KIMUTATSU BLOG
木村達哉のブログ「キムタツブログ」

カテゴリー別アーカイブ: チームキムタツ

kimutatsu

無料の理由

Posted on: 2018年6月12日(火) 22:54

london30

7年前に66回生たちとロンドンに行ったときの写真です。

生徒たちは2つのサマースクールに分かれて寮生活をします。
同じ部屋には日本人はいません。多国籍の人たちと一緒に
過ごすことになります。

僕は両方に行けるようにロンドン市内のホテルで生活します。

生徒たちのところにちょくちょく行きたいのですが、先方は
「あまり来ると日本語を話したくなるから」と言います。

隠れて行って写真を撮って帰るというようなことを繰り返す
2週間になりそうです。それ以外は市内を散歩したりホテル
の部屋で読書をしたりすることにしています。

london37

これは大英博物館です。前回行ったときはユーストン駅前にある
ホテルでの滞在でした。大英博物館まで歩いてすぐの場所です。

こんな有名な博物館が無料で入れることに感激し、ほぼ毎日、
特に用事もないのに入ってはうろうろしていました。

初めて行ったとき「どうして無料なんですか」と聞いたことが
あるんです。そうすると「若い芸術家はカネがない。彼らを
育てるために無料にしてあるんだ」と仰っていましてね。

自分が主宰する勉強会を作ったとき、参加費を無料にしようと
決めたのは大英博物館(とルーブル美術館)で聞いたその話に
いたく感動したからです。

有料にするとカネのない先生が参加できない。

カネのない大学生でも参加できるようにしたかったのです。

先日、僕が主宰するチームキムタツが4000人を超えました。

これからも無料での勉強会を続けていこうと思っています。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
今回のロンドンはセミナーで知り合った人たちがいてくれるので
暇を持て余すことはないなと思っています。

 


kimutatsu

第18回英語教師塾開催について

Posted on: 2018年6月8日(金) 10:36

07

第18回英語教師塾のお知らせです。英語教師塾はいってみれば
学校の枠を超えた研究授業です。

何名かの先生方に授業をしていただきます。

1人終わるたびに分析会を行い、もっと上手くなるためには
どうすればいいのかを議論します。

たとえば中学の文法指導、長文読解、英作文、大意要約などなど
様々なテーマで授業をしていただきます。

全国から集まった先生方に授業を見てもらうチャンスです。

授業者でない先生は授業の上手い先生や下手な先生の授業を見学し、
どうすればよかったのかを学ぶチャンスとなります。

いろんな先生方の授業を見ることができますので、奮ってご参加
ください。教育関係者であれば誰でも参加できます。

チームキムタツの勉強会ですので、もちろん無料です。

業者の方々も参加できますし、予備校講師も参加できます。

06

毎年、東京の淑徳巣鴨中学高等学校さんをお借りして行っています。

今年も以下の要領で開催しますので、よかったらご参加下さい。

**********
日時:2018年8月10日(金)10時受付、10:00~17:30
会場:淑徳巣鴨中学校・高等学校 視聴覚室
定員:100名
会費:無料
**********

05

04

03

すでに70名ほどの先生方がお申し込みになられていますので
だいたい残りが30名ほどです。

お申し込みはこちらからお願いします。

なお、ボランティアで行っている勉強会ですので、木村主宰
ではありますが、全員が客ではありません。
設営から後片付けまで、全員で行いますし、ごみなど出さない、
当日キャンセルはしない、迷惑はかけないという姿勢で
お願いします。厳しい姿勢で臨んでください。
授業が上手くなりたい!という先生の参加を願っています。

業者の方々は大量の名刺をお持ちください。
業者の方々のご参加も無料です。我々を支えて頂ければ幸いです。

どうぞよろしくお願いします。

再度、申し込みはこちらからお願いします。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
明日で日本の47都道府県をすべて制覇します。

 


kimutatsu

感謝

Posted on: 2018年5月31日(木) 16:24

047

そういえばこの前、埼玉で4人が集まったんです。

『ユメブン⓪』の共著者である佐藤仁志先生、『ユメブン①』
の共著者である石崎陽一先生、そして三省堂から今年出した
『英作文、対談ならわかりやすいかなと思いまして』の共著者
である柴原智幸先生です。

いろんな打ち合わせをしましたが、とてもいい時間でした。

現在イギリスにいる先生から「木村先生は北海道から沖縄まで
いろんな場所に飲み仲間がいるのはいい人生ですね」と
メッセージを頂きました。

確かにそうかもしれませんね。

これからもいろんな方々に友達でいてほしいと思います。

この4人の飲み会も「埼玉に行く」と言っただけなのですが、
そうしたら佐藤君がおでん屋を予約していてくれました。
石崎君は東京からわざわざ駆けつけてくれました。

感謝感謝です。

これからも感謝を忘れずに、いろんな人と付き合っていきます。

義理と感謝を忘れたら人間終わりですわ。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
こういった人たちのおかげで、本当に幸せに暮らしております。

 


kimutatsu

Daily KIMUTATSU

Posted on: 2018年4月20日(金) 9:21

diary

僕は不定期にメールマガジンを発行しています。
オープンにはしていなくて、キムタツメーリングリストに加入
している先生方や予備校・塾の先生方、業者の人たち向けです。

まぁ、すでに教員じゃなくなっている人たちもいらっしゃるので
その意味では教員とそれ以外の垣根はないんですけどね。

主に英語の授業法、試験の作り方、指導の方法、文科省の方針に
ついての一家言、セミナーや本のお知らせなどなど、いろいろと
書いていますが、最近は「メルマガをありがとうございます。」
という声をあちこちで頂けるようになりました。

メルマガのタイトルはDaily KIMUTATSUです。

といっても毎日発行できていないんですけどね。笑

122

実は生徒たちにも「Daily KIMUTATSU」というハンドアウトを
配布しています。こちらは毎日発行しているのです。

日々のニュースについて、自分が思ったことについて、
エッセイを書いています。もちろんすべて英語で書いています。

ゴルフについて書くこともあれば、ジムに行って走っているけど
実は自分はぜん息なので走るのは得意じゃないけど、心肺機能を
高めたいからやっているんだと書くこともあります。

授業の最初に配布しますので、生徒たちは配布されると新聞を
読むかの如く、目を通しているようです。

僕のほうは「読め」とは言いません。

ただ、彼らが知らないだろうなと思う表現はひと言説明します。

先日ある選手が大会で優勝したときには
He was not the favorite to win, but he won the tournament.と
書きまして、このthe favorite to winについては知らんだろうと
思ったので説明しました。説明したといっても「優勝候補」と
いう意味やから覚えておけばいいよと言っただけですけど。

チームキムタツのメーリングリストのDaily KIMUTATSUも、
生徒たちに配布する「Daily KIMUTATSU」も続けていきます。

生徒たちは「そのうちAlmost Daily KIMUTATSU」になるやろ
と言っています。そうかもしれません。でもまぁ続けることが
なにより大切ですので、たまに途切れたとしても続けます。

チームキムタツに加入している先生方も灘校の生徒たちも
それなりに楽しみにしていてくれれば嬉しいなと思っています。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
昨日は授業後に京都に行っておりました。

 


kimutatsu

メールマガジン

Posted on: 2018年3月20日(火) 8:39

035

チームキムタツのメーリングリスト、現在は日本各地の学校
の英語科の先生方を中心に3920名が登録されています。

いろんな情報が流れます。なかには「うちの学校で英語科の
講師を募集している」といったものも流されます。

単なる掲示板では荒れますし、セキュリティーレベルは最高
にしてあります。添付ファイルや画像は流せないのです。

メルマガは以下の教員が発行しています。

月曜:石崎陽一(都立日比谷高等学校)
火曜:佐藤仁志(駒場東邦中・高等学校)
水曜:丸山 晃(ラ・サール中・高等学校)
木曜:大藪良一(久留米大附設中・高等学校)
随時:木村達哉(灘中・高等学校)

僕は先日の期末考査を紹介しておりまして、定期考査の作り
方を学んでいただければいいなと思っています。

教員も昭和の頭のままではリスニングやスピーキングの指導
ができませんからね。リーディング指導でさえも、昭和と現
在とではまったく違います。

日本人は英語が読めるし書けるけどとよく言われます。

しかし、皆さん本当に読めますか?書けます?

センター試験などでもあんな簡単な文章の平均点がものすご
く低いのが現状なのです。まして「書く」なんて「話す」以
上に難しいのです。話す場合には多少ミスをしても通じれば
なんとかなりますが、書く場合には手元に書いたものが残り
ますから、語法や文法や文構造のミスができません。

なのに「英文法」という単位がないんですよ。

文部科学省が4技能と言っているのですが、矛盾しています。

僕はそれは申し訳ないけど、文科省の大きい間違いだなぁと
思っていますし、おそらく現場の先生方の多くがそう感じて
おられるはずです。ましてAll in Englishでは伸びません。

僕のメーリングリストが先生方のご指導の、本当にお役に立
てばいいなと思っています。上に書いた先生方がどのような
指導をして成績を伸ばしておられるか、学んでいただければ
いいなと思っています。

今日もこれからメーリングリストで3920名の先生方にメルマ
ガを発行します。今日も先日の期末考査の問題およびその問
題を作った意図を説明します。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
昨日は送別会でした。指導が下手で悩んでいた30代前半の僕に
多くのことを教えてくださった先生方が定年退職されました。

 


kimutatsu

大阪で勉強会を行いました

Posted on: 2017年12月24日(日) 5:29

yamada01

昨日は大阪の金蘭会中・高でチームキムタツ主催の勉強会が
開催されました。写真のとおり、大盛況でした。満席。

チームキムタツ主催のセミナーは業者の方も含めて無料です。

学校を使って行いますのでお金はかからないのです。かかっ
たとしても僕が払います。お金がない若い先生であっても
勉強する気があったら誰でも参加できるように無料にしてあ
るのです。12年前に立ち上げて、ずっと続けています。

昨日は第1部が関西学院大の高大接続センターの山田君から、
要するに新しい入試になったらどう変わるのかという発表の
詳細がありました。

ぶっちゃけの話もありました。非常に役に立ちました。

yamada02

関西学院大が文科省から委託されて仕事をしてくれています。
こういう人からの情報は本当に貴重です。

第2部は僕からの発表でした。

普段どういう形でリスニングの指導をしているのかという話
をさせていただきました。

チームキムタツ主催の勉強会は会場の設営から片づけ、更に
懇親会まで手作りで行っています。

初めて参加したという先生方もおられましたが、満足してお
帰りになったのではないかと思われます。

これからも続けていこうと思っています。

またよかったらご参加くださいね。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
今日はクリスマスイブですが、特に用事はありません。
明日がゴルフですので、しっかりと練習するとします。

 


kimutatsu

チームキムタツのメーリングリスト

Posted on: 2017年12月12日(火) 22:42

01

チームキムタツのメーリングリストに加入したいんですという
メールを頂くことが多いのですが、学校名も連絡先も書かれて
いない場合にはお断りすることにしています。

書かれている場合には僕から連絡させて頂き、教育関係者なの
かどうかを確認させて頂きます。

教員でなくてもいいのです。

教育関係者とさせていただいたおります。

ベネッセやアルクや三省堂や文英堂などの方々もお入りになっ
ていて、セミナーにもいらっしゃいます。

チームキムタツの勉強会は業者の後援も全て無料です。

みんなで気持ちよく勉強をしよう、授業が上手くなろう、学校
の情報交換をしようという会です。

だから教員が上で業者が下ということはありません。

大学の先生が上で高校の先生が下ということもありません。

学校の先生が上で予備校講師が下ということもありません。

すべてフラットなのです。

現在のところ、3819名の方々が加入されています。

すべて無料です。

学びたいという人は入れるのですが、一応教育関係者というこ
とにしております。ご理解賜りますようお願いします。

加入したいという方は、ですので学校名と電話番号をお書きの
うえでご連絡をください。こちらから電話させて頂きます。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました!
さくらは元気に走り回っております。

 


ACCESS COUNTER

Total 25661780 Hits!

▲PAGE TOP