KIMUTATSU BLOG
木村達哉のブログ「キムタツブログ」

日別アーカイブ: 2012年1月5日

kimutatsu

前田先生、ありがとうございます

Posted on: 2012年1月5日(木) 14:38

 

 

 

 

 

 

 
福島県立磐城高等学校で2月にチャリティーセミナーを行わせて頂くのですが
磐城高校の前田先生がご自分のブログで『ユメブン』の書評を書いて下さった。

前田先生ありがとうございます。

***************************

さて、この本のコンセプトは最初のインプット以外はすべてアウトプットになって
いることでしょう。知識というのは入れるのではなく、くり返し「出す」と定着に向
かっていきます。自宅の電話番号を覚えているのは、くり返しインプットした結果
ではなく、くり返しアウトプットした結果、脳が重要な情報とみとめ長期記憶の中
に入ることになったからです。この本はまずこのアウトプットの原則に則しています。

次に、Step 1 からファイナルステップに向けて、同じ項目を少しずつ単語を変え
ながら進んで行っている点が、無理なく定着を促します。ドリルの「歩幅」が大き
くもなく、小さくもなく、ちょうどいいのです。これを「変化のあるくり返し」といいます。
穴埋め、誤文訂正、疑問文への変換、語順、英作文とルールの認識からメカニ
カルなドリルを経て、英作文へと進んでいきます。また、この過程で少なからぬ
表現、音声を体に取り込むことにもなり、文法というより英語の総合力をあげるの
に適した構成になっています。

この本は、Forest, Be, Dual Scope, Breakthroughなどが構造的に抱え
ている問題にメスを入れてます。それは問題数、問題の種類が少なすぎて定着
にいたらないということ。そして問題の出し方についても定着をうながすトレー
ニング順序を考えていないという点。

文法力は単にワークブックやネクステの問題をやればいいというのではなく、
音読筆写を中心とした、もっと根本的な学習の在り方を考えないとダメである
ということ、文法学習はRLSWの学習の起点になりうるということを提起した点
で、ユメブンは画期的といえるでしょう。

すでに文法参考書の教科書を使っていて、自分で教材を作るとすれば、ユメブン
の構成が大いに参考になるでしょう。その場合ファイナルステップの英作文を意
識して、それを達成するために前のステップに、そこで使う表現をまぶしておくと
いう伏線構造を忘れないようにしたいですね。

よくExplicitな文法知識なしの学校の授業もありますが、その場合、結局生徒
は塾かどこかで補充しています。やはりExplicitな文法指導は必要不可欠だと
思います。ユメブンの1も楽しみ。

木村先生、佐藤先生、石崎先生、すてきな本をありがとうございます。

************************

こちらこそありがとうございました。感謝申し上げます。

文法をちゃんと勉強すれば、英作文が絶対に得意になっていきますが、この本
は英文法、英作文、リスニング、スピーキングの力をアップさせたくて作りました。

反復しながらアウトプットの力を付けていってほしいなと願っています。

 
僕のブログに来てくださってありがとうございました。
前田先生のブログはこちらです。他にもためになる内容がたくさんあります。

 


kimutatsu

今年の目標は何ですか

Posted on: 2012年1月5日(木) 11:33

 

 

 

 

 

 

  
仕事が始まりましたね。学校は7日からか、あるいは9日からというところが多い
ようですが、実際には教員はだいぶ前から始動しているものです。

ちなみに僕は31日だけ紅白歌合戦を見てお酒を頂きましたが、元旦から今年の
目標を決めて動いております。といっても大した目標ではありませんが。

今年は毎日最低1つは文章をリスニング → 暗唱しようと思っていまして。

数年前に買ったオバマ大統領の演説集を、そういえばipodに入れるだけいれて
ほとんど聴いていなかったなと思い返し、オバマのモノマネをすることにしました。

というわけで、オバマ大統領の演説を1日1つずつリスニング → ディクテーション
→ 知らない単語や表現の暗記 → シャドーイング → 暗唱をやっています。

それが終わったら別の本を買ってくるか、English Journalを使います。
とにかくインタビューであれニュースであれ演説であれ、1日1パッセージ暗唱。

それから3日に書店さんに行って、小説を12冊買ってきました。今年も1ケ月あ
たり最低でも10冊は小説を読み、日本語の感性を鍛えようと思っています。

それと健康管理のために、毎日1時間のウォーキングですね。

この3つを今年の目標にしてみました。無理なく、だけど自分に厳しくやっていこう。

再度書いてみると・・・

 ① 1日1文章の英語のリスニングと暗唱。
 ② 1か月10冊の読書。
 ③ 毎日1時間のウォーキング。

1年続ければ結構な力になってるんやないかなと思うんですけど・・・って、②は
一昨年からやっていますけどね。①は抜けることが多かったので。

それにプラスして、去年はTKから佐藤先生と石崎先生が本を出したので、今年
はまた別の先生方にも書いてもらおうと思っています。

書店さんに行くと「うちの学校の先生の本がある!」と生徒たちが喜ぶような、そ
ういう社会にしてみたいなと思っていましてね。

どうも学校教育と出版物って乖離してきた気がするんですよね。

塾や予備校ばかり行ってないで学校のことを大事にしなさい!と言っているので
すけれども、その割に予備校の先生方の本に頼っていたのが今まで。

これからは書店さんにいくと学校の先生方の出した本がいっぱい並んでるという
感じになってくればいいなと思っています。

英語だけじゃなくって、数学とか国語の先生方が作ったプリントなどが本になって、
書店さんの店頭に並ぶ世の中になってほしいなぁ。

学校の教員はかなり入試問題を研究していますし、書く力のある先生方だって
かなりたくさんいらっしゃいます。

英語に関しては、僕がその一助となればと思っています。本を書くのとプリント
を作るのでは天地の開きがありますので、本の作り方をお教えしようと思って。

皆さんの今年の目標は何でしょうか。今年も夢や目標に向かって頑張れる自分
でありたいですね。お互い頑張りましょう。

 
今日も僕のブログに来てくださってありがとうございました。
次は並べ替えの問題の攻略法について書きたいと思います。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 日記  

ACCESS COUNTER

Total 31526876 Hits!

▲PAGE TOP