KIMUTATSU BLOG
木村達哉のブログ「キムタツブログ」

kimutatsu

本のご紹介を

Posted on: 2011年10月26日(水) 20:47

 

 

 

 

 

 

 (星稜高校にて:セミナーの準備中)

浅田次郎先生といえば、笑いあり涙ありのピカレスク・ロマンシリーズで有名だが
今日ご紹介するのもその1つ。

『天切り松 闇がたり』のシリーズね。

第一巻が『闇の花道』
第二巻が『残侠』
第三巻が『初湯千両』
第四巻が『昭和侠盗伝』

この4冊を一気に読み干した僕は、同じピカレスク・ロマンシリーズである『プリズ
ン・ホテル』を再読したくなった。今確かラ・サールの丸山クンが読んでるはずだ。

どうして浅田先生の文章ってのはこうなんだろうね。読後の爽快感と、その対岸
なる嫉妬とも言えるような気持ちが、どの作品を読んでも僕の胸の奥底に、鈍色
に光りながら、残る。

こういう文章をいつか書けるようになりたいなと思いながら、第四巻を書斎に並ん
だ本棚のうち、小説を立ててある棚の上から2段目に戻した。

是非お読み下され。きっと6人の盗人たちに恋をし、その中の誰かになってみたく
なるはずです。僕は黄不動の栄治が大好きです。

 
(追記)次元大介もかなり好きです。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 本の紹介  

ACCESS COUNTER

Total 33275635 Hits!

▲PAGE TOP