KIMUTATSU BLOG
木村達哉のブログ「キムタツブログ」

カテゴリー別アーカイブ: 英語勉強法と参考書

kimutatsu

和文英訳の指導法

Posted on: 2021年2月18日(木) 20:32

009

087

通訳の柴原さんと、そしてラ・サールの丸山くんと、英作文の本を出させてもらいました。
柴原さんとは三省堂から『英作文、対談ならわかりやすいかなと思いまして』。
丸山くんとはアルクから『夢をかなえる英作文 新ユメサク』。

それぞれ英作文の苦手な人に使ってほしい本です。

英作文ってどうすれば得点源になりますかとよく尋ねられます。

リーディングなどに比べて、得点源になりやすいと思うんですね。
だからこそそういう質問をする方が多いのだと思うのです。

大切な要素として
① 語彙力がある程度はある
② 英文法の知識がある程度はある
③ 基本的な英語の構造を知っている
④ 日本語の表現力が高い

ということではないかと思っています。

一番難しいのが④でしょうね。

英語の先生であっても、④に問題があり、英作文の苦手な人がおられます。
ベテランの英語の先生であってもです。

英語はできるんだけど、日本語の表現力が低いと和文英訳は難しいはずです。

アルクのホームページで連載をさせていただいています。
今回は英作文について書きました。よかったらどうぞお読みください。

こちらです。

 

 

ブログにおいで頂き、ありがとうございました。
かく言う僕も若い頃は英作文の指導が本当に下手でした。

 


kimutatsu

嬉しいニュース

Posted on: 2021年2月10日(水) 17:01

004

『ユメタンライティング』という本があるのをご存知でしょうか。
これ、あまり売れている感がないのですが(悲)作るの大変やったんです。

なにせ『ユメタン』で覚えた単語を使って英作文をするという本です。
ですので『ユメタン』に出てくる単語を使える日本語を作る必要があったのです。

まぁ見て下さい。

01

06

こういう形で英作文をしていきます。
語彙力を磨くとともに、こういうふうに英語を組み立てていけばいいのか!
ということがわかるようにしてあります。

後半は完全な英作文です。穴埋めではなくて。
それも『ユメタン』で覚えた単語を使えば書けるようになっています。

今回、『ユメタンライティング』が増刷になりました。
『ユメタンライティング⓪』は『新ユメタン⓪』に、
『ユメタンライティング①』は『新ユメタン①』に合わせて作りました。

多くの方々に使っていただけるようになったのは嬉しいです。

著者にとって「増刷」や「重版」は非常に嬉しい熟語です。
ちなみに「絶版」がもっとも悲しい熟語なのです。

今回、その「増刷」がかかりました。

皆さんに感謝申し上げます。春休みの宿題になる生徒も多いと思います。
覚えた単語を思い出すことと、英作文のSVXXの組み立て方を学んでくださいね。

 

 

ブログにおいで頂き、ありがとうございました。
昨日の「まるまる」もそうでしたが、嬉しいニュースが続きます。
本当にありがとうございます。感謝感謝です。

 


kimutatsu

まるまる

Posted on: 2021年2月9日(火) 21:26

0000-1

ようやくLINEが使えるようになった三省堂の池田くんから連絡がありました。
いつもずっとショートメールでのやりとりやったのです。

LINEとかMessengerとか使えんの?と言うと、LINEで連絡が。

登録したんやな。

で、ご挨拶に伺います!ということだったので、入試前やからなぁと返事。
2月10日・11日は灘高等学校の入試なのです。

だから業者の人は入りにくいんじゃないかなぁと。

卒業させて授業もないので基本的に家にいるよと言うと、では行きますと。

049

駅前のコメダ珈琲に入って、しばらく喋っておりました。
まるまるシリーズがものすごく多くの学校でご採用いただいているそうです。

著者にはわからないんですよ、どれぐらいの数が売れているのかとか。

ご採用をいただくたびに連絡が入るわけでもないですからね。

中学英語まるまるシリーズも大好評なんです!と池田くん。
タフすぎて売れてなかった『中学英語まるまるリスニング』もなんです!と。

あんなタフなの売れないでしょと言うと、それがですね!と池田くん。

使ってくださっている学校のGTECのリスニングスコアがかなり良いんだそうです。
じわじわと評判になってきて、ここにきて多くの学校で使っていただいていると。

これを中学生にさせるか!ってぐらいタフですからね。
英語のレベルは高くないですよ。中学英語なので。
でも、量的には40ユニットありますからねぇ。かなりの量です。
夏休みの宿題ぐらいにしかならないんじゃないかと。

でも特に中高一貫だとこれぐらいは必要なんですよね。

最初に出した『中学英語まるまる総復習』もですね!と興奮気味に池田くん。
いいよいいよ!飛沫が飛ぶからさ!と僕。

だいたい1年で1万部も売れれば「売れてる!」な参考書の世界。
それでその倍ぐらいは売れているということです。

ありがたい話です。

055

使ってくださっている先生方、本当にありがとうございます。
中学まるリスにせよ、高校まるリスにせよ、タフなのでご注意ください。
それと問題を解いて終わり!であれば、何を使っても成績は上がりません。
したがってこの本を使っても上がりません。トレーニングが大切です。

渡しっぱなしとか提出させるだけではなく、少しはトレーニングをしてください。
やり方は僕の動画でしつこく説明をしています。

よければご覧ください。

リスニングは、やる学校とやらない学校で大きい差がつくはずです。
ちゃんとトレーニングをやれば、ものすごい武器になります。
それに聞き取れるようになると英語の勉強欲が上がります。

帰りにレジ横に、コメダのあんこの缶が置いてありました。
コメダでトーストを頼むと、上に乗っているアレです。

トーストに乗せて食べると驚異的に美味しいコメダのあんこ、
トーストにマーガリンをぬって、その上に乗せると泣くほど美味いあんこ、
あぁ、生きていて本当によかったと思えるコメダのあんこ、
を、レジで買って彼にプレゼントしました。

『毎日続ける!英語リスニング』も1週間でかなり買っていただいているそうです。
それについてもまた池田くんが興奮しながら話してくれればいいなと思っています。

皆さん、本当にありがとうございます。

 

 

ブログにおいで頂き、ありがとうございます。
僕もちょっとリスニングできてないので、明日からちゃんとやろうっと。

 


kimutatsu

力が伸びるメカニズム

Posted on: 2021年2月3日(水) 9:28

04

MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店で撮影したものです。
この書店さんは太陽の光が入って、かなり明るい書店さんです。

『名スピーチリスニング』、おかげさまでたくさんの方に使っていただいています。
多くの方々が「めちゃタフです」というご連絡をくださり、嬉しく思っています。

タフでないと力がつかないですからね。

先日、ある大学生から連絡をいただきました。

ジョブズとオバマが終わって、次はマララに入りますと。
バックトランスレーションまでやれば、かなり英語力が身につくはずです。

受験生には、合格後も学び続けてほしいなと思います。
『名スピーチリスニング』はリスニング力の向上にはうってつけです。

よかったら手に取ってみてください。

03

受験生でもそうなんですけど、力を伸ばしきれない人の特徴があります。
力が伸びるメカニズムがわかっていないということです。

たいていの場合、負荷が小さいのです。

例えば、現在の力が60とするじゃないですか。
60センチのハードルなら飛べるとします。

そこに70センチのハードルを持ってくるわけですね。
難しいでしょ。毎回倒れます。飛べません。

教員もそうです。このレベルはうちの生徒には無理!と決めつけます。
そうです、それは間違いじゃない。無理なんです。

でもだからといって60センチばかりを飛んでいて力がつきます?
飛べた!できた!やった!と喜ぶのは喜ぶでしょうけど。
でもそれって嬉しいですか?当たり前ですやん、飛べるの。

70センチや80センチを準備し、それが飛べるよう反復するのです。

指導者は鬼になることが必要です。
先生!飛べません!と言われたら、笑顔で「反復せよ」と伝えるしかない。

具体的な飛び方を教えるのは当然ながら必要なんですけどね。

自分にとって少しタフだなと思う教材を使わないと伸びません。

書店さんで、少しタフだなと思う教材を選んでください。
間違っても「できる!」というものを選ばないように気をつけましょう。

 

 

ブログにおいで頂き、ありがとうございます。
その中で僕の著作が役に立てば嬉しく思います。

 


kimutatsu

ありがとうございます

Posted on: 2021年1月29日(金) 21:06

117

フェイスブックに160名もの方々がコメントをくださいました。
LINEとかMessenger、emailなどで、直接「おめでとう」をくださった方が50名ほど。

皆さん、本当にありがとうございます。恐縮しております。

57歳になりました。

実は父が脳梗塞で半身麻痺になったのが57歳です。
母が癌で入院生活を始めたのも57歳なんです。

父は71歳で、母は62歳で、この世を去りました。

その57歳になりました。

僕は彼らのぶんまで生きようと思っております。

温かいメッセージ、本当にありがとうございます。

さて、その誕生日の今日ですが・・・

mainichi3

mainichi4

この2冊が書店さんで産声をあげました。
ありがとうございます。僕の79番目と80番目の子どもです。

名前は『毎日続ける!英語リスニング』と言います。

リスニングは共通テストでも、平均点が低いのですね。
でも、東大入試なんかでもそうですが、とれる生徒にとっては得点源です。

語彙レベルはそれほど高くないですし。
変な文構造のスクリプトが出題されるわけでもないです。

リーディングより簡単なスクリプトが出題されます。

毎日ちゃんとトレーニングをしていれば満点を狙えます。
聞いているだけでは駄目です。トレーニング(声を出す)が必要です。

この本を買ってくださった方にお願いがあります。
トレーニングをする日付を書く欄があるので、そこに最初に書きこんでください。

そして実際にやった日付も書きこんでいってください。

できれば最初に決めた14日間を守ってください。それがお願いです。

リスニングは飛び飛びで勉強するより、ある時期まとめてやるべきです。
前にトレーニングしたのから2日も3日も空けないことがコツです。

『毎日続ける!英語リスニング』がお役に立つと思います。

よければ手に取ってご覧ください。

スクリプトはすべて僕の書き起こしです。
おそらくつまらない内容のものはないと思います。

トレーニングの方法は書いていますし、動画でも説明しています。

わからなければ各ページのQRコードから、動画をご覧ください。
モチベーションが下がったときもQRコードから、動画をご覧ください。

毎日続ける!ことを主眼にした問題集です。それなりの工夫がしてあります。
2冊連続でやれば、28日間リスニングのトレーニングをすることになります。

絶対に力がつきます。

 

 

ブログにおいで頂き、ありがとうございます!
予定ではあと43年ほど生きますので、宜しくお願いします。
これからも変わらぬお付き合いをお願いいたします。

 


kimutatsu

毎日続ける!英語リスニング

Posted on: 2021年1月23日(土) 21:02

mainichi3

三省堂から『毎日続ける!英語リスニング』が刊行されます。
書店さんに並ぶのは1月29日(僕の誕生日)です。

この『毎日続ける!英語リスニング1』は英検3~準2級レベル。
スクリプトも比較的短いものが多いです。

一方、下の画像が『毎日続ける!英語リスニング2』。
英検2級レベルで、スクリプトもそれなりに長くなっています。

mainichi4

リスニングって毎日やれば絶対に得点源になってきます。
共通レストレベルであれば、満点はどうかわからないけど、高得点がとれます。

やる受験生とやらない受験生では、一番差がつくところです。

やっている受験生は90点以上は絶対にとれます。

mainichi5

スクリプトはすべて僕の書き起こしです。
これは『毎日続ける!英語リスニング1』です。
長生きする人は握力が強いというデータがあるのですね。
では握力を強くするにはどうしたらいいかという内容のスクリプトです。

①聞いて問題を解く。
②ディクテーションを行う。
③リーディングをする。
④オーバーラッピングやシャドーイングを行う。
⑤バックトランスレーションを行う。

という一連の基本的な通訳トレーニングは変わりません。
リスニングを得意にするための一連の流れです。

バックトランスレーションシートはこうなっています。

mainichi6

このページの下部にQRコードが付いていますね。

ここにアクセスすると動画が立ち上がるようになっています。
僕が勉強法とかモチベーション管理について話をしています。

今まではコラムだったのですが、動画のほうがわかりやすいはずです。
コラムもいいのですが、こういう形で毎日続けてもらいやすくしています。

1月29日に書店さんに並びます。
自分の英語力に応じて、続けていってください。

必ず最低でも14日間は続けてください。
2冊ともやれば、28日間続けることになります。
買ったら最初に日付を記入してください。
そしてその書きこんだ日付のとおりにトレーニングを行ってください。

14日間あるいは28日間、毎日トレーニングを行ってください。
タフです。しかし絶対に力がつきます。

 

 

ブログにおいで頂き、ありがとうございます。
リスニングができると、モチベ―ションが上がります。
もっと聞き取れるようになりたい!と思うようになります。


kimutatsu

聞き流しに効果はないけれども

Posted on: 2020年12月26日(土) 10:41

162_light

リスニングの評価とか定期考査ってどうすればいいのでしょうか。
そういう質問が届いたので、キムタツチャンネルでお話ししました。

トレーニングを授業でやった素材を、またリスニングさせるって意味ないですわな。
それって「覚えていますか」というリスニング問題になります。

聞けましたか?という試験にしないと意味がありません。

動画はこちらです。よかったらご覧ください。

また、よかったらチャンネル登録をお願いいたします。

138

こうしてブログを書いている間も、英語が流れています。
聞き流しにはあまり効果はありません。
が、トレーニングをやった素材を聞き流すのは構いません。

新しいものを使ってトレーニングをするのは効果的です。
しかし、なかなか毎日新しい素材を使ってというわけにもいきません。

以前使った教材が60%、新しい教材を40%でも構わないのです。
大事なことは毎日それなりに続けるということなのですから。

僕の場合は自分が創った『名スピーチリスニング』を使います。
というか、ジョブズやオバマのスピーチを使っているのです。

毎日ジョブズというのも少し飽きます。毎日マララも飽きます。
そもそも過去に何度も声を出した教材ですからね。
スクリプトまでほとんど全部そらんじることができるのです。

それを使って英語を「聞き流し」ながら、ぶつぶつ声を出しています。

いまはスマホがあればできますからいいですね。便利になりました。

 

 

ブログにおいで頂き、ありがとうございます!
ジョブズのスピーチは何度聞いても「あぁそうだなぁ」と思わされます。
生き方、考え方の教科書になっています。

 


kimutatsu

英文法を正しく学ぼう

Posted on: 2020年12月23日(水) 15:55

165

この写真は『ENGLISH EXPRESS』新年号からの抜粋です。
担当の方からご連絡がありまして。
朝日出版社のメルマガ「~英語を“楽習”しましょ~」というのがあります。
そこでこのインタビューの裏話が書かれるそうです。

朝日出版社のメルマガを読んでおられる方はどうぞ楽しみにして下さい。

それとアルクのHP上で英文法の指導法についてコラムを書きました。
4技能を伸ばすための英文法指導についてというタイトルで、指導者向けです。

こちらです。

英文法はネクステなどの4技能型問題集をやる人が多いようです。
そしてそれ自体は否定しません。

英文法学習の入口としてはいいのではないでしょうか。

でも、高3になってもネクステをやっているようでは駄目です。
おそらく何周繰り返しても忘れてしまいます。

道路交通法を勉強して、車を運転しないようなものです。
そのうちその法律を忘れてしまいます。

英文法を学んだら、必ず英語の文をひたすら書くことです。
英文法学習の入口は四択でもいいのですが、出口(ゴール)は作文です。

たとえば仮定法の問題だけを解いていても、英文を書かないと絶対にマスターできません。
英語のプロの場合、それがわかっているので自分でひたすら英作をします。
問題集をするというより、自分で文を作って書いていくのです。
場合によってはそれが板書という形になるかもしれません。

・僕の背がもう少し高かったら黒板の一番上に手が届くのに。
・お母さんが生きていたら、僕の合格を喜んでくれるだろうに。
・つまらないことを言わなければ、あの政治家も辞職せずに済んだだろう。
・あんな馬鹿な事件を起こさなかったら、あの人は今も教員をやっていることだろう。
・あなたに出会わなかったら、今の僕はありません。
・あそこのOBがなかったら、今日のゴルフは完璧だったのに。

こんな感じで、仮定法を一通り学んだら自分で思いつく限りの文を書きます。
そのなかでもし知らない語句があったら、調べます。
それによって語彙力も同時についてくるのです。

英文法を四択で終わらせると、英作文での文法ミスを減らせません。
それに英文法そのものを忘れていってしまいます。

言語の学習においては、その言語のルールを学ぶのは重要です。
が、正しく学ばないと時間と労力の無駄になってしまいます。
気をつけましょう。

 

 

ブログにおいで頂き、ありがとうございました。
僕が高校のときはGRAMMARという単位がありました。
なので英語の勉強をかなりきっちりやることができました。

 


kimutatsu

増刷

Posted on: 2020年12月12日(土) 14:12

0000

右側の基礎編が出たのが9月末(オレンジのしましま)。
左側の実践編が出たのが11月末(グリーンのしましま)。

いずれも初版がそろそろなくなってきて、重版がかかりました。
われわれ物書きにとってもっとも嬉しい単語です。重版。

ありがとうございます!皆さん、ほんまにありがとう!

ちなみに作家にとってもっとも悲しい単語は絶版です。嗚呼・・・
せっかく創ったのにこの世から姿を消してしまったのかと悲しくなります。

が、重版はいろんな意味で嬉しいのです。

重版がかかるということは、次の著作の依頼が来やすくなるんです。
この作家の本は売れるということで、他社さんからも声がかかります。
作家にとっては「本を出す」ことより「本を出し続ける」ことが大事。
そのためには出版社からの依頼がなければなりません。

昔のように、作家が原稿を持ち込み、評価されたら本になるということはなくなりました。

今まで本を出したことのない人の原稿が書籍化されることはない。

我々のように物書きでさえも、売れなくなったら出してもらえません。
そういう点では作家ってけっこう厳しいんですよね。

この2冊が売れたことで、また来年も本を出させてくれそうな気がします。

皆さん、ありがとうございます。感謝申し上げます。
これからもいろんな本を出していきますので、よかったら手に取ってみてください。

 

 

ブログにおいで頂き、ありがとうございます。
出版社はどこも経営が大変ですからね。
持ち込み企画はほとんどすべてボツになります。

 


kimutatsu

毎日続けるために

Posted on: 2020年12月8日(火) 19:33

008

冬になると太ります。皆さんはどうですか。僕はそうです。
それを踏まえて?春から秋にかけては痩せるようにしています。

が、今年は駄目でした。

昨年の冬に太ったまま、また1年後を迎えてしまいましたがな。

まぁいいわ。落ち着いたらまたジム通いを始めるし。

毎日行こう。

162_light

1月に三省堂から『毎日続けるリスニング1・2』を出します。

そこにはレッスンの数だけ動画を収録してあるんです。
といってもDVDが付いているわけではありません。

QRコードが貼り付けられてあるんです。

毎日続けられるように、1つのレッスンが終わると動画を見てもらいます。
英語の勉強法がわからないな。
モチベーションが上がってこないな。
そういう人たちのために、僕からメッセージを送っています。

明日もやってくださいねと話しかけています。

また詳細は出版されたら書きますね。
でも、毎日続ければリスニング力は絶対に上がってくるんです。

毎日続けられれば。

そのためにどうしたらいいかなと思っていたのです。
で、今まではコラムやったんですけど、今回は動画にしました。

楽しみにお待ちください。

 

 

ブログにおいで頂き、ありがとうございます。
内容的には1が英検3~準2レベル、2が英検2級レベルです。

 


ACCESS COUNTER

Total 33299187 Hits!

▲PAGE TOP