KIMUTATSU BLOG
木村達哉のブログ「キムタツブログ」

kimutatsu

合宿の全メニュー終了の巻

Posted on: 2017年8月9日(水) 18:30

fukushima16

昨夜開かれた「柴原・木村のトーク・オン・ライティング」
です。英作文はどうすればいい英文が書けるようになるのか
についての対談です。

今日はそれを受けて、実際の日本語を英語に直してもらいま
した。大阪大学の過去問などを使って。

*******************
人はどういうわけか、年齢を重ねれば重ねてゆくほど
「童心に帰りたい」という本能が強まってくるようで、
その本能を満足させるために趣味を持つのではないか。
そんなふうにも思えてくる。(2017年大阪大)
*******************

本能ってinstinctっていう単語なんだけど、この日本語を英作
する場合には、instinctを使うと変な文になってしまうよ!
というようなアドバイスをしながら。

fukushima15

解説は柴原先生と木村による対談形式で行いました。この語
はどのように変換すればいいか、ここでは何を伝えようと
しているのか、冠詞や時制はどうするか…などと。

それが終わったら自由英作文です。

fukushima17

まずはメモをどのように取って、書く際にはどういうことに
気をつけなければならないのかという話から入りました。

ミスのない英文を書いても点数はもらえないよという話をし
まして、自由英作文やその向こうにある英語スピーキングの
話もさせて頂き、実際に僕と柴原先生が英語で喋りました。

fukushima18

これで3日間の合宿のメニューはすべて終わりました。

参加した全ての生徒たちには、勉強法を教えただけです。

あとは勉強するだけです。

やる気のないときは5分でもいいよ。でも必ずやることこそ
大事なのであって、「頑張ります!」という言葉は要らない
という話もさせていただきました。

常円寺さんのご住職さま、奥さま、スタッフの皆さま方には
本当にお盆のご準備がお忙しい中、場所を快く提供してくだ
さいまして、感謝しております。

また全国から集まってくださったボランティアスタッフの先
生方がいなければ、こんなにも充実した合宿は送れなかった
と断言できます。生徒たちは「かなり役に立つ」と言ってく
れましたが、すべてその先生方のお陰です。

来年からも続けていきます。

生徒たちの書いた自由英作文のアンサーシートを鞄に入れて
もうすぐ仙台空港から飛行機に乗り込みます。

僕自身、万感の思いでおります。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
あの子たち、ヘトヘトやったけど、今晩も勉強してくれるかな。
5分でいいねん。でも気が付いたら30分になってるから。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 日記  

ACCESS COUNTER

Total 23560767 Hits!

▲PAGE TOP