KIMUTATSU BLOG
木村達哉のブログ「キムタツブログ」

カテゴリー別アーカイブ: 灘校

kimutatsu

期末考査終了

Posted on: 2018年12月14日(金) 20:18

11

期末考査が終わりました。英語は範囲が大きかったものですから
2つの試験を行ったのですが、英語Aのほうは採点が終わりました。

長文が40個もあったのでどうかなと思っていたのですが、復習が
しっかりできているようで、平均点は高くなるように思います。

英語Bの採点も頑張りますわ。

生徒たちは実質的に冬休みです。

宿題はありますが、長かった二学期で疲れた脳を休めながら、来る
三学期に向けてファイティングスピリットをかき立ててほしいと
思っております。完全に休むのではなくて。

読書をするのもいいし、映画を見るのもいい。

普段は行けなかった場所に行くのもいいと思います。

僕のほうは採点が終わったら、福島・福岡・島根・沖縄に、そして
年明けは岡山に参ります。

いろんな人たちと会っていろんな話をして、自分の力を伸ばします。
いっぱい本を読んで書いて、いろいろ勉強します。

それぞれに楽しみな冬休みです。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
とはいえ、この採点がかなり大変なり。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 灘校  

kimutatsu

二学期の授業終了

Posted on: 2018年12月5日(水) 15:05

04

二学期の授業が終わりました。なにせ二学期は長いものですから
期末考査の範囲が半端なくでっかいのです。まぁしょうがない。

英語は2回行います。英語Aと英語B。

範囲が大きいので2回に分けざるを得ないのです。

中間考査だと1回で済むんですけどね。

明日は試験前恒例の臨時休校。そして明後日から期末考査です。

日曜日と2回目の臨休をはさんで1週間続きますので、生徒たち
も大変だとは思いますが、頑張ってほしいと願っています。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
それが終わると19日間の冬休みです。
補習もないですし、ゆっくりと頭と体を休めましょう。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 灘校  

kimutatsu

もうすぐ期末考査

Posted on: 2018年12月3日(月) 20:56

15438378735850

生徒が後ろの黒板に書いてくれた期末考査の時間割です。

担任は時間割の紙を壁に貼るのですが、いつもこうして生徒が
黒板に転記してくれます。1-3は外園がやってくれる。

僕は2日目と最終日か。

水曜日で二学期の授業が終わり、金曜日から期末考査です。

英語は長文が40題近くあるし、『新ユメタン②』のフレーズが
350個あって、『プラス英語表現問題集』が2セクションある。

大変やとは思うけど、実質的に入試まで2年を切って、さすが
に高校1年生も受験モードに入りつつあるので、生徒たちには
気合いを入れてもらいたいと願っております。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
それにしても外園は字がきれいで読みやすい。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 灘校  

kimutatsu

毎日2長文ずつ

Posted on: 2018年11月16日(金) 6:33

DSC_1576

いまは高校1年生を担当しているのですが、毎日長文2題を
読んでもらっています。授業で1題、家庭で1題。

授業では東大模試や京大模試で過去に出題された問題からの
抜粋というか、良問を選んでやっています。

家庭では文英堂の『Switch③』をやってもらっています。

生徒たちには冊子と解答冊子とCDを渡してあります。そして
それとは別に毎日1レッスンずつ、文章をプリントにして
渡しています。そこには下線もないし空所もありません。

本は本で使ってくれればいいのです。CDの使い方についても
説明したうえで、実際に教室で実践してもらいました。

設問を解くのはどちらでもいいよと言ってあります。

大切なのは、まさに読むこと。そして知らない語彙があれば
必ず拾い出して覚えることです。それが大事。

07

毎日2題。週に授業が4単位ありますので、週に8長文を
読むことになります。したがって1か月32題。

このペースは来年も変わらないので、卒業までに1000題は
読むことになります。

これだけやって英語が伸びないならしょうがない。

昨日、『Switch③』の次の教材を注文しました。

なにせ4週間で1冊が終わりますので、毎月1冊ずつ採用を
することになります。

次は啓隆社から出ている『長文と文・作・語法の18章』です。
福岡女学院の石黒先生がお書きになった名著です。
もちろん同様に、生徒たちには本と解答冊子とCDを渡します。

そのうえで毎日1題ずつ、プリントにして配布していきます。
本をやってもいいですし、プリントを読んでも構いません。

いまの生徒たちはいっぱい本がありますから幸せですよね。
(彼らがそう思ってるかどうかは別として)

毎日2長文ずつ、これからも読んでいってもらいます。
入試がどうなろうとも揺るがない力を培ってもらいます。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
石黒先生の本を採用するのは2冊目。
『プラス英語頻出問題集』でもお世話になっています。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 灘校  

kimutatsu

今日は遠足

Posted on: 2018年11月9日(金) 18:55

ensoku2

今日は遠足で清水寺に行きました。清水寺といっても京都ではなく
兵庫県播州にある清水寺です。紅葉を堪能しました。

そこから陶の郷というところに移動しました。

ensoku3

このあたりは猪の肉が有名です。お昼ごはんは猪肉のうどんを
いただきました。美味しかった!

ensoku4

そのあとは陶芸教室です。初めての生徒たちもいましたけれども
それなりに楽しんだのではないかと思っています。

僕も作りました。

ensoku

2か月後に学校に送られてくるそうです。楽しみ以外ない!

ここに餌を入れて、食べさせようと思っております。

今日はいい日でした。いい遠足日和でした。

感謝感謝。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
遠足のコンセプトは、個人では行かないところに行く、です。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 灘校  

kimutatsu

期末考査範囲を告知した

Posted on: 2018年11月6日(火) 5:47

04

昨日配布したのですが、11月の授業計画表&期末考査範囲表を
見て、生徒たちは大喜びしていました。期末考査は1か月先。
でも今から準備しないと間に合わないと思って配布しました。

試験範囲は以下のとおりです。

長文42題
『ユメタン②』のフレーズが350個
『プラス英語頻出問題集』がセクション2個

長文42題は一夜漬けどころか1週間前からの準備でも無理だと
思われます。要するに日々の復習が大事なのです。

試験前は数学や理科をやればよろしい。

英語は毎日しっかりと復習をしてもらいます。

高1ですので無理はしません。来年はもっと多くなります。
徐々に受験生らしくなってきました。

英語は高2までで終わらせないと、高3では理科や社会などが
主役となりますからね。生徒たちには「鬼!」だの「悪魔!」
だの言われながらも、質・量とも充実した勉強をしてもらいます。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
英語は毎日30分ほどやってもらえれば十分です。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 灘校  

kimutatsu

今日から11月

Posted on: 2018年11月1日(木) 6:17

03

今日から11月。秋も深まってきました。灘校の中庭が赤や黄色
に染まり始めています。校舎から見える紅葉が美しい。

昨日、授業に行きましたところ、顔にペインティングを施した
生徒や小さいカチューシャを頭につけた生徒がいました。

上の写真のようなのもいまして、灘らしいなと思っていました。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
顔出ししている生徒には許可を得てあります。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 灘校  

kimutatsu

採点終了!

Posted on: 2018年10月19日(金) 23:13

15294090966300

昨日、中間考査の英語が行われたのですが、なんとか頑張って
採点を終わらせました。2日間、集中しました!笑

まだ平均点や分布は出していませんが、いつもどおりに努力を
している生徒は100点とか90点以上を取っています。

東大でもどこでも好きなところに進めばよろし。

それなりの努力をしている生徒も、そのうち目覚めてくれれば
いいなと思っていますが、それなりだとそれなりのところに
しか進めませんので、意識高い系になってくれればと願って
おります。さすがに実質的に入試まであと2年ですからね。

努力が全くできていない生徒も、これまたいつもどおりな点で、
もちろん大学だけが全てではないんだろうけど、それならば
なんで灘校に入ってきたのかということになってしまいます。

英語が駄目な生徒はだいたい数学も駄目なのですが、こういう
積み重ねの教科は努力を始めてすぐには成績に結びつかない
ものですから、やるなら早く始めないと2浪も3浪もすること
になってしまいます。志望大学によっては3浪で済まないかも。

いずれにしても月曜日の授業で返却します。

生徒たちには上に書いたような話をしてやろうと思っています。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
おかげで今夜はゆっくりしております。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 灘校  

kimutatsu

体力

Posted on: 2018年9月23日(日) 8:04

012

今日は体育祭。朝早くから保護者の人たちが席取りをするために
第1グラウンドに集まっておられます。

生徒たちは自分の出番がないときも、各組の他学年の生徒たちに
声援を送ってもらいたいものです。グラウンドでスマホなどを
いじっている人間であってほしくない。

学生時代って知力というか偏差値というか学力というか、そういう
ものに価値が置かれていて、東大に合格したというと評価が高く
なるように思います。というより学力以外の評価基準がないのが
一番の問題なんでしょうけどね。

でも僕の周囲で成功している人たちって、体力が半端ないのです。

東大を出ているのもいれば、高卒の人もいるんですけど、社会的に
成功して年収が数千万もあるような人って、学力云々よりも
疲れを知らない体力を持っています。

どうも40歳を過ぎると体力が落ちるなんて言いながら、東京日帰り
したかと思うと翌日は北海道に飛び、その翌日はシンガポールへと
いうような感じで仕事を行い、人生を謳歌しているのもいます。

それを考えると、やはり学生時代はしっかりと体を作っておくのも
将来成功するためのファクターだと思いますね。

いくら難関大に入っても体がひょろひょろではね。

さて、今日は体育祭。僕も教員席から声援を送ります。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
今年の体育祭が第89回です。晴れてよかった。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 灘校  

kimutatsu

リーディング三昧

Posted on: 2018年9月15日(土) 9:58

1536818008669

二学期からは設問つきのリーディングをやるよと一学期に言って
ありました。一学期まではずっと設問のないリーディング、
つまり読書をしておりました。ちゃんと読めることが大事です。

来年はリスニング中心の授業になります。

今年のうちにリーディングの力をつけておきたいなと思っています。
ですので二学期と三学期は二次試験の設問に答えるところまでやります。

読めたら解けるんですけどね。でも設問があったほうがやる気が
出るというのと、答え方を知るというのも大事かなと思いまして。

441

高3生がこの夏に受けた東大オープン模試と京大オープン模試
を使って授業をしました。実際に時間を計って解いてもらって
そのうえで「ではどうすればこれが解けるようになるのか」と
いう観点で授業を行いました。

終わってから生徒たちに「東大と京大、どちらが難しい?」と
尋ねたところ、京大のほうが英語は難しいが、頭を使うのは
東大のほうという答えが返ってきました。

東大の英語は情報処理速度が要求されますし、読めたところで
日本語の能力がないと大意要約ができなかったり、論理的思考
の力がないと解答できなかったりします。

京大は、一時よりは簡単になりましたが、語彙レベルが高い。
逆に言えば、語彙力があればけっこう簡単に解答できます。

生徒たちには志望大学の志望学部に向けて、自分の力を高め、
大学から「うちの大学に来てください」と言って貰えるよう、
「お前なんかうちの大学には来るな!」と言われないよう、
努力を継続して行ってほしいと思っております。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
高1だからといって簡単な教材を用意すると
あまりモチベーションが上がらないものです。
僕も高校時代そうでした。高いハードルを飛び越えるには
ファイティングスピリットが必要で、それを植え付けるのも
我々教員の仕事なのです。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 灘校  

ACCESS COUNTER

Total 26237683 Hits!

▲PAGE TOP