KIMUTATSU BLOG
木村達哉のブログ「キムタツブログ」

日別アーカイブ: 2010年3月6日

kimutatsu

『ユメタン』を使ってみて

Posted on: 2010年3月6日(土) 10:29

画像

期末考査の採点してます。文法の部分は『NextStage』からの出題が多くって、
難しいかなと思われましたが、その部分は良くできていました。

それから『ユメタンゼロ』からの出題もありましたが、驚くほど定着していました。
自分で言うのも変ですが、やはりめっちゃ覚えられますね。

CDをちゃんと使ってる人が多いのと、授業中にCDを使って指導していることも
大きいのかなとは思いますが、『ユメタン』部分の学年正答率が94%でした。

22年間、教員をやってきて、この数字は驚異的です。

生徒たちが頑張っているのですが、やっぱり単語指導に音声を取り入れたのは
良かったなと興奮しております。凄いです。本当に凄いです。

単語がわかれば、長文でも苦労する確率がグンと減ります。

速読もリスニングも得意になりますから、この調子で『ユメタン』を潰させることを
決心しました。それとともに自信にもなりました。

ご採用いただいた他校の先生方から「めっちゃ覚えられる」と言うて頂いていて、
でも自分で使うまでは実は不安でしたが、大丈夫そうです。これで鍛えます。

 

画像2

先日、愛知県の半田高校の先生から「『ユメタン』を使っているのだが、生徒たち
へのメッセージを書いてもらえないか」というご連絡を頂戴しました。

便箋に書いておくったところ、なんと!生徒諸君からの直筆メッセージを頂戴して、
木村、いたく感激しております。

なかにこういうメッセージがありましたので、ご紹介しておきます。

**********************

僕は単語に関しては授業で習ったものも、すぐに忘れてしまうということが
多いです。しかし『ユメタン』を一生懸命やっていて、日常生活での会話の
中で『ユメタン』単語を聞くと、反射的にそれを頭の中で英単語に直してしまう
ということが、一日の中で何度もあります。

僕は『ユメタン』を次のように勉強しています。

1. 知らない単語をチェック。
2. 1の単語を発音しながら3度書く。このときに連続して同じ単語を書くのでは
   なく、一度最後まで書き、また最初に戻る。これを見開き1ページごとに行う。
3. UNITの最後についている単語のチェックページで覚えたかどうか確認する。
4. CDで日本語を言われた後に、CDより早くその英語を言う。
5. 例文で単語の使われ方を確認する。

以上が僕の勉強法です。単語を覚えるときには必ず発音しながら書きます。

現在、学校の授業では『ユメタン』の小テストが2周目に入っています。そして
そのために勉強する前に、すでにほどんどが(つまり1周目で覚えたものが)
頭に入っているということに驚かされます。

これからも『ユメタン』を頑張って、単語マスターになろうと思います。

**********************

これ以外にも手紙を頂戴しているので、順次ご紹介していければいいなと思って
います。生徒諸君、頑張ってくださいね。

こんな感じで『ユメタン』ユーザーがどんどん単語を覚えていってくれていることに
喜びと誇りを感じております。本当に作ってよかったと思っています。

皆さん、ありがとう。これからも英語を愛していってください。そしてそのためにも
単語や文法といった土台をしっかりと構築していってくださいね。

 

(追記)4月11日に大阪で一般の方向けに「英語の勉強法」について
     講演を行うことになりました。もしよければお越し下さいね。
     詳細はこちらまでお願いいたします。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: ユメタン  

ACCESS COUNTER

Total 28380302 Hits!

▲PAGE TOP