KIMUTATSU BLOG
木村達哉のブログ「キムタツブログ」

カテゴリー別アーカイブ: ユメタン

kimutatsu

嬉しいお葉書きを受け取って

Posted on: 2018年11月10日(土) 19:21

499

今日は野球の審判しか用事がなかったので、ワクワクしていたら
朝4時に目を覚ましましたがな。老人になってきた木村。

かわいそうに、さくらもしたがって朝4時に目を覚ましてしまい、
まだ19時だというのに眠そうにしております。

現在のさくらの様子。

500

僕はけっこう筆まめでして、セミナーにいらっしゃった先生方
には、多少遅くなってもお礼状を出すようにしています。

100名にお出ししてお返事をくださる先生はお一人ぐらいです。
それでもいいのです。僕が勝手に出しているだけですから。

お礼状が届いて喜んでくださっていればいいなと思っています。
お返事をいただこうなんて全く思っていないのです。

でもお返事を頂くと嬉しいもので、またそれに対してお礼状を書く
こともあります。あまりご迷惑になっていなければいいのですが。

以前、こういうお葉書を頂き、嬉しかったので取ってあります。

福岡の公立高校の若いT先生です。若い先生でも手書きのお返事を
くださる方がおられます。きっとその方のご両親がきっちりした
方だったのだろうと思っているのですが。

*****

木村先生、お葉書ありがとうございました。とても嬉しく
元気が出ました。『ユメタン⓪』を最初に採用させて
いただいた学年が3年生になりました。『新ユメタン①』
や『ユメブン⓪』『センターリスニング30分』などを
生徒が頑張って取り組んだ結果、英検2級の合格者数が
例年の10倍になりました!

更に、中学時代に英語の定期考査が10点台の生徒、高校の
入学時に英検3級も持っていなかった生徒が英検準1級に
合格しました。生徒たちの夢が次々に叶っていく様子が
見れるのは3年間『ユメタン』中心に取り組んだ成果だと
思っています。本当にありがとうございます。

*****

15399869464800

もちろんそのT先生がしっかりとした指導力をお持ちだからこそ
出た結果だと思います。『ユメタン』をはじめとする僕の著書は
そのちょっとしたお手伝いをさせていただいただけです。

が、著者としてはこんなに嬉しいことはありません。

T先生とは福岡の勉強会でちょくちょくお会いするのですけれども
なにより伝える力が高く、非常にいい「噺家」なのです。

教員は伝えるのが仕事です。いい「噺家」でないと、生徒たちの
成績をうまく上げてやることができません。

T先生にはますます勉強をしてもらって、福岡県の英語科を代表する
いい先生に育ってもらいたいなと心から願っています。

T先生には感謝しています。

こういった葉書きがちょくちょく届きますが、僕のエネルギー源に
なっています。皆さん、本当にありがとうございます。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました!
しょっちゅう甲子園郵便局でインクジェットの葉書きを
買うものですから、局員の方々に顔を覚えて頂きました。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: ユメタン  

kimutatsu

感謝

Posted on: 2018年11月5日(月) 5:35

yumesaku06

アルクの柳沼さんから連絡があって、ラ・サールの丸山君との
共著がまた増刷になったそうです。ありがとうございます。

『ユメタン』と同じペースで増刷を頂いているのは嬉しいです。

多くの学校の先生方や受験生に共感され、信頼されている証で
あるならさらに嬉しく思います。

yumesaku2

英作文、高校時代は英作文の問題集や過去問ばかりやっていました。

今から思えば機械的に問題集をやっても伸びないのはわかります。

自分の欠点を埋めないと伸びないのは当然ですよね。

浪人してから劇的に英作文が伸びました。

英語の「知識」を「知恵」に変えられるのか、そして与えられた
日本語はそもそも理解できているのかをチェックしなければ
英作文は伸びません。

『新ユメサク』で英語と日本語の両方の力を伸ばしてもらえれば
いいなと思っています。

言葉を大切にしてください。そうすれば英作文は伸びます。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
浪人してから「そうか、穴を埋めれば伸びるんだ」と
気づいて、そこからは機械的勉強をやめました。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: ユメタン  

kimutatsu

明後日から中間考査

Posted on: 2018年10月15日(月) 14:15

junku-sumiyoshi2018

ネクステージ社の酒井社長から送っていただいた写真です。

これはジュンク堂書店住吉店さんの様子です。

junku_nishinomiya01

こちらはジュンク堂書店西宮店さんの様子。『新ユメタン』を
購入していただくと、サインカードが付いてきます。

junku_nishinomiya02

junku_uehonmachi

そしてこちらはジュンク堂書店上本町店さんです。この書店
さんの近くには僕の母校もありますが、こちらでもサインを
書いたカードがもらえます。

多少なりともモチベーション向上に役立ててもらえればいい
なと思って、サインカードを酒井さんに託しました。

もしよければお使いください。

各書店の担当さん、本当にありがとうございます。

010

本校では明後日から中間考査です。僕が受け持っているのは
高校1年ですが、『新ユメタン②』を使っています。

フレーズを使って帯活動で授業をしています。

フレーズ(やセンテンス)を和訳できるか、正しく発音して
読めるか、バックトランスレーション(つまり英作文)は
できるのかをチェックポイントにしています。

中間考査の『新ユメタン②』の範囲は1から250番までです。

チェックポイントが3つありますので、それぞれのフレーズ
を使った英文を和訳できるかという問題、単語のアクセント
の位置を問う問題、そして日本語を見て空所を埋める問題が
出題されます。空所を埋める問題は単語の頭文字を与えて
ありますので、たとえばyearn to be a lawyerを使って
こんなふうに出題します。

私の兄はいつの日にか弁護士になりたいと願っています。
My brother ( y ) to be a ( l ) some day.

したがってyearnsとlawyerとを入れることになります。

和訳、発音、英作がセットなのです。

彼らの頑張りに期待しています。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
意味がわかっても発音がいい加減だとリスニングが
できない人になってしまうんです。
CDを使って単語学習をしないとリスニングが伸びません。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: ユメタン  

kimutatsu

紀伊國屋書店新宿本店さんにて

Posted on: 2018年9月24日(月) 21:31

kinokuniya_shinjuku1

日本で本の売り上げが一番高い紀伊國屋書店新宿本店さんの様子
です。『ユメタン』を買うと僕のサインカードが付いてくると
いう企画を始めて下さいました。

これで紀伊國屋書店梅田本店さん、ジュンク堂書店三宮店さんに
ついで3店目です。書店の担当者さん、ありがとうございます。

67

こんなものが喜んでもらえるのかどうか、正直あまり自信が
ありませんが、しかし書店さんがそういう企画をして下さる
というのは本当にありがたい話です。

本を書いてもなかなか棚に置いて頂けませんからね。

本を書きたいという人は多いと思うのです。そしてだれでも
本は書けるのです。が、書いても書店さんに置いて頂ける
とは限りません。なにせ棚の数は限られていますからね。

hiroshima1

僕の分身たちはどの書店さんに行ってもよくしていただいて
いるので、本当に感謝しています。

またそのうち1軒ずつご挨拶してまわる日が来ると思います
けれども、その折にはよろしくお願いいたします。

感謝を忘れずに、これからも本を書いていこうと思っています。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
連休はゆっくりしましたか?明日からまた切り替えて
頑張りましょうね。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: ユメタン  

kimutatsu

興味ある人はどうぞ

Posted on: 2018年9月14日(金) 21:11

15368891997581

皆さんはAbemaTVっていうのをご存じなのですか?教え子の
テフによるとネットテレビなんだそうです。

アルクから連絡があって、18日のドラマで『ユメタン①』が
使われるということで使用許諾がありました。

9月18日
AbemaTVで放映している「勝負の夏」というドラマだそうです。
東大生の先生が受験生に指導する際、「自分は『ユメタン』を
ぼろぼろになるまでやって東大に合格したんだ!」ということを
伝えるシーンがあって、『ユメタン①』を映すそうです。

著者として断る理由がないのでOKしました。

僕はみんなが思ってるほど有名になりたいわけでもないですし、
スーパー大金持ちになりたいわけでもない。ただ自由に生きたい
だけなので、こういうのは疎いのです。本当に。

そういう点でテフや山田君が無料でブレーンをやってくれてるので
助かっています。彼らには感謝感謝です。

僕はテレビには出ない。

でも僕の分身が紹介されるのは嬉しく思っています。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
自宅で静かに泡盛を飲んでおります。美味しい。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: ユメタン  

kimutatsu

『新ユメサク』増刷御礼

Posted on: 2018年9月13日(木) 10:38

yumesaku2

昨日のエントリーに「向いてる向いてないなんて関係ない」と
書いたら、ラ・サールの丸山先生からメッセンジャーで
「僕も自分が何に向いてるかなんて考えたことなかったなぁ」
という返事を頂戴して、そうだよなぁ!と言い合っていました。

丸山君は「日本史がしたかった」らしいし、僕は「本を読んで
生きていきたかった」という願望はありましたが、日本史に
向いているとか読書に向いているとかは考えていなかった。

願望が全て。

さて、8月末に出した『新ユメサク』ですが、おかげさまで
もう早くも増刷が決まりました。

こんなに速いのは『ユメタン』でもなかった。

日本語の加工について知りたい受験生や先生方が多いという
ことなのでしょうか。

感謝しています。ありがとうございます。

何度も読み込んで、日本語の加工を得意になってください。

京大にしても阪大にしても、翻訳型の英作文は得点源です。
1点も落としたくない。少なくとも日本人が日本語の誤読を
して加工をミスするのは避けたい。

そういう思いを込めて書いた本です。

引き続き、よろしくお願いします。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
かくいう僕も高校時代は英作文が苦手でした。全くできなかった。
今となっては何故できなかったがわかるけど。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: ユメタン  

kimutatsu

サインカード

Posted on: 2018年9月4日(火) 11:24

66

3枚の葉書きがあります。ユメタン葉書きです。何年か前に
卒業生が経営する会社に作ってもらったものです。

これを裏返しますと・・・

67

こういう形でサインが。

灘校の木村達哉というよりも、物書きの木村達哉としては、
書店さんに頑張ってもらいたいなぁと思っておりまして。

アマゾンもいいんですけどね。

68

紀伊國屋書店梅田本店さんとジュンク堂書店三宮店さんでは
こういう形で僕の本のフェアをやってくださっていますが
現在、『ユメタン』を買ってくださったお客様全員に
上にアップしたサインカードをお付けしているとのことです。

僕は酒井社長に300枚ほどお渡ししたのですが、こういう形で
利用していただき、こんなものでも喜んで貰えるのであれば
嬉しく思っています。

しおり代わりにお使いください。

紀伊國屋書店梅田本店さんの吉田さん、ジュンク堂書店三宮店
さんの増井さん、いつもありがとうございます。

他の書店さんでも「うちにもくれ」と仰るのであれば、現在は
アルクの水村君と(株)ネクストステージの酒井社長にお渡し
してありますので、どちらかにお申し付けください。

どうぞよろしくお願いします。

読者の皆さんは実際に本を見て、いいなと思ったらお買い上げ
いただき、そして英語力の伸長にお役立てください。

逆に言えば、自分には無理だなと思われたら無理に買う必要は
まったくありません。自分に合ったものを使うべきです。

他にもいい単語集がたくさんありますからね。

『ユメタン』は英語が話せるようになるために創った単語集で、
CDを使ったクイックレスポンス(瞬間的な英作文)がポイント。

単に意味とつづりを覚えるだけの単語集ではありません。

日本語が流れたら即座に英語で言えるまで反復してくださいね。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
酒井さん、またゴルフをご一緒ください。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: ユメタン  

kimutatsu

『新ユメサク』誕生!

Posted on: 2018年8月27日(月) 12:12

383

札幌から帰りまして、いつもお世話になっている家の近くの
カイロプラクティック院の福井先生に体を揉み解してもらい
ました。やっとひと息ついたというところです。

午後からはゴルフの練習に行ったり明日からの準備をしたり
いろいろとしたいと思っています。

少し宣伝させてください。

yumesaku2

英作文の苦手な人たちのために『新ユメサク』を出しました。
『ユメサク』の改訂というようなものではありませんで、
本当に新しくしました。

テーマは変わらないのですが、日本語の加工(和文和訳)に
特化するだけでなく、身の回りの表現をできるだけ増やして
英語が話せる力を伸ばそうという本にしてあります。

言うなれば、英作文+スピーキングの本です。

yumesaku3

yumesaku4

「まさに起死回生のホームランだった」
「最後まで平行線だった」
「紆余曲折はあっても」
「とても太刀打ちできない」
「非難の応酬が続いている」
「むしがよすぎる」
「物心ついたころからの夢です」
「一朝一夕にはもどらない」
「後塵を拝する」
「一夜漬けは諸刃の剣だ」

こういった日本語をどういう日本語に加工すればスムーズに
英作できるのかということを紹介した本です。

単に覚えなさいというのではありません。

まずは自分で加工してから答えを見てほしいのです。

英語を見たら「なんだ、これでいいのか」と思ってもらえる
はずです。簡単な日本語に直してありまして、それを英語に
直してあります。我々日本人の訳例とネイティブの訳例を
載せてありますので、その違いも楽しんでください。

yumesaku5

ラ・サール中学校・高等学校の丸山晃先生と一緒に創りました。

当初より日本語の得意な人、特に文語(文章語)の得意な人と
一緒でないと無理だなと思って人選していたのですけれども、
丸山君であれば英語のみならず日本語も非常に堪能ですので
まさにうってつけの人材だと思ったのです。

英作文の苦手な人、あるいは身の回りの表現をどう話していいか
わからないという人、よかったら立ち読みしてみてください。

いいなと思われたらレジに持っていってください。

どうぞよろしくお願いします。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
中に「学んだ英語表現は、意識して使うとものになるぞ」
というのがあります。この本で見つけた表現を自由英作文
などで使うことによって、さらに脳に刷り込まれます。

 


kimutatsu

『新ユメサク』ついに誕生!

Posted on: 2018年8月9日(木) 22:59

yumesaku1

見て下さいというしかないなぁ。でもかなりいい本ですので
使ってくださった方をがっかりさせることはないと思います。

アルクさんから送られてきました。

本のサイズは『新ユメタン』サイズで持ち運びしやすいのが
第一印象ですが、ぱっと中を開いてみると「これはいいな!」
と声に出してしまうぐらい前作と違います。

まぁ見てみてください。

英作文を得意にするのはけっこう大変やと思います。

日本語の構造分析、冠詞の使い方、時制の決定、語彙の選定。

なによりも日本語の加工。

表層的な英語の勉強で英作文の力が身につくことはありません。
その点で、決して楽な本ではないし、楽な本では力がつかない。

見てみてください。

そして本当に英作文が得意になりたい人は使ってみて下さい。

どうぞよろしくお願いします。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
アルクさんから1冊頂きました。本当にいい出来です。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: ユメタン  

kimutatsu

生徒との会話

Posted on: 2018年7月1日(日) 7:59

hiroshima1

先日、生徒たちと喋っていました。というか毎日喋ってるんですが。

木村:『ユメタン②』は見たか?
生徒:見ました。なかなか。
木村:なかなか?
生徒:知らない単語が多い。
木村:知ってる単語ばっかりだったらやる価値がないわな。
生徒:知らない単語ばかりってのも心が折れますやん。
木村:まぁそうやな。でも毎日同じ単語に会うから大丈夫やで。

その生徒によると、高1の現時点で『ユメタン②』を開いたときに
見える10語のうち、知っているのが2語ぐらいだそうです。

ちなみに『ユメタン①』は日本語→英語はまだ100%ではないけど
英語を見て意味を言うのは100%大丈夫とのことでした。

ちなみにその生徒は英検準1級。

『ユメタン②』までやっておけば国公立大学の二次試験レベルは
だいたい大丈夫やから、高2の秋までに最低でも英語を見たら
発音と意味は言えるようにしようぜと言っておきました。

二学期からの勉強がまた楽しみです。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
最終的には『ユメタン③』までやっておきます。
そうすればけっこう海外のニュースなんかも聞けますので。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: ユメタン  

ACCESS COUNTER

Total 26231215 Hits!

▲PAGE TOP