KIMUTATSU BLOG
木村達哉のブログ「キムタツブログ」

kimutatsu

ゲーム症・障害

Posted on: 2018年1月4日(木) 9:29

akita05

昨日の朝日新聞DIGITALに配信されたニュースについて書きま
す。ネットゲーム依存が疾病指定されるというニュースです。

**********
インターネットゲームなどのやり過ぎで日常生活に支障を
きたす症状について、世界保健機関(WHO)が2018年、
病気の世界的な統一基準である国際疾病分類(ICD)に
初めて盛り込む方針であることがわかった。

(中略)

最終草案では、ゲーム症・障害を「持続または反復するゲ
ーム行動」と説明。ゲームをする衝動が止められない
▽ゲームを最優先する▽問題が起きてもゲームを続ける
▽個人や家族、社会、学習、仕事などに重大な問題が生じ
るーーを具体的な症状としている。診断に必要な症状の継
続期間は最低12か月。ただ特に幼少期は進行が早いとして
全ての症状にあてはまり、重症であれば、より短い期間で
も依存症とみなす方針だ。
**********

灘の職員室では何年も前から「ゲームはドラッグと同じ」とい
う先生もおられます。僕自身もかなり問題視しています。

この度、正式にGaming Disorder(ゲーム症・障害)という病気
として認定されたのは、解決に向けての大きい動きだなと思い、
高く評価しています。

ただ問題は・・・

当の本人が「俺は違う、私はそんなのではない」と思わなければ
まったく解決しないのです。

家族で話をして、勉強に差支えがある状況でもゲームをしている
という子には少しずつスマホを触る時間を減らし、最終的には
スマホを使わない期間を作るなど、努力が必要でしょうね。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
僕は面談で「ゲームがやめられない」という生徒には
それは病気なんやでと言うことにしています。
言われた方は笑いますが、まずいと思っていながら
止められない以上、それは病気ですわ。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 教育全般  

ACCESS COUNTER

Total 25656634 Hits!

▲PAGE TOP