KIMUTATSU BLOG
木村達哉のブログ「キムタツブログ」

カテゴリー別アーカイブ: 人生論

kimutatsu

あけましておめでとうございます

Posted on: 2019年1月1日(火) 5:00

582

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

宜野湾の嘉数高台公園では桜の狂い咲きが見られました。
上の写真をご覧ください。桜が少しですが咲いていますでしょう。

今年も良い年にしたいですね。

目標を立てて手帳に書きつけましたか。なんとなく流れに任せて
生きるのもいいのでしょうが、短期と長期の目標を決めて、それ
を実現するために努力するようにしていると、けっこういろんな
ことが叶ってきますし、大きい夢につながります。

僕は毎年5項目ぐらいの小さい目標を立て、使っている沖縄手帳
の最初のページに書くようにしているのです。

本を必ず5冊以上出版する。
ゴルフ、80台で1回はまわる。
2000人以上と会って話をする。
健診の数値は全て正常値を保つ。
睡眠時間を必ず6時間確保する。

昨年はこういったものでした。

日記をもうかれこれ10年ほどつけています。こういった目標を1月
1日のところに書くようにするのです。

年間に何度も1月1日から読み返すようにしていますので、目標を
目にするたびに「あと3冊か、なんとかなりそうだな」とか「少し
だらけているから頑張らないと」などと自分のお尻を叩きます。

なにせ生来の野良ですので、だらだらしてしまうのですよ。

昨年立てた目標のうち、「ゴルフ」だけは実現できませんでした。
12月の最後のゴルフは真剣に臨みましたが、駄目でした。

今年のぶんはこれから考えて、手帳に書きつけます。

皆さん、不器用でもいいから、しかし精一杯生きましょうね。

今年もよろしくお願いいたします。

木村達哉拝

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
パターの精度を上げれば80台を出せそうなところまで
きました。あともう少しです。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 人生論  

kimutatsu

好きに生きます

Posted on: 2018年11月23日(金) 1:12

536

木村さんって灘校を踏み台にして政治家や芸能人になろうと
考えているんですかと言われてびっくりした。

もっと有名になりたいとか稼ぎたいとか思ってるのであれば
灘校をもっと早くに辞めてるっちゅうねん。

政治家にも芸能人にもなりたくないし、もっと言えば出世欲
などこれっぽっちもないわ。

思っているのは生きたいように生きるぞということだけやし
生徒たちが僕みたいに英語ぐらいはできるようになれば
いいなぁと思うので、めちゃくちゃ協力してやるし。

でも英語ができなくてもいいやと思ってる子には強制しない
ようにしてるし、そもそも強制しても意味ないし。

489

思うとおりに生きられればそれでいい。ほんまそれだけ。
灘を辞めたら世界中日本中を歩いて回ろうと思っているし。

たぶん生活の基盤は沖縄か広島になると思うけど。

「情熱大陸」もクイズ番組もなにもかも断ってきた。

有名になったら不自由やなぁと思ったので。

僕は自由に生きるし、そもそも一過性の「有名」になにか
重大なる意味があるとは思えない。

 

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
気兼ねなく生きられるって素敵なことやん?

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 人生論  

kimutatsu

負けん気

Posted on: 2018年11月14日(水) 22:05

502

高校時代、僕は成績こそ悪かった(というかひどかった)
のですが、ほとんど授業中寝なかったのです。

だって学校って有料じゃないですか。

カネ払って寝るってどんだけバカなんですか。笑

親が汗水たらして働いて「勉強がんばれよ」と支払って
くれたお金ですよ。勉強がわからないなりに最低でも
授業中は勉強の真似事ぐらいはします。

親にカネ払ってもらって寝るほど人間的に終わってないし、
そこまでバカでもありません。

504

今から思えば、高校時代にどうして勉強ってするのかとか、
あるいは成績っていうのはどうすれば伸びるのかとか、
そういうことを教えてもらっていたら全然違ったのになぁ
と心から思います。

そういうこともあって、灘校生にも他校の生徒たちにも、
自分は駄目だったことは認めたうえで、こうすれば成績は
伸びるんやでということを話すようにしています。

まぁ恵まれている家庭の子は勉強をする気にならないかも
しれないけどね。授業中も寝るしね。

僕はラッキーなことに貧乏な家の生まれだったので、親の
遺産などは全くなく(むしろ負の遺産ばかりで相続放棄した)
だから自分で頑張らないと下手すりゃつまらん人生になる
かもしれんなという予感があって頑張れたんですけどね。

恵まれていない人は自分でやるしかない。

生まれつき貧乏でも絶対にこのままでは終わらないぜという
負けん気の強い人は頑張れると思う。

僕は人生なんてほとんどそれが全てなんじゃないかと思って
いるのです。なんだかんだ言って。

高校生と中学生の皆さん、結局はやった人が勝ちます。

人生は勝ち負けじゃないと言う人もいるが、でも勝ちます。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
言い訳ばかりしてやらない人はそのままでいいと思う。
そういう人もいないと社会は面白くない。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 人生論  

kimutatsu

FA宣言に思うこと

Posted on: 2018年11月7日(水) 4:31

085

プロ野球、ホークスは強かったですね。九州は好きなのですが
さすがに広島が三連覇しているのに、一昨年は日本シリーズで
敗戦し、昨年にいたっては出場すらできませんでしたので
今回は広島を応援していたのです。が、残念でした。

ホークスファンの皆さん、おめでとうございます。

ホークスと言えば、僕は南海ファンでした。

今でも門田のTシャツを持っております。

ホークスが九州に行くのが決まったときは悲しかったなぁ。

086

さて、日本シリーズが終わってFAが解禁になりましたね。

浅村と丸と炭谷が話題になってるFA市場、中日の吉見も「宣言
するかもしれない」と言っているのが中日スポーツに掲載されて
いました。われわれドラゴンズファンとしては心配しています。

すでに球団とは数回話し合いを持ってはいるのですが、吉見がFA
有資格者なのに球団から「話し合おう」と言ってもらえず、
自分から球団側に声をかけた結果の「数回」なのだそうです。

下の人間は「自分はあまりこの職場では評価されてないな」という
のを敏感に察知するものだし、そういう気持ちの持ち様をエライ人
は理解できないものです。

日本のようなウェットな社会において、キャプテンや元エースがFA
宣言するというのはつまり、管理職に問題があるのはほぼ間違いない
のであって、本当に必要とあれば残留するものです。

ちなみに灘のシステムはトップダウンではないので、働きやすい。
管理職が我々教員に「これこれしなさい」や「こういう苦情があるぞ」
などと言うことはありませんし、言われたら言われたで反論します。

それぞれがリスペクトし合っているいい職場だと思います。

083

逆に使われる側の話です。

よく不平不満を言う人がいますし、それ自体はいいと思いますが
問題があるなら会議で話し合うべきです。無駄な会議などやめて
本質的な問題点について話し合うべきで、それもしていないくせに
不平ばかり並べていても何の解決にもなりません。

それともう1つ。「辞める」や「辞めたい」を連発する人がいます。

それは卑怯というものです。

「辞めようかな」をいったん口に出したりだとか他社や公務員試験
などを受けたのであれば、不平不満を言わずに静かに辞めるべきです。

雇われる側(労働者)は、働き始める際には頭を下げて「働きたい」
と訴え、それが認められてはじめて働けます。そこからは資本家に
対する忠誠を誓わねばならないわけで、いろいろな権利はありますが
ほとんど職場の規則に従った上での権利なのです。

ほとんど自由はありません。灘でさえもそうです。全く自由ではない。

ただ、そんな労働者にも唯一、絶対的な権利や自由があります。

辞める権利です。辞める際は自由です。急に辞められるとどんな職場
でも困りますので、どんな人でも引き止められます。

だとすれば「辞める」を連発するのは本当に卑怯です。

いったん口に出したら辞めるべきです。撤回してはいけない。
それに辞める際にその社や学校が困るような時期に辞めるような人は
本当に残念な人です。そういう人が成功することはありません。

それと辞めると決めたら、浅村や丸や吉見のように、あなたに辞めら
れたら本当に困るというレベルにまでなっておくことです。
大したレベルでもないくせに辞めたら、他の職場でも戦力にならず、
結局は元の職場にしがみついておいたほうがよかったねということに
なります。そういうのはみっともない。極めてみっともない。

などと、FA宣言のニュースを読みながら考えたことを書きました。

仕事は大変です。人さまの財布からお金を出していただくのですから
生半可なことでは成功できません。それに仕事をしながら自己成長を
していかないと、営業も教員も医師も何もかもつまらないはずです。

それぞれに仕事哲学を持って、自分を成長させたいものです。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
吉見、ドラゴンズに残ってくれぇ!

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 人生論  

kimutatsu

Focus on a Task at Hand

Posted on: 2018年10月16日(火) 10:46

15394827917010

ご存知のとおり、旺文社の『蛍雪時代』でコラムを連載させて
いただいています。今年度のテーマは4技能をどのようにして
伸ばすのかというテーマでずっと書いています。

今月号のテーマは英作文。

英作文の力を伸ばすのはかなり大変で、「日本人は読んだり
書いたりはできるが」と昔から言われてきたのですけれども
いえいえ、英語で文章を書く力に自信のある日本人って
ほとんどいないんじゃないでしょうか。

『蛍雪時代』が参考になれば嬉しく思います。

466

コラムの最後に「役に立つ英語表現」を紹介しています。

担当の風花ちゃんに聞くと、そちらも好評なんだそうです。
覚えて英作文などで使ってもらえればいいなと思っています。

4月号で紹介したのは focus on a task at hand でした。

これは「目の前のタスクに集中する」というような意味です。

**********
After all, we have to focus on tasks at hand to meet a goal.
なんだかんだ言って、なにか目的を達成するためには
目の前のことに集中することだね。
**********

夢を語ったりかなえようとしたりするのは素敵なことやけど、
でもなんだかんだ言って日々のタスクもこなせないような人が
大きいことを成し遂げるなんて無理に決まってますわなぁ。

結局は何ごとも日々の積み重ね。

それは学生時代だけじゃなくて大人になっても同じなのです。

一生続くのです。逃げられない。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
教員や親こそ、子どもたちから「あんな大人になってみたい」と
思われるような人間になれるよう、日々研鑽を重ねたいものです。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 人生論  

kimutatsu

物書き

Posted on: 2018年9月22日(土) 13:12

004

昨日、本を3冊出す話を書きましたが、いったいどれぐらの本
をこれまで書いてきたんやろうと暇に任せて数えてみました。

初めて本を出したのが、42歳。

現在は54歳ですので、ちょうどひとまわりですね。

12年で出した数が65冊です。

誰が作ってくれたのか知らないけど、Wikipediaにリストアップ
してあるのを数えただけやけど。

こちらにリストアップされてあります。

マーク・ピーターセン先生をはじめ、何人かの先生方と共著で
書いたものも含めて65冊です。

jinsei01

30歳のときによく読んでいた中谷彰宏さんの本って、本の最後
に彼がこれまで出してきた本の一覧が載ってあるんです。

よくこんなに出せるなぁと思ったものです。

いつか僕も中谷彰宏さんみたいにたくさん本を出せるように
なったらいいなと思っていました。

それから24年が経ちまして、中谷さんほどではないけど、まぁ
それなりに出せるようになってきました。

目標としては100冊。あと35冊は書きたいなと思っています。

自分の人生ぐらいは自分で決めますが、子どもの頃から好きな
書物に関わった人生を形成したいと思って生きてきました。

writing1

物書きというのは誰でもなれるんです。

資格試験があるわけではありませんので。

文章を書き始めたら、誰でも作家なのです。本が出せるかどう
かは別として、書き始めたら誰もが作家、物書きなのです。

でも周囲が「この人は物書き」と認めるかどうかはまた別の話。
教員は周囲が認めようと認めまいと教員なのです。なにせ毎日
学校で授業をしていますので、教員なのです。

でも作家は違います。自分の中では作家であっても周囲が認め
ない場合だってあります。

今は教員としての木村達哉のほうが強いのは承知しています。

が、そのうち作家としての木村達哉になれればいいなと思って
毎日しっかりと読書をしております。しっかりと読まなければ
書く力が涵養されないものですから。流し読みは駄目です。

先日、中谷彰宏さんにお礼のメールを送りました。

中谷さんの秘書の方から丁寧なお返事を頂戴しました。

とても嬉しかったです。これからも頑張るぞと思いました。

30歳のときに中谷さんに手紙を書いて、中谷さんからお返事を
頂戴し、自分も絶対に本を出してやると思ったときの気持ちが
蘇ってきました。

教員として努力するのは当たり前。勤め人ですからね。給料を
人さまからいただいているのですから勤勉に働きます。

でも物書きは自分のライフワークですので、自分の人生を思い
どおりに生きるためにしっかり自分を鍛え、そしてこれからも
人さまに喜んでいただける本を書き続けようと思っています。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
毎年5冊ずつのペースが守れれば、あと7年で100冊です。
その頃にはおそらく小説や絵本も出せていると思います。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 人生論  

kimutatsu

執念を持ってとことんやれ!

Posted on: 2018年9月19日(水) 12:25

408

最近はゴルフを一生懸命にやっています。趣味とは言えない
回数しかやっていなかったのですが、無趣味なまま死にたく
ないなぁと思いまして、1つぐらいは自慢できるものを
作ってみようかなと考えているのです。

以前は「本を出したい」でしたが、もう60冊以上出しまして
次の目標は100冊ですが、それは時間の問題だと思います。

いろんな目標を掲げます。でも挫折することもよくあります。

数字的な目標は常に掲げます。うまくいかないことだらけで、
どうすればいいだろうと日々考えています。

たかがゴルフと思われるかもしれませんが、やっている方は
必死なのです。今度こそ挫折したくないのです。

今まで100~110しか出したことのない人間が80台を出すのは
至難の業です。特に僕とラウンドしたことのある人なら
わかると思いますけれども、まぁひどいもんです。

今までヒットを打ったことのないプロ野球選手が首位打者を
目指すようなものだと思います。

433

たとえば受験生が「英語の偏差値を70にしたい!」と考えます。
単にがむしゃらにやるだけでは上がりません。どうすれば?と
常に考え、そして何より寸暇を惜しんで努力することです。

土光敏夫という人をご存知ですか。

東芝の社長だった人です。

この人の言葉にこういうのがあるんです。

**********
人間の能力に大差はない。
あるのは根性の差だけで。
執念を持ってとことんやれ。
問題は能力の限界ではなく、
執念の欠如だ。
**********

目標を達成するために、「一生懸命に」という言葉ではなくて
執念を持ってとことんやれと言われると気合いが入ります。

僕も目標を達成するために、執念の欠如に陥らないよう、鬼気
迫る思いで取り組んでおります。

受験生の皆さんや営業マンの皆さんも執念が大事です。

周囲に笑われてもいいのです。絶対に数字を出してみせる!と
いう執念だけは誰にも負けないように取り組むことです。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
次のコンペの目標は90台。これだけやって駄目なわけない。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 人生論  

kimutatsu

何に向いてるか

Posted on: 2018年9月12日(水) 21:59

412

昨日のエントリーに対して、高校生がメールをくれました。

**********
全部できなくてもいいというのは気が楽になりました。
それより得意なものを伸ばせばいいという気持ちで
いっぱいです。ありがとうございます。

将来の進路を考えるとき、自分が何に向いているのか
よくわかりません。文系理系で人生を決めるのも
どうかなぁと思います。どう思われますか?
**********

何に向いているのかなんて、人生においては全く関係ないです。

そんなこと言い出したら、僕はきっと教員にはあまり向いて
いないように思う。それほど真面目じゃないし。

何に向いているのかじゃなく、何なら自分の人生を楽しめるのか
という観点が必要なのではないかと思っています。

大企業に就職が決まったとしても、それが本当にやりたいことで
なければ、きっと数年もすれば辞めることになります。

好きでもないのに続けられないんですよ。

就職すればわかるけど。

あなたは何なら人生を楽しめるのでしょうか。それを仕事にする
ことです。僕は本を読んだり書いたりするのと、人と話すことが
好きなので教員になりました。

向いていないかもしれないけど、人生楽しんでいます。

毎日いいことばかりではないけどね。

でも楽しくやっています。それが何よりなのであって、向いてる
向いてないというのは全くどうでもいい視点だと思います。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
さくらを連れて沖縄に行きまして、楽しく過ごしました。
ウチナーンチュの友人たちが温かく迎えてくれました。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 人生論  

kimutatsu

モチベーター

Posted on: 2018年9月10日(月) 7:37

IMG_21892

大坂なおみ選手、凄いですねぇ。久しぶりにスポーツを観戦して
感動しました。グランドスラム制覇ですよ。凄いことです。

特に今回の勝利はセリーナ選手が相手。僕でも知っている有名な
選手で、彼女自身もセリーナのファンだったそうです。

インタビューを見ていたのですが、今までとの大きな違いは?と
聞かれた彼女が「精神力」と答えているのが印象的でした。

8月にリネッテ選手に敗れたときは精神力の弱さを指摘されて
いました。が、そこから気持ちを強くするために努力された
のでしょう。セリーナ選手が審判にクレームをつけている間も
「集中することしか考えていなかった」と述べておられます。

IMG_2148

僕たちの身の回りには自分のモチベーションを上げてくれる人や
モノでいっぱいですね。

アンテナを張っていればいくらでもモチベーションが上がる。

自分がそこのアンテナに敏感になれるかどうかだけの問題です。

頑張っている人を見ると自分ももっと頑張ろうという気持ちに
なれるかどうかというのも大きい要素ですね。
単なる嫉妬や「あの人は特別」といった考えに陥る人の場合は
何をしても誰と会ってもモチベーションは上がらないでしょう。

大坂選手のインタビューをYouTubeで見て、気合い十分です。

今日は大雨警報が発令されたので学校が休みです。

授業の準備や採点などやることを済ませたら、自分を高める
ための勉強をやろうと思っています。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
英語を勉強するのは勉強というより仕事の一部なので、
やって当たり前。それにプラスして何ができるかが
英語の教員のもっとも大切なところだと思っています。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 人生論  

kimutatsu

継続するために

Posted on: 2018年9月2日(日) 5:15

14

こうやって門で微動だにしないで立ってるのって、体力的にも
大変やろうけど、それ以上にメンタルが強くないと無理ですね。

15

無理でした。

スポーツなんかもそうですけど、もちろん技術面での差って
大きくて、そりゃ大切といえば大切なんですよね。

でもそもそも練習を続けるための精神力が要るわけでして。

上手い下手に関わらず、同じ練習を続けるためのメンタルの
強さが必要となります。そこで多くの選手が挫折します。

勉強も同じ。

「今日はけっこうできた」的なことなら誰でもできる。

でも続けられないなら、「今日はけっこうできた」ことこそ
アクシデントなわけで、そういう子にとっては「頑張らない
自分」「勉強しない自分」のほうが自然なんですね。

で、それを打破する努力には常にメンタルの強さが要る。

メンタルの弱い人は打破できないんです。続けられない。

「勉強のやる気が続かない」という子に「メンタル弱いんじゃ
ないの?」と言うことにしていますが、そうすると意外な顔を
します。普段は強気な発言をしている子もいますが、それって
弱い自分をカバーするためのお面でしかないんですよね。

本当に数字を出したい!と思っているなら、数字を出すために
まずは誰がなんと言おうとも毎日100個ずつ単語を音読する、
毎日10題ずつ数学の問題を解く、毎日100ページずつ小説を読む、
毎日・・・という習慣を一定期間続けることです。

その習慣を2か月3か月続ければ、継続が普通になります。

努力がアクシデントになってる人は数字を出せない。

続けるためにはメンタルの強さが要ります。メンタルの弱い人には
無理な話です。で、教員は残念ながら生徒のメンタルを強くして
やることなどできないのです。

家に帰ってからが勝負。

今日もやったるぜと思いながら机に向かいましょう。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
習慣にできない人は言い訳をしますが、言い訳をしてるうちは
これまた数字など出ないんですよね。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 人生論  

ACCESS COUNTER

Total 26487716 Hits!

▲PAGE TOP