやってもなかなか上がりませんからね。

共通テストではリーディング100点、リスニング100点とい
う配点になりますし、現在の高2以上はリスニングを勉強
するチャンスとなります。

参加してくださる方々に役立てていただけるよう、いつも
どおり心を込めてお話をさせていただきます。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
お申し込みはこちらからお願いいたします。

 


kimutatsu

コラボイベント

Posted on: 2019年6月25日(火) 20:45

yumoto

左から酒井社長、紀伊國屋書店梅田本店の湯本店長、僕です。

スコアはともかくとして楽しい時間を過ごしました。

スコアはともかくとして。

場所は千刈カントリークラブ。関西学院大のゴルフコースで、
関学の卒業生である湯本店長と僕はかなり喜んでおりました。

この前書いたのですが、紀伊國屋書店梅田本店さんは50周年
です。そしてアルクも50周年なんです。

sakai

先日それでアルクの六波羅さんと水野さん&酒井社長とで
打ち合わせをしまして、秋にイベントしませんかという
ことになりました。紀伊國屋書店梅田本店とアルクとの
コラボレーションイベントということですね。

また詳細が決まりましたらこちらに書きます。

一般の方々にご参加いただいて、成績を上げるための方法
についてお話ができればいいなぁと思っています。

 

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました!
スコアについては絶対に聞かないで。泣

 


kimutatsu

福島&沖縄

Posted on: 2019年6月24日(月) 22:16

742

東日本大震災が2011年に起こりました。当時は灘校の教員で
あった前川君が灘を退職して福島に移住。

ふくしま学びのネットワークを立ち上げました。

僕はアドバイザーという形で支援をさせていただいています。

年に数回、ボランティア活動で高校生無料セミナーを開催し、
福島県の生徒たちに英語を教えています。

また、彼に触発されて、おきなわ学びのネットワークを自分
で作りました。興南学園理事長兼校長兼野球部監督である
我喜屋先生に理事長をお願いし、僕は理事を務めています。

01

7月14日(日)にふくしま学びのネットワークが主催します
夢をかなえる勉強法が開催されます。生徒対象です。

000

また、7月30日にはおきなわ学びのネットワークが主催する
教員向けセミナーが開催されます。場所は興南高校です。

沖縄のは僕が主催していますので、誰でも参加して頂けます。
学校の先生方はもちろん塾を経営されている方でも問題は
ありませんが、ボランティア活動ですので客気分で参加して
いただくと困ります。全員がスタッフですし、ゴミなども
出してもらっては困ります。

福島にしても沖縄にしても、これからも続けていこうと思い
ます。なかなか資金的に大変なのですが、ここまで続けて
きましたし、多くの先生方に支えてもらっていますからね。

灘の生徒たちも「大学に行ったらボランティアのお手伝いを
させてほしい」と言ってくれています。

嬉しいことです。ボランティアなので誰にも交通費などを
お渡しすることができないんですけどね。

それでも福島や沖縄にたくさんの方々がスタッフとして参加
してくださるのはありがたい限りです。

参加してくれる生徒たちや先生方の力になれるよう、準備を
しっかりとして臨もうと思っております。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました!
沖縄は英語の指導法については僕が、国語の指導法に
ついては興南の伊佐君が講師を務めます。

 


kimutatsu

明豊(大分)の生徒たち

Posted on: 2019年6月23日(日) 9:59

meiho

大分県の明豊高校野球部の生徒たちです。後藤先生が写真を
送ってくださいました。手には『ユメタン』と『5ステージ』
を持っています。

英語を頑張る甲子園出場校!

明豊高校と言えば、春の甲子園の選抜でベスト4でした。
この写真の生徒たちはまさに甲子園を駆け回った生徒たちで、
この夏の出場を目指して日々練習しているそうです。

野球が好きな僕としてはかなり嬉しいです。

甲子園の大会、どうしても僕の本を使ってくれている高校が
出場すると応援することになります。

夏の甲子園の決勝戦で大阪桐蔭と三重が戦ったことがありま
した。甲子園近くに住んでいますので応援に行きました。

が、一塁側でも三塁側でも応援できず。

というのも、両校とも『ユメタン』を使ってくれている学校
だったのですよ。どちら側にもつけないなと思って。

というわけで、センターバックスクリーンの横で応援させて
いただきました。

その中からプロに進んだ選手もいましたが、野球だけでなく、
英語の勉強も頑張っていて、そのなかで僕の『ユメタン』や
『5ステージ』を使ってくれていることが嬉しかったです。

明豊の高校生たち、甲子園で待っています!

でも野球だけの人間ではなく、勉強も野球も何もかも努力し
人生を多方向に愉しめる人間であってほしいと願っています。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました!
沖縄の予選が始まりました。新聞のスポーツ欄で全ての
都道府県の予選結果をチェックする日々が始まります。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 学校訪問  

kimutatsu

ジュンク堂書店那覇店さんにて

Posted on: 2019年6月22日(土) 23:28

junku_naha01

ジュンク堂書店那覇店さんの様子です。多くの書店さんで
僕の本をこういう形で並べてくださっています。

当たり前のように見えますが、全然当たり前じゃないです。

本を出しても書店さんに置いてもらえない作家さんはたく
さんいらっしゃるのです。全ての本を並べるような場所は
書店さんにはありません。

大好きな沖縄の書店さんでこうやって置いていただけるこ
とに感謝しています。ありがとうございます。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました!
そういえば紀伊國屋書店梅田本店さん、今年が50周年。
アルクも50周年。なにかやればいいんじゃないかなぁ。

 


kimutatsu

ペアワークとかさぁ

Posted on: 2019年6月21日(金) 19:33

019

文部科学省がアクティブラーニングがなんたらかんたらと
言い出して(すでに言ってないけど)以来、授業中に
ペアワークとかグループワークを入れるとアクティブで
いい授業!みたいな価値観があるんですよ。

ペアワークとかグループワークの意図というのかな、目的
というのかな、そういうものを教員がしっかり持ってない
場合には「とりあえず活動してまーす」的になります。

本当は教員がひとりひとりチェックしたほうが、生徒たち
同士でチェックし合うよりいいに決まってるんです。

アマチュア同士でなにかやったって、相手の発音のまずさ
を指摘することなどできず、内容理解もろくにできない
ものですから、「とりあえず活動してまーす」になります。

北欧の教育を真似ようってことで、不勉強な文部科学省が
言い出したそうですが(中教審のメンバーに聞いたこと)
北欧の教育を真似るなら、せめて1クラス10~15人にして
生徒たちの活動を教員がしっかりチェックできるように
しなければ、機能しないのは言うまでもありません。

灘高校なんて1クラス55~60人なんです。

絶対に全員をチェックすることなど不可能なのです。

だから特に自由英作文の発想に関しては、僕がチェックし
てやったほうがいいのはいいんだけど、到底目が行き届か
ないものだから、生徒たちのグループに任せています。

個人的に持ってきた生徒だけは個人的に添削してやるけど。

機械的なペアワークをしていても成績は上がらないですし
いくら授業を受けていても、生徒たちは模試が返却されて
きたときにため息をつくことになります。

そのうえ、英語が使えないことになります。

誰かが「アクティブラーニングとかいいんじゃね?」って
思い付きで言ってしまった挙句の果てがこれですわ。

 

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました!
単語テストなんて、生徒同士のチェックでいいと思うなぁ。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 教育全般  

kimutatsu

検印

Posted on: 2019年6月20日(木) 21:31

021

もう2年ほど前からこの本を書いていたんです。英作文の本、
英語よりも日本語を作るのが大変なんですよ。

『ユメタン』で覚えた単語を使って英作文をする本です。

このたび、アルクが『ユメタンライティング』を採用してく
ださった先生方に検印をプレゼントすることにしたそうです。

それがこれ。

005-2

これです。

昨年のはこれでした。

005

せっかくなので『ユメタンライティング』を使って下さった
先生方、この検印をご利用くださいませ。

宜しくお願いします。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました!
検という漢字だけの検印よりは嬉しいかと。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: ユメタン  

kimutatsu

なった後

Posted on: 2019年6月19日(水) 22:51

017

先日の勉強会で駒場東邦の佐藤君から「数年後、絶対に絵本を
出してますよね」と言われましたが、絵本作家になることは
それほど難しくないと思ってるんです。絵はまだ下手やけど。

修行を何年もしないといけないとはわかってるけど。

「~になる」のは夢にはならないですよ。

医者になるとか。教員になるとか。政治家になるとか。

それ自体がスタートですからね。叶った!と大騒ぎしなくても
医者や教員なんて掃いて捨てるほどいるわけで、多少の努力を
すればなれる。絵本作家もおそらくなれると思っています。

問題は「~になる」ではなく、なった後ですよね。

僕は英語が得意なので、海外で読んでもらえる絵本を作ろうと
考えています。だから現在は日本の絵本だけでなく、海外では
どういう感じの絵本が作られているのかを勉強中なのです。

うちの生徒たちは弁護士になりたいとか、医師になりたいとか
いろいろ言うんですが、なるのはいいとしてどういう弁護士に、
あるいはどういう医師になろうとしているのかのほうが
よっぽど大事ですよね。

日本限定の弁護士なのか、海外でも活躍する弁護士なのかとか
いろいろと「なった後」を考えることで、モチベーションも
上がるというものです。

「なった後」を常に考えて、ではどういう勉強が必要なのかを
意識することがモチベーション管理には大切な要素なんだろな
と思っています。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました!
上のくじらのブリーチング(ジャンプ)の絵、パステル
を使って、指で描きました。指で絵を描いたのは初めて。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 人生論  

kimutatsu

未熟なうちは数をこなす!

Posted on: 2019年6月18日(火) 10:03

016

この前、我が家の近くにあるお洒落なカフェのテラス席で
絵を描いていたんですよ。テラス席、海外では小さい街
であってもけっこうありますよね。日本は少ない。

「煙草ですか」とお聞きになったので、「いや、絵が描き
たいんです。風景を見ながら」と申し上げると、テラス席
のカバーを外してくださいました。

上の絵を描いていましたら、お上手ですね!とお店の方が
ホットコーヒーを運んでこられたときに声をかけて下さい
ました。笑顔で。

お笑い芸人としては「またまた、あなたこそお上手ですね」
と返すところなんでしょうが、僕はまだ未熟です。

めちゃ嬉しくて、普通にお礼を申し上げました。

絵の専門学校に通い始めて2か月弱が経ちました。

英語の勉強と同じで、家庭学習が何より大切です。時間が
あればスケッチブックを開くようにしています。

かばんの中にはいつもスケッチブックと鉛筆を入れていて、
ちょっとしたときにはスマホを触るのではなく、絵を描く
ようにしています。

60歳のときに絵本作家としてデビューできればいいかなと
考えていますので、あと5年ですね。

こつこつなんてやっていたら伸びませんので、狂ったよう
に絵を描こうと思っております。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました!
人間の優しさや温かさを絵で表現できればいいなと。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー:   

ACCESS COUNTER

Total 27581725 Hits!

▲PAGE TOP