KIMUTATSU BLOG
木村達哉のブログ「キムタツブログ」

カテゴリー別アーカイブ: 人生論

kimutatsu

日本人と偏差値と幸福度

Posted on: 2019年8月28日(水) 9:12

vietnam1

世界中の人たちがサマーバカンスを楽しんでいるんですが
なんか日本だけ忙しないなぁと思わずにはいられません。

日本の子どもたちは幸せな人生を手に入れるため、小学生
の頃から塾に通い、偏差値を上げようと努力しています。

幸せになるために。

だいたい半分ぐらいの子どもたちが大学に進み、それなり
に仕事を手にして一生懸命に働きます。

日々頑張っていますよね。めちゃくちゃ頑張っています。

が、日本人の幸福度ってかなり低いそうです。

あんなに頑張ったのに幸せじゃない?

生き方や働き方について、いろいろと言われるようになり、
僕もこの2年ほど、自分の人生について考えてきました。

みんな、もっと夏休みがあればいいのになぁとか、なんで
日本人の夏休みってこんなに短いのかなぁとか、これって
誰のせいなのかなぁとか、いろいろと考えさせられます。

僕はかなり貧乏な家に生まれまして、あまり物を与えられ
ませんでしたが、子ども時代は奈良県明日香村や橿原市の
いろんなところを毎日自転車で走り回って、めちゃくちゃ
幸せでした。学校から帰ったあとは日曜日みたいなもので、
真っ黒になって遊んでいたものです。

幸せだったように思います。

大人になって、生きていくために我慢しながら働いてきて
なんとなく違和感を覚え始めたのが数年前。

最近は我慢することをやめました。やりたいことをやって
生きていこうと決めました。

この数年はかなり幸せだと思います。

皆さんはどうですか。

朝起きてしんどいなと思いながらため息をついていません
でしょうか。せっかくの人生なのに。

努力して自分のレベルを上げるのは大切なことなのですが、
だからと言って「ねばならない」に縛られて生きるのって
どうなんだろうと思っております。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
勉強は自分のレベルを上げるためのプロセスなのです。
昨日できなかったことが今日できれば嬉しいですから。
勉強って嬉しくなるためのプロセスなはずです。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 人生論  

kimutatsu

知的成熟

Posted on: 2019年8月27日(火) 8:58

paris1

そういえば以前、生徒を連れてロンドンに行ったときの話。
引率期間が終わったので、後半の引率の先生に引き継ぎを
済ませたあと、ひとりでパリに行ったのです。

ドーバー海峡の下を走るユーロスターで。

パリに着いて困ったのは、駅員さんも含めて英語を話して
くださる方が誰もいないということでした。

ロンドンでホテルは予約していたのですが、どうも場所が
わからずに、シャンゼリゼ通りをウロウロしていました。

ああ、英語だけじゃダメだなぁと思ったのを思い出します。

そのときはたまたま通りにあった散髪屋さんに入り、地図
を見せたところ、美容師さんが教えてくださったのです。

今はスマホがありますので、困ったらこいつに入れてある
無料アプリTranslatorを立ち上げれば大丈夫なのです。

が、外国語の勉強って自分の知的成熟には欠かせない要素
なのです。単にコンビニエンスだけだとスマホで大丈夫。

時間ができたら1つずつ外国語の勉強をしようと思っては
います。書斎の本棚には中国語とフランス語の文法の本を
差してありますので、まずは語彙と文法からですね。

60歳までにはその2言語をある程度使えるようにします。

英語と日本語と中国語とフランス語ができれば、おそらく
見える世界がまた違ってくると思うんですよね。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
いったいどこにいるのですか?とメッセンジャーをくれる
皆さん、すみません、行方不明中なのです。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 人生論  

kimutatsu

With a Smile

Posted on: 2019年8月26日(月) 8:38

31

僕が今いる場所に僕のことを知っている人はおそらく誰も
いません。逆に僕が知っている人もいません。

この場所のことをあまり知りません。

地理も社会的習慣も何も知りませんので、これってどのよ
うにすればいいんですかと知らない人に尋ねることになる
のです。買い物ひとつとってもそうです。

日本だと買い物かごをレジのところに持っていくだけです。

一方、僕がいる場所だと買い物かごから商品を出さないと
いけないようです。知らない人はかごのままドン!とレジ
の台の上に置きますが、店員さんに英語で指示されます。

知らない人と話すときって笑顔が大事ですね。

緊張した顔つきで話すより、すみません、これってどのよ
うにすればいいすかね?と笑顔で尋ねると、先方も笑顔で
気軽に教えてくださいます。

笑顔込みのコミュニケーション力だなぁと感じています。

まぁ、それって日本でも同じなんですけどね。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
行方不明を楽しんでおります。誰からの電話にも出ません。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 人生論  

kimutatsu

時間

Posted on: 2019年8月24日(土) 8:10

15445147821543

行方不明中は基本的にやりたいことだけをやるようにして
おります。したがって文章は書きますし、絵も描きます。

人から与えられたことはしません。

この夏もたくさんの人たちと触れ合ってきました。
一番尋ねられたのは「寝てます?」や「時間をどうやって
使っているんですか」というものでした。

僕は皆さんが思う以上に寝ます。睡眠は修復作業なのです。
寝ないと翌日に疲労を残します。そうすると100%の能力が
出せないんですよね。

多少能力が僕のように低くても、100%出せれば人並み以上
には活動をすることができます。

逆にいくら能力が高くても、出力レベルが低いと「頭はいい
のにね」と言われることになりますわな。

睡眠は大切にしています。

時間の使い方はどうなんでしょう。眠くないときは寝ません
ので、移動時間にはなにかやっていますし、計画表を作って
それに従って粛々と成果物を作っているだけです。

起きたときに「何をしようかな」と考えることは100%ない
ですね。その日にやることは決まっていますので。

どうせ死にます。100年後に僕を覚えている人はいません。
とすれば、生きている時間を大切にして、人生楽しみます。

一番大切にしているのは時間です。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました!
きょうび英語ができるのは当たり前として、あと1~2言語
使えれば、もっと旅が楽しめるなぁ。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 人生論  

kimutatsu

人生考

Posted on: 2019年8月17日(土) 4:26

819

朝3時に起きてもぞもぞしてる55歳ってどうなんやと思いつつ、
朝の時間を有効に使えるようになってラッキーやなと感じてる
木村です。昔はいくら起こしても起きなかったんやけどね。

歳は取るものです。抗ってはいけません。

30歳には30歳なりの、55歳には55歳なりの生き方や感じ方が
あるものでして、特にそれは死の見え方によって異なるように
思われます。死を意識するようになると時間が愛おしい。

沖縄ではゆっくりと時間を過ごすことができました。

我々の時間は有限です。ジョブズのスピーチにもありますが、
だからこそ他人の価値観で生きるべきではありません。

自分が何をすれば人生を楽しめるかに従って生きよう。

「ねばならない」に縛られる人生はまっぴらごめんです。

死ぬときに「もっともっとやりたいことがあったのにな」と
思っていれればワクワクしたいい人生になるんだろうなぁと
考えています。

まぁ、それまではいろんなやりたいことをやって、諦めずに、
他人の目など気にせずに、人生をおおいに楽しみます。

なんか面白いことないかなぁ?と言っていた高校時代の自分
には思いもよらないような人生を生きようと思います。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
読み終わった教育経済学の本がまたいい影響を与えて
くれそうです。これから再読に入ります。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 人生論  

kimutatsu

インプット→アウトプット

Posted on: 2019年8月13日(火) 9:39

211

よくそんなにたくさん本が書けたり講演やセミナーができたり
しますねと言われます。講演やセミナーはご依頼がないと
できないのですが、本については書くことがたくさんあります。

でもそういったアウトプット活動を継続しようと思ったら、
それ以上にインプット活動をしないといけないのです。

特に英語の勉強についていえば、昭和や平成初期の勉強法と
AIが姿を現した現在の勉強法では天地の差がありますからねぇ。

昨日から夏休みに入りましたので、この1週間は読書読書読書。

もちろん本を書くのはライフワークですので続けていくのです
けれども、特にAI関連や経営、政治、経済、歴史などについて、
さまざまな知識がないとつまらない本になるのです。

798

たとえば英語の文章ですが、「日本人は英語が話せないけれども
それは日本人が内気だからである」的な文章を読んで面白いです
か?日本人って内気なんですか?だから英語が話せないんですか?

内気なのに電車や飛行機の中では、公共の場所なのに大声で話す
人たちがたくさんいるのはどうしてなんですか?

日本人は内気ではありません。

英語が話せない理由はそこにはありません。もうそんなことは
かなり前から指摘されています。

でも勉強していない人が本を書くと、Japanese people are shy,
which is why they find it difficult to speak in English.などと
恥ずかしい英語を書いてしまうことになります。

アウトプット活動のためにはインプット活動をひたすら行う。

特に現在はキーワードがAIとかビッグデータとかです。AI時代
に英語の勉強をどのように行えばいいのかを考えるためには
AIの現在の立ち位置を知らねばなりませんからね。

ジュンク堂書店那覇店さんに行って、何冊かの本を買ってきて
メモを取りながら読もうと思っております。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
アウトプット活動は8月19日から再開します。
それについてはまた後ほど書きますね。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 人生論  

kimutatsu

誰かのせいにすると楽なんだよね

Posted on: 2019年7月7日(日) 23:10

757

いつも思うんですけど、自分の失敗の原因を他の人のせいに
すると楽なんですけど、それが一番駄目なやつですね。

自分がこうなったのはだれ某のせいだみたいな。

失敗したのは全部自分のせいなんでね。

職場のせいでも上司のせいでも教員のせいでもないのです。

僕が監督時代に生徒たちに言っていたのは、負けたのは審判
のジャッジがひどかったせいだとか、監督のサインのせいだ
とか言っていると楽なんだけど、負け続けるよと。

先生のせいにしたり学校のせいにしたりすると楽なんですよ。

でも駄目なのは自分自身が駄目なのです。

そこのレベルまで来れればけっこう成長した証なんですよね。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
今はもう監督じゃないのですが、アマチュア野球は
今も大好きでして、今の時期は新聞を凝視しております。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 人生論  

kimutatsu

なった後

Posted on: 2019年6月19日(水) 22:51

017

先日の勉強会で駒場東邦の佐藤君から「数年後、絶対に絵本を
出してますよね」と言われましたが、絵本作家になることは
それほど難しくないと思ってるんです。絵はまだ下手やけど。

修行を何年もしないといけないとはわかってるけど。

「~になる」のは夢にはならないですよ。

医者になるとか。教員になるとか。政治家になるとか。

それ自体がスタートですからね。叶った!と大騒ぎしなくても
医者や教員なんて掃いて捨てるほどいるわけで、多少の努力を
すればなれる。絵本作家もおそらくなれると思っています。

問題は「~になる」ではなく、なった後ですよね。

僕は英語が得意なので、海外で読んでもらえる絵本を作ろうと
考えています。だから現在は日本の絵本だけでなく、海外では
どういう感じの絵本が作られているのかを勉強中なのです。

うちの生徒たちは弁護士になりたいとか、医師になりたいとか
いろいろ言うんですが、なるのはいいとしてどういう弁護士に、
あるいはどういう医師になろうとしているのかのほうが
よっぽど大事ですよね。

日本限定の弁護士なのか、海外でも活躍する弁護士なのかとか
いろいろと「なった後」を考えることで、モチベーションも
上がるというものです。

「なった後」を常に考えて、ではどういう勉強が必要なのかを
意識することがモチベーション管理には大切な要素なんだろな
と思っています。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました!
上のくじらのブリーチング(ジャンプ)の絵、パステル
を使って、指で描きました。指で絵を描いたのは初めて。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 人生論  

kimutatsu

人生、生きてなんぼやで

Posted on: 2019年6月11日(火) 22:52

014

体調は回復しつつあります。やっぱり医者に行くべきやな。
ヤブ医者に行ったら命が縮まるけど、かかりつけの医師は
めちゃくちゃ名医なので助かっています。

昨日、そのお医者さんに行って「人生、生きてなんぼやで」
と言われました。ほんとにいい言葉。

自分の人生を生きようと思っております。

015

どういう人生を生きれば自分は幸せになれるのか、常に自問
しながら日々暮らしています。

ルーティーンな生活はまっぴらごめんですから。

我慢ばかりしてきたように思います。

でも自由に幸せに生きようと思うと、力をつけないとあかん
のです。だから英語にしても絵にしても日々勉強ですわ。

サボっているとその他大勢の人生しか送れませんからね。

子どもの頃にエジソンやキュリー夫人の伝記を読んで、自分
もこういう偉人になれればいいなと思っていました。

現在の自分がそういった人たちになれるとは思いませんけれ
ども、それでも自分の思い描いた人生を歩けるよう、人並み
以上には努力しようと思っております。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
人生勉強ですわ。年金には全く期待できなくなりましたし、
自分の力で生きていかないとあきません。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 人生論  

kimutatsu

Something to Live for

Posted on: 2019年5月4日(土) 8:20

001

まだまだ下手ですが、専門学校の先生方のおかげで今までに
比べれば多少はましになってきました。絵を描くの。

灘校の文化祭、生徒たちがほとんどを運営するのでわれわれ
教員は比較的暇で、職員室で卒業生や元教職員と喋っている
先生方がほとんどです。

僕は絵を描いていました。

002

003

英語は毎日やっていますのでできて当たり前。プロなのに
英語ができなければプロ失格ですからね。

問題は人生を豊かにするためにどう生きるかなのです。

ゴルフにしても絵にしても、真剣にやらないとつまらない
ものですから、学校に通いながらしっかりと学びます。

名古屋大学の大学院で数学を勉強しているという卒業生が
文化祭に来てくれました。正直、在学中は勉強に対する
姿勢が前向きではなかった彼ですが、今は真剣に数学と
向き合っているということでした。

当時はすみませんでしたと頭を下げていました。

いつからでもいいんですよね。気づいてからでいい。

つまらないのはダラダラ生きることで、なんだか死ぬを待
っているような生き方では本当につまらないなぁと思う。

意外と人生は暇なので。仕事や部活指導をとったら何にも
残らないなんて寂し過ぎる。

英語とゴルフと絵をしっかり学んでいきます。

そのうちまた新しい何かが見つかるでしょうから、その時
にはそれに真剣に打ち込んでやろうと思っています。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
どうせ死にます。どうせ死ぬんだからもういいんじゃね?
という生き方もありだとは思います。
が、僕はそういう考え方が嫌なので精一杯生きます。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 人生論  

ACCESS COUNTER

Total 28351780 Hits!

▲PAGE TOP