KIMUTATSU BLOG
木村達哉のブログ「キムタツブログ」

kimutatsu

合宿初日が終わって

Posted on: 2017年8月8日(火) 6:25

fukushima09

合宿初日の様子をアップします。上は通訳の柴原先生による
発音講座。生徒たちは発声練習をした上で子音の発音を中心
に学びます。隣の子と口の形をチェックしながら。

たとえばアメリカで日本語を勉強している人(週に10時間程
度しか日本語の勉強をしない人)に「日本語のCDを聞いて
いたらそのうち聞き取れるようになるし話せるようになるよ」
とか「日本の本を、単語がわからなくても読み流していれば
読めるようになるよ」と指導しているアメリカ人がいたら、
日本人としてきっと抗議したくなるのではないでしょうか。

そんな簡単なもんじゃないよ。そんな浅いもんじゃないよと。

fukushima10

日本にいて日本語ばかりの中で勉強していても日本語が苦手な
人がいっぱいいて、現代文の成績が崩壊してるっていうのに。

英語だって同じです。

インプットの方法を間違えると、聞けない読めないだけでなく、
話せない書けないことになってしまいます。

fukushima11

fukushima12

fukushima08

生徒たち全員に著者から『ユメタン①』をプレゼント。

著者も書店さんで買うんだ、大切にしろ!と恩着せがましく
檄を飛ばす木村。笑

そのうえで単語50個分のフレーズを読み込んで英語→日本語
と日本語→英語を言えるようにしました。

これがリーディングとライティングの具材になるんだ!

クイックレスポンスができればリスニングとスピーキングの
具材にもなる。具材がなければ料理なんかできないよ!と檄。

生徒たちは初日5時間ほど勉強しました。

全国から集まってくれたボランティアスタッフの教員がたく
さんいるので、いくらでも質問できます。

どうしてここはwithなんですか?ofだったら駄目なんですか?

この単語はなんで複数形になってるんですか?単数形だった
ら駄目なんですか?

リーズニング(どうしてそういう文の形になっているのかを
分析すること)しながら何度も音読します。

聞かれたことのみに答える教員。

これが理想やと思います。最強のツールは授業ではなくって
主体的に自習しようとすることです。わからないなと思った
ときに即座に質問できる環境下での自習こそ最強です。

今日はリスニングとリーディングの勉強法。

復習方法も含めて、正しく学んでいただきます。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
朝5時に起きたら本堂の前で音読している生徒たちが
いました。こういう姿勢が明日の福島を作ります。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 日記  

ACCESS COUNTER

Total 22995574 Hits!

▲PAGE TOP