KIMUTATSU BLOG
木村達哉のブログ「キムタツブログ」

kimutatsu

動機

Posted on: 2018年1月3日(水) 11:16

18

冬休みを満喫しております。以前買っておいた英語の本を
読み始めたのですが、非常に参考になりますね。

生徒向けに書かれた本もいいのですが、ビジネスマン向け
に書かれたものが参考になります。

英語ばかりやっていられない人たち向けというのでしょう
か、大事なのは仕事であって英語はそのためのツールでし
かないんだけど、毎日何時間も勉強できないという人向け
という本が非常に役に立ちます。

なぜなら生徒たちも同じだからです。

英語ばかり毎日2時間も3時間も勉強していられませんわな。

iki01

英語は日本語やフランス語と同様に、人とコミュニケーショ
ンをとるための道具なのです。

大事なのは道具ではなくて、コンテンツのほうです。

英語ばかりやっていられないというビジネスマンと、英語ば
かりやっていられないという中学生や高校生は、もちろん全
く立ち位置は違うのですが、しかし「英語ばかりやっていら
れない」という点では似ているんじゃないでしょうか。

我々教員は、英語を勉強しなさいという前に、生徒たちにとっ
てのコンテンツを大切にしながら、ではどうして英語が道具
然となりうるのかを説明することが大事ですね。

でないと、いきなり金づちを渡されて「釘を打つ練習をしろ」
と言われたって、その先にあるものがわからなければやる気
も続かないですからね。

自分で作った家具に囲まれて暮らしたい。ついては金づちや
のこぎりの使い方についてちょっと勉強しようと言われたら
なるほどという気持ちになるものです。

英語を勉強する理由は人によって異なります。

海外旅行のときに困らないようにするためという人の場合は
あっという間に勉強は完結します。海外旅行程度で使う英語
なんて、大したことはないからです。

英語を使って仕事をしたいという人の場合は何年も何年も英
語の勉強をして、知識を増やすことになります。

今の僕と同じ状態になるわけです。僕でさえ、英語の表現力
がもっと身に付かないと駄目だなと思っているのです。

まして18歳やそこらで身に付くはずがありません。

なんのために勉強するのかを意識するところから始めないと
英語にしても数学にしてもやる気は続かないですよね。

僕は英語の勉強をしておかないと仕事にならないものですか
ら、ほぼ毎日ずっと英語の文章を読んだり英語を話したりし
ています。でないと生徒たちに負けてしまいます。

それでは英語で飯を食ってるとは言えません。

受験生たちは勉強の意味を考えて勉強しましょうね。

外発的動機でも内発的動機でも構わないのです。

大事なのは動機も理由も何もなくて始めても長続きしないと
いうことなのです。あなたはどうして勉強しているのですか?

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
英語ができないと将来困ることになると思っているとしたら
それはおそらく幻想です。それほど困りません。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 教育全般  

ACCESS COUNTER

Total 26224288 Hits!

▲PAGE TOP