KIMUTATSU BLOG
木村達哉のブログ「キムタツブログ」

カテゴリー別アーカイブ: 勉強・受験

kimutatsu

『蛍雪時代』

Posted on: 2017年3月19日(日) 23:08

keisetsu1

『蛍雪時代』4月号が発売となりました。今月号のテーマは
「第1志望に合格する年間プラン」となっています。

で、僕も今までと変わらず、コラムを担当しております。

今年度のコラムは英語の勉強法に関するものになりました。

keisetsu2

英語力養成講座というコラムになっています。4月号の内容
は(また『パスナビ』のHPに転載されますが)英語の勉強を
始める前に、まずはどうすれば成績というか数字というかが
上昇するのかという話をさせていただいています。

一生懸命に勉強すれば成績は上がるというのは正しいのです
けれども、やはりある程度は効率を考えないとあきません。

1年間でしっかりと成績を出すための最低限のファクターを
取り上げて書きましたので、どうぞお読みください。

この1年間で様々なテーマにのっとって(ちなみに5月号は
音読をとりあげます)英語の勉強法を説明していきます。

どうぞよろしくお願いいたします!

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
編集担当の風花ちゃんと木村のコンビは付き合いが長く
もうかれこれ10年ぐらいになるのでしょうか。

 


kimutatsu

国公立大学入試前期試験

Posted on: 2017年2月25日(土) 6:39

18

世間の人たちにとってはなんということのない土曜日ですが
受験生と学校関係者にとっては最も重要な日の1つです。

今日は国公立大学入試の前期試験が行われます。

受験生の皆さんには気持ちを強く持って、臨んでほしいなと
願っています。何よりここまで来れば気持ちの強い人が勝つ。

東大のように2日間行われる大学を受験する人は、今日の出来
が良かろうが悪かろうが関係なく、明日に今日を引きずらない
ことが何よりも重要です。

以前の生徒でこういう子たちがいました。実話です。

①初日が出来なかったので、夜が眠れずに2日目まったく力が
出せなかった。

②初日が出来なかったので、朝方まで眠れず、うとうとしている
うちに気が付いたら2日目の試験が始まっていた。
(起きたら10時頃で受けられなかった)

③初日が出来たので嬉しくて晩御飯が終わってから友達と軽い
気持ちでカラオケに行き、油断して2日目は全然できなかった。

特に②と③は何しとんねんというものですが、いずれにしても
初日の出来次第で気持ちが普段と違うものになりがちです。

初日が終わったら、2日目の試験のことだけに意識を集中させる
ことが何よりも肝要だと思われます。

さぁ、皆さん、頑張ってきてください。

応援しています!

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
いい点を取ろうと思うと堅くなります。
力を出し尽くそうと考えましょう。

 


kimutatsu

東大推薦入試

Posted on: 2017年2月14日(火) 23:16

akita16

東大の推薦入試合格発表がありましたね。おかげさまで灘校
からも1名合格したそうです。

合格された皆さん、おめでとうございます。

ただまぁ、東大に合格したからエライわけでもないのです。

これは単なるスタートラインなのです。

そこを間違えてしまうと「私って凄い」が態度に出てしまって、
他の人が愚かに見えて(昨日のエントリーではないですが)
他人を批判したりしてしまって、気が付くと自分の周囲から
人が離れていくことになります。

謙虚に謙虚に。

謙虚な人は他人の批判などに自分のエネルギーを割きません。

自分の力はまだまだなんだと考えて、それを向上させること
にエネルギーを割きます。そしてその姿勢が何年も先に、
たくさんの人々のお役に立つことになります。

どうぞ人様の役に立つ人材に育ってください。

東大には文科省が皆さんが思っている以上に力を入れていま
す。補助金の額を見れば他大学とは全く違います。

公金を使ってとてつもなくレベルの高い教育を受けられるの
ですから、これを利用しない手はありません。

遊んでいたらもったいないですよ。

「東大までの人」なんて言われないように、これからも努力
し続けてくださいね。期待しております。

合格おめでとう!

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
たくさんの方々から応援メッセージをいただきました。
感謝しております。これからも頑張りますね。

 


kimutatsu

東京大学の足切り点 in 2017

Posted on: 2017年2月9日(木) 22:31

domarin

沖縄の興南高校の前泊先生からタンカンがこんなにいっぱい
送られてきました。どまりん、ありがとう!

これ、皮が分厚いので包丁で切るのですが、いったん切れば
あとは手で皮をむいて食べることができます。

興南といえば、生物のハブ神こと竹田先生からは桜の便りが。
沖縄は桜が咲いています!ということで、実は前泊先生から
届いたタンカンにも桜の木が入っていました。

ほら、桜が咲いてる!

sakura

さて、東京大学の第一段階選抜ですが、発表がありました。
いわゆる「足切り」と言われるものです。

足切りの点数に達しなかった受験生は受験することができ
ません。記念受験とかもできません。

文科一類 571点
文科二類 623点
文科三類 732点
理科一類 660点
理科二類 701点
理科三類 695点

この点数に達している人たちだけが東大の個別試験(二次
試験)を受ける権利を有するのです。

実際には足切り点ぎりぎりだと個別試験で相当な点数を取
らないと合格できませんので、この点数をクリアしたから
といって、まったく安心はできないんですけどね。

一応、受験会場に行くことはできますよということです。

情報が出たのでアップさせていただきました。

灘の生徒たちも23日から24日にかけて上京し、入試に備え
ます。ここからは体力や精神力もきつくなってきますので
特に受験のためにホテルなどで宿泊する生徒たちは、
体調に気をつけていただければと思います。

皆さん、頑張ってください!

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
文三の点数が高いから、文三が文一よりも難化したとか
そういうことではありません。
あくまでも定員と出願人数によって決まるのです。

 


kimutatsu

私大入試スタート

Posted on: 2017年2月1日(水) 10:40

kg01

今日から私大では入試が始まりますね。僕の母校である関学大
も今日から入試です。受験生の数は昨年より増えてるらしい。

僕が受験生の頃とは違って、私大も大変な時代になりました。

いくつもの受験パターンを用意して、一人でも多くの生徒に受験
してもらおうと必死になっていますね。

私大だけではなく、私立高校や中学校も同じです。

左うちわの学校なんて1つもありません。

大変な時代ではありますが、生徒たちのサイドからすれば、学校
や大学が自分たちの組織を維持するために工夫し、教育内容を
改善しようと努めなければいけない時代になったのですから、
それはとてもいいことだと思います。

逆に言えば生徒や学生は以前より入学しやすくなったと言って、
大学に入ることを目標とした勉強しかしていないようだと、
あるいは大学に入ってから遊び呆けるようなことだと、
その後の長い人生で後悔することになるかもしれません。

せっかく大学側や学校側が自分たちの教育内容を改善してくれて
いるのですから、それを利用して自分の力を伸ばすべきです。

kg04

今朝は千葉大学医学部の学生のニュースが流れていました。

とても悲しい気持ちになりました。

きっと高校時代は医学部に入ろうと努力していたんでしょうね。

ところが千葉大学医学部に入って、緩んでしまったんでしょう。

医学部に入ったからといってエライわけでもなんでもありません。

医者になったからエライわけでもありません。

人間としてどう生きるのか、社会にどういう貢献をするのか、また
死んだ後もこの世の中にどういう形で名や実を残すのか等を
考えて生きることが大切なんじゃないかなぁと思っています。

長い目で人生を見ることです。

そうすれば「どの大学でもいいや」とはならないのではないかなと
僕は思っています。成績がいいので医学部でいいやというのも
考えものではないだろうかと思っています。

どの大学もどの学校も一生懸命になっていますので、それぞれの
大学や学校の教育内容を精査して、「自分の母校」となるところを
選ぶべきではないでしょうか。

ちなみに僕の母校(関西学院大学)はとてもいい大学です。

僕の後輩になる人たちは入試を頑張ってくださいね。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
寒くて外を走る気になれないので、ジムに申し込みました。

 


kimutatsu

受信力を高めてこそ

Posted on: 2017年1月28日(土) 5:26

sizu

世間では英語4技能とかしがましいのですが、そんな折に敢えて
読解とリスニングを中心としたセミナーを行おうとしています。

日本語で書かれた文章も読めない生徒が多いように思います。

まぁ、だから現代文の成績が悪いと言ってる生徒が多いのです。

これって最近の話ではなく、僕らが受験生の頃からそうでした。

現代文はニュアンスとか言ってる人が多かった。

ちゃんと読めてちゃんと聞ける子を育てることって大事ですよね。
僕はそう思っています。

文章をちゃんと意味を追って読める。

人の話が多少興味がなくてもしっかり聞ける。

そういう姿勢の中から語彙力や表現力が豊かになってきます。

たまにこういうことをおっしゃる人が(しかも英語のプロが)います。

わからん単語があっても読み飛ばしなさい。

あえて覚えようとしなくていいのです。

静先生みたいにそれを新興宗教なんて言うつもりはないけれども
そういう勉強でどうやって言葉を覚えるっていうんだ?

読んでいるうちに覚えるというのももちろんありなのですけれども、
そうするためには年間100冊程度の読書では少ないはずです。

齋藤孝先生は「語彙力こそ教養である」とおっしゃっています。

英語でももちろん同じことが言えます。

だから敢えて読解とリスニングを中心とした勉強会を行いながら、
それらを中心に据えて、「だからほら、書けるし話せるでしょう?」
というところに落としていきたいと思っております。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
口語しかできない子は本が読めないですよねぇ。

 


kimutatsu

二次試験までの勉強について

Posted on: 2017年1月27日(金) 4:43

60

 

センター試験が終わり、いよいよ入試に向けてリスタートを切った
ところですね。受験生たち、頑張ってください。最後の追い込み。

特に国公立大学の受験生たちは2月25日までけっこう時間があり、
ここの過ごし方が合否を分けるといっても過言ではありません。

ひたすら過去問をやるのもいいでしょう。

力がある人は。

でもそうじゃない人の場合、過去問にしがみついていてもあまり
意味がありません。過去問は二度と出ない問題ばかりですし、
今さら出題傾向に慣れるなんて時期でもないでしょう。

合否のライン上にいると感じている人の場合、やるべきことが2つ
あります。まぁ、これは余裕で合格するような人でも同じことかな。

① 記憶や理解の曖昧な箇所を潰す。
② すでに確実に点数が取れる箇所をさらに強固にする。

我々の記憶はエビングハウスさんに言われるまでもなく、極めて
曖昧なものです。使わない知識はすぐに消えていきます。

日本語でさえもそうなのですから、普段からあまり使わない英語
なんて推して知るべし。出会わない単語はどんどん忘れます。

「これは覚えた」と思っている単語集であるとか「何度もやった」と
いう熟語集なんかを確実に記憶に留めるための②が必要になり
ます。①だけをやりたい気持ちはわかるのですが。

ですので感覚的には①を60~70パーセント、残りを②という感じ
で勉強していくのがいいと思われます。

②は基本をしっかりと押さえるという意味もあります。

どんなに優れたプロ野球選手でも毎日キャッチボールをします。

キャッチボールで失敗することは100パーセントないにも関わらず
毎日キャッチボールをします。

とても大事な基礎トレなのです。

①の勉強だけに陥らないように気をつけて、残りの時間を悔いの
残らないように過ごしてくださいね。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
言うまでもないですが、体調にはくれぐれも気をつけて。

 


kimutatsu

読む力と聞く力

Posted on: 2017年1月23日(月) 20:25

076

あまりにも寒いので、写真だけでも暖かそうなものを選びました。
あんまり意味ないけどな。沖縄のトロピカルビーチにて。

僕の住んでいるあたりは現在2℃。

そろそろ春になってくれへんかなぁと思いながら、いつもお世話に
なってるカイロプラクティック院を出たら小雪が舞っておりました。

風邪やインフルを拾わないように気を付けましょう。

受験生もそうでない生徒も俺たち大人も。

189

週末は札幌セミナーが待っています。今回は何をしようかなぁと
思っていたのですが、英語を喋るとか書くとか言ったって、
ちゃんとインプットできていない人が言葉を話したり書いたり
できるわけがないんだから、今回のテーマはインプットにしようと
決めました。リーディングとリスニングの指導についてです。

ちなみに札幌セミナーのお申し込み先はこちらです。

リーディングって多読だの精読だの言ってる人がいるんですが
読書って習慣のものなので、いずれにしても習慣がないと
読書のための基礎体力が身に付かないのですね。

それは多読とは違う。

最近思うんだけど、日本語の本だって実は読み方を知らない人
が多いんじゃないかと。子どもも大人も。

だって学校では「こう読む」なんて教わらないからねぇ。

読み方を知らないから読書が面白くなかったり、国語の成績が
低かったりするんじゃないのかと思い始めておりましてね。

どうして多読だけだと語彙が身に付かないのかとか、そういった
話も含めて今年はいろいろやろうかなと思っております。

かく言う僕も最近はインプット不足。

毎日必ず本を1時間は読むようにしていますが、それでもあまり
にも少ない。学校の教員ってインプット命なのに。

今日もこれから仕事をしたら寝る前に読書をします。

札幌においでくださる先生方はどうぞ宜しくお願いします。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
写真を沖縄にしても寒いものは寒いな。

 


kimutatsu

センター試験(英語)に関して

Posted on: 2017年1月19日(木) 19:24

DVC00064

上海に行っていたので毎年やっているセンター試験の分析が
できませんで、ひとりで乗り遅れておりました。

もうすでにいろんな予備校などが分析しているので、僕からは
ひと言だけ。

今年もセンター試験も例年同様に、我々が昭和時代に受けて
きたような正確に読んでいく勉強法で対処できます。

というか、そういう読み方が求められているように思います。

筆記の英語に関しては、例年よりも易しくなりましたね。

リスニングは実際の音声を聞いていないのでわかりませんが、
スクリプトを見る限りでは昨年より平均点は下がるでしょう。

それでもあのレベルであれば(語彙力があることを前提にして)
適切なトレーニングをしてきた受験生なら9割は取れます。

何度も言いますが、語彙力があることを前提とすれば、です。

単語の力が弱い人は読むのも聞くのも高得点は狙えません。

来年受験する高2生徒は早いうちに『ユメタン①』レベルの単語
を徹底的に脳みそに刷り込んでおくことです。

仕事の休憩がてら、国語の問題も解いてみようと思いますが、
英語にしても国語にしても、言語に関して言うならば、とにかく
単語などの知識が少ない人はいくらやっても駄目です。

断言できます。まともな先人ならみんな言ってるとおり。

受験生は二次試験に向かってリスタートを切りましょうね。

高2生はさすがに全力モードに入っているとは思いますけれど、
もしもまだ「やる気にならない」的なことを言っているのであれば
ちょっと焦り始めましょう。

どちらも頑張って!

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
概要をつかむ力が必要とかなんとか書いてるサイトが
あったけど、正しく読まないと概要なんてつかめないわ。

 


kimutatsu

明日は二日目!

Posted on: 2017年1月14日(土) 20:16

kangaku

センター試験初日および灘中学校入試初日が終わりましたね。

明日がそれぞれの2日目。

どちらの受験生も、明日起きたら体調が悪くなってた!が最悪
なので、とっとと寝なさい。

眠れなくても問題ない。ただし、スマホは見るなよ。疲れが全く
取れないのはまずい。目をつぶって好きな女子生徒(女子の
場合は男子生徒)から告白される妄想にどっぷりと浸かって
おきなさい。知らん間に寝てしまうであろう。

おやすみ!

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
僕もまだ英語の問題を見ていません。
明日職員室で高3の先生から配布されることでしょう。

 


ACCESS COUNTER

Total 21842529 Hits!

▲PAGE TOP