KIMUTATSU BLOG
木村達哉のブログ「キムタツブログ」

日別アーカイブ: 2012年2月21日

kimutatsu

東北は熱かった!

Posted on: 2012年2月21日(火) 19:28

 

 

 

 

 

 

 
この週末、通訳の柴原智幸先生と一緒に、アルクさん主催の東北チャリティー
セミナーで話をさせていただいてきました。

初日は仙台。2日目は福島県のいわきで行いました。

合わせて130名ほどの先生方がおいで下さいました。感謝しております。

また福岡の田中十督先生、濵﨑春奈先生、京都の西山哲郎先生、東京の加
藤仁恵先生が「お手伝いしたい」と声を上げてくださいました。

4人の先生方にもユメタンの使用事例などを語っていただきました。

それ以外にも福岡や金沢、東京、神奈川、岐阜などから多くの先生方が参加
されました。そして信じられないぐらい盛り上がりました。

今回は福島開催が日曜日だった関係で懇親会ができず、残念だったのですが
仙台では今までで一番盛り上がったんやない?ってぐらい盛り上がりました。

 

 

 

 

 

 

 
セミナーで我々6名が話した内容はさておき、アルクの方々を含めたスタッフ
全員が一枚岩であったことが成功の原因だと思っています。

損得勘定抜きに東北の先生方の、そしてひいては生徒たちの力になれれば
という気持ちがひとつになったのが良かったのではないかと。

そして言うに及ばず、参加された先生方ひとりひとりが主体的であったことで
す。「お客さん」ではなく、学んでやるぞという意識が高かった。

懇親会、当初は申し込みがあまり多くなかったのです。被災地の方々が多い
ことでもあるし、これはしょうがないよねと話していたのです。

ところが終わってから「参加したい!」「飛び入りでもいいか?」という声が相次
ぎました。結局、仙台80名の参加者のうち50名ほどが参加されました。

さらに帰ってきてびっくりしたことがあります。

それは今までのどのセミナーよりもお礼のメールがすでに届いていたことです。
東北の先生方から「ありがとう!」のメールが信じられないぐらい届いていまし
て、本当に嬉しかった。また抜粋してブログにアップします。

同じセミナーを受けても「良かった」という人と「良くなかった」という人がいます。
僕のセミナーはほぼ全員が「良かった」と書いてくださるのが嬉しいのですが、
それは僕が良いのではなく、参加された先生方が良いのです。

「良くなかった」とすれば、それは参加された先生方が受け身になっているケー
スが多々あります。そういう人は講師に疑問点を質問することさえできないで、
よくなかったよくなかったとばかり言っているのです。

僕のセミナーに参加される先生方は、懇親会で僕に質問をぶつけられます。
僕も真剣に答えます。そこに相互理解が生まれます。

だから皆さん、満足されてお帰りになるのではないかと思っています。僕のセ
ミナーは参加者が主体的だからこそ、毎回スーパー大成功するのです。

今回の東北もそうでした。

 

 

 

 

 

 

(福島県立磐城高等学校さんにて)

いっぱい泣きました。セミナーの途中で泣き出した先生やスタッフもいました。
そこにいたみんなが気持ちをひとつにしていたのです。

これで終わりではなく、始まりだと思っています。

復興はいまだ進まずですが、少なくとも我々にできることをしていきたいし、そ
れは柴原先生が仰ったとおり「英語の教員なんだから、英語の教え方や勉強
方法を説明することでお役に立ちたい」ということなのです。

第2回や第3回があればいいな。

秋田の草階先生から「講演に来てほしい」と依頼がありました。花巻の先生か
らのメールにもそう書かれてありました。なんぼでも手を貸します。

『ユメタン』を使っている生徒たちに直接著者から話しかけてやってほしいと仰
った先生も何名かいらっしゃった。なんぼでも話をします。

東北の多くの先生方の力になれたのであれば、そしてひいては東北の生徒た
ちの力になれたのであれば、こんなに嬉しいことはありません。

最後になりましたが、場所を提供してくださった聖ドミニコ学院さんと福島県立
磐城高校さんの先生方にお礼申し上げます。

義捐金は今までの人生で一番寄付をしてきたけど、お金だけじゃなくって何か
でけへんかなぁと思ってきました。昨年の3月11日以来。

やっと自分が東北の人たちの力になれた、そんな気がします。

出席カードに書かれていた、ある先生からのメッセージです。

*************************
何よりキムタツ先生と柴原先生が東北に来てくださったこと。
これが嬉しかったです。キムタツ先生の講演中、何度も泣き
そうになりました。ありがとうございました。
私たちは大丈夫です。でもまた来て下さい。待っています。
*************************

参加された全ての先生方とアルクのスタッフ、協賛してくださった企業の方々
に、心をこめてありがとうと言いたい。本当にありがとうございました。

木村達哉拝

 
今日も僕のブログにきてくださってありがとうございました。
僕も元気を頂戴したので、これから頑張ります!

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 日記  

ACCESS COUNTER

Total 25656613 Hits!

▲PAGE TOP