KIMUTATSU BLOG
木村達哉のブログ「キムタツブログ」

kimutatsu

学ぶ体質

Posted on: 2020年7月24日(金) 10:52

1115

いやぁ、今日から東京オリンピックですね!楽しみですねぇ!
開幕式の入場行進が好きなんですよぉ!

金メダルはいくつ獲得するでしょうか。

野球は僕も出たかったなぁ。

選手の皆さんには怪我のないように頑張ってもらいたいものです。
全力でプレーする姿に感動しますよね!

・・・と、今日は書くはずやったのです。

皆さん、くれぐれも新型コロナウイルスに罹患しないよう気をつけて下さい。

1112

株式会社ウイザス主催の大阪セミナーで講演をしてからでしょうか、
小学生の保護者の方からメールを頂くことが増えました。

僕にはこちらからメールを送ることができます。

なかでも多いのが、塾に関するものです。

塾には行かせたほうがいいのでしょうか的なものです。

なんとも言えません。お子さんをどう育てるかによります。

有名中学校に入れたい!という場合、それなりの塾に入れるほうがいいんでしょうね。
でも、私立の中学に入ってから中退する子もいます。

そしてそのほうがいいと思われる場合もあります。
もう中学に入学した段階で、子どもが可哀想なぐらい疲弊しているのです。

中学に入ったら、公立に比べて余裕を持って勉強することになります。
高校入試はほとんどの学校ではありません。自動的に上に上がります。
(なんらかの条件がある学校もありますが、かなり低いハードルのはず)

疲弊している子がファイティングスピリットを持って勉強することはありません。

慌てて塾に中1から入れ直しても、本人が疲れているのですから無理です。

小学校のときに「中学受験はあくまでも一里塚」という認識があれば別です。
なかには「中学に入ったらもう勉強しなくていいから」という親もいるそうです。
そうなったら子どもは合格してからまったく勉強しません。

そしてどの大学にも進まずに、どこかの会社に就職することになります。
専門学校に行く子もいます。なにが幸せなのかわからんですよね。

1113

小学生でも学んだほうがいいと僕は思っています。
だから息子も娘も塾には入れました。5年生ぐらいやったかな。

でも受験はどっちでもいいと思っています。

大切なのは学ぶ体質を作ることです。

それさえ作っていれば、中学で学ばないということはあり得ません。
人間は学ぶのです。勉強するのです。自分のレベルを上げるのです。
なんのために?困っている他の人たちに貢献するためです。

小学校に通いながら、塾に行かずに灘校に合格する子たちもいます。
家でお母さんが一緒に勉強されたのでしょうか。それはわからない。

小学校のときは体を作ったり他の人と触れ合ったりすることが大事。
本を読んだり計算をしたりすることが大事。
そしてそもそも学ぶ体質を作っていくことは大事です。

昆虫を見たら図鑑を開いてみる。
ニュースを見たらネットで調べてみる。
大人が使っているわからない語句があれば辞書を開いてみる。

そういった体質こそがもっとも大切なのだと確信しております。
そしてそういう子は、仮に難関中学に入らなくても、東大や京大なら入れます。
(海外の大学は入るのが超絶難しいので何とも言えない)

間違いないです。

 

 

ブログにおいで頂き、ありがとうございました。
他者と触れ合わないまま中学に入ると、傷つきやすい子になるはずです。
メンタルの強さは鍛えられるのです。
が、それは他人とのつながりの中でしか強くならないのです。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 教育全般  

ACCESS COUNTER

Total 31491817 Hits!

▲PAGE TOP