KIMUTATSU BLOG
木村達哉のブログ「キムタツブログ」

カテゴリー別アーカイブ: 勉強・受験

kimutatsu

興味のない学部に行くと・・・

Posted on: 2020年9月23日(水) 22:18

001

ハブ神は興南高校の元生物教員です。で、元進路指導部長です。
30年近く生徒たちを見てきましたので、それなりに経験値はあります。

特に理科教育に関してはかなりの知識と経験を持っています。
僕も彼の言葉を聞いて、自分の生徒たちの指導に活かしているのです。

彼は岐阜県の飛騨高山で生まれ、育ちました。

生物、特に爬虫類に興味を持ち、岐阜から沖縄に移住を決めました。
琉球大学に入学したあとはずっと沖縄で暮らしています。

もちろんたくさんの爬虫類と一緒に。

琉球大学でないと駄目だったのですね、彼にとっては。
沖縄以外では飼えないし、研究できないからです。
彼が発見した新種のトカゲもいます。けっこう大したものでしょ。

012

一方、なんでもいいから〇〇大学に行きたいという生徒もいます。
研究したいことがあるのではなく、就職の腰掛けとしての大学です。

東大に進む生徒の場合、やることがまだ決められていないということがあります。
東大の場合、3年生から進振りといって、学部に分かれていきます。

灘の生徒たちもやりたいことが見つからないから東大という子も多いのです。
京大だと、入学の時点で学部や学科が決められてしまいますからね。

自分のやりたいことじゃない学部でずっといるの、かなり苦痛ですよ。
まったく興味がない学問が延々と続くんです。

それでは大学生活を楽しめないんじゃないかなぁと思っています。

今回更新した動画では、ハブ神と対談しました。

動画はこちらです。

進路について、少しでも考えるきっかけにしてもらえればと思っています。

 

 

ブログにおいで頂き、ありがとうございます。
彼と一緒に沖縄で原野を借りました。
切り開いて農業をするために。
応援していただければ嬉しく思います。

 


kimutatsu

差がつくのは基本的な部分

Posted on: 2020年9月16日(水) 23:15

000

先月沖縄に行ったとき、東大志望の生徒(とその保護者)に会いました。
どんなふうに勉強していけばいいかという話になりました。

いろいろ弱点の補強について話をしていました。

が、あれ?君さ、センター試験の過去問ってどれぐらい取れるの?と尋ねました。
すると残念ながらあまり点数が高くありません。

うーん、共通テストも同じことになるんやけどね、おそらく。
東大とか京大とか二次試験の配点が高い大学でも共通テストの高得点者が合格する。
共通テストは基礎ができていないと高得点が取れないのよね。
たかだか少し対策問題集をしたぐらいでは高得点など取れないのよ。
その点では先に東大の過去問だのなんだのより、共通テストレベルを固めろ。

という話をさせていただきました。

二次試験が終わったあとの分析でもそういう結果が出ます。
東大でも京大でも、ほとんど逆転現象は起こっていません。

センター試験の高得点者がそのまま合格しているんですね。
センター試験で取れなかった子はほとんど不合格になってるんです。

東大や京大の問題が難しいからといって、難しい問題にあたる生徒が多いのです。
でも難しい問題ではなく、基本的な問題で取れるかどうかが合否の鍵なんです。
難しい問題では差がつかないからですね。

今日はある生徒に上に書いたのと同じ話をしました。
模試の判定が悪い理由は君が高1高2でサボったからなんだ。
時計を巻き戻すことはできないが、今からでもその部分をやったほうがいいわ、と。

さぁ、彼がどうするのかはわかりません。
が、願わくば僕のアドバイスを聞いて、10月いっぱいで基本を固めてくれることを祈ります。

 

 

ブログにおいで頂き、ありがとうございます。
やたら過去問とかやる人がいますが、それで伸びると思ってるのかなぁ。

 


kimutatsu

模試の判定について

Posted on: 2020年9月15日(火) 23:37

1161

菅義偉さんが自民党総裁になりまして、組閣が始まりましたね。
安倍さんの内閣は隠し事が多く、公文書廃棄などの信じられないことが続出しました。
官僚が自殺しましたし、彼の個人的なお友達が得をする印象がありました。

特にこの数年はがっかりすることばかりでした。

菅さん、東北人らしい受け答えをされていましたねぇ。
隠し事のない、嘘をつかない内閣であることを願っています。

今日は電話を待っていたんですけどねぇ。なかったです。
どうやら今回も僕の文部科学大臣就任は見送られたようです。

がはははは!

さて、冗談はさておき、新しい首相に期待しております。
国民のためにと仰っていましたので、それを信じています。

駄目だなと思ったら遠慮なく批判させていただきます。
国民として。納税者として。

1079

さて、今日はある人といろいろしゃべっていました。
やっぱりあれですね、模試の判定っていうのはいろいろありますね。

信じるのもいいとは思うけど、Aだからと言って合格するわけじゃない。
E判定というてもDに近い場合は合格の可能性がけっこうあります。

超進学校の生徒はCでも受けますし、多くはDでもEでも受けます。
自分の人生を記号に決めてもらいたくないからですね。

ファイティングスピリットのある生徒が多いので、判定には従いません。

が、多くの学校ではそれを見て志望大学を変える生徒が多いですよね。
でも変えたからといって、合格するわけじゃないんですよね。

たとえば京大志望の子が阪大や神戸大にしたら合格するか。
それは何とも言えないです。
京大を余裕で合格する子なら、きっと阪大や神戸大にも合格します。
でも京大に届かないかもという子の場合、それらも危ないです。

なぜか。

同じ考えの子たちがめちゃくちゃたくさんいるからです。

模試の判定を見て、大移動が起こるんですよ。

だから判定はまったく参考にならないです。

むしろ「絶対に合格したるわい!」という子が合格してきます。
最後の最後まで勉強し尽くした子が合格します。
欠席の多い子、授業中につい内職をする子など、気持ちの弱い子は・・・
あまりいい結果が出ないように思います。

あくまでも僕の生徒たちの今までの結果からすればですが。

判定の記号で人生を決めるのではなく、自分で決めるべきです。
僕はそう思って生徒たちの指導をしています。

 

 

ブログにおいで頂き、ありがとうございました。
野球でも勉強でもファイティングスピリットがないと伸びないです。
ハーバードに行った北川が「一番大事なのは気迫」と言っていましたが、ほんとそれです。
自分に負けない気持ちがないと折れますわ。

 


kimutatsu

1文の英作文に関して言えば

Posted on: 2020年9月14日(月) 20:46

1144

今週も始まりました。灘校は週末(日曜日)に体育祭です。
例年と違って、一般の方々の入場はできません。

保護者も高3生徒の親御さんのみ。1世帯におひとりずつです。

まぁグラウンドで観戦しながら感染するなんてことはないと思うんですけどね。
え?しょうもないギャグを言うな?はい、ありがとうございます。

万が一のことがあってはいけませんので、そういうことになりました。
高3の保護者が160名ほどいらっしゃいます。

1148

さて、先生方からたくさんの質問をいただいております。

・中高一貫校の高校の授業での英文法の授業をどうするのか。
・いつも思うがそのTシャツはどこで買ってるんですか?
・新しい英文を作る(英作文)練習はどういうふうにすればいいですか。

動画はこちらです。よかったらご覧ください。

1文の英作文は生徒たちでペアワークとかグループワークとかやっても上手くいかないです。
各グループに完璧に文法や語法や英語表現を知っている人がいれば別ですが。

灘校のレベルでは少なくとも無理です。

したがって教員が然るべき解説をすることになります。
そしてそのうえで家庭学習をさせることになります。

できれば高3になる前にやっておいたほうがいいと思われます。
なぜなら高3ではもっと実践的な和文英訳をしたいからですね。

次の日本語を英語に直してみてください。
・最寄りの駅前で交通事故があったみたいだ。
・もう少し成績が良ければ国立大学を志望するのに。
・本を買うカネがないので、図書館で借りよう。
・椅子に上って棚の上にある段ボール箱を取ってもらえますか。
・あなただけじゃなく、みんなそれなりに苦労しているんです。

こういう1文の英作文ができないという場合、いろんな原因があります。

1、あまりにも語彙力が低い。
2、あまりにも文法の知識がない。
3、日本語を理解することができない。

だいたいこの3つのどれかです。

1文の英作文ができない原因を分析し、それに合った対策をすべきです。
上に書いたような日本文を英作できないのに、英作文問題集をやっても無駄です。

1、語彙力が低い人が英作文の問題集をやるか?
2、文法の知識が不足している人が英作文の問題集をやるか?
3、日本語を理解する力が低い人が英作文の問題集をやるか?

を考えてもらえば誰でもわかるんじゃないでしょうか。

特に1と2が原因という人が多いのではないかと思われます。
そうであれば、手にすべき教材はどういうものがいいかを考えるべきです。

 

 

ブログにおいで頂き、ありがとうございます。
四択系問題集を何周も何周もやっても、英作文のミスは減りません。

 


kimutatsu

自己分析すべし

Posted on: 2020年9月9日(水) 21:48

016

上海で生徒たちに囲まれている関学の山田君と僕です。
ここにも『ユメタン』を使って勉強している子どもたちがいます。

新型コロナの影響で授業ができず、YouTubeを始めたのが6月でしたか。
今になれば、思い切って始めてよかったなと思っています。

自分のスマホで簡単に撮影できます。

多くの方々から「動画を見ています」と声をかけていただくようになりました。
中には「動画を習慣的に見ている生徒の成績が上がった」という声も。

誰かの役に立ってるという気持ちってめちゃくちゃ嬉しいですね。

見ていただいて、僕のほうこそありがとうございます。

019

ある高校生から「勉強が頑張れないのはなぜ?」というメールをいただきました。
部活動なら一生懸命にできるのに!と書かれていました。

まぁいろんな理由があるんじゃないですかね。
そしてその理由は人によって違うんじゃないでしょうか。

逆に僕などは部活動が辛くて辛くてたまりませんでした。
試合に出るのは楽しいけど、普段の活動はあまり好きじゃなかったです。

考えられる理由は
①部活動は自分からやってるが、勉強は強制されている。
②部活動では成績がいい(勝てる)が、勉強は成績が悪い。
③部活動には目標があるが、勉強には明確な目標がない。

などが挙げられるんじゃないでしょうか。

①から③のどれがあてはまるのかわかりません。
しかしどれかがあてはまるのであれば、そりゃ勉強はつまらないはずです。

自分の分析をすることは大事ですよ。
そしてその原因がわかったら、行動に移すことです。

僕は高校時代、あまりにも勉強をしませんでした。
明らかに理由は①でした。毎日先生から宿題が出て、かなりつらかったです。

ある時期から、これはつまらないはずだわと思い、先生を無視して勉強しました。
英語の勉強法も日本史の勉強法も先生の指示ではなく、自分で考えたとおりにしました。

そうすると勉強が面白くなってきました。成績が馬鹿みたいに上がりました。

分析をせずにいやいや机に向かい続けていても意味がないですからね。

自分のタイプを分析し、分析結果が出たらあとは動くのみです。

上の高校生からの相談には動画で答えてあります。
その高校生が見てくれていることを願っています。

動画はこちらです。

先生方や高校生や中学生からの相談メールが楽しいです。

ありがとうございます。

 

 

ブログにおいで頂き、ありがとうございます。
スマホを触っていたら、Yahoo!トップに自分が出ていてびっくりしました。

 


kimutatsu

英文法の勉強法

Posted on: 2020年9月4日(金) 22:55

031

英文法の勉強で四択問題がいっぱい入った問題集を使う人が多いですね。
それぞれの項目を理解した上でやるのであればいいと思います。

勉強の入口でですね。

高2や高3で四択問題をやっているのはかなり遅いです。

最近は四択問題を使っている学校がかなり少なくなりました。
逆に四技能系の英文法問題集を使うところが増えましたね。

それはいいことだと思います。

生徒から次のような質問が届きました。

*****
学校の週テストで四択問題集が出題されて何度も勉強しています。
でも英作文では文法ミスを多発させてしまいます。
どのように勉強すればいいでしょうか?
*****

四択問題集をやっているうちは、英作文でのミスは減らないです。
英作文を得意にしたければ、書くことです。
英文法の問題集を使って英作しないとミスは絶対減らないです。
四択問題集を否定しているんじゃないんですよ。
でもいつまでも四択をやっていても書く力は身につかないです。

動画ではかなり詳しく話をしました。

TranslationとBack-Translationのトレーニングをすればいいのです。
『ユメブン』を使ってくだされば嬉しいです。
学校で一括採用してくださればそのための基礎トレシートをプレゼントしています。

動画では
・英文法の勉強法を教えてください。
・イディオムをどうやって覚えるのか教えてください。
・将来は英語力を活かした仕事に就きたいがどうすればいいですか。
にという質問に答えました。

動画はこちらです。宜しくお願いします。

外国語の勉強をすると教養が身についていきます。
外国語そのものの知識が身につくのは言うまでもありません。
でもそれにプラスして、さまざまな知識を身につけることができます。
それに日本語を見直すことにもなります。日本語との違いを意識すれば。

仕事で英語を使うかどうかではなく、外国語を学ぶのは素敵なことです。

英語がある程度できるようになったなら、また別の言語に挑戦されてはどうでしょう。

英語もフランス語もドイツ語も中国語もできる教養人になってください。
僕もそこを目指しています。

 

 

ブログにおいで頂き、ありがとうございます。
来年から本格的に勉強しようと思っているんです。
まずはそれぞれの言語の文法を学ばないといけません。

 


kimutatsu

自由英作文について

Posted on: 2020年8月28日(金) 5:42

033

先日の東京ロングセミナーで、聖光学院の佐藤先生の本を紹介しました。
自由英作文のコーナーで。自由英作文の考え方やパターンが勉強できますよと。

そのときに本の名前を言わなかったので、こちらで書いておきます。

旺文社の『難関大のための 上級問題 特訓ライティング』という本です。
この本は自由英作文の書き方についてとてもうまくまとめられてあります。
この本一冊で自由英作文は十分に点数を取ることができるでしょう。

僕も以前、自由英作文の本を書いたことがあります。
『東大英語ライティング&グラマー』という本です。

僕のは東大に特化していろんな問題パターンを紹介した本です。
佐藤君の本は東大に限らず、いろんな大学の受験生に使ってもらえると思いますよ。

よかったら手に取ってみてください。
(上の写真の向かって右が佐藤先生です)

011

僕は2つのメルマガを発行しています。
指導者向けに書いているのが『Daily KIMUTATSU』というメルマガ。
学習者向けに書いているのが『KIMUTATSU JOURNAL』です。

Daily KIMUTATSUは僕が登録して書かせてもらっています。
デイリーという割には毎日書いているわけではないのですけれども。
KIMUTATSU JOURNALは誰でも無料でお読みいただけます。
こちらからご登録ください。

mailmagazineQRcode

今週発行した『Daily KIMUTATSU』の中で自由英作文について書きました。
生徒たちに必要なことはもちろん正しく書くことなのですね。

で、その「正しく書く」というために大切な要素があるのです。

1つは英語を書くパターンを知っておくということです。

英語の段落には書くパターンがあります。
そのパターンから外れてしまうと、いくら no errors でも点数が低くなります。

もう1つは自己添削力・自己採点力を身につけるということです。
そのためには英語のルールや構文の知識です。
このルールは学校では文法とか語法とか言われています。

だいたい知っているよという人もいるでしょう。

でも僕の生徒たちの東大にA判定出している子でもこんな英語を書きます。
A boy and a girl is riding a horse, and their father is trying to move it.

言うまでもなく、中学1年生でもわかるミスです。

なのに東大A判定がこういうミスをして、気づかないままにしているのです。
この is は are じゃね?と僕に言われてはじめて「あ!」と。

書いたあとに見直しなさいと言うのは簡単です。

でも自己添削力のない生徒にとっては見直しても見直してもミスに気づきません。

見直す方法について教えなければ気づかないものです。

書いてすぐに先生に添削してください!と持ってくるようでは駄目です。
自分でまずは添削をする。そのうえでプロに添削を依頼するようにすべきです。

自分で書いた英語のミスを見つけられるようになれば、自由英作文はかなり上達するはずです。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
プロでもミスはするんですけどね。ちなみにネイティブもミスをするんです。

 


kimutatsu

二次試験での逆転はないと思え

Posted on: 2020年8月18日(火) 23:27

333

動画を撮るようになって、多くの方々からメールをいただくようになりました。
お会いしたことのない方々です。

メールにはご自分や子どもさんの状況が書かれてあります。

どれも困っている、悩んでいるという内容のメールばかりです。

動画では1つずつお答えしています。

今回のメールは次の3つについて答えました。
・理科や社会などのまとめノートを自分で作っていったほうがいいのか
・英単語は高2までに覚えてしまったほうがいいか
・東大英語リスニングについて

動画はこちらです。よかったらご覧になってください。
また、チャンネル登録もよかったら宜しくお願いいたします。

007

この前、ある学校の生徒(とご両親)から相談を受けました。
東大に合格したいという理科Ⅰ類志望の高3生徒でした。

英語や数学、理科についてにひとしきり答えまして。
といっても数学と理科は専門外ですので、一般的なアドバイスしかできませんでしたが。

なにより気をつけてほしいことは基本をしっかり固めることです。
そして基本を固めるという意味で、共通テストは800点は取ることです。

東大入試というと難しそうに聞こえますが、そうではありません。
英語でも京大や一橋大や東京外大のほうがよっぽど難しいです。

東大の英語はそれほど難しくはありません。

ただ、そうであるからこそ、取りこぼしは許されません。
その点で、基本的なこと(つまり共通テストレベル)は確実に押さえておきたい。

東大は二次試験の得点比率が大きいので、一次試験(センターなど)は関係ないと言われます。
でもベネッセの分析や予備校の分析では、二次試験での逆転がほとんどありませんでした。

つまりセンター試験での高得点者がそのまま東大に合格していました。
理科Ⅲ類も含め、二次試験での逆転はほとんどありません。毎年のことです。

なぜか。

力のある生徒(つまり二次試験で点を取る生徒)はセンター試験でも点を取っていたからです。

東大に入る子というのは、特別な「東大脳」などを有している子ではありません。
東大脳(笑)、いっとき流行りましたけどね。そんなのないです。

確実に共通テストで出題されるようなものなら押さえることです。

相談を受けた生徒(とご両親)には、共通テストで800点は取れる勉強をしなさいと伝えました。

対策的な問題集をやっても駄目なものは駄目です。
自分の知らないことを覚え、できないことをできるようにすることです。

基本的な内容なら100%に近いぐらい答えられるようにしておくこと。
それが何よりも大切なのです。

 

 

ブログに今日もおいで下さり、ありがとうございました。
「東大憲章」は必ず読んでくださいとも伝えました。
どんな人に入ってきてほしいのか、東大のメッセージを知ることは大切です。

 


kimutatsu

弱点を潰すために

Posted on: 2020年8月7日(金) 16:30

001

伊江島に行ったときの写真です。隣はハブ神です。
沖縄に行くとこういう気軽に行ける離島で過ごすのもいいですね。

いやぁ、コロナも終わったしね!と授業で言うとシーンと。

だって政府がGoToキャンペーンを推進してるんやからさ。
国が「大丈夫!」って言うてるんやから終わったんじゃないのかなぁ。

生徒たちはニヤニヤ。

まぁ君たちは受験生なので旅行せずに勉強するやろけどさ。
僕はまぁいつもどおりに気をつけて動くけど、海外は無理かな。

などと授業で話しておりました。

が、その授業も終わり、夏休みに入りました。
今日が終業式でした。始業式は24日です。夏休みみじか!

000

最近生徒たちと話をしていると「塾やめました」が多いです。
まぁこれは当たり前の流れで、いつもそうなんです。

高2までは行ってたけど、さすがに高3になったらやめますわ。
そう言う生徒はだいたい成功します。

受験勉強は弱点を潰す勉強なのです。大学や社会での勉強とは違う。
塾の授業で個別に弱点を潰してくれるかというと、それはあり得ない。

個別指導なら別ですけどね。

自分ではなかなかできないという小学生や中学生は塾もいいでしょう。
でも高校3年生がやるべき範囲は小中学生とはくらべものになりません。

めちゃくちゃでかい。

塾に行っていれば安心というようなものではありません。
それに塾がある人の弱点を潰すということもありえません。
学校も同じです。学校の補習に通っていれば大丈夫ということもない。

自分の弱点は自分で潰すしかないのです。

それに気づいた生徒は粛々と、淡々と、自分の弱点を消していきます。

必要なものは時間と反復回数です。

夜遅くまで塾に通って、自分の勉強をする時間がなくなるのは避けたい。
それによって体力を消耗するのも避けたい。

今日もある生徒が「さすがにもう塾は行っていません」と。
春の模試でD判定だったので、これはまずいと思って塾をやめたそうです。

塾をやめて、今はひたすら生物と化学を自宅で勉強する日々なのですと。

この子はD判定だけど合格する可能性が高いなと思っています。

弱点を潰すことが大事なのです。そこを間違えると絶対に伸びません。

 

 

ブログにおいで頂き、ありがとうございました。
この塾に行っていると弱点が潰れる!という場合は
逆にそこの塾の指導は有効だということになります。

 


kimutatsu

Here Are Two Papers

Posted on: 2020年7月26日(日) 10:01

shinpo2

金曜日の琉球新報で僕のコラムが掲載されました。
よかったらお読みください。クリックすれば拡大します。

沖縄の方々はお読みくださったでしょうか。

上の写真をクリックすれば拡大されて読みやすくなります。
よかったらお読みください。

共通テスト、第1日程と第2日程が与えられることになりました。
現役生徒はどちらかを選んで受けることになります。
浪人生は第1日程のみです。

入試って同じ条件にすべきだと思うんですね。
どうして現役と浪人で差をつけるのか、よくわかりません。

浪人生だって新型コロナの影響を受けていますからね。

若い人たちが力を出せる環境を作ることを考えて頂きたく思います。

maisho4

琉球新報と同じ日に発行された毎日小学生新聞の僕の紙面です。
こちらは僕の『新ユメタンJr.』をベースに作らせていただいています。

小学生の間に、英語では何をやればいいですかと聞かれます。

まぁいろんな考えがあるとは思います。
が、基本となる語彙習得をするのが結局は一番いいと思います。

文科省の考えは僕とはまったく違うそうです。

でも外国語を学ぶのに身のまわりの語彙を意識して覚えないなんてあり得ないです。
意識して反復回数を増やして覚えるから、使えるようになってくるのです。

覚えても使えない語彙がたくさんあります。

受動語彙というのは「見ればなんとなく意味がわかる」という語彙。
能動語彙というのは「書いたり喋ったりする際に使える」という語彙。

受動語彙が圧倒的に多いのですね。
で、受動語彙を分母にして、その中でいくつ能動語彙にできるかがポイントです。

そもそも受動語彙も少ない人の場合、英語でも日本語でも発信力が弱いのです。
だからまずは受動語彙をいっぱい作ることを基本とするのです。
で、実際に書いたり喋ったりしているときにそれらを使おうとします。

そういうプロセスを経て、表現力の豊かな人間になっていきます。

小学生の皆さん、よかったら毎日小学生新聞の僕のページを見てみてください。
そしてもっと勉強したい!という場合、『新ユメタンJr.』を使ってみてください。

皆さんが僕ぐらいの年齢になる頃、おそらく日本は今の日本とは違っています。

「英語ならできます!」
「当たり前でしょ。で、あなたは何ができるんですか?」

就職する際にはこういう会話が当たり前になっているかもしれません。
それぐらい、今の日本とは違う国になってしまうんです。

英語ぐらいはできるようになっておきましょう。

身のまわりのものをすべて英語で表現できたら、モチベーションがあがります。
大人でも英語で言えないようなものがけっこうたくさんあります。

英語を完全にマスターし、世界中の人を助ける人材になってください。
その第一歩として、とりあえずは身のまわりのものを全て英語で言えるようになってくださいね。

応援しています!

 

 

ブログにおいで頂き、ありがとうございました。
日本語も英語も道具なのです。使わないとどこかに行ってしまいます。

 


ACCESS COUNTER

Total 31966150 Hits!

▲PAGE TOP