KIMUTATSU BLOG
木村達哉のブログ「キムタツブログ」

kimutatsu

思うこと

Posted on: 2017年3月12日(日) 9:33

04

この写真は2012年に仙台の大槻先生に連れていって頂いた
名取での写真です。あの大地震から6年経ちました。

あれから復興は少しずつ進んではいますが、神戸がおよそ
2年で復興したのに比べると、「遅々として進まず」が
現実を最もよく表している言葉ではないでしょうか。

6年経ちましたが、地震のあとにたくさん作られたNPOは
続かずに、今ではかなり少なくなりました。

今でも頑張っておられる方々はたくさんおられます。

でも補助金が少なくてなかなか続けられないんですよ。

なにしろNon Profitなので。なんだかんだでカネが必要で、
無料でやることには限界があります。

多くの人たちが地震後に家を失い、今もなお仮設住宅で
生活をしておられます。行方不明のままになっておられ
る方は2500人以上いらっしゃいます。

さて、東北から離れている我々に何ができるのでしょう。

僕にはわかりません。

だからとりあえず「忘れてないよ」を体で表現するために
年に何度か足を運ぶようにしています。

すでに復興した場所もありますが、人々の心が「復興」し
たのかどうかは見えませんからね、わかりません。

01

「行くボラ」や「知るボラ」という言葉があります。

何もがれきの除去をすることだけがボランティア活動なの
ではなくて、「行く」や「知る」だって大切なのです。

メディアはこの時期になるとあの光景を流し、東北の人を
取り上げます。神戸のも1月になると番組が増える。

でもテレビが伝えないことが思う以上にあります。

それを自分の目で見て知ろうとすることが大事なんじゃな
いかと思うし、何より僕にはそれしかできないのです。

だから年に何回か足を運んで、自分にできる「勉強の方法」
を子どもたちに伝えながら、直接現地の人たちと触れ合う
ようにしています。

そしてそれを灘校の生徒たちに伝えるようにしています。

iwaki

休みがあれば観光地に行ってゆっくりするのも大切です。

でも「そういえば地震の後、東北に行っていない」という
のであれば、一度足を運んでみられてはどうでしょう。

知り合いがおられないのであれば、たとえば旅館の人とか
お店の人とかと話をするのもいいのではないかと思います。

僕はこれからも続けていこうと思っています。今年も福島、
仙台で勉強会を行って、子どもたちや先生方と触れ合います。

また行くときは書きますので、よかったらご一緒ください。

特に英語を指導できる先生方。

あれから6年。忘れないことは大事ですが、忘れてないよを
伝え続けることもかなり大事なんじゃないかと思います。

最後に改めまして、東北の大地震でお亡くなりになった方々
のご冥福をお祈りいたしますとともに、行方不明になって
おられる方々がお一人でも多く発見されますことを、
心よりお祈り申し上げます。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
3月25・26・27・28日は福島におります。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 日記  

ACCESS COUNTER

Total 21842482 Hits!

▲PAGE TOP