KIMUTATSU BLOG
木村達哉のブログ「キムタツブログ」

カテゴリー別アーカイブ: 英語勉強法と参考書

kimutatsu

合格の法則

Posted on: 2020年9月13日(日) 22:14

000

15年前に初めて出したのがこの2冊です。
生まれて初めての本だったので、書店さんで大泣きしました。

神戸三宮のジュンク堂書店さんで。
(ちなみに3冊目が『東大英語リスニング』でした)

ところがこの本のタイトルに「センター試験」と入っているでしょう?
なのでこの4月をもって絶版となってしまったんですよ。

無念。

初めての本なのになくなってしまったんです。

著者としては、しょうがないとはいえ、とても悲しかったです。

でもアルクの皆さんが「毎年何千冊も売れている本なのにもったいない」と。
内容やCDの速度など、むしろ改良して、作り直しましょう!と言ってくださいました。

おぉ、まじか!

goukakunohousoku2

じゃーん!

というわけで、9月29日(火曜日)に書店さんに並ぶことになりました。
完全に本の名前も変わって、別の本にはなりましたが、なんとか生き残りました。

以前より使い出が良くなったと思います。

ただし、対策本ではありません。
対策をしたって英語の耳はできません。
この本はあくまでも英語の耳を作るためのタフなトレーニング本です。

すべて会話問題(2人で喋ってる会話)を使ったトレーニング本です。

実は福岡の学校で、すでに一括採用を決めてくださっている学校があります。
まだ見本もできてないはずなのに!

いいのか、本当に。

ありがとうございます。嬉しいです。

何度も言いますが、タフ系のトレーニング本です。
問題は共通テストっぽく作ってはいます。
しかしトレーニングしないと英語の耳はできません。

しっかりと通訳トレをしてもらいたくて作った本です。

英語の耳を作るのに楽な方法などありません。
もし、あるという人がいるなら、その人に従っていただいてけっこうです。
本当に英語のできる人であれば、そんなこと言わないはずです。

タフにやらないと英語の耳は絶対にできないのです。

皆さんのお役に立つ本であると思っています。宜しくお願いします。

 

 

ブログにおいで頂き、ありがとうございました。
これが自身76冊目となります。
この本が発刊される3日後に77冊目が書店さんに並びます。

 


kimutatsu

表現力豊かな人間に

Posted on: 2020年8月28日(金) 5:23

nago

まずは動画を更新しました。
多くの方々からご質問やご相談を頂戴しております。

早く答えないといけないと思いながら、仕事がそれなりに忙しく。
いただいたご相談には答えていきますので、しばらくお待ちください。

昨日アップした動画では
・高2になってリーディングが苦手に。どうすればいいか(高校生から)
・どういう学部に行ってどういう仕事に就いたらいいかわからない(高校生から)
・書斎のユニフォームは誰のものか(沖縄のゴルフ大好きさんから)

よかったらご覧になってください。

動画はこちらです。

よかったらチャンネル登録をお願いいたします。励みになります。

059

アルクの栁沼さんから「今年は『ユメジュク』のご採用が多い」とうかがっています。
書店さんのデータはわからないのですが、学校でのご採用がかなり多いそうです。

一番の理由は自由英作文でしょうね。

自由英作文では表現力が問われるわけです。

ミスなく書いても表現力が低いと点数はかなり低い。

その点でイディオム(慣用表現)をうまく使うことで、高得点が期待できます。
簡単な単語しか使えないようだと、残念ながら表現力の高い文章にはなりません。

もうひとつの理由としては、使える英語力を身につけたいということでしょう。

手元にある『ユメジュク』からの抜粋です。
We should think better of opening a branch of our restaurant.
I hit it off with Meg after we tried hard to finish the job together.
I had butterflies in my stomach while I was speaking in front of such a large audience.
That photo does not do you justice.
We must take stock of the situation we are facing.
The players got psyched up again just before the last inning.
Let’s have a ball at the concert this weekend.
It is cool at night these days,, so I can sleep like a dog.
You should avail yourself of this chance to go abroad.
The sumo wrestler flew off the handle when he lost the game.

学校で採用が増えているというのはおそらく、先生方の想いなんでしょうね。
こういった表現を生徒に使えるようになってほしいという先生方の。

著者としては機会的に覚えるのではなく、英作文などに活用してほしいです。
あるいは普段から英語で独りごとを言うときに使ってほしいものです。

英語を話す機会はそれほど無くても、英語は話せますからね。

表現力豊かな人は素敵です。そういう人になってほしいと願っています。

 

 

ブログにおいで頂き、ありがとうございます。
日本語の二字熟語、三字熟語、四字熟語もいっぱい知っている人になりましょう。

 


kimutatsu

英作文の力を伸ばすためには

Posted on: 2020年7月30日(木) 5:44

030

この本、通訳の柴原先生と一緒に創った英作文の本です。
英語の先生方から「これはわかりやすい」と言っていただいています。

解説部分が対談になっているんです、全部。

これはこうすればいいよねとか、先生はどうしました?とか対談をしています。

この本を読んだという先生からご連絡をいただきました。
そうか、こうやって考えればいいのかがパッとわかりました!と。

こういうご連絡をいただけるのは嬉しいものです。

もちろん受験生のために創った(書いたというより喋った)本です。

でも指導者の方に読んでいただいてご指導に生かしていただけるのも嬉しく思います。

031

英作文っていうのは、問題集を買ってきてやったからっていきなり点数は上がりません。
柴原さんと出した本を作るときも、二人で頭をひねりながら訳例を作ったのです。

プロが2人でああでもないこうでもないと言いながら、訳例を作るのです。
若い人が即座に作れるようになるのにはかなり時間がかかります。

一番大切なことは、英語の1文(ひとつの文)が作れるようになること。
そのためには英語の1文のルールである英文法の知識が要ります。

英文法の勉強とはつまり、英語の文が書けるようにすることです。

時制や仮定法にしても、不定詞や動名詞にしても、理論を学びます。
四択問題や並べ替え問題などで、知識を徐々に刷り込んでいきます。
リスニングや和訳などをしながら徐々に書けるようにもってきます。
最終的には学んだ文法項目の文が正しく書けるようにします。

こういうことを通じて英文法の力が頭に刷り込まれていきます。
つまり四択問題集は最初のプロセスで行うことになります。

英作文を正しく書けるようにする。そのためには英文法の勉強が必須です。
英語を正しく話すためにも必須です。テキトーな英語ではなく、正しく話すためには。

英文法を正しく学ばないと、英語がまったくわからなくなるはずです。
それではせっかく勉強するのにもったいないですよね。

僕と佐藤先生や石﨑先生の作った『ユメブン』。
どうして各ユニットの最終ページが英作文なのかを考えてほしい。

四択もあれば和訳もあればリスニングもあります。いろんな問題がある。
でも最後の問題はやはり英作文なのです。

英文法の勉強の方法がわかれば、英作文は劇的に伸びていきます。

 

 

ブログにおいで頂き、ありがとうございました。
例文を覚えるのも大事ですが、理解しないと意味がないです。
理解もしていない英文を暗唱してもまったく意味がありません。
お経を意味もわからずに覚えるようなものです。

 


kimutatsu

音読の際の注意点としては

Posted on: 2020年7月16日(木) 21:18

028

ここのところ、授業で共通テストのリスニングをやっています。
生徒たち曰く「長いな」「むずいな」「けっこうきつくない?」と。

特に第5問と第6問はセンター試験よりずいぶん長いのです。

しっかりと英語の耳を作っておいたほうがいいですね。

配点も大きい箇所ですので。

過去のセンター試験用問題集はまったく使えないでしょう。

053

リスニングといえば音読トレーニングです。
動画ではかなり強調したので、見てくださった人はわかると思います。

大事なのは真似るという意識です。

何度も音読している間に、英語のリズムになってきます。
発音やアクセント、リズム、イントネーションなどを真似るのです。

音読の前にはしっかりとリーディングをしましょう。

で、たまにえらい大きい声で音読する人がいるのですね。
音読を大きい声でするのは、間違いじゃないです。
間違いじゃないですが、それならヘッドホンを使わないといけません。

そもそもヘッドホンを使ってやるのが音読なのです。
でないと自分の声で音声が聞き取れなくなってしまいますからね。

イヤホンでも構いません。なにせ自分の声が音声を消さないようにします。

何度も音読をしているうちに、英語のリズムになってきます。
確認するためには自分の音読を録音することです。
録音したものを聞いて、英語っぽくなってきていれば正しい音読です。

1つのマテリアルに対して何十回もやってみましょう。
皆さんが驚くほど、リスニング力が身についてきます。

そんなに何十回もできるかぁ!という人はしょうがないです。

 

 

ブログにおいで頂き、ありがとうございます。
リスニング力を伸ばしたい人は必ずやりましょうね。
音読していると語彙力や表現力や話す力も上がってきます。
なぜならその英文が頭に刷り込まれてくるからです。

 


kimutatsu

ぶりぶりに語彙力を身につける

Posted on: 2020年7月9日(木) 11:18

066

久留米大附設中学3年生の女子生徒の自学自習ノートです。
藤木先生から写真が送られてきて、見てびっくり!

左ページは覚えられない単語を書きつけて覚えているのでしょうね。

右ページは?

上のほうに「アンパンマンで覚えるユメタン Unit7編」とあります。

クリックすれば拡大されますので、じっくりご覧下さい。

単語テストに合格するだけの勉強ならここまでしなくていいはず。
その生徒は工夫をして、絵を描きながら脳に刷り込もうとしているのですね。

これは素晴らしい。

工夫。自分でこうすれば刷り込まれるんだと思ったのでしょう。

楽をして覚える方法を模索している人には思いつかない発想です。

その生徒は「楽をして」いるのではなく「楽しんで」いるようにも思えます。

そういった姿勢の中から単語が刷り込まれていくんですよね。
九九並みの速度で、即座に頭から引き出せるように刷り込んでほしいものです。

素晴らしい。

藤木先生からのメールの抜粋です。

**********
ユメタン①は今年度中3当初より始めまして、
一周目の今のところは100問ずつの英→日4択テストを
毎週の範囲を100個ずつ増やしながら、
ぶりぶりに鍛えております。
**********

毎週の範囲を100個ずつ増やす???

つまり2週目は200個、3週目は300個ってことか。

それはきっと5週目や6週目はかなりきついはずです。
でも反復回数は相当増えるはず。

なにかを覚えるためには勉強時間より反復回数が命です。
ハードですが、久留米大附設の生徒は鍛えられますねぇ。

ぶりぶりに高い英語力を身につけて大学に進むことになるはず。
いい先生に当たってよかったですねぇ。
しんどいことをさせる先生に当たってよかったですねぇ。

011

語彙や表現は読みながら覚えるという方法が基本になります。
あるいは話したり書いたりする際に調べて覚えることもあります。

が、それだけだとかなり覚える量が少なくなってしまうんです。
同じ文章に何度も何度も出会わないと覚えられないはずです。

脳の機能からすれば。

読みながら覚えるなんて悠長なことをしていられないはずです。
もちろん英語が大好きで、この英語の本は10回以上読んだ!
というような場合は別です。

が、それでもそういう本を100冊ぐらいは持っておきたいところです。

ほとんどの単語を知っているという状況でないと文章の中では
覚えられないんです。せめて95%ぐらいは知っている文章なら
たまぁぁぁに出てくる知らない単語を覚えることができます。

でも知らない単語が1行に1個以上あるような場合は無理です。

ですので、社会人も含めて単語集を使う人が多いのだと思います。
さまざまな単語集が出ていますので、いいものを使うべきです。

問題は使い方です。

常に意識するのは反復回数です。反復回数が命です。

3000語掲載されている単語集があるとします。
それを何周するのか?ということを先ず最初に考えるべきなのですね。

理想的なのは20~30周ほどすることです。
そうすればきっとほとんどの単語が頭に入るのではないでしょうか。

逆に、それを2周や3周するだけでは覚えられません。

そうすると1周あたりの単語数が多いほうが何周もまわせます。

僕の場合、1日500~1000語ぐらいのペースです。
仕事で英語を使うレベルということになると、様々な単語が必要です。
なのでチンタラやっていられないんですよ。

だいたい1冊の単語集を1か月で終わらせる感覚でやります。
そうすると多くの単語が頭に入ります。

何周するんだ?を常に意識することです。

詳細はメルマガや動画でお話をさせてくださいね。
かなり長くなりますし、具体的な方法は動画のほうがわかりやすいので。
メルマガの登録や動画の登録はよかったらしてみてください。

こちらがメルマガ
mailmagazineQRcode

こちらが動画
QRcode_Kimutatsu Channel

英字新聞を読む際にほとんどの単語を知っている状況を作りましょう。
大統領の演説を聞く際にほとんどの単語を知っている状況を作りましょう。
そうすればある程度は「使える英語力」が身についたと胸を張れるはずです。

ほとんどのネイティブが聞いてわかるものを最終目標にしましょう。

それはそれとして、久留米大附設の中3生徒、頑張ってくださいね!

 

 

 

ブログにおいで頂き、ありがとうございました。
斎藤孝先生が仰るとおり、語彙力こそ教養です。
村上憲郎さんが仰る通り、英語力は語彙力次第です。

 


kimutatsu

読む力を伸ばすためには

Posted on: 2020年7月8日(水) 22:58

031

長文読解が苦手という生徒が多いかもしれないなと思っています。
なぜなら長文読解についての動画が一番再生回数が多いからです。

まず英語の長文の前に、日本語の長文は読めるのかという問題があります。
後天的に獲得した外国語の力は母国語の力を超えません。
日本語の文章が読めない場合、英語の文章が読めるわけがありません。

まずはそこからです。

次に長い文章を読む前に、短い文章なら読めるのかという問題があります。
たとえば入試長文が500~800語程度だとしますよね。
では100~200語程度の短い文章であれば読めるのでしょうか。

もし読めるのであれば、長文はそれを何倍かするだけです。
やることは同じです。200語が読めるなら、800語は読めます。

jinsei01

こういう軽いエッセイなら読めますというのは当たり前です。
語り口調で書かれていますからね。

でも入試で出題されるような英語長文はほとんどが論文が出典です。
極めて硬い文章が用いられています。文体が硬い。

100~200語でもいいのですが、そういう文章が読めることです。
意味を正しく追って読めるようであれば問題ありません。
逆に言えば、長文を読む前にそれぐらいの長さから始めることです。

そういう文章でもなかなか意味を追って読めない人の場合ですね。

その場合、文章ではなく、文ならば読めるのか?という問題があります。

時制、人称、冠詞、前置詞、数、呼応などを意識して、文が読めるか。
それも読めないのであれば、文の勉強からしなければなりません。

中学レベルの文なら読めるのか。
高1レベルならどうか。
高2レベル(センター試験レベル)ならどうか。

段階を追って読む練習をすることです。

今日の動画ではそういう話をさせていただいております。
よかったらご覧下さい。こちらからどうぞ。

こうすれば読めるのようになるのか!がわかってもらえると思います。

読む力がついていれば、聞く力もトレーニングすれば伸びます。
書く力も格段に上がります。したがって話す力も。

読む力が常に土台となります。努力を楽しんで下さいね。

 

 

ブログにおいで頂き、ありがとうございました。
日本人は英語を読んだり書いたりはできるんだけどねぇ
という人に、英字新聞を渡して「読んでみろ」と言ってください。
おそらくほとんど読めないと思います。だから話せないんです。

 


kimutatsu

意味の壁を超えるために

Posted on: 2020年7月1日(水) 22:06

niigata01

この写真は新潟でセミナーを開催したときのものですね。
新潟でやるのは初めてだったので、集まるかなと心配していました。

が、ご覧のとおりにたくさんの方々がお集まりくださいました。

ありがたいです。どこに行ってもたくさんの方々が集まってこられます。

で、これからもしかしたら新潟に行く機会が増えるかもしれません。
まだ書けないのですけれども。

また書けるようになったら書きますね。

特に佐渡に行ってみたい!と思ってるのです。

行ったことのない場所には絶対に行きたい欲が強いのです。
新潟に行ったのであれば佐渡島に渡りたいなと思っています。

楽しみです。

todai2

さて、今日も動画を1つアップしています。こちらからどうぞ。
よかったらチャンネル登録もお願いいたします。

リスニングで越えねばならない壁が3つあります。

意味、音、集中力。

言うまでもなく、最も大切なのは意味です。

多少わからない音があっても、相手の言っていることがわかればいいのです。
その点では意味が一番大事。

でもその意味をとるためには音の理解や集中力が必要です。
音については民族によって違う音があります。
なので、全部知ることはできませんし、知っておく必要はありません。

でも主だった音については知っておいたほうがいいと思います。

今回の動画ではその最も大切な意味について話しました。

意味の壁をと言いますが、結局はリーディングなんですよね。
読みもできないような人がリスニング力を伸ばすなんて絶対に無理なのです。

絶対に無理!

だって目に見えている文字も読めないんですよ?
返り読みができる環境であっても意味がとれないんですよ?

そんな状態でリスニングができるわけがないです。まったくできません。
少なくとも大学入試共通テストレベルは無理です。

もしかしたら英検2級程度は合格できるかもしれないけど。

なので、まず意味の壁を超えようと思ったら読みを鍛えることです。
それもスラッシュを引いたり記号を書き込んだりしないで読む力です。

スラッシュ引きながら読んでいるようなレベルでは無理なのです。
最初はスラッシュを引いてもいいけど、せめて高校生になったらやめるべき。

癖になりますからね。

スマホで誰かのコラムを読む感覚でリーディングができれば、リスニング力も上がります。
さーーーーっと読んでいくイメージです。

ゆっくりしか読めない。
そもそも1文を読むのも怪しい。

そういうレベルの人は中1から慌ててやり直すべきです。
そのほうが早いと思います。

リスニングができるとテンションが上がります。
テレビで外国の人が話しているの、テロップを読まなくても理解できます。

それがまたモチベーションを上げることになります。

動画を参考にしていただければ幸甚です。

 

 

ブログにおいで頂き、ありがとうございます。
かく言う僕も34歳で灘校で働き出してからリスニングを勉強しました。
何歳になっても英語ぐらいは伸ばせます。

 


kimutatsu

論理的思考と表現力

Posted on: 2020年6月9日(火) 16:00

816

えらい暑くなってきましたね。毎年思うのですが、沖縄が一番涼しいかも。
風が吹いているので。でも日なたの日差しの強さは半端ないですけど。

沖縄の友達が「いつ沖縄に戻るんですか」と。

まぁコロナもずいぶん収束に向かっていますからね。近いうちにまた。

海外では収束どころか、どんどん増えています。

現在の日本は言うなれば鎖国状態にあります。空港の国際線もクローズ状態。
これが再開したら恐いですね。第2波どころか一気に広まりそうです。

政府はどうするのかですね。

専門家会議では議題に上がっているでしょうが、決めるのは政府ですからね。
腹をくくって「開国」するか、あるいは・・・悩ましいところです。

15

動画を更新してあります。よかったらご覧下さい。

自由英作文の基本的な姿勢についてです。動画はこちらからどうぞ。

国公立大学の入試の英作文って自由英作文を出す大学が多数派です。
和文英訳(日本語を英語に直す式の英作文)が激減しました。

いろんな理由があるんでしょうけどね。

自由英作文の場合、完全に正しい英語で書かれていても点数が低いということがあります。
場合によっては1点もないということもあるはずです。

なぜか。

論理が正しく展開されているかどうかが大事だからです。
それに加えて、表現力が低いと点数は極めて低いことになります。

中学生が書いたような英語で書かれている答案が高得点のはずがありません。

大学入試ですからね。

大学側は「英語力の高い人に来てほしい」と思っているわけです。
ミスをしない人に来てほしいと思っているわけではありません。

考える力の高い人。いろんな表現を知っていて、知的に使える人。
そういう人に来てもらいたいと思っているはずです。

その点で、自由英作文の出題が増えたんじゃないかなと思っています。

動画がお役に立てば嬉しく思います。

 

 

ブログにおいで頂き、ありがとうございます。
今年も夏にどこか海外に行こうと思っていたのですが、無理そうです。

 


kimutatsu

まずは読む力をつけよう!

Posted on: 2020年6月8日(月) 22:04

139

動画、できるだけ早くいろんなコンテンツをお届けしたいと思っています。
でも時間的制約があります。なにせ朝から夕方までは学校にいますので。

学校から帰ったら、できるだけ撮るようにしています。

1階の和室で。

今日も1つアップしました。こんなペースですが、ご容赦ください。

こちらが今日の動画。自由英作文の基本的な姿勢について喋っています。

よかったらご登録ください。励みになります。ありがとうございます。

199

週末はSRJ主催のオンラインセミナーがあります。
ありがたいことに先週末の時点で600人もの申し込みがあったそうです。

現在は資料を作っています。

オンラインですからね。できるだけ資料は少な目にする予定です。

リスニングの資料を作っていて思っていること。
そもそも読めるのか?ということです。読めもしないのに聞けないです。

目で見えていて、返り読みをしようと思ったらできる状態でも読めない。
リスニングは返り聞き?ができません。

その点ではリーディング力、特に返り読みをしないで意味を取る力は大事です。

長い文章からスタートすると失敗します。

1文でいいのです。たとえば『ユメブン』を見てみてください。

各ユニットに70~80文があります。同じ文法項目で。

不定詞だと①と②がありますので、合計140~160文あります。仮定法もか。
そして単語を入れ替えただけで文法や構造が同じ文が何度も登場します。

すべての文を返り読みすることなく、初見で意味が取れる状態を作りましょう。
それだけでもリスニングにおける意味の壁は超えやすくなります。

いずれにしても、週末が楽しみです。

参加してくださる方々、どうぞ宜しくお願いします。

 

 

ブログにおいで頂きまして、ありがとうございます。
多くの学校で『ユメブン』を使っていただいていて、ありがたく思っています。
まずは1文を正しく読めるようにトレーニングしましょう。

 


kimutatsu

東大生のYouTubeチャンネルで

Posted on: 2020年6月5日(金) 8:27

kochi3

報道によると、弁護士に相談する加害者が増えているそうです。
こんなコメントを書き込んでしまいましたが、大丈夫でしょうか?と。

ぐるなびやamazonに評価を書きこむ欄がありますよね。
批判的なことを書きこんだけど、大丈夫でしょうか?と相談しているそうです。

いや、あのね・・・

われわれ教員が生徒から相談を受けたとします。
A君の嫌がることをしてしまいました。これっていじめでしょうか?と。

まともな教員であれば、こう答えることになります。
いじめかどうかを決めるのはA君であって、われわれ教員ではないわと。

加害者が相談してどうする。

弁護士事務所からの内容証明郵便を震えながら待て。

プロバイダーと匿名で契約することはできません。住所も名前も書きます。
掲示板、匿名に見えますよね。でもあれは匿名じゃないんです。

SNSだけが取り上げられていますが、ぐるなびやamazonも同じですわ。

書き込んだ文章には消しても責任が生じます。

加害者にまわったのであれば、制裁を受けるのが社会というものです。

iki01

ラーンズの小前さんから連絡がありました。
東京大学の女子学生が自分のYouTubeチャンネルで僕の本を取り上げてくださったそうです。

『東大英語リスニング』をご紹介くださっています。

東大入試の英語で100点を取った東大生のお勧めの参考書紹介という動画です。

塾に行かないで難関大学を目指す高校生のためには最適な問題集と。

東大の学生さん、ありがとう。

028

著者としてこんなに嬉しいことはありません。

今は自分の生徒たちが使ってくれています。
一括採用は『東大英語リスニングBASIC』までにしました。
ここまでやっておけば共通テストのリスニングがタフになっても大丈夫だからねと。

『東大英語リスニング』はどうされるんですかとある生徒が聞いてきました。
それは他大学を受ける子もいるので、一括では採用しないよと答えました。
そうすると「では書店さんで買います」とのことでした。

著者としては心を込めて創った本です。どの本も。

自分の子どもと同じで、大事にしていただけると本当に嬉しく思います。

多くの方々に使っていただければ嬉しく思います。幸甚の至りです。

 

 

ブログにおいで頂き、ありがとうございます。
昨日は三省堂の益田君が来宅して打ち合わせ。
来年8冊の本を出すことになりました。

 


ACCESS COUNTER

Total 31976745 Hits!

▲PAGE TOP