KIMUTATSU BLOG
木村達哉のブログ「キムタツブログ」

月別アーカイブ: 2011年12月

kimutatsu

大晦日

Posted on: 2011年12月31日(土) 19:50

 

 

 

 

 

 

 

 

 
紅白歌合戦が始まりました。僕はダイエーでシャブリの白を買って帰ってきたあ
とに風呂に入り、じっくりと今年の垢を落として、先ほど一息つきました。

片づけが終わってガランとした書斎を眺めていたのですが、おもむろに自分の授
業DVDを取り出して、しばらく見ておりました。相変わらず下手な授業です。

生徒たちに前置詞プラス関係代名詞の説明をしているDVDを見ながら、そろそ
ろ紅白を見にリビングにいってこようかなと思っているところです。

今年はいろんなことがありました。たくさんの笑顔と、それと引き換えにするに
はあまりに残酷なほど多くの涙がありました。

しかし何にせよ、我々は前を向いて生きていくことが大事なのです。

人の悪口を言わず、職場や周囲の人たちの愚痴を言わず、精神的に疲れてし
まわないで、背筋を伸ばしてまっすぐに歩くことが大事なのでしょう。

その中で見えてくるもの、神様が見せてくださるものがあるのだと信じたい。

来年も良い年にしましょう。どんな年であれ、主体的に受け入れ、そして自分の
力で良い年にしてみせましょう。

皆さん、今年も頑張りましたね。お疲れさまでした。良いお正月をお迎え下さい。

僕は今年の様々なシーンを思いだしながら、支えてくださった全ての方々に感
謝しつつ、美味しくお酒をいただきます。

 
いつも僕のブログに来てくださって感謝しております。
来年もどうぞ宜しくお願いいたします。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 日記  

kimutatsu

 年賀状

Posted on: 2011年12月31日(土) 1:19

 

 

 

 

 

 

 
年賀状をようやく書き終わりました。年賀状って頂戴すると嬉しいものですね。
最近は年賀状の慣習が若い人たちの間ではあまり続けていこうぜ感がない
ように思いますが、とてもいいことだと思うので続けていってほしいな。

メールで済ませるのではなくて。

ただし職場の年賀状はあまりにも形式的なので、廃止すべきだとは思うけど。
実際、前の職場も今の職場も「年賀状は要らんやろう」という校長先生の鶴の
ひと言があり、特に親しい人同士でないとやり取りはしていません。

なんせ職場の人間とは、新年始まったらすぐに会いますからね。

でも「今年会えるかなぁ」という人と「この人には世話になったな」という人には
年賀状を出して挨拶をしておきたい。

本来は年始の挨拶といって、世話になった方のご自宅を挨拶回りするのが昔
の慣習やったのですが、今はさすがにね。

だからせめて年賀状ぐらいは出したいものです。

今年は1600枚ほど書きました。その大半が全国の先生方なのです。何も手
書き部分がない年賀状ほど味気ないものはないので、必ず一筆添えて。

それと年賀状に限らず、僕は誰かから葉書きを頂戴したら返事を書かないと失
礼にあたると思う性質なので、必ず返事を書くようにしています。

あぁ例外はあるなぁ。いきなり本を送ってこられて「僕が書いたので感想を!」と
言われるケース。知り合いの場合は別やけど、知らない人から「感想を」と言わ
れても、人間関係が出来てないと言えないことだってある。

だけど年賀状などの場合には、いただいたら絶対に返事をするのです。だって
失礼じゃない?いくらなんでも。縁を大事にしたいのもあるけど、それ以前の問
題として、知ってる人から頂いて返事を書かないなんて、どうも気持ち悪くて。

この正月もきっと、教え子たちや生徒たちからたくさんの年賀状を頂戴するん
やろうな。それに返事を書くのも楽しいものです。教員としては。

中には官僚になった教え子や弁護士になった教え子、税理士になった教え子
などから「頑張ってます」という年賀状も届きます。とても嬉しいものです。

つまり何が言いたいかというと、1600枚書いたけど、書いてない人から届くと、
そこにまたプラスされるので、少し余計に葉書きを置いてあるのです。

あれ、書いてない人から届くと「あ、書き忘れた!しまった!」って気分になりま
すよね。その意外な人から届くのも正月の楽しみでもありますけどね。

皆さんは年賀状を書きましたか。お世話になった方々に「ありがとう」が言える
絶好のチャンスですから、部屋の掃除が終わったら是非書いてみて下さい。

 
あと1日で2011年が終わりますね。年末のお忙しいときなのに
僕のブログに来てくださってありがとうございました。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 日記  

kimutatsu

来年をそろそろ考えてまして

Posted on: 2011年12月30日(金) 23:22

 

 

 

 

 

 

 
『ユメブン』の著者3人です。TK関東支部の先生方と忘年会をやったのですが、
先生方が『ユメブン』出版おめでとうのケーキを用意してくださったのです。

いや、こういうのは嬉しいですねぇ。ありがとうございます。3人を代表してお礼
を申し述べます。感謝申し上げます。

多くの先生方が祝福してくださいました。そして石崎先生、佐藤先生の「まさか
1年前は自分が本を出すことになるなんて思ってもみませんでした」という言葉
は、実感だと思います。

でもこれからさらに多くの先生方に本を書いてもらおうと思っているのです。

今までは参考書といえば予備校の講師の先生方や大学の先生の監修によるも
のが多くて、実際に現場の先生こそ生徒たちの進度やニーズを一番よく知って
いるにも関わらず、ほとんど書いてる先生方がいなかったのですね。

これからはいろんな学校のいろんな先生方に書いてもらおうと思っています。

来年は誰がライターとしてデビューするのでしょうか。楽しみにしているのです。
いくら英語力があっても本は書けません。しかし英語力がないと書けません。

英語力と表現力、そして現場のニーズがわかってないと良いものは書けない。
大学入試もリスニングや表現力重視になり、配点もきっと変わっていくでしょう。

そういった変化に対応する情報収集力もないとダメです。そのためには今のや
りかたに固執しない、頭の柔かさが必要となります。

石橋を叩いて渡るという諺がありますが、そういった資質は教材を作る人間にと
っては邪魔な要素でしかありません。

むしろ必要に応じて新しいものをどんどん取り入れようとする姿勢が大事です。

そして何よりも大事なもの、それは想いです。アルクの嵯峨さんの「想いがなけ
れば、本なんて書けるわけがない」は名言です。

来年は誰に本を書いてもらおうかなぁと思いながら、1月1日からまた闘いモー
ドになってやろうと思いながら、どんどん考えたことを手帳に書き付けています。

またあと2日すれば、新しい年が始まりますね。いい年にしましょう。

 
僕のブログを覗いてくださってありがとうございます。
そろそろ来年の達成目標を手帳に書く準備を始めてはいかがでしょう?

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 日記  

kimutatsu

英語を自由に使いこなすために

Posted on: 2011年12月30日(金) 14:27

 

 

 

 

 

 

 

 

この本はすごい!と褒めていただくと相当嬉しいものです。勉強用の本の場合
は「凄い!」と言ってくださる人が口コミで広げてくださるパターンが多いのです
けれども、その点では『ユメタン』がそうでした。

最初はそうでもなかったのですが、採用してくださった学校の先生方の「CDを
使って覚えている生徒たちは、単語の定着率が半端なく高い!」と言ってくださ
ったのですね。

そこから今では1年間に10万部もの『ユメタン』たちが書店さんを旅立つことに
なりました。そして英語を喋りたいという、我々の夢の実現に役立ててもらって
いるのです。

僕はいつも書店さんに行くと、自分の息子や娘たちに「いいお客さんに買っても
らうんやで」と声をかけることにしています。

やはり問題集ってのは電子機器などと一緒で、クリエーターが考える正しい使
い方ってのがあるのですが、『ユメタン』の場合は単に目で見て覚えるのではな
くって、音を聞いてクイックレスポンスができるように勉強してほしいのです。

CDごと丸呑みし、クイックができるようになったら、英語が聞けるようになります
し、英語が話せるようになってくるのです。それは間違いないのです。

大学入試のためだけに英語を勉強しているという人もいて、それはそれでしょう
がないなと思いますが、やっぱりせめて高校生なのですから英語ぐらいは自由
に話せるようになっていてほしいなと願っています。

東大をはじめとする難関大学に入っても、英語も使いこなせないのではどうかと
思って、だから受験用の単語集にはなかった「英語を話せるようになる夢を叶え
たい」という思いを持って『ユメタン』を作ったのです。

 

 

 

 

 

 

 
今回そのコンセプトはそのままに、東京の佐藤先生や石崎先生と『ユメブン』を
作りました。

これも「文法をちゃんと勉強したら英語が話せるようになるし、英作文が得意に
なるに決まってる!」という、英語の世界では当たり前のことを本にしたのです。

買ってくださった多くの先生方から、『ユメブン』すげぇ!という声を頂戴するよう
になりました。ありがとうございます。

ちゃんと使ってくださったら文法だけではなくって、英語のリスニングや英作文が
絶対に得意になるはずなんです。

そういうふうに作ったんです。

多くの日本人が英語ではもう悩まなくていいように、話し合って話し合って作っ
たのです。そういう想いを込めて、『ユメタン』も『ユメブン』も作ったのです。

使ってくださった方々が「英語が話せるようになってきた」と言ってくださるように
願っています。英単語や英文法を勉強しながら、リスニングやスピーキング、あ
るいは英作文の力をどんどん付けてください。

そして世界のいろんなところで困っている人たちの役に立てる人材に成長して
いただければいいなと願っています。

英語を喋ることができれば活躍するエリアが広くなります。

英語を喋ることができるようになれば海外に行ってみたくなります。

そしてそこで他の人と触れ合いたくなるはずです。

そこで自由に動いてみたいなと思うようになるのではないでしょうか。

そういう夢を叶えられるように、来年も引き続いて英語の勉強を頑張ってほしい
なと願っています。ちなみに僕も英語をもっと勉強しようと思っています。

 
今日も僕のブログに来てくださってありがとうございました。
今年もあと36時間ぐらいになりましたね。年越しの準備は進んでいますか。

 


kimutatsu

ユメブン発刊につき

Posted on: 2011年12月25日(日) 20:55

 

 

 

 

 

 

 
『ユメブン』が発売となりました。多くの方々から「これは凄い」というメールを頂戴
しておりまして、著者3人、とっても恐縮しております。

文法の勉強をちゃんとやったら、リスニングも英作文も得意になるというメッセージ
をあちこちにちりばめました。

企画段階からみんなで「これは力が付く!!!」と興奮して作った本です。

良かったら見てください。文法と英作文の苦手な人はどうぞ使ってみてください!

ちゃんとやったらわかります。物凄くタフだと思います。それは『ユメタン』も同じで
でも全国大会に出る部活動と一緒で、タフやなかったら力が付きません。

毎日同じ単元を繰り返すから、忘れないし力が付くのです。

どうぞ手にとって下さい。ほんまに自信作です。文法と英作文の苦手な人たちは
ちゃんと指示どおりにやってみてください。絶対に力が付きます。

 
今日も僕のブログを覗いてくださってありがとうございます。
明日は大阪で先生方対象の「試験の作り方、例文の作り方」セミナーです。
なんと70名も集まってくださるとのこと。参加費は全てチャリティーです。
参加される皆さん、どうぞ宜しくお願いいたします。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: ユメタン  

kimutatsu

生徒からのメールを読んで

Posted on: 2011年12月20日(火) 10:35

 

 

 

 

 

 

 

 

 
金沢で開かれていた英語ディベート大会で、僕の生徒たちが優勝し、世界大会
に駒を進めることになりました。頑張ってきてほしいなと願っています。

日本一で満足するのではなく。

灘は初優勝なんだそうです。よかったねぇ。嬉しいなぁ。

生徒のひとりからのメールを読んで、通勤途中の車の中で泣いていました。

*************************

返信が遅れて本当にすみません。
あまりに疲れていて爆睡してました(笑)

そしてありがとうございます!!

今回思ったことが2つありまして、
ひとつめは木村先生への感謝です。

ディベートで咄嗟に口にする表現ってやっぱり昔の暗唱中にあったものが
ベースになってる気がします。

今までの先生の授業での積み重ねが実を結んだ結果やと思っています。

3年間みっちり鍛えて頂き、ありがとうございました!

ふたつめは、自分の可能性です。

英語を使えるようになればなるほど、自分を正しく表せられるようになって
どんどん世界が広がっていくような気がします。

メキシコでの世界大会ではALL ENGLISHなので、英語の向上の必要性
を痛感するとともに、英語という鍵でこの先いったいどんな扉を開けられる
のか、自分の可能性が楽しみで仕方ないです!

とりあえずはメキシコ!!楽しみます!!

これからもみっちりご指導宜しくお願いいたします。
灘を卒業するまでに英語が足枷にならないレベル迄にはしたいと思います。

ありがとうございました!!!

*************************

俺みたいな厳しい教員についてきてくれて、こちらこそありがとう。これからも
鍛えてやるから、後ろをついてきてくだされ。

今まで彼らが暗唱してきた教材は以下のとおり。

●One WorldⅠ(中学の検定教科書)
●One WorldⅡ
●One WorldⅢ
●エレメント英語Ⅰ(高校の検定教科書)
●アクセルリーディングⅠ(啓林館の速読教材)
●英語長文速読特訓ゼミ 基礎レベル編(旺文社)
●リスニングボックス3冊(啓林館)
●夢をかなえるリスニング2冊(アルク)
●ユメタンゼロ(単語およびフレーズ)
●ユメタン①(単語およびフレーズ)

これらを全て暗唱しました。授業を使って。あるいは宿題にしたこともあったなぁ。
英語長文速読特訓ゼミ以外は、授業を使って暗唱しました。

どうしても覚えられなくて頭をかきむしっていた生徒もいました。

僕も悪魔と言われたり鬼畜と言われたりしましたが、そろそろ僕が天使に見え
てきたのではないかと思っているのです。生徒たち、どうかなぁ。

努力が実を結んで、こうして日本一になれたのです。こういうのを努力と言うの
ですね。僕も頑張ったし、彼らもよく付いてきてくれました。

大舞台で活躍できるようになればなるほど、ますます謙虚に、そして視野が広く
なっていくとはラ・サールの丸山先生の言葉なんですけどね。

彼らの英語力の爆発的向上と、感謝の気持ちをしっかりと伝えることができる
素晴らしい人間性に、敬意を表したい。

昨日の朝は涙がとまらなくて困りました。こちらこそありがとう。

 
今日も僕のブログに来てくださってありがとうございます。
年賀状を書きながら、仕事をしながら、冬休みを満喫しています。

 


kimutatsu

秋田高校の生徒諸君へ

Posted on: 2011年12月19日(月) 19:51

 

 

 

 

 

 

 
秋田県立秋田高等学校の草階先生から久しぶりにメールを頂きました。草階
さん、ありがとう。写真が添付されていました。上の写真です。

*************************

生徒達の中で、先生のブログを見ている者が結構おりまして、
「自分たちもユメタンを使っているので、ブログに写真を載せてくれるよう、
キムタツ先生に頼んで」と言われたので、ぜひお願いします。

*************************

こちらこそありがとうございます。しかし彼ら、ええ表情してる。ええな、これは。
「頑張ってるんやから、写真使ってくれ!」感が出ていてええわ。

草階先生のメールにこのようにありました。

*************************

今年の7月頃からユメタンを使用し、1週間に50語で進んでおります。
間もなく1周目が終わるところで、教科書や問題集、模試などで
勉強した単語が続々と出てきて、生徒達はユメタンの威力を実感しています。
3月までにもう1周して、基礎レベルの語彙を固めたいと考えています。

*************************

秋田高校の生徒諸君、頑張れ!そして自分の行きたい大学に行って、将来は
英語を使って、困っている世界の人たちを助ける人材になってくれ。

英語ができなくて、自分の可能性をどんどん萎ませていくのはあまりにも悲しい。
でも受験レベルの英語なら、単語と文法をしっかり(←ここ大事)やれば大丈夫。

というか、逆に言えば単語と文法が曖昧やから英語ができないのだ。

秋田高校の生徒諸君、そして草階先生、これからもEnjoy staiying positive
in any event!な姿勢で頑張って下さい。応援しています。

 
今日も僕のブログに来てくださってありがとうございます。
週末、宮本輝先生の『泥の河』を読み返しました。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: ユメタン  

kimutatsu

優勝の報を聞いて

Posted on: 2011年12月18日(日) 23:27

 

 

 

 

 

 

 
本人たちからはまだ連絡がないけど、僕の生徒たちが全国英語ディベート大会
で優勝したらしい。おめでとう!

僕は東京に行ってたんですけど、今日の昼に執行さんから、続いてB社足立君
から、さらに高山西の小林教頭から「優勝!おめでとう!」というメールが。

そのあとも続々といろんな先生方から「おめでとう」メールが。

最初は何のことかわからなかったけど、金沢で行われてた大会やな。

世界大会に進出するということで、それを聞いてびっくりした。

世界の国々の高校生たちと堂々と渡り合ってきてほしい。

僕はディベートに関しては何の指導もしていないけど、中1から彼らに英語を教
えてきた人間として、彼らが全国優勝を成し遂げたことに敬意を表するとともに、
彼らを誇りに思っています。

おめでとう。そしてありがとう。とてもいい気分です。

 
今日も僕のブログを覗いてくださってありがとうございました。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 日記  

kimutatsu

嬉しいご報告が

Posted on: 2011年12月17日(土) 1:47

 

 

 

 

 

 

 

 

 
『ユメタン』を使ってくださっている学校の先生方からお礼のメールがガンガン送
られてきて、なんか良い1日になりました。皆さん、ありがとうございます。

模試の英語の成績がありえないぐらい上がった!
Gテックのリスニングの点数がとても高かった!
本校の生徒の平均偏差が10ポイントぐらい上がった!

とか、こういった感想が一気に送られてきて、著者としては嬉しい限りです。使っ
てくださってありがとうございます。

『ユメタン』には絶対的自信がありますが、それでも指導される先生方が生徒た
ちにちゃんと指示をされているからこそ、成績があがるのです。

『ユメタン』を使っても、CDを使わなかったり指示が明確でなかったり渡しっぱな
しにして単語テストだけやっていたりしたのでは、なかなか難しい。

単語はCDを必ず使って覚えないと、単語の意味を覚える際にはいいのですが、
リスニングの際に(発音記号で覚えてしまうと)伸びないということになります。

メールを送ってくださった先生方が、ちゃんとCD使えと指示されているからこそ
リスニングの成績が上がったり模試の偏差値がジャンプアップしたりするのです。

『ユメタン』もさることながら、先生方のご指導の賜物だと言えます。『ユメタン』
に書いてある覚え方を徹底されている先生方が奏功してるのだと思います。

良い気分で仕事ができます。ありがとう。ありがとう。

 
いつも僕のブログに来てくださってありがとうございます。
今日から2~3日寒くなるそうです。風邪などお召しにならぬ様。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: ユメタン  

kimutatsu

『ユメブン』完成の巻!

Posted on: 2011年12月15日(木) 23:50

 

 

 

 

 

 

 

 

 
いえ~い!(-^〇^-)

『ユメブン』が完成しました。21日に書店さんに並びますねん。\( ^o^ )/

向かって左側、つまりピンク色のほうが「中学英語総復習~高校入門レベル」、
向かって右側、つまりオレンジ色のほうが「大学入試レベル」となっています。

文法の苦手な人はこれを潰してください。

そうすると文法だけじゃなくて、英作文やリスニングまでできるようになります。

文法ってのは英語を使う際のルールなので、「英語を使おう」としなければ、な
かなか定着しません。この本は使うことを意識して作りました。

潰してください。

そうすれば文法だけじゃなくて、使える英語力がどんどん伸びていきます!

詳細はまた追って書きますが、17日に池袋リブロさんで先行販売してくださり、
そこで買ってくださった皆さんには著者3人がサインをさせていただきます。

16時スタートですので、どうぞおこしくださいね。宜しくお願いいたします。

 
今日も僕のブログを覗いてくださってありがとうございました。
寒い日が続きますが、こんな時こそ背筋を伸ばして歩きましょう。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: ユメタン  

1/3123
ACCESS COUNTER

Total 22024932 Hits!

▲PAGE TOP