KIMUTATSU BLOG
木村達哉のブログ「キムタツブログ」

月別アーカイブ: 2011年10月

kimutatsu

in such a way as to master English

Posted on: 2011年10月30日(日) 11:02

 

 

 

 

 

 

(博多セミナーの様子)

先般からあちこちの学校に呼んでいただいて、講演なるものをやっとるんです。
僕の話なんかが多少なりとも日本の英語教育の役に立つのであれば、時間さ
え空いていれば、いくらでもご協力させていただく。

空いている時間に行く分には灘校は「どうぞご自由に」という学校で、僕以外の
先生方もいろいろと飛び回っておられたりする。

先日から岡山の新見高校さん、同じく岡山一宮高校さん、佐賀の鹿島高校さん、
鳥取の米子東高校さんを訪れて、生徒たちの前で話をさせていただいた。

英語の勉強法について話してほしいという学校さんもあれば、実際に授業をして
くれという学校さんもあるし、ヤル気の出る話をという学校さんもある。

基本的に英語の勉強法ってのはいろいろあるように見えても、1つしかない。

だからその「1つ」について話をさせていただくことにしとる。

おそらく僕が喋っても安河内哲っちゃんが喋っても、はたまたそこの学校の英語
の先生方が喋っても、きっと同じことを話すことになるんやろうな。

だけどキムタツが来て「我々がいつもお前たちに言ってることと同じことを喋った」
というのが大事なんやろうと思って、その「1つ」について話すことにしとる。

先日は米子東高校で授業をさせていただいた。自分のクラスで「明日、米子って
ところに行ってこういうことをするんや」と言うと「女子の前で授業するんですか!」
と灘の1-1の生徒たちが教卓周辺で大騒ぎになった。

公立やから女子もおるんやろうなと言うと「センセ、女子の前でいつもみたいな授
業をするのは危険です!言葉遣いには気をつけて!」と。

なかなか教師想いの生徒たちだ。確かにそのとおり。お前たちの言うとおり、言
葉遣いには十分に気をつけて授業をしたよ。

 

 

 

 

 

 

 
英語ができない生徒はその「1つ」がちゃんとできてないのであって、それができ
れば英語なんてできるようになる。世界中で話されてる言語ってことは、それほど
難しくはない言語なんだ。たとえば日本語なんかと比べても。

だけど例えば単語を覚えるのに音声関係なく、単語集の紙面を目で見て覚える
というような覚え方をしている生徒は、きっと何歳になってもダメやろう。

発音記号だけを頼りに発音している生徒も、いくら勉強してもダメなもんはダメだ。

さらに基本がなってないのに長文問題集を何冊やってもダメだ。で、そういうこたぁ
きっと多くの学校で多くの先生方が話してはると思うが。

プロの言うことをちゃんと聞いて、それを続ければ、100人いれば100人とも英
語の達人になれるよ。問題は「ちゃんと聞いて」の部分なんや。

あちこちの学校の生徒たち、これから物凄いことが起ころうとしてるよ。英語がで
きないと、きっと物凄く後悔することになるよ。あと3~5年で。

英語ができるってのは、言語の基本的用途である「人の話を聞いて、的確に返
事をする」ってことなので、勘違いのないように。東大に合格しても話せなければ、
他大学にいった生徒とそれほど変わらんという時代がもう目の前に来てる。

それがわかってるから東大もあんなことを始めた。英語さえできれば合格できる
枠ってのを作ったでしょう。それはきっとそういうことなんや。

そしてそのうちセンター試験も資格試験化する。本当に力のある人間を育てなけ
れば、そしてちゃんと人的資源を育成しなければ、この国に未来はないわ。

我々教員は生徒たちの能力に線引きをして「うちの生徒にはこんなことはできな
い」なんてツマランことを考えるのではなく、精一杯鍛えてやらないとあかんよね。

親もそうだ。難関大学に入りさえすればいいなんて考えてると、近い将来大変なこ
とになってしまう。自分たちの時代とはもう違うんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
とりあえず英語ができない生徒諸君は騙されたと思って、『ユメタン』みたいなCD
が付いてる単語集をipodに入れて、音で単語を覚えていってほしい。

自分の学校で使ってる単語集にCDが付いてるならそれを使えよ。

そして「伝統」って言われたら即座にtraditionと、「回復する」って言われたらこれ
また即座にrestoreと答えられるぐらいに、クイックレスポンスを重視して覚えろよ。

「回復する」って言われて、「えっと何やったかな・・・覚えたんやけど・・・あ、そうや
restore!」ってのは覚えたことにならない。そんな単語力は単語力じゃない。

まずは単語力のレベルをそこまで上げておかないと、何の役にも立たない。

それができれば自分でも驚くぐらいに英語の力はアップする。逆に言えば、それが
できなければそれほど伸びない。

それができればびっくりするぐらいリスニングやスピーキングもできるようになるよ。
意外とプロでもできないもんだ。だって僕らの時代にはそういう発想がなかったから
先生方もそういうトレーニングはあまりやってへんねん。

だから英語が聞けないし話せないっていう人も、残念ながらいらっしゃる。

いいかい。まずはCDを使ってのクイックレスポンスや。それが相当なレベルまで
できるようになれば、君はかなりの英語力を身につけるためのスタートラインには
立ったことになる。(単語だけでもかなりの英語力を身につけたことになるが)

その続きはまた書くよ。とりあえず単語はクイックレスポンスができること。それと
絶対に音声CDを使うこと。この2点を守れば、まずは大丈夫やな。

逆に「なんで自分はこんなに単語を忘れるんやろ」と思ってる人。上に書いた2点
をやってないから忘れるんやで。

しっかり勉強して、自分という人間に力を蓄えて、そして他の人の役に立つ人間に
なろうぜ。そのために勉強してるんだ。しっかり頑張れ。

 


kimutatsu

ドラフト会議が終わって

Posted on: 2011年10月30日(日) 1:42

 

 

 

 

 

 

 

 

金沢にある近江町市場で撮影したのですが、魚の頭の大きさに子どもが驚いて
きゃっきゃと走り回っていました。

金沢といえば・・・

星稜の西川君がドラフトで我がドラゴンズに指名されましたなぁ。それから金沢
高校の釜田君は楽天やったっけ。

そういえば加藤先生とこの吉本君もホークスに指名されたんやったね。

いずれも2位指名ということなので球団の期待がいかに大きいかがわかりますが
勝負はこれからなので、ひたすら走りこんでプロの身体を作ってもらいたいな。

ドラフト1位指名選手でもなかなか活躍できない世界ですからね。特に高校生は
周囲から「凄い凄い」って言われてるうちに、実はたいして凄くはないのに、自分
のことを凄いと思ってしまって、気がつくと純粋に甲子園を目指して練習していた
頃と比べると格段に甘い姿勢で練習しているということにもなります。

以前、知り合いの息子さんがある球団に1位指名されて、かなり話題になったの
ですが、結局ほとんど一軍には出てこれずに、もうfireされてしまいました。

何ごともそうですが「自分は凄い」と思ってしまうとなかなか伸びません。そりゃあ
周囲はいろいろと褒めてくれるかもしれんが、自分だけは「まだまだたいしたことあ
れへん」と、本当に心から思っておかないとあかんもんです。

僕なんかはマジで大したことないけど、いつか自分で「俺ってもしかして大したこと
あるんやないかな」って思ってしまったら、そこからはもう伸びが悪くなる。

いつまで経っても「まだまだこれから」でいいんやないかなぁ。

ドラフトにかかった人たちは、アマでは確かに凄かったかもしれへんけど、そんなこ
とはもう過去のことなんやからね。今はプロで一番下手なところからスタートするん
やから、文字通り「まだまだこれから」なわけやね。

そういう気持ちで頑張れた人だけが、指名順位に関係なく、一軍のグラウンドに立
てるんやろうなと思っています。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 人生論  

kimutatsu

Welcome to Our World!!!

Posted on: 2011年10月27日(木) 22:41

 

 

 

 

 

 

 

 

(山田クンのお子さん)
 
 

 

 

 

 

 

 

 

(後クンのお子さん)

なんか今日ね、ベネッセの山田クンと後クンからメールが来て、なんと!この2人
に同じ日に赤ん坊が生まれたと!おめでとう!やけど、なんで同じ日やねん(笑)

山田クンは3人目、後クンは2人目です。

山田クン、後クン、こりゃ九州の大島クンを入れて反省会をしないといかんね(笑)

なんか今年は赤ん坊の写真を掲載する機会が多いね。吉野先生とか高木先生、
あるいはアルクの田島クンや石川クンとこもそうやったな。

男も女もでっかい人間になれよぉ。蔭でコソコソと他人の悪口を言うような人間にゃ
絶対になるんやないで。ツマラン人間にはなるなよ。

そして若い間はおとっちゃんみたいに前へ前へ出て、何度も失敗せえよ。そうした
らきっとええ年齢になった頃に、味のあるいい人間になれる。

というわけで、今日は朝からハッピーだけど結構笑える誕生の報告メールを貰って
職員室で笑いながら仕事をしていた木村なのでした。

なにはともあれ誕生おめでとう!これからの人生を大いに楽しめ!

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 日記  

kimutatsu

本のご紹介を

Posted on: 2011年10月26日(水) 20:47

 

 

 

 

 

 

 (星稜高校にて:セミナーの準備中)

浅田次郎先生といえば、笑いあり涙ありのピカレスク・ロマンシリーズで有名だが
今日ご紹介するのもその1つ。

『天切り松 闇がたり』のシリーズね。

第一巻が『闇の花道』
第二巻が『残侠』
第三巻が『初湯千両』
第四巻が『昭和侠盗伝』

この4冊を一気に読み干した僕は、同じピカレスク・ロマンシリーズである『プリズ
ン・ホテル』を再読したくなった。今確かラ・サールの丸山クンが読んでるはずだ。

どうして浅田先生の文章ってのはこうなんだろうね。読後の爽快感と、その対岸
なる嫉妬とも言えるような気持ちが、どの作品を読んでも僕の胸の奥底に、鈍色
に光りながら、残る。

こういう文章をいつか書けるようになりたいなと思いながら、第四巻を書斎に並ん
だ本棚のうち、小説を立ててある棚の上から2段目に戻した。

是非お読み下され。きっと6人の盗人たちに恋をし、その中の誰かになってみたく
なるはずです。僕は黄不動の栄治が大好きです。

 
(追記)次元大介もかなり好きです。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 本の紹介  

kimutatsu

博多はやっぱり熱かった!

Posted on: 2011年10月25日(火) 21:30

 

 

 

 

 

 

(筑陽学園の石黒先生)

 

 

 

 

 

 

(西南学院の田中先生)

 

 

 

 

 

 

(ラ・サールの丸山先生)

 

 

 

 

 

 

博多でセミナーを行ってまいりました。石黒御大をスタートに、西南の十督先生、
ラ・サールの丸山先生、そして木村がトリを務めさせていただきました。

参加された先生方は総勢150名強!という多さ。

それぞれが持ち味を発揮した素晴らしいセミナーだったと思う。どうすれば英語
力を身につけることができるか、どうやって指導するかという話が4つ続くんだが、
切り口が違うので、飽きが来なかった(と思う)。

石川君@アルクからは「アンケート結果が凄く良かった」とのメールを頂いたのと
参加された先生方からのお礼メールが止まらないのとからも、セミナーの完成度
が高かったことがわかる。

石黒先生、田中先生、丸山先生、お疲れさまでした。そして参加された先生方に
おかれましては、どうぞ我々のメソッドを目の前の生徒たちやご自分のキャラに合
わせてカスタマイズしていただき、ご使用いただければ幸いです。

とてもいいセミナーやったな。ほんまに凄かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 (金沢にて)
 
次は11月19日に名古屋で行います。今度は一宮高の伊藤智先生、南山中高の
吉村幸一郎先生、名城大附の澤田麻衣先生と坂将人先生と一緒に行います。

伊藤先生は「問題集に頼らず、教科書を軸にしたリーディングとリスニングの指導」
吉村先生は「英語の瞬発力を高め、4技能をバランスよく高める指導」
澤田先生と坂先生は「『ユメタン』を使用した授業事例」
木村は「リスニングとリーディングの指導を通じて英語力とヤル気の向上を図る!」

という、それぞれ内容になっています。すでに多くの先生方のお申し込みがあると
聞いていますが、博多のようにキャンセル待ちになってしまうのも時間の問題では?
と思われるので、参加される先生方はお急ぎください。

お申し込みはこちらからどうぞ。参加費は3000円です。

あぁ、本当に博多はよかった。体調が優れなかったのは残念やけど、とても満足した。
名古屋でもまた頑張ろう。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 日記  

kimutatsu

やっと風邪が治りました

Posted on: 2011年10月25日(火) 2:24

 

 

 

 

 

 

 (兼六園にて)

博多から帰ってきた。その前にも書かないとあかんことが何かいろいろあるけど
無事に博多のセミナーを終えた。石黒先生はさすがだ。十督先生、丸山先生も
それぞれにいい味を出していた。僕もおおいに触発された。

が・・・

セミナーに関してはまた書くとして、めちゃ久しぶりに大きい風邪を引いててねぇ。
九州に旅立つ前日は38.5度の発熱で一日中ダウンしてた。

セミナー当日も熱っぽくて頭が痛かったが、薬を飲んで凌いだ。

健康ってのは大事やね。It’s not untilで始めて「風邪をひいてはじめて健康って
大事やなぁってわかる」を英作してみてくだされ。

今日はやっと完全に復活した。やれやれ。皆さんもお気をつけください。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 日記  

kimutatsu

高木先生、おめでとう!

Posted on: 2011年10月18日(火) 22:48

 

 

 

 

 

 

 

 

鎌倉学園中・高等学校の高木俊輔先生からメールがあって、第1子ご誕生!!!
Welcome to Our World!!!

3708グラムってことなので結構でっかい男やな。

心の広い人間になるようにと願いをこめて、裕人(ヒロト)と名付けました!とは
高木先生の弁。

そうそう、セコセコした男になるなよ、裕人!おとっちゃんみたいなオモロイ男に
なってほしいな。

そしてあと20年ほど経ったら木村や西山、三原や執行、十督、丸山のおじさん
あたりで飲みに連れていってあげよう。そして男の厳しさを体感させてあげるさ。

将来は小さい器に入ってしまう既製品にはならず、バカみたいに大きい夢を持っ
て他の人々のために一所懸命働く男になってもらいたいな。

今年は誕生おめでとう!って言う機会が多いな。東日本で大変なことがあったこ
の1年やけど、今年生まれた子どもたちがこの国をもっともっといい方向に動かし
てくれる日を楽しみにしております。

そのときまで俺は生きるぞぉ!あと50年ほど生きて、彼らの時代を見てから旅に
出よう。それまでは頑張って生きてやる。

とにもかくにも高木先生、奥さん、おめでとう!高木先生、また飲もうぜ!

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 日記  

kimutatsu

金沢は最高やった!

Posted on: 2011年10月18日(火) 22:22

 

 

 

 

 

 

金沢でセミナーを行ってきました。場所は星稜高校をお借りして。井口先生に
ご尽力いただいて、初めての場所とは思えないぐらい、信じられないぐらいの
成功を収めることができました。

英語の指導法に関しては、やはり単語を覚える際には発音記号だけに頼った
我流の発音で覚えてしまうとリスニングが伸びないという話とか、覚える際に、
CDを使いながらクイックレスポンスをしながらでないと意味がないという話とか、
授業でのリスニングや文法の指導法について話をしてきました。

終わってからの懇親会でもかなり盛り上がり、また来年も来ようぜって言いなが
らセミナーを閉めました。

参加された先生方、特に場所を提供してくださった星稜の先生方、本当にありが
とうございました。心から感謝申し上げます。

 

 

 

 

 

 

それはそうと、この星稜の若い先生方ね、やたらノリがいいんだ。星稜と言えば
大リーガーの松井選手とかサッカーの本田選手が有名やから、イメージとしたら
なんとなく堅い校風なのかなって思ってたけど。

いや、校風はそうなのかもしれないけど。

明るいのはいいことやな。おおいに盛り上がって参りましたがな。ここは九州か?
って錯覚するぐらい盛り上がりました。よかよか。

 

 

 

 

 

 

翌日は矢部君と一緒に兼六園や金沢城、市場、古い町並みを見てきたんやけど、
近江市場で食った寿司が半端なく美味い上に安い!これ、勘定間違えてない?
ってぐらい安かった。

矢部君、来年も行こうぜ。

あっちこっちウロウロしつつ、金沢って町は本当にいいねぇ、また来たいねぇって、
そればかり二人で言いながら駅まで戻ってきました。

家に帰ったら参加した先生方からお礼のメールが。

矢部君、金沢ってところはいいねぇ。また行きたいなぁとメールでまたしても。この
何かと言えば人様の批判ばかり愚痴ばかりの世の中で、本当に心暖まる思いを
させていただきました。写真を見返すにつれ、ほっこりした気分でおります。

また来年も金沢に行かせていただければいいなと思っています。改めまして参加
された先生方、本当にありがとうございました。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 日記  

kimutatsu

強運の持ち主たれ

Posted on: 2011年10月15日(土) 2:02

 

 

 

 

 

 

 

 

最近はこの画像を携帯の待ち受けにしているからってわけでもないんやろうが、
今まで以上に運が強くって、ジャンケンでも負ける気がしない。

運を強くする方法ってのは簡単で、自分は運が強いと思い込むことだ。そうする
とどういうわけか本当に運が強くなっていくのだ。

うちの同僚にそれを話すと「知ってる。俺は実は世界一運が強い」と言われたこ
とがある。むろん、それに対して「いや、お前は世界で二番や」と答えた。

ただしこれ、口に出すだけではあかんのです。

毎日言わないとあかん。そうすると、ほんとに「自分は世界一運が強い」と脳が思
い込んでくれる。そして実際に運が強くなっていくのだ。

いや、ほんまに。

運が強くなって思うことは、物事を冷静に見つめることができるようになったという
ことだ。どんな逆風が吹いても「これは大したことないな」と冷静に対処できる。

運の強弱と関係ありますのかと聞かれそうやけど、それがあるのですぞ。

運の弱い人は逆風が吹くと「ついてない」だのナンだのととかくこぼしがちになる。
そして慌てるので、どんどんドツボの深みにはまっていく。

しかし運の強い人は「これは本当に逆風かな」と分析を始め、考えた挙句に「こん
な程度の風は逆風でもなんでもない」とみなし、的確な対応策を練る。

「ついてない」人なんていない。もちろん「ついてる」人もいない。

ついてないと思ってる人と、ついてると思ってる人とがいるだけだ。後者は実際に
強運の持ち主になるし、明るくなるので人が集まる。異性にもモテる。
つまらぬことでイライラしないしクヨクヨもしないので、人生が楽しくなるのは当然だ。

いよいよセンター試験の受付も終わり、何かと自信のない受験生が溢れかえるが
本番に強くなる方法がある。それは本番に強いと思い込むことだ。

そして毎日鏡に向かってそう唱えることだ。もちろん努力は必要やけどね。

自信満々で試験に臨むことができれば力も発揮しやすくなろう。健闘を祈る。

 
 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 人生論  

kimutatsu

金沢と九州でセミナーやります

Posted on: 2011年10月12日(水) 1:14

 

 

 

 

 

 

 

 

週末は金沢でセミナーを行うことになっていて、約60名の先生方が参加される。
場所は星稜高校。星稜と言えば、野球の松井選手、サッカーの本田選手やな。

金沢は数年前に59回生の担任団でお疲れさま旅行に行った場所で、兼六園も確
かによかったが、それ以上に街並みが美しくてね。

今回もひとりで散歩しようと思ってる。

それから来週末は佐賀県の鹿島高で講演して、23日は博多でセミナーを行う。こ
れは石黒先生、十督、丸ちゃんと一緒にやるのでとっても楽しみだ。

人は集まってるのかなと思って、さっきアルクのイベントページを見たら、定員100
名が知らんうちに130名に増えていて、それもすでにキャンセル待ちになっとる。

九州って終わってからの懇親会が驚異的に盛り上がるので、それも楽しみだ。

人と交わる楽しみこそ、人生における最大の喜びやな。金沢と九州の先生方、どう
ぞ宜しくお願いします。また、セミナー後もお付き合い賜りますようお願いします。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 日記  

1/3123
ACCESS COUNTER

Total 21814920 Hits!

▲PAGE TOP