KIMUTATSU BLOG
木村達哉のブログ「キムタツブログ」

カテゴリー別アーカイブ: 人生論

kimutatsu

生徒との会話

Posted on: 2017年3月21日(火) 22:48

002

中2の生徒との会話。

生徒:あの『まるまるリスニング』って春休みの宿題ですが…
木村:お、やってる?
生徒:やってるにはやってるんですけど。
木村:きついやろ。
生徒:きついなんてもんじゃない。
木村:それぐらいでないと力がつかないのよ。
生徒:で、それがまる一冊なんでしょ。きつすぎるわ。
木村:甲子園に出る生徒はきっときつい練習に耐えたから・・・
生徒:わかりました。やりますやります。

きつい練習じゃないと伸びない。スポーツも音楽もなにもかも
同じですわ。今飛べているハードルばかり飛んでいても、
そりゃNo Stressかもしれへんけど、力は伸びへんやん?

自分の今の力よりも少し上ぐらいをびっくりするぐらい何回も
飛んでいるうちに、それが普通になるんです。

さらにその少し上をこれまた驚くほど何回も飛んでいるうちに
またその高さが普通になってくるんです。

そうやってるうちに力は伸びていくんですわなぁ。

人間の力は概ねそうやって伸びていきますねん。

きついからって逃げてたらあきませんわ。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
終業式が終わって、正式に春休みに入りました。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 人生論  

kimutatsu

If you quit once・・・

Posted on: 2017年2月23日(木) 3:23

124

バスケットボールのマイケル・ジョーダン選手がこういう
ことを仰っています。

If you quit once, it becomes a habit.  Never quit!

日本語にすれば「一度でもあきらめてしまうと、そいつが
癖になっちまうんだよ。何があってもあきらめちゃダメだ!
とでもなるのでしょうか。

勉強でもダイエットでもスポーツでもなんでもそうなんで
すけれども、結局は一番大切なのが「習慣作り」なんです。

「まぁ今日はいいかな」が1日ならまだしも、2日続くと
それが習慣になってしまうんですよね。

人間ってなんだかんだ言って慣性の法則に従って生きてる
ものですから。

僕は実は毎日スポーツジムに行っています。

22時までやっているので、遅くなっても行くようにしてい
るのです。そして毎日筋トレとランニングマシンを使って
体をいじめています。

なんで毎日かというと、習慣を作るためです。

「あきらめる」や「断念する」を習慣にしたくないんです。

今までの人生、特に若い頃は何も長続きしなくて、本当に
もう自分でも嫌になるぐらいでしてね。

53歳になった今、もうあまり人生の時間が残されていない
ものですから、せめてここからは「始めたことは納得する
まで続ける」を念頭に生きていこうと思っています。

始めたことはここに必ず書いて、自分へのプレッシャーに
します。途中でやめないように。

皆さんに監視してもらいますわ。

皆さん、お互いがんばりましょうね。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
お茶ゼミの大島社長が会いに来てくれました。嬉しい嬉しい。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 人生論  

kimutatsu

ありがとうございます

Posted on: 2017年1月30日(月) 22:57

na1

na2

フェイスブックのコメント欄、メール、ライン、メッセンジャーを通じて
352名の方々から「おめでとう」を頂きました。

そして先ほど全てに返事を書き終えました。

ブログやメルマガやフェイスブックのに、まとめて「皆さんありがとう」
と書いても許していただけたのだろうけれど、どうしてもお一人ずつ
お返事を書きたくて、1つ1つのコメントに返事を書きました。

教室の後ろの黒板にも生徒たちからメッセージをいただきました。

いつまで教員ができるのかわからないけど、何歳になってもどこか
の学校で非常勤講師ぐらいは細々と続けさせてほしいと思います。

この年齢になってやっと生徒たちが可愛くてしかたなく、だからこそ
鬼と呼ばれようと悪魔と呼ばれようと、子どもたちをしっかりと
育ててやりたいし、伸ばしてやりたいと思っています。

読み聞かせだの聞き流しだの、そういう馬鹿なことはしません。

信念に従って、しっかりとした確固たる英語力をつけてやります。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
これからも健康に気をつけて楽しく人生を生きていきます。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 人生論  

kimutatsu

Stay in Action

Posted on: 2017年1月4日(水) 12:40

215

最近のブログ、沖縄ばかりですねというメールをある方から頂き
ましたが、いやまったくそうなんですよ。

特に意味はないのですが。

生徒たちからの年賀状を読んでいると面白いですねぇ。

野球部の生徒たちの「勝ちたい」には気持ちが込められていて
そのためにはタフな練習をしさえすればいいのだと、年賀状に
向かって喋っております。

「英検準2級を中2のうちに取れというミッションは僕にとっては
インポッシブルすぎます」という年賀状には「その割にはけっこう
正しく英単語を使えてるやないか」と突っ込んでおります。

「今年中に英検準1級を取ってキムタツをびびらしてみせる」と
書かれた年賀状には「いやいや、まだ中2なんやから無理を
せずに着実に力を付けていけばええねん」と話しかけています。

116

ダメなのは現地点にとどまっていて動かないことですよね。

大人も子どもも。

ちょっとずつでいいから前に進んでいれば、それを「成長」を呼び
たいし、ほんの少しだけでも動けているなら良しとしたい。

だから準2級がインポッシブルそうな生徒がダメなのではないし、
準1級を目指してるからエライわけでもない。

準1級に合格したら歩みを止めてしまうようでは意味がない。

東大に合格したら凄いわけでもないし、英語がめちゃできるように
なったらエライわけでもない。

目標を達成して満足してるようでは「そこまでの人」で終わります。

少しずつでいいから「自分は頑張ってる」と思える自分があるなら
それが何よりええことやないかと思ってるのです。

だから準2級合格を目指してる生徒も準1級を目指してる生徒も
どっちもエライ!のです。

生徒たち、僕も相変わらず動き続けるので見といてや。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
年賀状、2000枚ぐらい頂きました。ありがとうございます。
手元に600枚しか用意していませんでしたので、また来年
必ずお出しします。今年届かなかったらご容赦ください。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 人生論  

kimutatsu

いじめのニュースに胸くそ悪くなって思うこと

Posted on: 2016年11月30日(水) 11:27

P1030045

福島県から横浜に引っ越していじめを受けた生徒の問題では
福島で活動をする自分としては気分が悪くなるほど腹が立ち、
感情的な文章になるかと思ってコメントしませんでした。

最近、いじめの問題ばかりですね。

今朝は学芸大附属高で骨折させられたり蝉の幼虫を口にさせ
られたりした生徒のニュースをテレビでやっていました。

教員の立場で言わせてもらえば・・・

普段からちゃんと「相手への攻撃は、それがどんな攻撃であっても
常に相当な社会的反撃をくらう」ことを、教員や親が論理的に
子どもたちに教えてやっているかどうかは大きいと思うなぁ。

「いじめは駄目ですよ」的な指導には限界がある。

また、具体的な指導を考えてもいない「指導を徹底させたい」という
言葉には、指導の限界を感じてしまいます。

だから大人になっても、相手の名前さえ出さなければ訴えられない
でしょう?とか、自分の名前なんてばれないでしょう?とか思いこみ、
誰かへの批判を自分のブログやツイッターで書く人が出てくるのでは
ないかと考えているのです。

学校の先生で率先してそういうことをしてる人もいますしねぇ。

生徒には「ネット上に誰かの悪口を書くな」と言ってるはずなのに。

僕は親が倒産してくれたおかげで法律を勉強できたのはよかったと
思っています。

誰かを攻撃することは、常に社会的反撃をくらうことを意味します。

誰かを攻撃する=社会的反撃をくらう≒カネや地位や立場を失う。

若い人たちにはそれを肝に銘じておいてほしいなと願っております。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
法律を知らないって怖いことやなぁと、いつも思っています。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 人生論  

kimutatsu

勉強は楽しいのかぁ?

Posted on: 2016年10月30日(日) 23:03

kimutatsu0056

「勉強は楽しいのかぁ?」と言いながら自転車をこいでいる人が
いらっしゃいました。灘校の正門前で。

お昼を買おうと思って、近くのファミマに行ったのです。

そうすると二人乗りの自転車がそう叫んでいました。

僕がじっと見ていると住吉川のほうに逃げていきました。

人生1回しかないから勉強が楽しくないならしなくていいと思う。
でも人生を楽しむために勉強をするというのもあるのだと
どうしてその人たちに先生方は教えなかったんだろう。

人生が無限で、カネも無限にあったとしたら、きっとこの人生は
あまり楽しくないんじゃないかなぁ。

時間がリミティッドだから、自分が旅立つ前にどこまで自分だけ
に与えられた人生を自由に楽しく生きるかが最大のテーマで、
できれば自分の楽しみが他人と共有できたり他人の人生に
とっても有意義な影響を与えられたらいいなと思っています。

でも人生を楽しく生きたうえで、他の人たちにも幸せになって
いただこうと思うなら、自分のレベルを上げておかないとねぇ。

勉強はそのためにやるのであって、別に東大に入るわけでは
ありません。東大に入ったって「東大までの人」になっていては
あまり意味のないことですから。

kimutatsu0053

僕の生徒たちには「勉強って幸せになるためにやるのだ」って
言い続けたい。「他人にもその幸せをおすそ分けできるレベル
にまで自分を高めようよ」とも。

英語にせよ、数学にせよ、物理にせよ、野球にせよ、あるいは
音楽や囲碁や将棋にしても、そこまで自分を高めようとすれば
「苦しいな」を乗り越えていかないとあかんのです。

それを「楽しいのか」と言われれば、まぁ楽しくはないけど必要
なステージなのでと答えるしかないかなぁと思っています。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
そのステージを乗り越えたら、また次の壁を越えていくのです。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 人生論  

kimutatsu

睡眠って大事

Posted on: 2016年10月15日(土) 9:40

179

今日はこんな時間に起きてきました(9時過ぎ)。睡眠は僕にとって
心と体の修復をするための大切な手段なので、時間を削ると
あまり良い授業ができませんし、良い作品を創ることができません。

よく「いつ寝ているんですか」と聞かれます。

かなり寝ています。

寝るのは、上にも書いたとおり、修復作業なのです。

そういう意味では東大などに現役で合格した優秀な教え子たちは
その多くが確かによく寝ていました。高3になっても8~9時間ほど
寝ていた生徒たちもかなりたくさんいました。

睡眠をしっかりとって心と体を充実させないと、脳は動かないです。
特に社会人になると睡眠時間が極端に減りますが、これって絶対
良くないですよね。

人生の1/3が睡眠ですし、枕や布団にもこだわりたいものです。

今日は午前中に月曜の中間考査を作り、午後から学校へ行って
印刷。水曜日の分は火曜日に作ればいい。

帰ってきたら読書とジョギングをし、終わったらシャワーと昼寝。

夜には三省堂とアルクから出す本を書きます。

明日は午前中に三省堂とアルクから出す本を書き、午後からは
読書とジョギングをし、夜は水王舎から出す本を書きます。

途中ちょくちょく1時間程度の昼寝(修復作業)をはさみます。

だいたいこんな感じでいつも学校の仕事と執筆と読書のバランス
を取りながら、日々を送っています。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
起きたときにお腹がすいているのが理想的ですね。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 人生論  

kimutatsu

最近思ってること

Posted on: 2016年10月8日(土) 7:22

kangaku03

先日、関学大に行ったときに高大接続センターの山田君に撮影
してもらいました。学生時代、いつもここにいました。

当時は切り株と呼んでいた場所です。

今は切り株がないので、なんと呼ばれているのか知りません。

ここで毎日のようにギターを弾いていました。

もう今から30年以上前の話です。

kangaku02

当時の写真を引っ張り出してきました。右でヤマハSGを弾いてる
背の低いのが僕です。髪の毛が長い!

これは僕が20歳のときですね。6月のライブやと思います。

だから今から32年前か。場所は森ノ宮のピッコロ。

このときは教員になろうかなぁぐらいの気持ちしかなかったのです。
将来の夢なんてのも持っていなかったなぁ。

年齢を重ねるにつれ、見えてくるもの、やりたいこと、生きてるうち
に叶えてみたいこと・・・が増えてきます。

それと同時に、こんなことならあの時にやっときゃよかったのにと
後悔することも増えてきます。

だからと言って若い人たちに「将来後悔するからやれ」と言ってば
かりいるような面倒くさい大人でありたいとは思いません。

僕はこうして後悔したという話はしますが。

そこから何を学ぶかは若い人たちの自由ですし、自己責任です。
だから生徒たちには「堕ちる人生もダメなわけじゃない。自分で
選んで生きればいい。」と言ってあります。

まぁしかしこれから先は何年生きられるかわかりませんし、後悔
しない人生、ストレスの溜まらない人生を生きられればいいなと
思っております。

さ、大阪のセミナーに出かけます。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
せっかく生まれてきたのですから笑って生きたいものです。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 人生論  

kimutatsu

クワケンさんからのメール

Posted on: 2016年9月28日(水) 16:15

006

福岡で頑張っている九国大付属高校の桑野先生からご連絡を頂き、
ブログの文章の一節を引用させていただきたいとのことでした。

クワケンさん、問題ないですよ。

というか、こうしてちゃんと連絡を下さるところが素晴らしいですねぇ。

確かにブログの文章にも著作権はあるのですが、こうして許可を得る
ためにご連絡をくださる方はかなり珍しいこともあり、なんか嬉しい
気持ちになりました。

以前、ある方が僕が送ったメールを晒しておられてびっくりしたことが
あります。英語の先生がですよ。

私信をブログに載せるなんてあり得ないですよねぇ。

しかも僕のメールを、僕の批判材料に使っておられて、これでも英語の
教員かと呆れたのを覚えています。

英語の教員でありながらコミュニケーション能力がない最たる例です。

常識のない方が多数いらっしゃるなか、こうしてご連絡をいただいた
ことに感激したので、ご紹介させていただきました。

人間同士、ややもするとギスギスすることがありますが、せっかくこうし
て生まれてきたのですから、気分よく楽しく明るく生きたいものです。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
桑野先生が主宰されている勉強会がありまして、
呼んで貰えないかなぁと勝手に願っております。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 人生論  

kimutatsu

どう生きようかな

Posted on: 2016年9月25日(日) 9:00

london30

まだしばらくは灘校を退職するつもりは全くないのですが、この
年齢になると、老後をどうするかなぁと考えることが増えますね。

英語をやってきたのに海外で暮らしたことがないので、退職後
は上の写真のようにロンドンに行くのもいいなぁとか。

060

でも沖縄好きな僕としては、やっぱり海を見ながら本を書くという
のもいいよなぁとか。

30

どうも広島が好きなんだけどなぁとか。

そんなことを言い出すと、札幌もいいなぁ、福島で前川君との
活動を加速させるのもいいよなぁ、長崎も好きなんよなぁ、
壱岐とか隠岐とかっていう手もあるなぁ・・・

なんて思いを巡らすのが日課になっておりまして。

いっそのこと日本中を旅しながら本を書く「旅先作家」になって
いろんな人たちに会って美味しいお酒を酌み交わしつつ
楽しい時間を過ごすのが一番いいのかなと思ったりもします。

そんなことを考えるのは年齢的に早いと言われることもありま
すけれども、母が亡くなったのは今の僕の年齢の9年後で、
祖母が亡くなったのが10年後なのです。

いずれにしてもせっかく生まれてきたのですから、愚痴や批判、
文句などから縁遠い生活をしようと思っております。

楽しく生きます。それが何よりです。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
そうは言ってもストレスに感じることはありますけれども
できる限り明るく楽しく元気よくを心がけています。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 人生論  

ACCESS COUNTER

Total 21814857 Hits!

▲PAGE TOP