KIMUTATSU BLOG
木村達哉のブログ「キムタツブログ」

kimutatsu

英作文

Posted on: 2019年9月6日(金) 12:40

030

英作文の授業をしていると頭がもっと良ければいいのになぁ
と思います。頭の回転が悪いので、じっくり考えるのです。

パッと思いつくような頭の持ち主なら、もっと英語力が高い
んやけどなぁ。じっくり考えてはじめて日本語の加工を
思いつくことが多いので、思いつかないとイライラします。

柴原先生との共著でも書いたのですが、日本語を操作する力
が低いと英作文を得点源にはできないんですよ。

文科省、本当にAll Englishでいいのか?

日本語の力、英語力を伸ばすのにめちゃくちゃ大事ですよ。

**********
もっとも重要なのは、プラスチックごみによってかけがえの
ない自然環境を汚染しているのは私たち自身であると、
私たちひとりひとりが日々の暮らしのなかで自覚することである。
**********

これは今年の2月に東京大学で出題された問題です。

この程度であれば、それほど日本語の加工力がなくても、あまり
関係ありません。「かけがえのない」程度は加工力云々の問題
ではないでしょう。英文の基本的構成力があればできます。

**********
「マイノリティ」という言葉を聞くと、全体のなかの少数者を
まず思い浮かべるかもしれない。しかし、マイノリティという
概念を数だけの問題に還元するのは間違いのもとである。
人種あるいは宗教のような属性によって定義づけられる集団は、
歴史的、文化的な条件によって社会的弱者になっている場合、
マイノリティと呼ばれる。こうした意味で、数としては少なく
ない集団であってもマイノリティとなる。例えば、組織の管理
職のほとんどが男性である社会では、女性はマイノリティと
考えられる。
**********

これは今年の京都大学の英作文です。これは日本語の加工力が
ある程度ないと厳しい戦いを強いられることになるでしょう。

こんな感じです。(前半だけね)

**********
「マイノリティ」という言葉を聞くと、集団のなかの少数の
人々を思い浮かべるかもしれない。しかし、マイノリティと
いう考えを、数に関する概念だとみなすのは間違いである。
**********

これならそれほど難しくはありません。

023

日本語全体を何度も読んで、たとえば小学生や中学生にその
日本語を説明するとすればどういう簡単な日本語に崩すかな
と考えることですね。

いきなりできるわけがないですので、日本語の加工を習慣化
することでだんだん慣れてきます。

『新ユメサク』は日本語の加工を扱った本です。よかったら
立ち読みしてみてください。

英作文は得点源です。

1点も落とさないように注意して英文を書く練習をしましょう。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
かくいう僕は英作文の方法を高3時は知らず、えらい
失点してばかりいました。もったいない。

 


ACCESS COUNTER

Total 29111863 Hits!

▲PAGE TOP