KIMUTATSU BLOG
木村達哉のブログ「キムタツブログ」

カテゴリー別アーカイブ: 灘校

kimutatsu

School Excursion

Posted on: 2017年11月10日(金) 20:40

nara01

奈良に行ってきました。奈良公園です。僕の故郷の明日香とか
橿原に行きたくて学年会議で主張したのですが、正倉院展に
負けてしまいました。というわけで朝から奈良公園へ。

nara02

生徒たちは国立博物館前に9時半に集合。点呼をとったクラス
から正倉院展に入っていきます。

僕は正倉院展を見てから奈良ホテルで昼食をとりました。

nara03

nara04

nara05

その後は正面に興福寺の五重塔を見ながら猿沢池へ。

nara06

池のまわりをぐるりと歩いたあとは、そのまま三条通を抜けて
ならまちあたりをぶらぶらしておりました。

nara07

人生の最後は、愛車が奈良ナンバーでもいいなと思いながら
久しぶりの奈良を満喫しておりました。

またそのうち明日香村や橿原(かしはら)にも足を向けてみ
ようと思っています。

近鉄奈良駅で再集合したときに、生徒たちが「明日香村にい
ってみたかった」と言ってくれました。

何もないけどね。でもいいところやで。

よかったら行って、サイクリングを楽しんできてな。

お勧めはまさに今。秋の明日香村は最高です。

今日はよく歩いて疲れました。今から風呂入ってスクワット
して腹筋して寝ます。おやすみなさい。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
明日は都立日比谷高校の石崎先生と一緒に札幌でセミナー
講師をつとめます。たくさんの先生方がおいでくださいます。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 灘校  

kimutatsu

主審

Posted on: 2017年11月3日(金) 18:38

01

今日は野球でした。グラウンドに行ったら他の学校の先生方
もおられたので話しかけました。

木村:今日の第2試合の審判って誰ですかね?
先生A:木村さんと僕とB君やわ。
木村:真ん中(主審)はBさんがやってくれるかな。
先生A:いや、B君な、腰が悪くて注射うったらしい。
木村:えー、僕も腰が弱点なんですけど。
先生A:俺やろうか?
木村:A先生、おいくつ?
先生A:わし、61歳やがな。
木村:61に真ん中は頼めませんわ。Bさんは?
先生A:あれはたぶん40ぐらいちゃうかな。

そこに登場するB先生。

木村:Bさん、今日は主審やってくれるんかな。
先生B:いや、僕ね、ちょっと腰がね。
木村:A先生が61歳、僕が53歳、そしてBさんが?
先生B:42歳。
木村:一番若いやん。君がやり。
先生B:声の若さでは木村先生やと思いますわ。
木村:俺の声は単にでっかいだけやがな。
先生B:僕、腰に注射打ってもろてきたんですわ。
木村:俺もぎっくり腰が癖になっててな。
先生A:わしがやろか?
木村:いえ・・・俺やります。Bさん、焼き鳥おごってや。

というわけで、朝から主審をやってきました。

だいたい試合前はこんな感じですわ。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
やり始めたら楽しいんですけどね。主審も。
試合中に200回ぐらいスクワットをすることになるので
体重の落ち方が半端ないですし。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 灘校  

kimutatsu

ゲーム

Posted on: 2017年11月3日(金) 8:54

15

保護者面談が終わりました。自宅ではゲームばかりしている
という話を20人ぐらいからうかがいました。

家庭の問題なので学校は関知しないけど、ひどいのであれば
親の責任で取り上げたほうがいいよという話をしました。

取り上げて子どもが暴れるのであれば、ゲーム依存症です。

ドラッグやたばこと同じです。

やめようと思っても、ついつい立ち上げてしまうのです。

依存症は恐い。やめられない。

子どもと話し合って、そういうつもりでスマホを買い与えた
わけではないということを真剣に話すべきでしょうね。

でないと、なんのために小学校時代、みんなが遊んでいると
きにも塾に通って灘に入ったのかわかりません。

10代のいい時代をスマホの画面を見てニヤニヤしながら過ご
すなんて、客観的にみればかなり気持ち悪い。

来週からは生徒の面談です。

もう中3ですので、そこのあたりを厳しく言うつもりです。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
灘はスマホを持ち込んでもいい学校なのですけれども
ゲームをするために持ってきているのであれば禁止しても
いいんじゃないのかと思っています。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 灘校  

kimutatsu

英語が苦手な子たちには

Posted on: 2017年11月1日(水) 19:51

02

中1から英語の勉強をしてきて、73回生の生徒たちは僕が
いままで教えた中では一番英語のできる学年になりました。

でも残念ながら、中1~2でさぼってしまった子や『5ス
テージ英文法完成』を(提出はしていたかもしれないけど)
いい加減にやっていた子や解答を単に写して提出していた
子たちは、英語の点数が低くて悩んでいます。

まぁ、自業自得です。

英語はすぐには伸びません。数学や国語もそうです。

外国語がいきなりできるようになったらびっくりします。

それはおそらくフランス語や中国語も同じでしょう。

本を読んだり聞いたりしているうちに知らない言葉があった
ら1つずつ覚えていくとか、書いたり話したりしながら覚え
ていくとか、けっこうな努力が要ります。

1つずつインプットしていくことが大切です。ものすごく地
道な努力が必要となります。

だからさぼっていた子は、今から全力でやるとして、数字に
なって表れるのは高2ぐらいかなぁとは思っています。

今から全力でやるとして、です。

保護者面談が終わったら今度は生徒の個人面談です。

今のままだといくら灘校生と言えども難関大は厳しい生徒に
関しては、それを伝えるつもりでおります。

ただし「今から全力でやれば」なんとか間に合うかな?とい
うことも伝えるつもりです。

自分の人生ですから、さぼりたい人はさぼればいい。

ただし、自由度の低い人生になるかもしれないね。

努力している生徒たちには、木村の言うことをちゃんと聞い
ていたのに伸びなかったなんてことのないように、これから
も正しく導いてあげようと思っております。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
プロの言うことを聞きもしないで「伸びない」なんて
言われたくないですよね。気持ちはわかるんですけど
楽な方法なんてないし、あっても伸びませんわ。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 灘校  

kimutatsu

保護者面談なう

Posted on: 2017年10月31日(火) 23:10

nada051

現在は30分6限授業が行われています。午後から保護者と教員
による二者面談が行われているため、短縮授業なのです。

毎年思うけど、30分授業ってのはすぐに終わるな。

僕は毎時間リスニングをすることにしていますが。

保護者との面談は楽しくもあり・・・な感じですね。

「家でまったく勉強しません」が続くと、なんのために灘校に
入ってきたんだろうという気持ちでいっぱいになります。

「小学校のときは全く英語の勉強なんてやっていなかったのに
こんなにできるようになるなんて」と言ってもらえると嬉しく、
これからも頑張るぞ!という気持ちになります。

できるだけ生徒のいいところを褒めるようにしているのですが
成績が飛びぬけて悪い子の場合は親も僕も少し暗くなります。

せめてあと1年以内ぐらいに基礎を固めないと、さすがに難関
大学と言われるところは厳しいレベルの子も何人かいますので
この保護者面談が終わると生徒との二者面談をやりながら、
彼らのハートに火を点けたいと思っています。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
保護者との二者面談は木曜日まで続きます。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 灘校  

kimutatsu

祝!採点完了!

Posted on: 2017年10月22日(日) 21:51

11

中間考査の採点を終えました。やれやれ。まだ平均点は出して
いませんが、平均点なんてあまり関係ないですからね。

生徒たちはえらい気にしていますが。いつもいつも。

平均点なんてどうでもええやろっていつも言うんですけど。

「一応教えてください」と言うので教えることにはしています。

台風がまさに今、近畿地方に接近しているようで、明日は授業
ができるかどうかわからないのですが、とりあえず授業があれ
ば返却できるようにはしておこうと思っています。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
週末は水戸におりました。セミナーの合間に採点していました。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 灘校  

kimutatsu

中間考査前最後の授業

Posted on: 2017年10月13日(金) 15:28

P1050197

中間考査前の授業が終了しました。明日と明後日の2日間は
生徒たちも自宅で一生懸命に縄を編むことでしょう。

昨日と今日の授業は二学期に入って扱った文章の復習をしま
して、試験に備えました。

写真のとおり、英語は初日の3時間目です。
(誰や、2日目の3時間目に世界史って書いた奴は!今回は
世界史の試験はないはずやぞ。落書きすんなよな。)

今回の英語の試験範囲。

**********
・授業で扱った英語長文 No. 58~63
・『英語コア構文99+α』1冊
・『Listening & Speaking Training Seminar③』L.1~3
・『ユメタン①』No. 201~250のフレーズ
・リスニング(実力:20点分)
**********

『英語コア構文99+α』は夏休みの宿題でした。

夏休み宿題考査でも試験範囲にしていたのですけれども、
勉強が不十分な生徒のために再度、試験範囲にしました。

英語の基本的な構文の知識って大事ですからね。

月曜日の試験、生徒たちが頑張ってくれることを期待し
ております。お前たち、頑張れよ!

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました!
試験前の週にそれまでの復習をしてやると、生徒たちは
喜びますし、知識が定着しやすくなります。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 灘校  

kimutatsu

授業では

Posted on: 2017年10月12日(木) 19:31

16

授業では相変わらず英語を話してもらっています。

今のところ、accuracyに関してはまだまだ未熟なのですけれ
ども、fluencyに関してはけっこうなレベルになってきたよう
に思います。ただし、some of themですが。

でも話せない人は日本語でも話せないですからね。

紙に書くことと話すこととは違います。なかなか人前で話せ
ないという人間もいますので、そこは強要していません。

いろんな人間がいていいのです。話せる人は話したほうがい
い。なぜなら話すことそのものが上手くなっていくからです。

ここをこうすればという助言があれば。

単に話す経験値だけを積めば話すのが上手くなるのであれば
ベテランの教員はみんな授業が上手いことになります。

決してそんなことはない。

話すのが下手なベテラン教員はたくさんいます。生徒たちが
あくびをしている授業がたくさんあります。

でも助言をしてやることによって、どんどん上手くなります。

現在は「書く力」と「話す力」の土台を作っているところで、
特に今のところは「書く力」のほうに重点を置いています。

話せる人には話してもらっています。

きっと生徒たちはわかっていると思うんですけどね。

でも1人でも多くの生徒に「話せる人」になってほしいなと
思いながら、日々指導しています。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
来週の月曜日からは中間考査が始まります。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 灘校  

kimutatsu

スピーキングの授業

Posted on: 2017年10月3日(火) 8:22

07

毎週月曜日の授業は『ユメタン①』を使った英作文の基礎トレ
チェックを行っています。

そしてその後は上の本を使ってリスニング&スピーキング授業
を行っているのです。

先週やった『Listening & Speaking Training Seminar 3』の1章
のスピーキングのお題は「海外の学校では入学式ってのがない。
外国人に日本の学校の入学式を英語で説明してください」だった
のですが、喋らせたら中3の分際で(?)けっこう喋れるし、
使っている英語表現が『ユメタン』や『ユメブン』で覚えた
ものをふんだんに取り入れていて、聞いている僕がびびりました。

16

17

授業でリスニングした素材をもとにしてスピーキング問題が
最後に出題されるのです。出題もCDからの指示でして、
その指示も英語で行われますので、リスニングができないと
スピーキングが出来ません。

家庭で自由英作文をさせてきまして、発表してもらいました。

極力スクリプトは見ないようにという指示を与えました。

明日提出して、喋ってもらう第2章のお題は「日本には知床
や白川郷などのユネスコ世界遺産がありますが、富士山以外
の世界遺産を取り上げて説明しなさい」という指示でした。

家庭で英語のスクリプトを作ってくるようにという指示を僕
のほうからして、その用紙を配布してあります。

明日の授業で提出したうえで、発表してもらいます。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
提出するためだけに魂を込めずに作ってあるスクリプトも
ないわけではないのですが、90%以上の生徒たちが
一生懸命に書いてあるので、読みごたえがあります。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 灘校  

kimutatsu

今日の授業は英作文

Posted on: 2017年9月29日(金) 18:23

00

今日は英作文の授業でした。いつもどおり、『ユメタン①』
で基礎トレを行ったあと、すでに与えてあった日本文を
どうやって正確な英語に直すかという授業をしました。

今日のはけっこう基本的な日本文だったので、「易しいけど
間違いやすい箇所」を取り上げて説明しました。

**********
タヒチの市場で買い物をすると、日本の市場とは違いが
あることに気づく。そこで働いている女性たちが自由で、
彼女たちのほとんど全員がほほえみを浮かべていつも
お互いにおしゃべりを楽しんでいるのだ。彼女たちは日
本の女性ほど豊かではない。実に貧しい女性もいるだろう。
しかし日本の女性ほど忙しくはないし、彼女たちが怒っ
ているのを見たことがない。
***********

という日本文です。

そもそも「タヒチの市場で」をどう表現するのか。
at a market in Tahiti
at markets in Tahiti
at the market in Tahiti
at the markets in Tahiti

これら4つのニュアンスは異なります。

「通じればいいじゃないか」という程度の英語力でいいので
あれば簡単なんですが、彼らの目指しているレベルはそうで
はないので、厳密にしっかりと解説をしました。

終わってから多くの生徒たちが質問に来ました。

************
・I have never seen the women angry.は駄目か?
・There is a gap between a market in Tahiti and one in Japan.
とThere is a gap between a market in Tahiti and that in Japan.
とはどう違うのか?
・less+形容詞+thanとnot so ~ as…は同じと考えていいか。
************

中3ですので基本的な質問ばかりですが、それぞれに丁寧に
回答しました。

日本語をしっかり読んで、相手に通じる英語で表現するのは
言うまでもないのですが、まだまだ学習の初期段階ですから、
「通じる」程度のクオリティーで満足してほしくないのです。

英語ネイティブに将来、「この人の英語はしっかりしてるな」
と思ってもらえるように、正しく使っていってもらいます。

今は流暢さ(fluency)より正確さ(accuracy)が重要です。

多くの生徒たちが英検準1級程度の英語力を身につけるまでは
この姿勢を大切にしていきたいと思っております。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
スターバックスでホットコーヒーを飲んでいます。


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 灘校  

ACCESS COUNTER

Total 28847458 Hits!

▲PAGE TOP