KIMUTATSU BLOG
木村達哉のブログ「キムタツブログ」

カテゴリー別アーカイブ: 教育全般

kimutatsu

あと1週間

Posted on: 2020年3月8日(日) 23:10

941

休校になって1週間が経ちました。近所のゲーセンは子どもたちでいっぱいです。公園もそうです。子どもたちが元気なのは素晴らしいこと。でもいいのか?というのはみんな思ってると思います。

でも、だからと言って、自宅で子どもがじっとしているなんて、じっとしていろ派の人たちの気持ちはわかるんですけど、まぁ無理じゃないでしょうかね。

あと1週間あるんですね。

どんな状況でも16日から学校をオープンしますという学校もありますし、今もすでに授業を開始している学校もあります。部活動だけやっている学校もある。

要請なのだから従う義務はないのですが、それぞれにしっかり考えて実行に移すべきです。

考えることです。それがすべて。

 

 

ブログにおいで頂き、ありがとうございます。
僕はずっと考えています。考えるの大好きです。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 教育全般  

kimutatsu

中高一貫の進学校

Posted on: 2020年2月13日(木) 7:39

298

昨日のメルマガ(KIMUTATSU JOURNAL)で中高一貫進学校に
ついて書きましたところ、灘みたいな学校の先生からたくさん
メールやラインをいただきました。

丸山先生(ラ・サール)からは「大きく頷きながら読んだ」と。

関西のある進学校の先生からは「小学生のときに勉強し過ぎて
遊ばなさ過ぎて、あまりにも疲れている子が多い。なのに中学に
合格してからすぐに塾に通い出すのはある種の宗教だ」と。

勉強が好きならいいんですけどね、中高一貫進学校を選ぶの。

親にケツ叩かれて必死に走ってきたタイプの子は、入学してから
けっこう大変です。勉強が好きでないなら中高一貫の進学校を
選ぶのはあまり正解とは言えません。

せっかく入ったのに「もう勉強は絶対にしない」と決める生徒。

せっかく入ったのに通えなくなる生徒。

せっかく入ったのに退学していく生徒。

メルマガでは実情をかなり詳しく書かせてもらいましたが、親が
自分の子どもを見て、中高一貫の進学校に通わせていいかどうか
をしっかり判断しないと、単に「中高一貫の進学校に入れれば
人生が安泰でしょ」的に選ぶと、子どもが超絶不幸になります。

否、なりかねない。

公立中学校から公立高校でのんびり学んで東大に合格する生徒が
一番頭が良いと、有名進学校の校長先生が書いておられました。

人が育つということをしっかり考えてもらいたい。

3歳のときには3歳なりの、8歳のときには8歳なりの、そして
15歳のときや20歳のとき、あるいは30歳のときにはその時なりの
学びというものがあるのです。

先に詰め込んだほうが勝ち!なんて短絡的なことはあり得ません。

来年の春に『正しい東大合格法』という本を出します。
こういう考え方で勉強すると、東大かどうかはわからないけれど
力が身につきますよという本を出します。

その本のなかで、中高一貫の進学校の現状についても書こうと思
っています。公立に行ったほうが伸びたのになという生徒に
ついて書こうと思っています。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
親もわからないんですよね。どう選べばいいのか。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 教育全般  

kimutatsu

日本では夢がかなわない・・・

Posted on: 2020年2月11日(火) 7:35

todai3

カズ・ヒロさんがアメリカのアカデミー賞を再度受賞という
知らせが入ってきましたね。現在は米国人としてご活躍の
カズ・ヒロさんですが、以前は日本人でした。

記者会見で「日本の経験が受賞に生きたか」と質問されると、
英語で「こういうのは申し訳ないが、私は日本を去って米国
人になった」と返答。「日本の文化が嫌になってしまったし、
それは日本で夢を叶えるのが難しいからだ。だからアメリカ
にいるのだ。ごめんなさい」と答えたとの記事があります。

実は今年、よくこんな残念な教育現場で仕事を続けています
ねと言われました。ある方から。

教育現場は疲弊しています。灘はそうでもないけど。

教科書も国の検閲が入りますし、指導要領も国会を通過した
わけではないのに法律のように扱われています。

文科省の言いなりになって、実は英語で授業をして教えると
結果が出にくいことがもう何十年も前にわかっているのに、
英語で授業をされている先生方もおられます。

学校の授業がわからない生徒は、extra moneyを使って塾や
予備校に行くことになります。

したがって経済的に恵まれない生徒や、塾が周囲にない場所
に住んでいる生徒は、そうでない生徒より成績が下がりがち
になります。教育格差と呼ばれています。

上に書いたことに、文科省はあまり興味を持っていません。

todai2

入試制度にしても小学校への英語導入にしても、行き当たり
ばったりな改革ばかりで、なにも改善されていません。

本来なら、もっとまともな人選をしなければならないはずの
教育再生実行会議(文科省や国会議員は教育の素人なので、
実質的には専門家がいろいろ決めるが、そのための会議)の
人選で、わけのわからない人が入っています。

で、これらはさまざまな権力が関係している現状なのですが
したがって国の最大課題である「人を育てる」が上手くいか
ないのですね。だから優秀な人はもう駄目だこの国と言って
多くは海外に出ることになります。

どうなんでしょうね。

僕の場合はちょっとでも日本の教育や学校がそれなりになれ
ばいいなと思って活動しています。草の根的な活動ですけど。

評価されることもありませんが、日本を見捨てて海外に移住
してという頭はあまりありません。

もうお前は要らないと言われれば動かないで好きに生きます
けれども、今までの経験を教えてほしいと言われれば、時間
と体調の許す限り、日本各地に出かけていく人生を生きよう
かなと思っております。

それにしてもカズ・ヒロさん、剛速球をど真ん中に投げ込み
ましたね。この発言を聞いた権力者の方がたが、どう思われ
るのでしょうか。

なにを言ってるんだバーカ!ぐらいの感想なのであれば残念
だなぁと思っていますが、うーん、コロナウィルスに対して
でさえも動きの遅かった日本ですので、何も期待できません。

僕は僕で、自分の信念に従って動きます。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
岐阜と香川の学校から「来てほしい」と言われているので
調整しています。香川の学校はどうやら決まったようです。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 教育全般  

kimutatsu

体罰のニュースを読んで

Posted on: 2020年2月8日(土) 10:27

sakura03

ニュースを見ていたら、和歌山の小学校の先生が体罰をした
ってことでYahooのトップに出ていました。

まだこんな馬鹿がいるのかと思って、時期を見たら昨年4月
から12月にかけて、クラスの児童約半数に対して日常的に
体罰をしていたということですが・・・

この人もたいがい馬鹿ですけど、学校自体がダメでしょ。

管理職も含めて全員アウトじゃないですか。

学校内のコミュニケーションができていない。風通しがあま
りにも悪すぎる。で、もしも誰か他の先生が気づいていたの
にも関わらず黙認していたのであれば、もっと問題でしょ。

で、これで停職6か月なんですね。えらい甘いねんな。

子どもたちは気の毒やけど、先生にどつかれたら、ちゃんと
したまともな大人に報告してや。

この大人は大丈夫そうな気がするっていう大人を選ぶんやで。

土曜日にとても残念なニュースを見て、そりゃ学校の先生を
批判する親が多いのもしゃない面もあるわなぁと、心を痛め
ております。先生になりたい人も激減していますし、今後は
こういう事件が増えてくるかもしれませんね。

いくら研修をやっても形だけの研修なのでダメなんですわ。

 

 

今日もブログにおいでくださってありがとうございました。
未熟な人間(子ども)の力を伸ばすのが我々プロの仕事なんです。
教員がえらそうにする教室や学校では子どもは伸びませんわ。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 教育全般  

kimutatsu

大学の英語教育改革やったほうが

Posted on: 2019年12月19日(木) 12:16

27

思うに、中学高校の6年間でちゃんと英語が話せるようになる
ほども成熟していないんですよ。

母国語のレベルさえ怪しいのに。

日本経済が想像を絶するほど危ないのは承知しているのですが、
そのために中学や高校レベルの英語の授業を、たとえば英単語
については多読で!とか、英文法やりすぎ!とか(実際はやら
なさ過ぎて英語が使えないのに)トンチンカンな改悪をするの
ならば、むしろ大学生の英語教育をちゃんとしたほうがいいの
ではないでしょうか?

高校卒業時点の英語力が今までの人生で一番高かったという人、
めっちゃ多いですよ、文科省および自民党文科畑の皆さん。

大学卒業時より高校卒業時のほうが高いんですよ?

これのほうが問題じゃないっすか?

たとえば日本の大学は卒業時に全員TOEICを受検し、900点に
届いていない人はいっさい卒業を認めないとか。

そうしたらかなり英語のできる人が社会に出ることになります。
ただし、900点程度では全然使い物にならないので、あとは
企業に入ったあとに実践で揉まれながら英語力を高めることに
なるとは思うんですけど。

鈴木寛さん、どうでしょうねぇ。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
今日は終業式、今週末から福島や沖縄で、高校生のために
英語の力を高くする勉強会を行います。楽しみです!

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 教育全般  

kimutatsu

記述問題延期・中止を検討らしい

Posted on: 2019年12月6日(金) 22:27

036

読売新聞や毎日新聞の一面に、共通テストの記述問題が公平
じゃないので延期を検討って書いてあります。

というか、そんなんだいぶ前から言うてますやん。

萩生田さんの失言がなければ押し切られていたのかと思うと
萩生田さんグッジョブなんですが、しかし政治家の世界と
文科省の世界って異次元ですね。

公平ではないってだいぶ前から言うてたのに全く耳を傾けず、
国民の声を無視し続けてきたのに。

嘘を嘘で塗り固めているうちにわけわからんようになってる
んやと思うんですが、とにかくもうやめときましょうよ。

文科省の官僚諸氏。悔しいやろうけど、もうあきませんわ。

で、これで英語外部試験も中止、記述問題も中止なんだった
としたら、センター試験でよろしいやん?

センター、よくできた試験でっせ?

っていうかさ、もしかしてあと1年ちょっと後やねんけれど、
共通テストの問題ってまだできてないってこと?

これからシステムを確定して、それから問題作成するのん?

文科省もえらい呑気な場所なんですなぁ。

どうすれば生徒たちの力が伸びるか、しっかり考えましょう。
わかっている現場の先生に連絡して耳を傾けましょう。

御用学者の大学教授に聞いても意味ないです。

現場を知らない人たちばっかりに聞いてもしょうがないです。
とにかく文科省、そろそろええ加減にしないと、うちの生徒
たちでさえも「文科省、頭悪いな」と言うてまっせ。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
中学生・高校生に頭悪いって言われる官僚ってどうなのよ!

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 教育全般  

kimutatsu

ババ引かされたのは受験生だ!

Posted on: 2019年11月11日(月) 21:55

15445148128045

NHKのこの「ババ引かされたのは受験生だ!」というWeb記事、
めっちゃ面白いですね。

こちらです。

そもそもメディアって我々国民の味方で、権力者を監視すると
いう存在なのに、日本のメディアはちょっと弱すぎます。

このNHKの記事は骨があっていいなと思います。

首相に忖度するようなメディアなら存在しなくてもいいです。

国民が知りたいのはそういうメディアの報道ではなく、ちゃん
とジャーナリズムの矜持を持っているメディアの報道なのです。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました!
文科省もある意味被害者ですが、それにしても頑張らなな。
教育を政治家にやらせたらあきませんわ。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 教育全般  

kimutatsu

早く決めてくれ!

Posted on: 2019年11月3日(日) 7:10

861

英語外部認定試験がなくなったのを機に、共通テストの国語
と数学の記述の件も見直そうという声が高まっています。

僕も見ましたが、あれで考える力を測ろうというのは無理。

そこにきて大学生のバイトに採点させると。

おそらくそれを聞いた海外の人たちは、日本って教育に関し
てはまったく駄目な国なんだなと思うはずです。

それが悔しい。現場は頑張ってるのにな。

で、私、高2学年主任を務めております。その立場から・・・

決めるなら早く決めろと言いたい。

生徒たちも俺たち教員も、もううんざりなんだ。

文科省、まじでしっかりしてくれ。

 

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
今日は札幌でセミナーの講師を務めます。北海道の先生方が
たくさん集まってくださいます。宜しくお願いします。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 教育全般  

kimutatsu

見当違い

Posted on: 2019年11月2日(土) 9:01

250

英語外部認定試験に関して。いろんな記事に目を通しました。
コメント欄(あのYahooとかのコメント欄?なんか昔の2chの
ようで大嫌いやねんけどな。ソフトバンクって下品なのか)
を見ていると、ベネッセや英検協会を叩いている奴らがいる。

まったく見えてないな。

ベネッセや英検協会だって被害者なんだ。よく考えろよ。

そこを攻撃するのは見当違い。お門違い。

しかも担当者たちはどんな思いでGTECや英検の試験の作成を
してきたと思ってるんだ。それが全部パーなんやぞ。

0006AED65C2C4D178171F8217F4A1FEC_LL

下村博文さんが文部科学大臣をしていたときからの流れです。
その頃からきな臭い改革やなぁとは思っていて、うちの職場
ではこんなの実現しないに決まってるという声が多かった。

そうしたら昨日、下村さんが「パーフェクトを求めていたら
できない」という大失言をされていました。

日本や日本語が好きじゃない人は、こういうことを僕が書く
と「言葉狩りだ」とか騒ぎそうですが、僕は日本も日本語も
大好きなので、そこには敏感なのです。

下村元文科大臣も「パーフェクトではない」と言っている。

ご自分でも不完全だと認めておられるんですね。

いいじゃない、不完全でも、やれば?という意味ですね。

そんなものを人生をかけて受験に臨んでいる子どもたちに
押し付けていたんですね。そんなクソみたいな改革はもう
中止にしたほうがいいと思われます。

政権維持や一部の政治家の金儲けに利用されたベネッセや英検
協会は何十万台分のタブレット費用やそれ以外にかかった費用
を政府に請求すべきだと思います。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
悪代官はわかってるのですが、ベネッセや英検は別に
越後屋じゃない。彼らも被害者。大学側も被害者。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 教育全般  

kimutatsu

文科省は解体したほうがいい

Posted on: 2019年11月1日(金) 14:58

monka

文部科学省の権威なんて前から全然なかったけど、今回の
騒動で完全に地に堕ちましたね。

**********
来年度から大学入学共通テストに導入される予定だった英語の
民間検定試験について、荻生田文部科学相は1日、閣議後の
記者会見で、令和6年度めどに実施を延期すると発表した。
(産経新聞より抜粋)
**********

今の中学1年生からですか。

いやもう延期じゃなくて中止にしましょうよ。

ま、それはともかくとして、無理やり強硬して問題が多発する
よりはまし。なのでこの延期に関しては、僕は評価しています。

が、国民が何を言っても文科省は「やります!」の一点張りで、
まったく聞く耳を持たなかったんです。どんな会議であっても。

文科省の役人諸君に言いたい。

国会議員が暴言を吐いたらあっさり裏返すんですね。

文科省ってどこを見て仕事してるんですか。どの国の機関なの
ですか。もしかして公僕なのに自分をエライと勘違いしている
んじゃないですか?

そちらのほうが問題じゃないですかねぇ。

文科省、もう解体したほうがいいです。

不祥事起こすし、改革といっては現場の実情と乖離したような
改悪ばかり提案し、それを上から押し付けるし。

そうだ、今日のメールマガジンでも発信しよう。

知り合いの議員さんに何度も言ってるんですけど、文科省って
教育には手出しをしないようにしておいていただきたい。

学校については素人集団なのに偉そうにしているし。
元視学官のOさん、僕の悪口言っていたらしいじゃないか。
何も勉強していないからこんなことになったんじゃないか?

ちゃんとやれよ。

学校のこと、なんにもわかってない人たちの集まり。

子どもたちの教育の邪魔をしないでいただきたい。

荻生田さんの暴言が元とは言え、認定試験がなくなったのは
生徒たちにとってはとてもいいことです。

これで落ち着いて英語の勉強ができます。

ついでに。

調査書を全面的に変えますっ!
授業は原則として英語でっ!
小3から英語の授業しますっ!
共通テストは記述を入れて考える力をっ!

なんのエビデンスもないような誰かがなんとなく思い付いただけ
の教育改悪、この際ぜーーーんぶ見直したほうがええんちゃう?

 

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
今日の保護者面談も皆さんこの話題一色です。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 教育全般  

ACCESS COUNTER

Total 30182711 Hits!

▲PAGE TOP