KIMUTATSU BLOG
木村達哉のブログ「キムタツブログ」

カテゴリー別アーカイブ: 本の紹介

kimutatsu

本を紹介します

Posted on: 2017年2月4日(土) 21:14

01

秋田の先生からメールを頂戴しました。「先生が推薦されていた
本(小説)を読みました。とても面白かったです。ありがとうござ
いました!またご紹介ください」とのことです。

いろんなところで本は推薦しています。

コメント欄のあるフェイスブックに「買います!」とコメントを頂戴
することが多いのですが、実際に読まれている人はどれぐらい
いらっしゃるのかなぁと思っています。

皆さん、忙しくて本に手が伸びないですからね。

今回の先生のように実際に読まれている人は素晴らしいなぁと
思いますね。こちらこそありがとうございました。

さて、その先生のリクエストにお応えして、僕が最近読んだ本を
ご紹介ます。よかったらお読みくださいね。

31uHZqV+V3L

818NtZhG7ML

goi

paparagi

totto

どれもお勧めですが、ここで下手なコメントを書くとネタバレになり
かねませんので敢えて書かないでおきますね。

特に『窓ぎわのトットちゃん』は久々に読み返しましたが、小学校
1年生で学校を追い出された黒柳徹子さんを受け入れたトモエ
学園と小林先生のエピソードを読むと、教員としてかくありたいな
と思わずにはいられません。

よかったらお読みくださいね。どれもとてもいい本ですから。

おっと1つ忘れてた。

marumaru

 

これもお勧めですよ!笑

というか、三省堂の大阪支社の池田くんが灘校に来てくれまして
「昨年度より売れております!」と報告してくれました。

使って下さってる学校の皆さん、ご採用くださった先生方に心より
お礼申し上げますとともに、引き続きよろしくお願いします。

niju

ちなみに今読んでいる本はこれ。久しぶりに心躍らせながらページ
を繰っております。まだ前半ですが、ここから明智探偵と小林少年
が登場するところです。今日はそこから読みます。

本はいいですね。

個人的にテレビを見ているとイライラしますが、書物は精神のカタル
シスを図るのにもってこいです。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
お礼のメールをくださったS先生、ありがとうございました。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 本の紹介  

kimutatsu

ベネッセから本を出します

Posted on: 2016年10月5日(水) 5:14

P1030441

11月29日にベネッセから本を出すことになりました。

リスニングとスピーキングのトレーニングブックです。

書名は『Listening & Speaking Training Seminar』です。

上はBook1とBook2の表紙画像です。Book2は12月22日に、
そしてBook3はおそらく来年の2月か3月に出ます。

P1030420

これが裏表紙。

検印を押す欄ですが、けっこうお洒落ですね。

ラーンズ編集者の本気が伝わってきます。

また詳細は書きますが、11月29日(いい肉の日)に発刊です。

またよかったらお使いください。

英語を聞き取ってディクテーションし、音読に音読を重ねたうえで
そのコンテンツに関して英語で話すという流れになっています。

どうぞ宜しくお願いいたします。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
ちなみに学校専売品なので書店さんには置かれません。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 本の紹介  

kimutatsu

『まるまる』賛歌

Posted on: 2016年8月19日(金) 6:37

06

先日、広島でセミナーをやったのは書きましたが、そこの懇親会で
ある中高一貫校の英語科の先生方にこの本を絶賛されました。

『ユメタン』や『ユメブン』、最近では『ユメサク』を絶賛してい
ただくことは多いですし、中高一貫校では『5-Stage英文法完成』
を褒めていただくことが多いのですが、『まるまる』は春休みや
夏休みなどの採用品として使われることが多いからでしょうか。

あまり大絶賛というような感じではないのですよ。残念ながら。

三省堂によるとけっこうご採用は頂いているのですが、読者の方の
声を届けてもらったことがないので、どういう感想をお持ちなのか
実はまったくわからない本の1つなのです。

で、その英語科の先生方が「あれはいい!実にいい!」と褒めて
くださいまして、なんかえらい嬉しかったです。

これからも『まるまる』を使い続けます!こういう本を待っていた!
などなど、えらい褒めてくださいましてね。

中途半端なブリッジ教材では力が付かないだろうと思って作った本
なのです。でもその分、やはり僕の本だけあって?タフなのです。

大事なことは先生方が心から「これがいい」と思って採用すること
ですね。信念を持って採用し、それを生徒たちに使うことでしょう。

広島の先生方、ありがとうございます。

これからも僕の本をご愛用くだされば嬉しく思います。

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
明日は20日ぶりに学校に行って補習を行います。

 


kimutatsu

Angry Birdの本ですが

Posted on: 2016年8月18日(木) 5:32

0801「ステラ」ハガキPOP_1

紀伊國屋書店梅田本店さんではこの本が5冊売れたらしい!

本が売れないこのご時世に5冊は凄い!

なんとなくamazonで買ってる人が多いようにも思うけど。

買って下さった方、本当にありがとうございます。

小学生をお持ちのお父さんとお母さん、よかったら1冊どうぞ
宜しくお願いいたします。

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございます。
しかし暑いですね。ひさびさに10000歩歩いたら
ちょっとくらくらしましたわ。ウォーキングも危険ですね。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 本の紹介  

kimutatsu

少女漫画の英会話本

Posted on: 2016年8月7日(日) 10:06

stella

少女漫画雑誌『なかよし』で連載されていたAngry Birdシリーズで
僕がコラムを書いていたのはご存知でしょうか。

書いていたんです。

このAngry Birdってヨーロッパでは大人気なんですってね。

1学期に灘校の男子生徒たちに知ってるかどうか聞いてみました。
驚きました。多くの子たちが知っていました。

そんなに人気があったのか・・・

stella2

その連載は終わったのですが、このたび僕が連載していたコラム
をさらに加筆して、30動詞を使って英会話力を伸ばそうという
英語の本ができました。それがこの写真の本です。

明日(8月8日)に書店さんに並びます。

stella3

3番の「子どもといっしょに」というのは女の子をお持ちのお父さん
あるいはお母さんに向けてのメッセージなんでしょうね。

だって少女漫画ですからね。

逆に言うとさ、少女漫画って読んでみたかったんだよねという男性
にとっては買いやすい本になりましたよね。

レジに持って行きやすいっていうかさ。

stella4

ほら、ああ楽しい!

stella5

ぶっちゃけ少女漫画なんて読んだことなかったんですけどね。

毎月著者のところに送られてくるもんだから読んでいるうちに
あれ?これけっこう面白いやんってことになりましてな。

そんなわけで少女漫画と木村のコラボで英会話本をお届けします。
よかったらお手にとってみてください。

明日発売です。どうぞ宜しくお願いいたします!

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございます。
今日も関学大に行ってきます。
開始時間、14時50分です。宜しくお願いします。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 本の紹介  

kimutatsu

本を読みませんか?

Posted on: 2016年7月14日(木) 8:35

kinokuniya_umeda04

紀伊國屋書店梅田本店さんで、春に文庫本のフェアが開催されて、
僕も棚を作って頂き、2冊お買い上げになった方には
僕が作ったコラム集がプレゼントされました。

そして夏の文庫本フェアが昨日から始まりました。

kinokuniya_umeda08

今回は24冊分のコラムを書かせていただきました。そして今回も
2冊お買い上げになるとコラム集がプレゼントされます。

僕も来週顔を出そうと思っています。どうぞ本好きの方、あるいは
あまり読んだことがないけど、これを機に読もうかなと思っている
人たちは、僕のコラムが参考になればうれしく思います。

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました!
読んで面白かった小説をいっぱい紹介いたしました。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 本の紹介  

kimutatsu

from 哲也&達哉

Posted on: 2016年7月7日(木) 13:00

18

『蛍雪時代』の7月号です。いつもどおり、僕のコラムは連載で
掲載されているのですけれども、それに加えて・・・

17

がんばろう九州!ということで、安河内哲也と木村達哉からの
特別寄稿が巻頭に掲載されています。

てつや&たつやからのメッセージを読んでいただいて、九州の
被災地の生徒たちに頑張ってもらえればと思っています。

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
この日曜日にTK九州支部の勉強会を福岡で開催します。
僕は「ICT&アクティブラーニング」という、
おおよそ僕らしくないコンテンツの授業をさせて頂きます。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 本の紹介  

kimutatsu

執筆中

Posted on: 2016年6月4日(土) 5:53

kinokuniya1

水王舎の瀬戸さんから写真を送っていただきました。紀伊國屋書店
新宿本店さんで出口汪先生と木村のフェアが並んで行われています。

国語の世界では超有名な出口先生のフェアと僕の本のフェアを並べて
開催していただけるのは、名誉の極みです。

こういう本棚の端っこの部分をエンドというんです。

エンドに自分の本をこうして並べて置いて頂けるのは、著者としては
本当にあり得ないぐらい名誉なことなのです。

紀伊國屋書店さんには感謝しています。

その出口先生の経営する水王舎さんから執筆の依頼がありまして
現在、執筆しています。

問題集ではありません。

こうすれば英語の力が付くという本です。

昨日、編集の方に原稿の一部をお送りしたところ、大絶賛して頂けて
ほっと胸をなで下ろしました。

英語を学ぶお子さんをお持ちの保護者に向けて書いています。

英語を教えている指導者の方々のことも頭に入れて書いております。

また出版の折にはブログで紹介させていただきますが、よかったら
お手に取ってお読みいただければと思います。

かなり骨太な内容です。どうぞよろしくお願いいたします。

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
今日はこれから汗だくになって審判をさせて頂きます。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 本の紹介  

kimutatsu

お勧め本のご紹介

Posted on: 2016年5月25日(水) 16:14

kinokuniya_umeda04

先般、紀伊國屋書店梅田本店で行われていた文庫フェアが終わり、
当然ながら僕のコーナーも終わりました。

でも歴史ある紀伊國屋書店さんでコーナーを作って頂けた喜びは
物書きでないとわからないと思います。

kinokuniya_umeda07

さて、僕が紀伊國屋書店さんに推薦した本が102冊でした。

そして実際に紀伊國屋書店さんが「棚の大きさの関係で50冊に絞り
ましたので」と、その中からリストアップしてくださいました。

そしてそれらの本について、コラムを書きました。

01

02

フェアが終わったことを知らずに紀伊國屋書店さんに足を運ばれて
「せめてコラム集だけでも」と仰った方々もたくさんおられたそうです。

あるいは僕のところに「選ばれた本のリストがほしい」とご連絡をくだ
さった方々もいらっしゃいました。

なので少しずつご紹介していきますね。

ちなみに「紹介するだけでカネがもらえていいですねぇ」と下品な事を
言いやがった生徒、あのなぁ、カネなんか1円ももらってないわ。

そういう品性のないことを言うんじゃない。大人になればわかる。

生きる喜びってのはこういうもののなかから滲み出てくるものなのだ。

04

06

50冊の中で最も売れたのがこの2冊でした。

特に鳥飼先生の『本物の英語力』は100冊も売れました。すごい!
「英語なんて簡単だ!」だけが気に入らないのですが(僕は簡単では
ないと思ってるから)それ以外は英語の学びについて本当に示唆に
富んだことがエッセイ調で書かれています。

堅い内容の本ではありませんので、どうぞお読みください。

カーネギーの『人を動かす』は歴史的名著です。僕はこの本にもしも
出会ってなかったら、本当に嫌な人間のままだったでしょう。

周囲の方々との調和があるから、生きていけるのですね。

そのためには自分が引くことも必要で、周囲に対する笑顔と感謝の
気持ちを忘れないようにすることが、意固地になって主張するより
結果的には周囲の方々のご協力を頂けることが多いのです。

が、そんなことも知らずに主張ばかりしていたように思います。

この本は「だからダメなんだと思うよ」と僕に教えてくれました。

この本は僕の師匠です。

ちなみにこの本の原書版がこれ。

05

英語に自信のある人はこちらから読み始めてもいいでしょう。

ある程度は自信があるけど原書となるとなぁと思っている人の場合は
先に日本語の本を読んでから、原書を読まれてはどうでしょうか。

とても多くの方々に読んでいただきたい本です。

何を読んだらいいかわからないなと思って、あまり本を読まない人は
どうぞこの本から始めてみてください。

お勧めです。

こんな感じで紹介させていただきますね。

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
市ヶ谷におります。ええ、アルクの社屋で缶詰になって
原稿を書かされ・・・もとい、書いております。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 本の紹介  

kimutatsu

Which do you like best?

Posted on: 2016年5月24日(火) 6:00

cake

僕は『蛍雪時代』と『English Journal』で連載をさせていただいている
のですが、この前まで少女漫画雑誌『なかよし』でも連載を持っていて、
アングリ―バードのシリーズでコラムを書いていました。

で、実はその少女漫画とキムタツがコラボした企画が本になります。

あぁ、ついに少女漫画企画が書店さんに並ぶのか。

嬉しくもあり・・・照れ臭くもあり・・・

で、実はプライベート用のフェイスブックで表紙のアンケートをお願い
しているのですが、今のところこの3案があがってきています。

ƒXƒeƒ‰ƒJƒo[1

ƒXƒeƒ‰ƒJƒo[1

C

上の黒いのがA案、真ん中のやつがB案、そして下のA案の赤い版
のものがC案として、どれが一番いいでしょうね。

講談社の担当者から3つ送られてきたのですが・・・

少女漫画ということを考えればB案かC案なのかなぁと思うのですが
個人的に格好いい感じかなぁと思うのはA案。

皆さんはどれがいいと思われます?

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました!
フェイスブックで「友達」になってくださってる方は
いずれかに1票を投じていただければ幸いです。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 本の紹介  

ACCESS COUNTER

Total 21842484 Hits!

▲PAGE TOP