KIMUTATSU BLOG
木村達哉のブログ「キムタツブログ」

カテゴリー別アーカイブ: 日記

kimutatsu

俺は痩せてみせるぞ!

Posted on: 2008年3月23日(日) 20:54

御影公会堂

いや、今日の記事とこの画像とはまったく関係ありませんけれども(笑)
ちょっと最近ね、お腹一杯食べる習慣がついてしまいました。

今日も野球やったのですが(そして今日も負けたのですが)試合開始の
直前にトイレに行って、自分の姿を鏡に映してみました。

え?・・・ はあぁ?(@。@;)

・・・っていうぐらい太ってるんですけど? 

~( ̄▽ ̄~)(~ ̄▽ ̄)~

年がら年中ダイエット宣言してる木村ですけれども、今日という今日は!
またまた来たぁ!ダイエット大宣言!

というわけで、ちょっとまじでヤバイ状態になっているし、先般も灘の隣の
洋服の青山で安いスーツを2着買ったのに、もしかしてもう着れない?

B社Y君に「ドルガバとかのスーツを買ったほうが油断しなくていいですよ」
なんて言われてるけど、とりあえずまずは痩せよう!

有酸素運動と無酸素運動を適宜取り入れながら(汗)

睡眠不足になると太りやすいらしいね(´・ω・`)

早食いは太りやすいらしいね(´・ω・`)

生活のリズムが狂うと太りやすいらしいね(´・ω・`)

俺、全部やん・・・ _| ̄|○

先日東大に合格した、元テニス部のO君に「40過ぎると痩せないらしい」
なんて言われたけど、ええい!黙れぇ!

まずはこのお腹を何とかしないとアカンのだが、野球部の練習があるので
それを利用しつつ、とにかく何とかしよう。

筋肉をつけて、晩飯をほとんど食わない作戦に出よう。

えー・・・現在64キロ強です。これをまずは60キロまで落としますので(汗)
悪友連中および編集者の皆さん&B社Y君、夜は誘わないように。

以前せっかく59キロまで落としたのに・・・あぁ、もったいな(>_<)

英語のトレーニング&執筆と同様に、毎日ちゃんと頑張ります!(>_<)

同様に痩せたい人はどうぞクリックをお願いします(>_<)
  ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ!

(追記)ビリーは無理。ハード過ぎる。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 日記  

kimutatsu

JR東海のポスターに関して

Posted on: 2008年3月17日(月) 20:58

smooth

最近このポスターがJRの駅に貼られていますでしょ?どうも気になる( ´Д`)
JR東海のポスターですので、北陸や九州などにはないかもしれません。

だってこの「スムース」ってのは英語のSMOOTHをカタカナ表記したものなので
「スムース」ではなく「スムーズ」が正しいのです。

もちろん音のつながり上、「スムース」って言わざるを得ないケースもありますが
この単語単独で発音するときは、やはり「スムーズ」と、最後は濁音になります。

野球の評論家あたりが「スムースにバットが出ていますね」なんて言ってるのは
まぁ英語の専門家じゃないし、しょうがないなとは思う。

しかし天下のJRのポスターが「スムース」ではちょっとどうなの?って感じます。
どっちでもいいやんって人もいるだろうが、言語ってのは大事やしこだわりたい。

というわけで中学生と高校生の皆さん、SMOOTHは「スムーズ」ですからね。
間違って覚えないように!

言葉へのこだわりって大事やよなぁと思われる皆さんは愛のクリックを!
  ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ!

(追記)コメントのお返事がたまってますね(滝汗)。
     読んでるのは読んでおりますので、しばしお待ちあれ。

 

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 日記  

kimutatsu

本の紹介&岡山は熱かった!

Posted on: 2008年3月16日(日) 11:28

hayfever

もちろんこの画像のようなことはないのですが、それでも結構苦しんでる
木村です。皆さんは今年はいかがでしょうね?

ある人のブログに、読んだ本の紹介が書かれていて面白かったので、
僕も書いてみます。読んでいいなと思ったものだけですが。

『南原繁の言葉-8月15日・憲法・学問の自由』  立花隆
戦争がどういうきっかけで起こったのか、また戦争当時に東大学長であった
南原繁によって戦後の復興がどのように行われたのかがわかる一冊です。

『かなり、うまく、生きた』 遠藤周作
遠藤周作のエッセイ集。人生に疲れたとき、弱っているとき、病んでいるとき、
勇気が出ないときに読んでほしい一冊です。

今年中に100冊読破する計画を立てたけど、まだ全然追いついてないな。
それぐらいの計画は潰せないと、知識人とは言えんわ。

ところで岡山から戻ってきました。昨日お逢いした全ての皆さんに感謝!
楽しかった!ホテルの部屋に帰った後もやる気が湧き起こっていました。

先生方、ありがとうございました!

鳥取に来てほしい!と言ってくれた先生!絶対にまたお逢いしましょう!
本校で講演してほしいと言ってくれた徳島の先生!ご縁があればぜひ!

先生方の超がつくほどの前向きなやる気に刺激されて帰ってきました。

今日はこれから野球の試合ですが、ぜーんぜん疲れていません。
実はほとんど寝ていませんが、元気100%で頑張ってきます!

読書習慣を確立したいなと思う皆さんは愛のクリックを!
  ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ!

(追記)やる気のある人たちと一緒にいると、やる気は伝染します。

 

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 日記  

kimutatsu

教員の勉強会への参加に思う

Posted on: 2008年3月15日(土) 7:46

正門

最近は学校の先生方の研究会に呼ばれて、そこで講演といいますか、
お話をさせていただくことが増えて参りました。

そういう時にはほとんどお金を頂戴しませんので、手弁当で参ります。

先生方が個人のお金を出し合って作っておられる会でして、あんまり
組織としての運営費というのはないので、こちらも講師というよりむしろ
同じように勉強させていただく、参加させていただくという形にします。

勉強会に集まる先生方はホットな方が多いので、こちらも勉強になる。

今日は実は岡山に参ります。

岡山・徳島・鳥取・山口の公立高校の先生方がお集まりになっていて
その先生方の前でお話をさせていただくことになりました。

参加される学校リストを拝見すると、進学校もあればそうでない学校も
あります。教頭や主任レベルから若い先生方までいらっしゃいます。

45人ほどお集まりになるそうですが、英語の先生は10名程度でして
進路の先生方や僕に会いたいという先生方がお集まりになられます。

英語の先生が少ないということで、したがって僕も英語の話はしません。

話の内容についてはここには書きませんが、先生方のお役に立てれば
嬉しいなぁと思っています。楽しみにしております。

講演風景

教員ってのはサボろうと思ったらいくらでもサボれる。頑張ろうと思えば
いくらでも頑張れる、そういう職業です。

別に放課後に生徒を残して追試をやらねばならないわけではないので
そういうことをしなければ授業が終われば帰れますしね。

わざわざこういう勉強会に出かけていかなくったって、全然問題ない。

でもやっぱり先生になる人ってのはマジメで、子供たちと上手く接したいとか、
彼らの成績を上げてやりたいとか、もっと上手く授業をしたいとか、あるいは
保護者の皆さんとどうやって接したらいいのだろうとか・・・

まぁいろんな思いというか悩みを持ちながら過ごしておられるわけです。
もちろん僕もそのうちのひとりなんですけれども。

そういう状況の中で、自分を鍛えよう!と頑張っておられる先生方が
何かを掴もうとして僕の話を聞きに集まってこられるのです。

特に今回は会場こそ岡山ですが、岡山だけでなく鳥取や徳島や山口の
公立の先生方が多数来られるということなんですよ。

なので僕も気合いを入れて、テンションを上げて、フルスロットル状態で
お話をさせていただくことにしています。先般の大分でもそうでした。

もうすぐ学校へ行って、野球部の生徒たちに明日の大会のことについて、
それから春合宿のことについて、説明してから岡山に旅立ちます。

熱い先生方にお逢いして、自分も刺激を頂戴するのが楽しみです(^-^)

頑張っている全ての人たちに愛のクリックを!
  ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ!

(追記)後期を受験した人たち、お疲れさまでした。

 

  


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 日記  

kimutatsu

ネット犯罪と教育について

Posted on: 2008年3月4日(火) 16:29

飛騨 

昔と違って最近はネット絡みの犯罪が増えてきましたが、今日のこの記事
やはり少し驚きました。10歳ですよ、10歳!

インターネットの使い方については、有害サイトへの接続が問題になっていて
携帯電話から接続できないようにするサービスもあります。

知らない間にどこかのサイトにつながってしまって、馬鹿高い料金を請求され
戸惑うという事件は今もまだあるようです。

そういう料金の請求があったとしても無視していればいいのですが、普通は
何度も請求メールが来るとビビってしまいますよね。

だからよくわからないけど、この程度なら払ってしまえばいいやと思った人が
数万円を振り込んでしまうということになるんでしょう。

ちなみにうちのある先生の携帯にもそういう請求メールが来たそうです。

ところがその方、「木村君、携帯からネットにどうやって接続するの?」という
先生なので、請求メールが来た時も「適当に請求メールをばらまいてんやろ」
と堂々たるものでした。もちろん数回来たそうですが、無視しているそうです。

今はそれよりも掲示板などに匿名で悪口を書き込んだりするのが「流行」で、
2chをはじめとする掲示板にそういう書き込みをする人が多い。

ひどい流行ですよねぇ・・・現代人、ホントに病んでます。

僕のように情報を発信する立場の人間はそういうところで色々と書かれたり
することも、ある程度はしょうがないなと思って、あきらめています。

まぁそれに匿名だから真実性は低いでしょうけれども、100%反発するのも
どうなのかなと思うこともあります。何ごとも成長につなげたいですしね。

自分をそういうふうに見ている人もいるんだなということを念頭に置いておく
ことも、僕のように情報を発信していく立場では大事なのかもしれません。

別に僕はタレントでも何でもありませんが、ある程度は名前が出ているので
全員が全員僕のことを応援してるわけではないのは重々承知しています。

そういうのも含めて、結構いい勉強をさせてもらっているなと思っていますし、
どういう形であれ批判をしてくれる人がいなくなるとダメですからね。

 盛岡

しかし問題は生徒が生徒のことを書き込んだり、生徒がこの上の10歳の
女の子のように脅迫めいたことを書き込んだりするケースですね。

今は完全に規制する法律がないそうですので、国会でも論議の的になってて
近いうちに法整備がなされるとのことです。それは当然のことです。

で、今回言いたいのはネットに関する家庭教育に関してです。

法律に詳しい人が書き込んでいるケースはあまりないのではないかと思うし、
その点では自分の書き込みがどういう犯罪なのかわかってないケースが多い。

ということは、各家庭で自分の子供に注意し、厳しい指導をしておかないと、
いつなんどき突然「そんなことをする子ではない」はずの我が子のところに、
警察がやってきて逮捕されないとも限らない時代になってしまったわけです。

上の10歳の女の子だってそう。おそらく親御さんは天地がひっくり返るほど
驚かれているのではないでしょうか?

本人だって、犯罪だとわかっていたらそんな馬鹿な書き込みなどしなかった
のではないでしょうか?

2ch絡みで逮捕される人が増えているそうですが、そういうのも知らないで、
ただ悪口を書き込むことが面白いという理由だけで軽はずみに書き込む。

警察に聞きましたところ、書かれた人が「精神的に傷ついた」という病院の
証明書(診断書)を提出すれば、犯罪として扱うということでした。

肉体的には傷ついていないけど、精神的に傷ついたということで「傷害罪」が
成立するということになるそうです。

さらに全てのインターネットのサイトのコメント欄にはIPアドレスが残ります。
したがってどこから書き込んだのかがわかるわけです。

このブログにも多くの方々がコメントをくださいますが、皆さんのIPアドレスは
管理画面に行くと全部わかってしまうわけですね。

僕も友達のHPを見ただけで(つまりコメントしていない状態なのに)「先生、
僕のブログ見てくれたでしょ?わかるようになってます」と言われました。

要するにほんのちょっと調べれば結構簡単にわかってしまうわけです。

なのに「どうせわからんだろ」という気持ちで、マスクをかぶったつもりになって
罵詈雑言を掲示板に書き込んだり、脅迫めいたことを書き込んでしまう。

犯罪性をわかっていて書き込みするのは言語道断ですし、わかっていなくても
匿名で悪口を書き込むことがどれぐらい卑怯なことなのかは指導すべきです。

でも未熟な子どもたちのことですから「魔が差す」ことだってあるかもしれません。

上に書いたように「書き込みすれば、調べれば誰が書いたかわかる」ことを
ちゃんと伝えた上で、子供さんと話し合うことは大事だし、抑止力になるかと。

本当はみんな優しい子らばっかりやと思う。でもなかなか自分の思いを吐露する
場所がないのもあって、そういう「場所」で必要以上の思いをぶちまける。

昔は我慢したものです。先生に対しても、同級生に対しても。もうどうしても
我慢できないところまで来たら殴ったり喧嘩になったりもしました。

でも今は喧嘩しないで、いろんなところで顔を見せたくない者同士が陰口を、
言い合うのではなく筆談し合うようになってしまいました。

極めて気持ち悪い状態なのですが、そうなってしまったものは仕方ないので
せめて教員は生徒たちに、親は子どもたちに、インターネット世界との関わりの
危険性について警鐘を鳴らしながら、上手くインターネットを使うことですね。

なお、書かれた人が傷つくという面の問題点はあちこちで書かれていますので、
ここでは書きません。また機会があればそういう記事を書きますね。

同意くださる方は愛のクリックをよろしくお願いします!
  ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ!

(追記)お手紙をくださった広島の先生、ありがとうございました。
     手書きのお手紙ほど元気が出るものはありません。

  


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 日記  

kimutatsu

スタンフォード大の決定に思う

Posted on: 2008年3月3日(月) 16:29

金沢

そういえば去年の今頃はタヒチ旅行の準備をしていたなぁと思いながらも
その後に担任団で金沢に旅行したときの写真を見ている木村です。

金沢は初めてでしたが、とても良いところですね。また行きたい。

この数年間にいろいろと依頼を受けて、札幌から那覇まで、あちこちに
顔を出しては話をしてきました。仙台、名古屋、高知、博多・・・

でも都道府県の中にはまだ行ったことないところもあります。新幹線等で
通過するだけでなく、降り立ったことがないという意味でですね。

海外も行ったことのない国がたくさんあってもちろん行きたいのですが、
やはり日本人ですし、死ぬまでに全ての県に行ってみたいなぁ。

地図を見ているのですが・・・行ったことのないのは・・・

山形、福島、新潟、栃木、茨城、山梨、静岡、山口、佐賀、宮崎、鹿児島!

・・・ですね。長崎も壱岐だけやなぁ。

というわけで、いつかはこの11県に行ってみたいなと思っています。
どこかお勧めのところってありますか? ちなみに山口県はフグですよね!

飛騨

先日こういう記事を読みましてね。

東京大学も来年度から親の年収が400万未満の学生の授業料を無料に
することを決めました。ご存知ない方はこちらの記事をお読み下さい。

この東大の決定に対して「批判も噴出している」らしいけど、僕は評価してる。
それとゆとり教育を推進した寺脇氏の発言は的を射たものとは言えないです。

東大入試って受験のテクニックなんかでカバーできるようなもんじゃないです。
むしろ基礎を愚直に固められるかどうかが鍵を握ってるのです。

ま、それはさておき・・・

そりゃ少子化で大学が優秀な生徒を集めたいのは言うまでもないし、大学が
独立行政法人になったので、財政的に苦しいのは苦しいはず。

だからこそこういう努力が必要なのであって、今までみたいに黙って待ってたら
学生が集まってくれるなんてことは、東大であってもあり得んのです。

それに地方にいると東京で暮らすことによってかなりの出費になりますから、
親にとっては53万(東大の授業料)でも無料になると助かります。

それにアメリカに比べると、奨学金の種類が少なくて、親の年収が高くないと
やはり都市部の大学に行かせるのは大きい負担になります。

以前、教え子がハーバード大に行きましたが、調べてみたら東大に行くより、
ハーバード大に行くほうが安くつくことが判明しました。

生活費の高さや奨学金の種類や数の不足が原因で、東京のほうが総額では
高くなってしまうんです。アメリカはこの奨学金が充実してるようですね。

各種の奨学金が給付(貸与ではない)されて、勉強に専念できるのです。
一方、東大の学生は生活のためにバイトに勤しむことになります。

アメリカの場合には日本以上の格差が問題視されていて、以前テレビでも、
中学生ぐらいの子どもがI don no.とつづっていたりしました。
(もちろん正確にはI don’t know.です。)

平均すると日本の教育レベルのほうが高いかもしれませんが、本当に勉強
しようと思って、大学に進もうとしている学生の支援体制はアメリカが上かと。

日本ではどうでしょう。

親は忙しいので自分の子供たちの受験に関しては塾や予備校に頼っていて、
したがってものすごい額の教育費に頭を痛めているケースが多いですよね。

それにせっかく大学に入っても、学費が非常に高い。奨学金も少ない。
またほとんどの奨学金は貸与ですから、卒業後に返還せんといけません。

例えば子どもが私立の医学部に行きたいなんて言い出したら大変ですよね。
1年間に1000万ほどの学費がかかってしまいます。

そうなると奨学金!ってことになるんでしょうが、上記のとおり、アメリカほど
整備されていないものですから、思うように学べないケースがあるわけです。

浅草

戦争の後、日本は目覚しい復興を遂げてきましたが、教育に関して言えば
何か目的を失って右往左往しながら彷徨っている感があります。

指導要領もフラフラと改訂ばかりされて、そのたびに「新課程」が登場します。
それが「改正」ならいいのですが、必ずしもそうとは言えない気がしますね。

ヤル気がない人でも学ぶ程度のものを提示するのは大事やとは思うし、
みんなが平均的に学べるようなカリキュラムも必要やとは思います。

でもある程度、ヤル気があって物凄く勉強したいって人をどんどん押し上げる
そういうシステムも必要なんやないかなと、僕は思っています。

スタンフォード大の決定は凄いですね。年収1000万未満で授業料を無料に、
650万未満なら寮費まで無料にする。

つまり大学側がその分を背負ってまでも優秀な人材を集め、社会に役立つ、
国に役立つブレーンを育てようとする姿勢は素晴らしいなと思います。

日本の場合は規模が小さいし、国だけでなく法人もアップアップしてるので、
なかなかそういうわけにもいかんかもしれません。

でも東大が年収400万未満の世帯出身者の授業料を無料化するのに端を発し
なにかムーブメントがあればいいなぁと思っています。

ヨーロッパへいくと美術館や博物館は基本的に入場無料です。日本の場合は
高い場合だと2000円ぐらい取られることだってあります。

教育に関してカリキュラムなどだけじゃなくて、お金がない人であっても学べる、
そういうシステムを国全体で作っていってほしいなと思っています。

ちなみに僕の家もスタンフォード大なら無料やなぁ(笑)。東大の学生の世帯は
半分程度が1000万未満なので、彼らがスタンフォードに行けば無料なんやね。

そういうのを考えると、ヤル気のある人はもうバウンダリーを気にすることなく
視野を外に向けてみるのもいいのかもしれませんね。

『ドラゴン桜』以来の東大ブームが続いていますが、海外の大学に行く生徒が
増えるとなると、日本のブレーンが海外に流出するわけです。

そうなると当然ながら国力が落ちます。

そのときになってはじめて日本の大学・・・というより文部科学省があわてても
ときすでに遅しというようなことになるのかもしれません。

日本という国をこれから良くしていくのは若い人たちです。

法人のために税制を整備するのも大事なことですが、社会を作るのは人です。
人を作ること(=教育)こそがこの国の最重要課題ではないでしょうか。

どんなに貧しい人でもちゃんと学べるシステムの構築を望みます。

同意くださる方は愛のクリックをよろしくお願いします!
  ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ!

(追記)僕がもしも金持ちになったら、キムタツ奨学金を作りたい。
     そのお金は貸与ではなく、給付にして返還義務をなくします。

 

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 日記  

kimutatsu

今週は二次の合格発表や!

Posted on: 2008年3月2日(日) 17:09

Fight!

昨日は簡単に言うと負けました。負けましたが、相手はとてもいい投手でして
こりゃ苦戦するかなと思っていたら、やはり点を取れませんでした。

でも試合後に相手の監督さんから「こいつがこんなに打たれたのは初めて」
という言葉をいただきましてね。確かに速い球をセンターに弾き返してました。

負けましたが、次の大会に向けてまた頑張ってもらいます。

夜はI had a very lovely time.でして、充実していましたが、今日は朝から
神戸市のものごっつい遠いところで審判を2試合もしてまいりましたがな。

楽しい時間があれば、紫外線と戦いながら頑張らねばならない時間もある。
人生ってのはそれの繰り返しですな。

前者ばかりを求めていると、後者の時間が苦しく感じるけど、後者があるから
鍛えられるわけで、鍛えられてない人間ほどツマランものはない。

・・・と、ポジティブに考えながら審判をやっておりました。

審判やりながら頭の中でsomeとanyの違いを整理していたら、1つトチった。
肝心な場面じゃなくてよかった┐( ̄ヘ ̄)┌

今日はこれから少し休んで、また執筆です。

今週はいよいよ二次試験の結果が発表されます。受験生のみんなは是非!
報告をしてもらえると嬉しく思います。よろしくお願いしますね!

合格報告のページなんかをHPに作ろうかなと思ったりしてさ(笑)

KIMUTATSU’S CAFEのHP版みたいなもんやね!後輩が読んだらとても
やる気になるような「合格したぜ!」コメントを寄せてくれたら嬉しいです。

よろしくね!(^-^)

頑張る受験生たちに愛と応援のクリックをよろしく!
  ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ!

(追記)それにしても昨日の夜は楽しかった。よく笑った(^-^)

 

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 日記  

kimutatsu

今日から公式戦です

Posted on: 2008年3月1日(土) 7:15

東大前

突然ですが、今日から野球部の公式戦が始まります。相手は公立中の
強豪だそうです。試合したことがないので、なんとも言えませんけれども。

相手がどうであれ、自分の戦いが出来れば試合にはなるかなと。

神戸市の中学は90校弱あるので、優勝するのはなかなか大変です。
でも去年は神戸市でベスト8に入りました。生徒たちは頑張りました。

今年は去年ほども打てないけど、その分去年より小技がきくチームで
僕も積極的にバントなどのサインを出すことにしています。

誰かが打つのを待つよりも、1つでも前の塁に進ませようという姿勢で
じわりじわりと相手に「灘、今年もやるな」と思わせるのです。

今日の試合がどうなるかわかりませんが、まずまず良いチームになった。
あとは4/2から始まる春合宿で鍛えて、夏の大会で暴れたいのです。

まずはこの春の大会(2大会あります)で、彼らがどこまでできるのかを
見極めたいなと思っています。そのうえで合宿で弱点を補うことになります。

では行ってきます!

できましたら灘中野球部の連中に応援のクリックをm(__)m
  ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ!

(追記)場所は六甲中学で、第3試合です。よろしければ応援よろしく!

 

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 日記  

kimutatsu

於 岩田高校

Posted on: 2008年2月22日(金) 18:08

合格祈願 

岩田高校の高2生徒たちの前でお話をさせていただきました。

英語の勉強法と、夢を追いかけてほしいということと。

生徒たち、本当にいい子たちやな。

とっても反応が良くて、喋りやすかったよ(^-^)

ちょっとでもきっかけになって成績を上げてくれたらいいな。

岩田高校の生徒たち、ありがとう!

行く途中の駅でたまたま灘の受験生に会いました。

今は各大学に向けて移動している人も多いと思うけど

自分の目標に向けて、最後まで精一杯頑張ろうな!

頑張る受験生に愛と応援のクリックをよろしく!
  ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ!

(追記)明日は岩田高の保護者の皆さんの前でお話をさせて頂きます。

 

  


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 日記  

kimutatsu

ブレないで作り続けます

Posted on: 2008年2月20日(水) 13:07

ちくさ正文館

名古屋の書店、ちくさ正文館でフェアが始まりました。玉置先生の本との
コラボレーション企画ということです。上の画像をご覧下さい(^-^)

横浜では有隣堂書店本店でキムタツフェアが行われております。

昨日、講談社の編集者から「横浜西口店ではキムタツさんの本がかなり
売れているそうです!」というメールを頂戴いたしました。

嬉しいですぅ m(_ _)m

これからも受験生に使ってもらえる本を一杯出したいなと思っております。

中には「自分には合わない」という方もいらっしゃるかもしれませんけれども
自分のこだわりだけはブレないように作っていければいいなと思います。

本ってのは人と同じで「何故、こんな本が売れてるんやろう」って本もある。
でもそれってユニバーサルな評価ではなく、合う人がいるから売れます。

僕の本ってどちらかといえば僕のメッセージ性が極めて強い本になってる。
僕自身が劣等生だったので、文字だらけの問題集が苦手やったからさ。

だから僕の価値観が合わない人、生理的に受け付けんという人々には、
残念ながら評価されにくいかもしれんですよね・・・(泣)

カフェなんか要らん!対談なんて要らん!余談コーナーも要らん!

そういう人だって絶対にいらっしゃると思うのです。でも僕は物作りをしてる
立場なので、やはり自分の価値観にだけはブレのない形でこだわりたい。

でも役に立つと、これは使えると、使ってくれた人たちの期待は裏切らない
そういう本を作り続けられたらいいなと思っています。

また自分の頑張りや、夢への姿勢が、本やブログの読者の皆さんがたに
いい形で影響を及ぼすことができれば、夢追い人が増えることになる。

そういう人たちが増えれば、例えば草の根的であっても、この国の進歩に
多少なりとも貢献できた状態で死ねるのかなと思っています。

ちくさ正文館さん、有隣堂さん、ホントにありがとうございます。

そして何より僕の本を買ってくれた皆さん、ホントにありがとうございます。

これからも末永くよろしくお願い申し上げますm(_ _)m

頑張る自分に愛と応援のクリックをよろしく!
  ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ!

(追記)24日の14時半ぐらいに有隣堂本店に伺いますけれども、
     入試が終わって一区切りついたら名古屋にも参ります。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 日記  

ACCESS COUNTER

Total 28128386 Hits!

▲PAGE TOP