KIMUTATSU BLOG
木村達哉のブログ「キムタツブログ」

kimutatsu

授業では

Posted on: 2017年10月12日(木) 19:31

16

授業では相変わらず英語を話してもらっています。

今のところ、accuracyに関してはまだまだ未熟なのですけれ
ども、fluencyに関してはけっこうなレベルになってきたよう
に思います。ただし、some of themですが。

でも話せない人は日本語でも話せないですからね。

紙に書くことと話すこととは違います。なかなか人前で話せ
ないという人間もいますので、そこは強要していません。

いろんな人間がいていいのです。話せる人は話したほうがい
い。なぜなら話すことそのものが上手くなっていくからです。

ここをこうすればという助言があれば。

単に話す経験値だけを積めば話すのが上手くなるのであれば
ベテランの教員はみんな授業が上手いことになります。

決してそんなことはない。

話すのが下手なベテラン教員はたくさんいます。生徒たちが
あくびをしている授業がたくさんあります。

でも助言をしてやることによって、どんどん上手くなります。

現在は「書く力」と「話す力」の土台を作っているところで、
特に今のところは「書く力」のほうに重点を置いています。

話せる人には話してもらっています。

きっと生徒たちはわかっていると思うんですけどね。

でも1人でも多くの生徒に「話せる人」になってほしいなと
思いながら、日々指導しています。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
来週の月曜日からは中間考査が始まります。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 灘校  

ACCESS COUNTER

Total 23197054 Hits!

▲PAGE TOP