KIMUTATSU BLOG
木村達哉のブログ「キムタツブログ」

kimutatsu

高松東高校にて

Posted on: 2016年9月26日(月) 18:39

02

香川県立高松東高校に行ってきました。高3生徒たちに残りの
半年をどのようなメンタリティーで過ごすのかという話を、
そして高2生徒たちには英語の勉強法を含めた話を、
それぞれさせていただきました。

凄くいい雰囲気で、終わってから何人かの生徒と話をしました。

成績はあまりよくないのですがと言うので、「伸ばせばいいじゃ
ないか」というと、引き締まった表情で「頑張ります」と。

成績が悪いからといって、今の成績で人生を規定するのはあま
りにも短絡的だしナンセンスです。

僕なんか高校時代、成績があまりにも悪くて、どうやって生きて
いくねやろうと思ったものです。

でも浪人してから自分でもびっくりするぐらい猛勉しました。

おかげであんなにもつまらないと思っていた日本史の勉強とか
古文の勉強が面白くなってきて、今につながっています。

03

いずれにしても先生や親にやれと言われてやっている勉強など
面白いわけがないのですから、きっかけを自分で見つけた上で
自分で計画を立てて、覚えるべきことを覚えながら勉強していく
ことです。

そうすれば普通は受験レベルの成績ぐらいは上がります。

英語に関して言えば多読や多聴をしながら知らない単語や文法
を頭に放り込んでいくことになるのですが、多読多聴だけでは
普通の高校生はあまり多くの表現に触れることができないもので
すから、単語集や文法文例集を使いながら使用語彙を増やして
いけばいいと思います。

高松東高校の生徒たち、どうぞ自分の人生の構築は自分の力
で行うべく、自分の生きたい人生を生きられるべく、
どうぞ努力を惜しまずに自分の力を高めていってください。

僕も頑張ります。

懇親会には周辺の高校の先生方も集まってくださいました。

お会いしたすべての先生方に感謝しています。特に今回の幹事
を務めてくださいました池内先生、御礼申し上げます。

またお会いするのを楽しみにしています。

本当にありがとうございました!

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
香川と言えばうどんですので、カレーうどんを食べてきました。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 日記  

kimutatsu

どう生きようかな

Posted on: 2016年9月25日(日) 9:00

london30

まだしばらくは灘校を退職するつもりは全くないのですが、この
年齢になると、老後をどうするかなぁと考えることが増えますね。

英語をやってきたのに海外で暮らしたことがないので、退職後
は上の写真のようにロンドンに行くのもいいなぁとか。

060

でも沖縄好きな僕としては、やっぱり海を見ながら本を書くという
のもいいよなぁとか。

30

どうも広島が好きなんだけどなぁとか。

そんなことを言い出すと、札幌もいいなぁ、福島で前川君との
活動を加速させるのもいいよなぁ、長崎も好きなんよなぁ、
壱岐とか隠岐とかっていう手もあるなぁ・・・

なんて思いを巡らすのが日課になっておりまして。

いっそのこと日本中を旅しながら本を書く「旅先作家」になって
いろんな人たちに会って美味しいお酒を酌み交わしつつ
楽しい時間を過ごすのが一番いいのかなと思ったりもします。

そんなことを考えるのは年齢的に早いと言われることもありま
すけれども、母が亡くなったのは今の僕の年齢の9年後で、
祖母が亡くなったのが10年後なのです。

いずれにしてもせっかく生まれてきたのですから、愚痴や批判、
文句などから縁遠い生活をしようと思っております。

楽しく生きます。それが何よりです。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
そうは言ってもストレスに感じることはありますけれども
できる限り明るく楽しく元気よくを心がけています。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 人生論  

kimutatsu

感想文 in English

Posted on: 2016年9月24日(土) 22:00

130

夏休みの間に本を1冊は読んできなさい。そして二学期の授業で
その本のプロットや感想について英語で書いてもらう。

という宿題を中2の生徒たちに課しました。

生徒たちは「まじかぁ!」というような反応をしていたのですけれど、
金曜日の授業で書いてもらったのを読んでいます。

全体的にはよく書けているなぁと感心しています。

もちろん中には「主語がないぞ」というようなものもありますが。

読み終わったら生徒たちに返却し、今度は自分で書いた英文を
読み込んで読み込んで、友だちの前で発表してもらいます。

発表する際に英語のスクリプトを見ることはできません。

間違えてもいいけれども、事前指導では間違いを訂正し、正しい
英語を使えるように指導をします。

間違えてもいいのは話す段階になってからです。

生徒たちの発表を楽しみにしています。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
へぇ、こんな本を読んでるんだという本もあって楽しいです。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 灘校  

kimutatsu

羽生善治さんが・・・

Posted on: 2016年9月23日(金) 20:43

kimutatsu0110

今日ちょっと嬉しいことがありました。

アルクのTさんから連絡がありまして。

棋士の羽生善治さんの奥さんの畠田理恵さんのツイッターに
よりますと、羽生さんが僕の本を使って勉強されてるとのこと。

「今お気に入りはキムタツ」とツイートされていたそうです。

僕はツイッターをやってないので直接読んだわけじゃないけど。

羽生さん、ありがとう。

っていうか、羽生さんが英語の勉強をされているというのにも
びっくりしたというか、さすがやなぁと思いましたが。

僕の分身を気に入って頂けて、光栄の至り、幸甚の至りです。

これからもがんばろ。

物書きになって、本を出して、本当によかったと心から思える
1日になりました。

頑張っていたら神様が時として微笑んで下さるものですね。

羽生さんにも奥さんにも、連絡をくださったTさんにも感謝して、
これからも魂のこもった本を書き続けようと思っています。

感謝。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
また書きますが11/29にベネッセから本を出します。
学校専売品ですので書店さんには並ばないけど。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 日記  

kimutatsu

来年3月福島合宿参加

Posted on: 2016年9月23日(金) 6:00

07

福島県からご連絡を頂戴し、来年3月末に磐梯山で行われます
勉強合宿の講師に呼んでいただけることになりました。

担当の方から「来年の合宿もお願いできませんか」とご連絡を
いただきまして、承諾させていただきました。

福島の生徒らと一緒に寝泊まりし、英語の勉強法を伝えながら
一緒に英語を読んだり書いたりします。

楽しみにしています!

毎年呼んで頂ければいいなぁと、そして福島の復興を担う人材を
育てられればいいなぁと、強く願っています。

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
磐梯山と猪苗代湖に挟まれた場所で合宿は行われます。
環境的には抜群です。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 日記  

kimutatsu

高知、大盛況の巻

Posted on: 2016年9月22日(木) 21:05

04

高知でのセミナーが終わりまして、南風26号で岡山に向かって
走っています。岡山で乗り換えて新神戸に帰ります。

上の写真でおわかりのとおり、満席になりました。

高知だけでなく、香川や愛媛、徳島、兵庫からおいで下さった
先生方もいらっしゃいました。

さっき出席カードのコメント欄を読んでいたのですが、「今まで
参加したどのセミナーよりよかったし役に立つ」と書いて頂き、
本当に嬉しかったです。

05

セミナーでは難しそうな理論を振りかざさないで、若い先生方
であっても作れるような資料を用意し、どんな学力の生徒たち
にも対応できるような内容にするよう心掛けています。

せっかくのお休みを返上して研修に来て下さっている先生方の
ため息を聞かずに済むよう、かなり一生懸命に準備します。

上のような声を届けて頂けると講師冥利に尽きます。

たくさんの「ありがとう」を頂き、こちらこそ感謝しています。

もうすぐ岡山駅に着きます。とてもいい気分で帰ります。

高知セミナーにご参加下さった皆さん、ありがとうございました!

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました!
明日は授業です。『ユメタン⓪』の小テストがあります。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 日記  

kimutatsu

高知へ

Posted on: 2016年9月22日(木) 5:25

01

高知に向かいます。高知でセミナーをするのは久しぶりです。

今日もたくさんの先生方がご参加くださっているそうです。

感謝して、心を込めてお話をさせていただきます。

英作文の指導の前提としてあるのは、英語を話したり書いたり
できるレベルにまでインプットはできているのか?ということ。

インプットしていない幼稚園児が作文を書いたりスピーチをした
りできないのと同じで、脳内の英語量が少なすぎると英作文や
スピーキングの力を伸ばそうとしても徒労に終わります。

どういうプロセスでインプットすると効果的だと思われるかという
話を中心に行う予定でおります。

ご参加くださる先生方、どうぞ宜しくお願いいたします!

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました!
初参加の先生が大半なので、少し緊張しています。

 


kimutatsu

今週からは自宅で多読

Posted on: 2016年9月21日(水) 7:24

english

英語の勉強をしてると、このwouldはなんなんやろうとか、このfor
はどういうニュアンスで使われたんやろうとか気になります。

普段からそういうのに敏感になっておかないと、読むときはごまか
しながら(つまり細かいニュアンスがわからなくても)読めるのです
けれども、話したり書いたりする際にはそういうわけにはいきません。

この20年来、大阪にいるんです。

を、I have lived in Osaka in twenty years.

とすることはできません。最後のところはfor 20 yearsとします。

だから英語力がまだ低い段階では多読より精読しながら読みつつ、
英語の土台を形成しようとしたほうがいいと思います。

001

ある程度の英文法力がついてくれば、今度は語彙力を身に付ける
必要がありますので、多読することになります。

Graded Readersなどもいいのですが、授業で推進するとなりますと
結構なお金がかかります。週1冊とかのペースは無理があります。

それに普段から読書慣れしていない人ならば時事的なものであるとか
日本の風物詩であるとか、内容をすでに知っているようなものがいい
のではないかと思っています。

そういったものはネットで無料で読めます。

プリントアウトして生徒たちに配布することになります。

僕の生徒たちは今学期、授業ではリスニングを中心に行います。

ですので自宅学習では多読してもらおうと思っています。

今週は小池百合子さんが都知事になった際の英字新聞と、オリ
ンピックの閉会式が記事になった英字新聞を配付します。

中学生でも読めるようにいっぱい注釈はつけてありますので、参
考にしながら読んでもらいます。

でも読むだけではあまり英語力が上がりません。

この表現は知らないなと思ったら覚えていく貪欲さが要ります。

英文の内容をとらえたのであれば、今度は「知らないんだったら覚え
ようよ」という姿勢を大事にして、注釈も含めて知らない単語や表現を
覚えていってもらって、英語力を底上げしていきます。

そうしているうちに英語力はかなり上がります。数字が上がります。

そのための多読です。英文はすべてネットで拾えます。いい時代です。

数字が上がればやる気が上がります。主体的な学習姿勢が上がって
文字通りのアクティブラーニングになります。

そうなったら放っておいても伸びます。

そこまでは手助けします。

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
多読は大事です。話すのと聞くのはトレーニングが大事です。

 


kimutatsu

体育祭

Posted on: 2016年9月20日(火) 12:00

151

昨日は体育祭が行われました。雨天のためにプログラムを変更し
ショートバージョンの体育祭になりましたが、そこはそれなりに
生徒たちは工夫して楽しんでいたように思われます。

始まってすぐに土砂降りの雨に見舞われました。

おかげでテントの下が水浸しに。

でも人工芝のおかげで競技そのものにはあまり差しさわりがなく
スムーズに進みました。

高3生徒にとっては最後の体育祭。

あとは大学入試までのラストスパートを頑張ってほしいと思って
います。

たくさんの保護者の皆さんから「目は大丈夫ですか」と声をかけ
ていただきました。恐縮しております。大丈夫です。

今日は体育祭の代休でお休み。明日から通常授業です。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
台風のために今年は無理かなと思われましたけれども
とりあえず実施できてよかったです。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 灘校  

kimutatsu

広島東洋カープに学ぶ

Posted on: 2016年9月19日(月) 5:33

30

広島東洋カープは読売や中日みたいに親会社がありませんので
球団は選手獲得にあまりたくさんのカネを使うことができません。

だからFA宣言をした選手を獲得することはできません。

そうなると育てないとあかんのですが、せっかく育てても、FA宣言
して出ていった選手たちがいっぱいいます。

江藤、川口、金本、新井、黒田・・・

まぁ黒田選手は別にしても、育てた選手に「これから」というときに
出て行かれてしまったら、恨みごとのひとつも言いたくなります。

でも新しい選手を育て続けまして、このたび優勝しました。

広島ファンの皆さん、おめでとうございます。

カープの猛練習は有名です。もちろんおそらく挫折する選手たち
も出てくるんでしょうが、育てようと思ったら練習するしかないと
思います。練習!練習!練習!

ポジションが9つしかないスポーツですので、いくらドラフト時点で
有名な選手であっても、投手以外は1人ずつしか出場できません。

自分より成績がよい選手が他にいれば出ることができません。

その選手より上に行くには基本的な個人練習をやることでしょう。
全体練習はほとんど全員均等に行われているでしょうからね。

毎日毎日何百回とバットを振るのって、大の大人が続けるのは
体力的にも精神的にもしんどいことです。

でもそれをやらないと数年で野球ができなくなるのです。

だから主軸を打っている選手たちはみんなものすごい量の個人
練習を重ねてきたことでしょう。カープの選手たちも。

34

勉強も同じやと僕は思っています。

結局のところ、勉強法云々言うよりも、基礎トレをどれだけ反復
して力を付けているのかでほとんど決まってしまいます。

授業は全体練習です。

個人練習で差がつくのです。

苦手な教科があるなら、(本当に伸ばしたいのであればですが)
四の五の言ってないで基本的なことを毎日何十回も何百回も
反復して習得すればいいのではないでしょうか。

英語は中学のときから出来なかったというのであれば、個人的
に中学のことからやり直せば追い付けますよ。

「できない」と嘆く生徒に言いたいのは「ではあなたは何回やった
のですか」ということです。

本当に伸ばしたいのであればの話です。勉強なんかどうでもいい
というのであれば、別に無理してやらなくてもいいと思います。

本当に自分の力を伸ばしたいと思う人だけでいい。

力を伸ばしたいと言いながら、でも少しは遊びたいとか休みたい
とか言っているようでは、なかなか力を伸ばすことはできないの
ではないでしょうかね。

カープの丸選手が出てきたときは「なんて打てない選手なんだ
ろう」と思ったものです。凡退ばかりしていました。

今は主軸を打てるまでに成長しました。

彼はきっとびっくりするぐらいバットを振り込んだのでしょうね。

誰かにやれと言われてやったのではなく、本当に伸ばしたかった
から一生懸命に努力したのだと思います。

生徒たちには授業を大切にしながらも主体的に学ぶアクティブ
ラーナーズ(Active learners)であってほしいと願っています。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
わがドラゴンズはもうね・・・そもそも優勝監督をクビに
したものだから、野球の神様が怒っているのです。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 教育全般  

ACCESS COUNTER

Total 20634799 Hits!

▲PAGE TOP