KIMUTATSU BLOG
木村達哉のブログ「キムタツブログ」

kimutatsu

炎上

Posted on: 2019年10月31日(木) 10:32

000

首里城炎上。尚巴志が琉球王朝を興し、首里城を王家の居城
として用いるようになった。

第二次大戦中、日本軍が首里城の下に地下壕を掘り、陸軍第
32軍総司令部を置いたことで、1945年5月25日よりアメリカ
軍艦ミシシッピ号などから砲撃を受け、2日後に焼失。

戦後は琉球大学建設に伴い、完全に破壊された。

009

1979年(昭和54年)に琉球大学が西原に移転。首里城再建計画
が策定され、本格的復元が始まる。

そしてついに1992年(昭和54年)11月、首里城公園開園。

正殿を中心とする建築物、そこへ至る門と城郭が再建された。

戦争が終わって47年後(今から27年前)。悲願の復元となった。

その8年後には世界遺産に登録され、2006年には日本100名城の
ひとつに選定されることになる。

日々、多くの観光客の目を楽しませるとともに、近隣のウチナー
ンチュの生活を支えてきたといっても過言ではないだろう。

龍潭池には多くの砲弾や地下壕が眠っているけれど。

shuri

2019年10月31日、正殿をはじめとする中心的建築物が火災に
より消失。同日午前10時半現在、原因不明。無念。

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
朝から驚かされました。多くのウチナーンチュから
送られてくる写真を見て心を痛めております。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 沖縄  

ACCESS COUNTER

Total 28890042 Hits!

▲PAGE TOP