KIMUTATSU BLOG
木村達哉のブログ「キムタツブログ」

kimutatsu

鹿児島の思い出と岩手からのメール

Posted on: 2011年3月24日(木) 21:08

 

 

 

 

 

 

(ラ・サール中・高です)

先日、鹿児島へ赴いたのは書いたとおり。ラ・サールの先生方には大層お世話
になった。さらに言えば、翌日丸山先生にお世話になり、TKのメンバーでちょっ
としたjourneyを楽しもうということになった。

とりあえずTKの何人かの先生方があちこちのホテルに宿泊していたので、ある
ホテルの近くの駐車場で待ち合わせということに。

丸山先生が黒酢で有名なレストランを予約してくれたというので、喜んでそちらに
車3台でドライブ、1時間ぐらいで到着。

おぉ、桜島がこんなにはっきりと・・・ちょっと靄がかかってるが・・・はっきりと見え
る、すげぇ!すげぇ!と叫びながら昼食を頂いた。

 

 

 

 

 

 

写真の左側に噴煙が見えますか?桜島です。で、昼食後は「火山といえば温泉
でしょう?」ということで、みんなで温泉に入りにいくことにした。

丸山先生「混浴なんですが」
木村先生「ん、よきにはからえ!」
馬場先生「えー!うそぉ!」

 

 

 

 

 

 

というわけで、龍馬ゆかりの宿という霧島ホテルまでロングドライブし、物凄くでか
いお風呂を楽しんで、日ごろの疲れを癒させていただいた。

混浴といってもお風呂はプール並みにでかく、したがって馬場先生は我々のもと
には近づいて来ず、柱の陰で独りで楽しんでおられた模様。

男ばかりで露天風呂に入って話をしていたとき、福島の先生や仙台とか岩手の
先生方のことを思って、「よし、絶対にまた彼らも誘ってもう一度来よう」と決意。

神戸もかなり復興したとは言え、まだ空き地があります。復興途上。東北もこれ
から大変だと思うけど、また一緒に風呂に入れるときが来ると信じよう。

 

 

 

 

 

 

帰りは鹿児島中央駅まで送っていただいて、西山先生と話をしながら帰ってきた
けど、それはそれでまた有益な議論だったと思う。

こうして数年前は全く知らなかった先生方と一緒にお付き合いができるのは嬉し
いし、お互いにとても刺激を与え合い、成長し合ってる感じがする。

鹿児島の勉強会で気がついた点がいくつかあって、それはまたいつかの機会に
若い先生方に伝えられたらいいけど、まずは始めたというそのことを評価したい。

帰ってPCを立ち上げたら、岩手の高校の先生からメールを頂いていた。実家が
気仙沼という先生もやはり大変で、これから頑張りたいという力強いメッセージに
思わず目頭が熱くなった。

千葉先生、頑張ってください!

授業ができる状況ではないかもしれぬが、それでもなんと『ユメタン』のゼロと①
を採用することになったとご連絡。頑張りたいというメッセージ。

著者として僕にできることは何でもやらせていただきますと返信をした。

甲子園球場のメッセージではないが、今こそ日本が一枚岩になって頑張っていき
たいと思う。状況は大変ではあるが、前向きに歩いていかねばならぬ。

鹿児島でお世話になった先生方、そして岩手の千葉先生、本当にありがとうござ
いました。僕も頑張ります。先生方も頑張ってください。切磋琢磨しながら前進し
ていきましょう。これからもよろしくお願いします!

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 日記  

ACCESS COUNTER

Total 26231208 Hits!

▲PAGE TOP