KIMUTATSU BLOG
木村達哉のブログ「キムタツブログ」

カテゴリー別アーカイブ: 英語勉強法と参考書

kimutatsu

反復回数 > 勉強時間

Posted on: 2019年4月28日(日) 11:35

01

東福岡高校といえば野球やサッカーで有名ですけれども、
勉強のほうも頑張っておられます。

福岡で勉強会が行われるときには、よく場所を提供して
くださっていて、特に英語科の清水先生にはお世話に
なっています。昨年は2度、お世話になりました。

さくらもつれていきました。

038

その清水先生から『英語反復トレーニング②』が届きましたと
ご連絡を頂戴しました。

英語の勉強は、勉強時間よりもむしろ反復回数です。

覚えても忘れてしまいますので、何度も何度も繰り返しながら
脳に刷り込んでいくことになります。

この本は単語を変えただけの英文に何度も出会うようにできて
います。英文法、和訳、リスニング、英作などを通じて。

生徒の皆さんが英文法を正しく学び、最終的には正しい英語が
自分で書けたり話せたりできるように努力してほしいと思って
おります。それでこそ「使える英語力」が身につくのです。

清水先生、ご連絡をありがとうございました。

またお会いするのを楽しみにしております。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
ゴールデンウィークは5月2日と3日の文化祭以外は
だいたいのんびり過ごしております。

 


kimutatsu

新学期からはリスニング中心

Posted on: 2019年4月6日(土) 23:54

04

そろそろ新学期の準備をしなければなりません。生徒たちに
「今年はリスニング力を伸ばす」と伝えてありますので、
基礎トレと通訳トレをバランスよく行うことになります。

僕のほうは、まず教材の選定をしなければなりません。

リスニングの基礎トレで使用する教材として『ユメタン②』
は確定で、あと1つはあったほうがいいと思っています。

『通訳トレ』のほうはいくつか考えています。

『夢をかなえるリスニング』の①と②は確定ですが、それら
については比較的早い段階で終わるでしょうから、それに
続くレベルのものを考えようと思っています。

明日は大阪に行く用がありますので、書店さんをぶらぶらと
歩いてみようと思っています。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
『基礎トレ』は読んで理解したものを多聴します。
単語集や熟語集のフレーズを使うことで、語彙力の
定着にもなりますし、リスニング力向上にもつながります。

 


kimutatsu

『ユメタンライティング①』発売です!

Posted on: 2019年3月20日(水) 10:13

021

終業式が終わりまして、灘校は春休みに入りました。

明日から僕はまた沖縄に戻ります。先週も戻ってはいましたが
たった3日間の滞在だったので。明日からはしばらく居ります。

さて、宣伝で申し訳ないのですが・・・

昨日、『ユメタンライティング①』が発刊となりました。

めちゃくちゃ時間をかけて創りました。時間かけすぎ。2年間
かかりました。何より日本語の作成が大変でした。

『ユメタン⓪』と『ユメタン①』に出てきた単語だけで英語が
書けるように日本文を作らねばならないものですから。

021

学校専売品なので書店さんでは手に入れることができないの
ですけれども、非常に良い本になったと思っています。

アルクの編集者のレベルの高さのおかげです。

**********
確かに優れた才能を持っている人は素晴らしい。しかし
自分の望みを成し遂げるために、称賛に値する努力を
全力で行う人は、たくさんの人たちに大きい影響を及ぼす。
人々は後者のような生き方に憧れるのである。
To be ( s ), those who ( p ) superior ( t ) are ( w ).  But those who
make ( d ) ( e ) that ( d ) ( p ) in order to ( a ) what they want
have a great ( i ) on a lot of people.  We ( l ) for the way of living
of the ( l ) types of people.

科学者の最優先事項はこの世の中の構成要素の特性を調べ、
それを様々な実用性につなげることである。そのために
全ての科学者は好奇心が強く、非常に神経質で、真理に関して
誠実かつ厳密で、そして自分たちの失敗にがっかりする経験を
何度も重ねるのである。
Scientists’ top ( p ) is to ( e ) the ( p ) of  ( c ) in this world and
lead them to a ( v ) of ( u ).  In order to do this, all of them are
( c ), very ( n ), ( s ) and ( s ) about truth, and ( d ) at their
mistakes many times.
**********

『ユメタン⓪』と『ユメタン①』で覚えた単語を使いながら
日本語を英語に直していきます。

書く前に英文を見ながら口に出して読んでいきましょう。

スペリングは最後の最後でいいのです。まずは発音と意味が
大切ですので、どんどん読んでいきましょう。

一括採用されると音声CDも付いているそうです。自分が英作
した英文をリスニングしながら音読トレをすることによって
ますます語彙が頭に刷り込まれていくことでしょう。

『ユメタンライティング①』、先生方がご採用下さった生徒
の皆さんは単に提出のためだけにやるのではなく、覚えた語
が実際に使えるかどうかをチェックし、使えないということ
になれば復習をしましょう。そのための本なのですから。

著作は66冊目です。

ありがとうございます。よろしくお願いいたします。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました!
すでに春休みの宿題として10校が採用をしてくださいました。
発刊前に採用を決めてくださった先生方に感謝しております。

 


kimutatsu

教え子からの連絡

Posted on: 2019年3月19日(火) 21:28

01

この前の勉強会に教え子が来てくれたんです。教え子と
言ってももうけっこういい年です(失礼)。

書店さんでは買えない本でいい本がある。それが欲しい。

んーーー

そうか、でもほら、版元(出版社)さんの思惑があってさ。
著者が勝手には決められないのよ。

彼女いわく、『5ステージ』(数研)がほしい。

最近は著者がびっくりするぐらい『5 Stage 英文法完成』が
公立も含めて多くの中学校や高校で使ってくださっていて
もしかしたら『ユメタン』以上なんじゃない?な勢いです。

で、それはそれとして、使ってくださっている生徒たちには
単に提出のためにやるのではなく、この本のコンセプトに
したがって、英作文やスピーキングで文法ミスをしないよう
しっかりと脳に刷り込んでいってくれることを願っています。

教え子には個人的にプレゼントします。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
連絡をくれた教え子は奈良県(僕の故郷)在住でした。

 


kimutatsu

メルマガとリスニング

Posted on: 2019年3月13日(水) 5:54

621

Daily KIMUTATSUというメルマガを発行しています。

Daily(毎日)というタイトルを付けているのに毎日発行して
へんやないか!というお叱りの声もなく(人生幸朗師匠)
週に2通から4通ぐらいかな、発行しています。

この4月から生徒たちに対してリスニングの授業をします。
それもあって、最近はリスニングの勉強について書いている
のですが、なかなか好評です。

最近読みだした人たちから「もう一度、最初から流してほし
いのですが」というご連絡を頂きますが、申し訳ありません、
それはさすがに無理です。

単に聞いているだけではリスニング力は伸びないので、いろ
いろ段階を踏んでトレーニングすることが大事です。

昨日流したメルマガでは長いスクリプトをどのようにトレー
ニングすれば聞きとれるかについて書きました。

628

実はどの出版社からと決めずに、リスニング勉強法について
本を書いておりますので、もしかするとその原稿が陽の目を
見れば皆さんのお手元にお届けできると思います。

僕もリスニングに関してはかなり苦労しました。

最も基本になるのは、自分が正しい発音で声を出すことです。
声を出さない人はあまりリスニング力が伸びません。

英語の音も大事ですが、リズムが大事です。

イントネーションもかなり大事。

英語らしい英語を話せて初めて、リスニングの勉強のスタート
ラインに立てたと言えるかもしれません。

単語の勉強をするときから、CDに合わせて声を出すこと。

長文の勉強をするときも、CDに合わせて声を出すこと。

そういったことの積み重ねで、約5分を集中して聞かねばなら
ない東大のリスニングであっても満点が取れるのです。

また、ブログでもちょいちょい書いていきます。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
リスニングの問題集を何冊やっても駄目なものは駄目です。

 


kimutatsu

『ユメタンライティング①』御礼

Posted on: 2019年3月9日(土) 16:03

021

アルクの栁沼さんから連絡あり、出版前のこの本を春休み
の宿題用として決定されている学校が10校もあるそうです。

感謝感謝。

ただ、著者としてはやはり中身を見て評価していただきた
いので、一部ではありますが、校正紙をアップします。

クリックすればエンラージされるはずです。

01

02

03

04

05

『ユメタン①』を中心に空所を抜きました。頭文字は与えて
ありますのでいろいろ考えてもらうとともに、名詞や動詞に
関しては文脈に応じて単数・複数や時制を考えてもらうと
いうことになります。

また、『ユメタン⓪』の単語も含めてあります。

『ユメタン⓪』の復習もしていただけるようにしてあります。

書店さんには並ばないのですが、よかったら先生方、手に取
ってみてください。自分で言うのもナンですが、日本語作成
に2年かけましたので、クオリティは低くないと思います。

この本が出るのは3月19日だそうです。

どうぞよろしくお願いします。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
明日はいよいよ国公立大学の前期試験の発表が出揃いますね。

 


kimutatsu

『ユメタンライティング①』

Posted on: 2019年2月5日(火) 23:04

021

『ユメタン⓪』と『ユメタン①』で覚えた単語を使って
英作文をしようというコンセプトの本です。

3月15日に発刊になるそうです。

が、すでに採用のご連絡を頂いているそうで、アルクの
栁沼さんから学校名を伺っております。

中身を見ないで大丈夫か?

また、『ユメタンライティング』があるから『ユメタン』
を採用することにしたという学校さんからも連絡を
いただいているそうで、本当にありがたく思っています。

再度書きますが『ユメタン⓪』と『ユメタン①』で覚えた
単語を使って英作をしようという本です。

『ユメタンライティング①』、3月15日に出るそうです。

宜しくお願いします。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
発刊前に採用のご連絡を頂くと、信用して頂いている
ことがわかって、感謝すると同時に、変な本は作れ
ないなという気持ちになります。

 


kimutatsu

英語の基礎トレ

Posted on: 2018年12月27日(木) 11:37

04

福島でも島根でも、生徒たちには基礎トレがものすごく大事と
いう話をさせてもらいました。

昭和時代の指導や勉強には基礎トレという概念がなかったので
リスニングやスピーキングの苦手な人が多いんですよね。

僕は高1生徒たちに『ユメタン②』を使ってやっています。

教科書を使ってもできますし、それ以外でもできます。

大切なのは音源があるということ。教科書の場合、CDが別売
になっているので、手元に音声がない場合は教科書は不適当で、
そういう人は長文の問題集を使うといいと思います。

毎日ウィークリーはHPで音声をいつでも聞けます。そういう
点でいえば教科書よりもずっといい教材です。

010

フレーズなりパッセージなりを、まずは音読し、意味をとって
いきます。初心者の方は赤ペンなどを持っておけばいいでしょう。

発音やアクセントに自信のない箇所、意味に自信のない箇所に
赤線を引いていきます。

例えば100個のフレーズ中に60箇所の下線が引かれたとします。

今度は音声CDやアプリを使って音声を聞きます。

途中で紙面から目を離し、シャドーイングができるかやってみ
ることも大切です。見たものをシャドーイングするのも
リスニングにおいては効果的だからです。

単語集だって立派なリスニングの教材ですからね。

CDに合わせて音読やシャドーイングをするのですけれども
途中で最初にやった「フレーズやパッセージを見たら、全部
発音できるか、意味が言えるか」をチェックします。

同じことを何度も行います。回数勝負。素振りと同じ。

特に音と意味を知らなかった60個を脳に刷り込む意識で行います。

019

ある程度できたかなと思ったら、今度は日本語を見たら英語
に直せるかどうかをチェックします。

おそらく学校の先生でもあまりできません。

今度はCDを聞きながら、日→英ができるようになることを
意識しながら何度も音読を繰り返します。

日本語を見たら英語に直せるようになるまで繰り返します。

これが基礎トレです。

グーグル副社長だった村上さんは毎日同じ1000単語を見ることを
推奨されていますが、なかなか1000単語や1000フレーズはきつい。

でも100ならどうでしょう。200なら?

毎日同じ100フレーズを1週間毎日音読してください。

1回やるのにかかる時間はだいたい7~8分程度です。

2回音読したら15分、3回なら22分。

1週間後に100フレーズのうち、50でも60でも日→英にできれば
それはかなり力が付いていることになります。

覚えようとするのではなく、脳に刷り込まれるのを待つのです。

あまりストレスなく行えます。やる気があれば。

中高生の人たちはどこかでがっつり語彙力を身に付けないと
いつまで経っても英語が読めないし聞けないはずです。

たとえばこの冬休みから3月いっぱいまでに語彙力をテーマに
勉強してみればどうでしょう。語彙力のみをがっつりやる。

短いフレーズでは英作文をする際にあまり力を発揮できないので
できればセンテンスに近いものを選ぶことです。

僕の本を使ってくれれば嬉しいけど、音源があるものを選ぶこと。
でないと、いつまでもリスニングは苦手なままです。
早く音声中心の英語学習に切り替えないと、読めても聞けない
英語力しか身に付かないですから、気を付けてください。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました!
今日からは少しゆっくりさせていただきます。

 


kimutatsu

『4技能を伸ばす必須英文法演習』のご紹介

Posted on: 2018年12月18日(火) 12:55

06

期末考査を返却し、あとは明日の13時から終業式が行われる
のを待つのみとなりました。冬休みが始まります。

英語に関してはみんなよく頑張ってくれました。

今まであまり頑張れていなかった生徒たちも、さすがにもう
実質的に入試まで2年を切りましたからね。いつも40点を
切ってばかりの生徒たちも頑張っていました。ガッツポーズ
をしている生徒たちがけっこういました。

この調子で入試まで頑張ってもらいたいものだ。

71

さて、著者の佐藤先生が『ユメブン⓪』の共著者だから言う
わけではないけど、この本はとてもいい本だと思っています。

単なる英文法ではなく、「読む」「聞く」「書く」「話す」
ために英文法を勉強することがよくわかります。

僕の『5Stage英文法完成』や『英語反復トレーニング』も
同じコンセプトの本ですが、それらは学校専売品なので
書店さんでは手に入れることができないんです。

この『4技能を伸ばす必須英文法演習』は書店さんに並んで
いる本ですので、大人が英語力を伸ばすのにも最適です。

本当にいい本だと思ったので、紹介させていただきました。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
「ブログで紹介してください」といってたくさん本が
送られてくるのですが・・・
この本は実にいい本ですので、ブログで紹介しました。

 


kimutatsu

3冊同時刊行

Posted on: 2018年10月1日(月) 23:58

099

10月になりました。今日は生徒たちに「灘校で授業を受けるの
あと2年と2か月やねぇ」と話をしました。

最後の1年(高3)は理科と社会で手一杯になります。

英数国はあと1年です。高2の終わりまでに形にしておくこと。
でないと難関大学や医学部はさすがに厳しいのです。

英語はすでに二次試験モードに入っていますので、復習を正しく
してくれていれば余裕で大丈夫だと思われます。

復習をしていなければ?

そりゃ伸びません。外国語の勉強を舐めたらあきません。

勉強を始めて数字が上がるのは、はやくても数か月後という世界
なのです。われわれプロでも苦労して英語を勉強しているのです。

keirinkan01

buneido11

今日、僕の本が新しく3冊、発刊となりました。以前もお伝え
していたのですが、啓林館から2冊、文英堂から1冊です。

成績を伸ばすためには復習と反復回数への執着が必要となります。

『センターリスニング』も『英語反復トレーニング』も、復習
および反復回数をこなせるように工夫してあります。

書店さんには並ばない本ですが、少しだけでも関心のある先生は
どうぞそれぞれの出版社に連絡をしていただき、見本を取り寄せ
ていただければと思います。

そして本当に良いなと思われたら、ご採用下さい。

いつもありがとうございます。どうぞよろしくお願いします。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
これで著作が65冊となりました。感謝感謝です。

 


ACCESS COUNTER

Total 27307475 Hits!

▲PAGE TOP