KIMUTATSU BLOG
木村達哉のブログ「キムタツブログ」

kimutatsu

『ユメタンライティング①』発売です!

Posted on: 2019年3月20日(水) 10:13

021

終業式が終わりまして、灘校は春休みに入りました。

明日から僕はまた沖縄に戻ります。先週も戻ってはいましたが
たった3日間の滞在だったので。明日からはしばらく居ります。

さて、宣伝で申し訳ないのですが・・・

昨日、『ユメタンライティング①』が発刊となりました。

めちゃくちゃ時間をかけて創りました。時間かけすぎ。2年間
かかりました。何より日本語の作成が大変でした。

『ユメタン⓪』と『ユメタン①』に出てきた単語だけで英語が
書けるように日本文を作らねばならないものですから。

021

学校専売品なので書店さんでは手に入れることができないの
ですけれども、非常に良い本になったと思っています。

アルクの編集者のレベルの高さのおかげです。

**********
確かに優れた才能を持っている人は素晴らしい。しかし
自分の望みを成し遂げるために、称賛に値する努力を
全力で行う人は、たくさんの人たちに大きい影響を及ぼす。
人々は後者のような生き方に憧れるのである。
To be ( s ), those who ( p ) superior ( t ) are ( w ).  But those who
make ( d ) ( e ) that ( d ) ( p ) in order to ( a ) what they want
have a great ( i ) on a lot of people.  We ( l ) for the way of living
of the ( l ) types of people.

科学者の最優先事項はこの世の中の構成要素の特性を調べ、
それを様々な実用性につなげることである。そのために
全ての科学者は好奇心が強く、非常に神経質で、真理に関して
誠実かつ厳密で、そして自分たちの失敗にがっかりする経験を
何度も重ねるのである。
Scientists’ top ( p ) is to ( e ) the ( p ) of  ( c ) in this world and
lead them to a ( v ) of ( u ).  In order to do this, all of them are
( c ), very ( n ), ( s ) and ( s ) about truth, and ( d ) at their
mistakes many times.
**********

『ユメタン⓪』と『ユメタン①』で覚えた単語を使いながら
日本語を英語に直していきます。

書く前に英文を見ながら口に出して読んでいきましょう。

スペリングは最後の最後でいいのです。まずは発音と意味が
大切ですので、どんどん読んでいきましょう。

一括採用されると音声CDも付いているそうです。自分が英作
した英文をリスニングしながら音読トレをすることによって
ますます語彙が頭に刷り込まれていくことでしょう。

『ユメタンライティング①』、先生方がご採用下さった生徒
の皆さんは単に提出のためだけにやるのではなく、覚えた語
が実際に使えるかどうかをチェックし、使えないということ
になれば復習をしましょう。そのための本なのですから。

著作は66冊目です。

ありがとうございます。よろしくお願いいたします。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました!
すでに春休みの宿題として10校が採用をしてくださいました。
発刊前に採用を決めてくださった先生方に感謝しております。

 


ACCESS COUNTER

Total 27489868 Hits!

▲PAGE TOP