KIMUTATSU BLOG
木村達哉のブログ「キムタツブログ」

日別アーカイブ: 2013年6月14日

kimutatsu

Get Exercise Every Day

Posted on: 2013年6月14日(金) 23:08

 

nada018

夏の大会の相手も決まり、あとは練習するだけとなりました。どこの
学校も同じでしょうが、なかなか平日は練習を見てやれません。

聞いてみると強い中学校などでは監督が会議などを免除されている
ということです。へぇ・・・公立でもそういうのがあるんやなぁ。

どこでもそうってわけやないやろけど。

でもさすがに残り1ヶ月弱となりましたので、少しだけでも練習を見て
やろうと思って、放課後のグラウンドに足を運びます。

しかしあれですな。

さすがに50歳前になるときついな・・・体が。

コーチがいるわけでもなく、実質的に野球の指導をしてやれるのが僕
だけってのは、ある意味気楽なのですが体がきつくなってきました。

さらに面倒なのが目です。

グラウンドにずっといた日は夜になると目が見えなくなってきました。

これから夏日を迎えて、ますますその傾向が強くなります。

どこまでできるかわかりませんが、野球は好きなので子どもたちの野
球に付き合ってやろうと思っています。
  

nada015

ちなみに今月はon the wagonなのですが、6月1日に63.1キロで
あった体重が、今日は59.3キロになっていました。

食べる量はあまり変わってないのです。

酒を全く飲んでいないのと、劇的に運動しています。

一昨日、学校から12キロ歩いて帰りました。

昨日は7キロウォーキングしたあとに、500メートルのダッシュ2本。

そして今日も学校から12キロ歩いて帰りました。

3日間で32キロ。

夜は執筆を楽しんでいますが、さすがに12時になると体が休息を求
めるので横になることにしています。

しかし500メートルのダッシュはかなりきついです。思い切り走りました。
最後はダッシュになってなかったけど。

今月は体をいじめるだけいじめて、7月5日の健診に備えます。

 

今日もブログを覗いてくださってありがとうございました。
親戚が突然死・・・心臓が急に止まったそうです。まだ若いのに。
僕も気をつけます。熱中症にも気をつけないとあきませんね。
  
  


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 日記  

kimutatsu

Email from Kagoshima

Posted on: 2013年6月14日(金) 10:00

counseling_room

おかげさまで『大学合格キムタツ相談所』もご好評いただいております。
ほんまにありがたく思っています。

というか、保護者の方々からのメール相談がかなり増えました。

一応ルールとして、個別に対応すると物凄いことになってしまいますの
で、メールで相談された内容についてはこちらで回答します。

その旨の連絡はさせていただきますが。

***********************

鹿児島の高校2年生の母親という方からのメールです。

いつもブログを拝読しています。更新のない日はガッカリします。
キムタツ先生、どんな内容でもいいので毎日更新してもらえたら
嬉しいです。お忙しいのはわかっているのですが。

ところで息子のことです。英語の成績だけでなく数学の成績もあまり
思わしくはなく、地元の大学にと思っていたのですがとても国公立大
は難しいように思われます。私学ということになると福岡か関西の大
学まで視野に入れているようですが、経済的な理由で親としては
やはり地元の大学か、熊本大学に行ってくれたらと思っています。

(中略)

親が勉強しなさいと言っても呑気な息子で、あまり勉強している様子
ではありません。この先のことで夫婦とも悩んでいます。
塾には行っているのですが、まったく伸びません。
よきアドバイスがあれば宜しくお願いいたします。

************************

という相談でした。っていうか、高2でしょう。だったらまずは定期考査
でしょ。教科書レベルのことを押さえてないと伸びません。

塾に行くのもいいけど、塾が伸ばしてくれるかどうかはわかりません。

特に学校のように大きい教室に入れて勉強するスタイルのところは。

個別指導の場合は本人のニーズに合わせてくれる可能性が高いので
しょうけれども、教室で指導する系のところは本人次第です。

勉強に関して大事なことを2点。

1.本人が本当に勉強したいのかどうか。大学は勉強するところです。
2.覚えることを覚えようとする姿勢があるのかどうか。数学でさえも
  たとえば九九を覚えていない子は何もできません。

親に関して大事なことを2点。

1.勉強するように言えば言うほど子どもはヤル気をなくします。
  我慢しながら生暖かく見守ることこそ親の役割です。
2.親自身が人生を楽しもうとすることです。それがないと子どもだって
  家の中が窮屈になってしまってリラックスできません。

だいたい高2で鹿児島大学をあきらめるなんてモッタイナイですよ。

正直、今からセンター試験に向けて頑張ればいくらでも間に合います。
やり方がまずいとセンター試験は点数が取れませんけれども。

センター試験に関して言えば、だいたい1年計画ぐらいで取り組むこと
で高得点(800点以上)取れます。

無理だと思ってる人には無理です。そういう人は何をやっても無理です。

ただ言うとくと無計画に勉強しても取れません。

まずはスケジューリングから。いつまでに何を終わらせるのか!という
ことをかなり具体的にスケジューリングすることです。

高1が終了した時点で進研模試で偏差値50もあれば難関大は狙える
のです。あきらめたらマジでもったいないです。

高校生は親も心配してるんだという意識を強く持って、学費を出してもら
っとるんだから、弱くて甘い自分を脱却して頑張らないとあかんがな。

人生はただの1回限り。だらだら生きるな。

 

今日もブログにおいでくださってありがとうございました。
英語の質問、進学の質問、いろんな質問が届きまくっています。
順番にこちらにアップしていきます。

 


ACCESS COUNTER

Total 32905920 Hits!

▲PAGE TOP