KIMUTATSU BLOG
木村達哉のブログ「キムタツブログ」

カテゴリー別アーカイブ: ユメタン

kimutatsu

Happy Email

Posted on: 2018年3月31日(土) 20:32

image1

一月往ぬる二月逃げる三月去るとは言いますが、しかしこの
3か月は本当に過ぎるのが早いですね。

思えば1月は中学入試やセンター試験があり、2月には高校
入試とか大学入試、3月は学年末の成績処理があったりして
12月の師走以上に走りまわっていたように思います。

明日から4月ですが、地に足をつけてやるべきことをやって
いかねばならないなと、改めて思っています。

yumetan46

ある先生からご連絡を頂戴しました。岡山県の先生です。

**********
3年間教えた中3の生徒の指導が終わりましたが、生徒
から「ユメタンを頑張ったから英検2級に合格したり、
最近はスペリングミスをすることもなくなったし、
すごく力がついたと実感しています」と言われました。
ありがとうございました!
**********

その先生が毎週のテストの採点をされていたそうです。

なかなか大変ですよね。僕なんかは自己採点させているの
ですが、そうすると採点が甘くなってしまいます。

毎週自分で採点することで、生徒たちから感謝されている
その先生のご指導が素晴らしいから、生徒たちも英検に
合格するなど、「力がついたと実感して」いるのです。

著者としては嬉しい限りです。

『ユメタン』は英語を話すためのクイックレスポンスをす
るのが主眼ですので、CDを活用することも忘れないように
してもらいたいなと思っています。

おかげさまでたくさんの学校で使っていただいています。

感謝申し上げます。

生徒たちは主体的に自分の力を上げるように。誰かに上げて
もらおうなんて考えている間は上がりませんのやで。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました!
4月7日に岡山の勉強会で講師を務めます。
岡山の先生方が立ち上げた勉強会で、定例化しそうです。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: ユメタン  

kimutatsu

身の回りのものを

Posted on: 2018年3月24日(土) 14:57

01

我が家の近所にあるグラウンドで高校生たちが野球を楽しんで
おります。さっきジムに行った帰りに前を通ったのですが
第2試合をやっておりました。今日は地元の高校が出ないので
あまり駅前には人が多くないように思いますが。

02

この大会は90回の記念大会ですが、夏の大会は100回でして
春の大会以上に注目されているようです。

野球部以外の人にとっては「なんで野球部だけがこうやって
取り上げられるねん」と思っているかもしれませんが、まぁ
日本人の野球好きはなんだかんだ言って伝統なんでしょう。

Jr006

最近、いろんな知り合いから「子どもが小学生になったので
『ユメタンJr』を買った。ついてはサインしてやってくれ」
と頼まれることが続きました。

昔は「中学生になったので」と言われることが多かったので
すけれども、今は「小学生になったので」なんですね。

いずれにしても外国語を勉強するときって大きいワクワク感
とちょっとした不安感がつきまといますよね。

大人もそうです。中国語を勉強するとかフランス語を勉強す
るとかいうと、そういった言語が使えるようになったらいい
なぁと思ってワクワクするんですけど、続けられるかなぁと
不安に思うこともあります。

学校の仕事って、そのワクワク感を大きくして「これだった
ら喋れるようになりそう!」と思わせることと、不安感を払
拭してあげることなんでしょうね。

勉強する側も部活動などに没頭しすぎることなく、自分が英
語を話せるようになりたいと思うのであれば、できるだけた
くさんの言葉を覚えて、話せる自分を作ろうと主体的に努力
するべきであって、学校の先生の言っていることを聞いてい
れば英語ができるようになるはずだとか、そういう受け身の
姿勢ではいつまで経ってもあきませんわな。

監督に言うてることを聞いていれば甲子園に行ける!と思っ
ている野球部員では甲子園に行けるわけがないのであって、
全体練習が終わったあとに、あるいは自宅に帰った後などに
何百回という素振りをするから打てるようになるのです。

というわけで、『ユメタンJr』をやっている人たち、これは
身の回りのものを英語で話そうというコンセプトで作った本
ですので、「鍋って英語ではこう言うのか」とか「鉛筆削り
ってこう言うのか」とかを楽しみながら覚えていきましょう。

楽しんで英語を話せる自分を作っていってください。

 

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
身の回りのものやことが英語で話せるようになると
基本的な英会話はかなりできるようになるものです。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: ユメタン  

kimutatsu

『新ユメサク』

Posted on: 2018年2月26日(月) 22:13

P1050758

ラ・サールの丸山先生です。うちの家に来ておりましてね。
一緒に奮闘しております。『新ユメサク』を一緒に創って
いるのです。あーでもない、こーでもないと言いながら。

英作文の肝になるのは日本語の加工です。

『新ユメサク』はおそらく『ユメサク』以上に練られた日
本語を英語に直すことになると思われます。

夏には出る予定ですが、特に京大や阪大など、翻訳型英作
文が出題される大学を受験する予定の人たちは、楽しみに
しておいてください。期待を裏切らない本になりますから。

今月中に日本語を確定させます。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
日本語のセンスがないと英作文の本は書けないのですが
丸山君は若いのに日本語の能力が高い。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: ユメタン  

kimutatsu

基礎トレ

Posted on: 2018年2月5日(月) 20:34

20

学年閉鎖のために灘中3年は1週間ぶりの授業でした。

久しぶりなので基礎トレだけの50分間。『ユメタン①』を
使って僕も生徒たちと一緒に声を出しました。

1.各フレーズを素読し、発音に自信のない箇所に線を引く。
2.その上で和訳できない箇所に線を引く。ここまで作業。
3.CDに合わせて音読し、発音を自分のものにする。
4.僕が簡単に解説し、リーズニングをしながら読む。
5.CDに合わせて何度も音読しながら脳に刷り込む。

今日は1~4を行いましたので、明日からは5を反復します。

英検の発表がありました。2級や準1級に合格したという声
が生徒たちから届き始めました。

しっかりと基礎トレを行います。それが力になりますねん。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
僕の解説は極力少なくし、生徒たちにはトレーニングを
しっかりとやり「覚えるべきを覚える」を徹底します。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: ユメタン  

kimutatsu

全力で執筆中

Posted on: 2018年2月3日(土) 8:29

34

おかげさまで『ユメタンライティング⓪』をご採用くださる
学校が非常に多いそうで、感謝しております。

覚えた単語を使って英作文ができるというのと、特に前半は
使った単語の穴埋めになっているのがいいのでしょうか。

長期休みの課題としてご採用くださる学校が多いそうです。

生徒たちは「与えられたからやらないとしょうがないな」と
いう気持ちでやるのではつまらないから、覚えた単語を使え
るかどうか、文脈に応じて形を変えられるかどうか等、自分
で主体的テーマを持って最後までやってください。

004

ところで『ユメタンライティング①』はまだですかというご質
問をしょっちゅういただきます。申し訳ありません。

この本、作るの大変なんです。

なにが大変って、日本語の作成なんですよ。

たとえば、次の日本文を読んでみてください。

**********
私の友人のひとりは毎年新しい外国語を独学で学んでいる。
彼女はすでに20か国語以上を駆使することができるので、
海外旅行をしても苦にならない。

自分には才能や能力がないという人がいるが、それならそれ
で他の人たちよりもベストを尽くそうとしなければ人生を楽
しむことなどできないだろう。

母が癌で亡くなった。享年62歳であった。生前は苦労続きで
あったが、彼女の鞄の中から見つかった私への手紙には「あ
なたのお父さんと一緒にいれて幸せでした」と書かれていた。
**********

これ、『ユメタンライティング⓪』の日本語なんですよ。

『ユメタン⓪』の単語だけを使って書けるように作った日本語
なんです。つまり中学と高1レベルの単語で書けるのです。

12

今度は『ユメタン①』を使って書ける英作文の本を作ってる
のですが、これがなかなか大変でしてね。

いまできている日本語はこんなんです。

**********
確かに優れた能力を持っている人は素晴らしい。しかし自分の
望みを成し遂げるために、称賛に値する努力を全力で行う人は、
たくさんの人たちに大きい影響を及ぼす。人々は後者のような
生き方に憧れるのである。
**********

これも『ユメタン①』の単語で書けます。穴埋め問題になって
いますし、頭文字が与えられていますので、実際の本はこんな
感じになるんですよ。

**********
To be ( s ), those who ( p ) superior ( c ) are wonderful.
But those who make ( d )( e ) that ( d ) praise in order
to ( a ) what they want have a great ( i ) on a lot of people.
We ( l ) for the lifestyle of the ( l ) types of people.
**********

けっこう大変でしょ。日本語を作るのが。

まぁでも頑張っておりまして、来月中には書き上げます。

夏前ぐらいには出版できるんじゃないかなぁと思います。
ご期待ください&またよかったらお使いください。

がんばろ。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
単語を覚えても読んだり書いたりして使わなければ
なかなか脳に定着しないんですよね。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: ユメタン  

kimutatsu

『新ユメサク』について

Posted on: 2017年12月19日(火) 11:48

yumesaku

『ユメサク』は英作文の本です。特に京大をはじめとした
日本語の加工をしたうえで英作しなければならないような
難しい英作文の問題に対応するための「和文和訳」の力を
伸ばすための本なのです。

いや、特に宣伝しようと思っているわけではなくて。

先般から中身を見ていて、本当にいい本やなぁと自画自賛
していたのですけれども、いくつかちょっとどうかなぁと
思う部分があるんです。

たとえば問題の日本語のすぐ下に「和文和訳」の日本語が
あるんです。

***********

●小耳にはさんだのですが、おにいさん、来月ご結婚のよう
ですね。

和文和訳:
あなたのおにいさんが来月結婚すると偶然聞いた。

***********

「小耳にはさんだのですが」って英語で何と言えばいいだろ
うと考えて自分なりに答えを出したうえで、訳例を見るから
こそ、日本語の力が付くというものです。

ところが日本語のすぐ下に和文和訳の日本語があるものです
から、日本語の加工をどうするか、考える時間が短いんです。

他にもあるんですけど、それが一番大きい。

というわけで、『新ユメサク』を作ることにしました。

02

僕は『ユメタンライティング①』その他の執筆があるもので、
共著とすることにしました。今回の相棒はラ・サール中高の
丸山晃先生です。

彼なら英語力だけでなく、日本語を書く力も高いので、僕の
相棒にうってつけだと確信しております。

1月中にお互いに日本語を作ります。

2月頭にそれらを突き合せます。

2月中に日本語をどう和文和訳させるかということと、英語
を(高校生に合わせて)作っていく作業があります。

初稿(最初の原稿)が出るのが3月中には大丈夫そうです。

ですので、夏前には『新ユメサク』が書店さんに並ぶことに
なると思われますし、今度はスピーキング力の養成も念頭に
おいて作りますので、英語を話す力も伸ばしてもらえます。

『新ユメサク』、どうぞ楽しみにお待ちください。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
英語を話す際にはミスを恐れないのは言うまでもないのですが
だからと言ってミスをしていいというわけではありません。
正しい英語が話せる力をつける本としても使ってもらいたいなと
著者2人は思っていますし、そうなるように作ります。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: ユメタン  

kimutatsu

スピーキングのトレーニングとして

Posted on: 2017年12月15日(金) 21:05

06

富山には矢部君も一緒に行ったのです。矢部君に聞いた話
ですが、冬休みの宿題に『ユメタンライティング』を採用
してくださった学校が非常に多いとのことでした。涙

ありがとうございます!

採用校の生徒たちに著者からのお願いがあります。

与えられた日本語を読んで、下の英文の空所に単語を埋め
ていくんですけど、いきなり書くのではなく、日本語と
英語を見比べながら、まずは英語を喋ってほしいのです。

空所を含めた英文が全部読めたら、もう一度最初に戻って
今度は1回目よりも流ちょうに英語を話してほしい。

3回目は2回目よりもさらに流ちょうに。

もうすっかり全ての英語が話せるようになったなと思った
ら、今度は日本語を見なくても話せるよう頑張って下さい。

そして最終的には書いていってください。特にスペリング
に自信のない語を中心として。

英作文の本ではあるのですが、スピーキングの教材として
使えるように作りました。

よかったら上に書いた方法でやってみてください。

間違いなく英語力がブリブリに上がりますから。

特に書く力と話す力が。

最後に、冬休みの宿題としてご採用下さった先生方、本当に
ありがとうございました!心からお礼申し上げます。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました!
何度も繰り返すのがコツなのですが、1周したら2周目に
入るというよりも、同じ問題を何度も繰り返すことで
話す力がついてきますので、ぜひトライしてください。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: ユメタン  

kimutatsu

『新ユメサク』をよろしく!

Posted on: 2017年10月21日(土) 4:56

033

昨日書いた『新ユメサク』の件。鹿児島ラ・サールの丸山君
に連絡をして「書いてみるか」と言うたら「やりたい」との
ことでしたので、来年か再来年を目途に『新ユメサク』を
出そうと思います。

アルクの許可は取ってないけど。

でもアルクは間違いなくOKをくれることだろう。

だって普段からこんなにも多くの先生方にお世話になってる
んやから。

『新ユメサク』そのものは言うまでもない。でも採用特典の
エクセルファイルで日本中の先生方を唸らせてやろうと思っ
ている木村と丸山です。

これをやれば英作文の和文和訳は完璧という本を創ります。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
その後、アルクの取締役から連絡を頂戴しまして、
『新ユメサク』を創ることが確定しました。いえーい!

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: ユメタン  

kimutatsu

『ユメサク』を見ていて思ったこと

Posted on: 2017年10月20日(金) 5:52

09

『夢をかなえる英作文 ユメサク』をぱらぱらと見ていたの
ですが、これはかなりいい本ですね。

自分で言うなと言われそうやけど。

共著者の西山君に原案を作らせて、日本語がすこし良くな
かったので、僕と編集者の水島君とで徹底的に叩いて、
その日本語に対して僕とネイティブとが英語をつけていっ
たというのが『ユメサク』のレシピやったのです。

けっこういい感じでできているなぁと思いながら読んでお
りました。京大レベルの和文和訳にも対応できそうです。

が、これをもっと和文和訳ができるように作り変えたいな。

『新ユメサク』を作って、そこにワークブック(データ形
式につき無料にする)を付ければ、現場の先生方はかなり
助かるのではないかと思っていますし、日本語の変換を
求められるような大学を受験するような受験生にも非常に
役に立つと確信しております。

問題は共著者やな。

僕は『ユメタンライティング』と『おとなのユメタン』の
執筆が来年いっぱいまでかかるので、日本語の得意な人を
共著者につけられれば、かなり速く仕事が進むように思っ
ています。英作文の本は日本語が命ですからね。

鹿児島に1人いるなぁ。

ちょっと声をかけてみよう。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
こういう段階が一番ワクワクします。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: ユメタン  

kimutatsu

検印

Posted on: 2017年9月13日(水) 21:20

006

ご存知のとおり(かどうかは知らないけど)来年5月末までに
『ユメタンライティング』のご採用校には上の写真の検印が
アルクからプレゼントされるのです。

僕は(すみませんが)著者の特権で1つ頂きました。

これは可愛いわ。笑

矢部君、グッジョブ。

もちろんこれを欲しさに『ユメタンライティング』を採用する
というのは本末転倒やと思いますし、著者としては検印ほしさ
に採用というのはちょっと微妙な気分にはなる。

なるけれども・・・

これはいいな。笑

次回提出の宿題からこれで検印を押します。

生徒たちもきっと喜んでくれるだろうから、いっぱい宿題を出
してあげよう!そうだ、それがいい!

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました!
夏休み明けでどうも眠そうな生徒が目につきます。
生徒に気合いが入っていない状態ではいい授業などできないな。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: ユメタン  

ACCESS COUNTER

Total 24627955 Hits!

▲PAGE TOP