KIMUTATSU BLOG
木村達哉のブログ「キムタツブログ」

日別アーカイブ: 2014年10月18日

kimutatsu

英語が使えるための教材を

Posted on: 2014年10月18日(土) 21:06

listening1

 

fbにも書いたのですが、この手のリスニング教材って、本当に充実
していますよね。逆にどれを選べばいいのかわからないぐらい。

でもセンター試験にリスニングが導入されて結構経ちますが、その後、
日本人のリスニング力がアップしたという感じは全くしません。

だから実は文科省がいろいろ言うてますが、4技能型の試験になった
からといってあまり変わらないのではないかなぁと思っています。

それにこういう大人用のリスニングの本もかなり充実しているのですが
その割にはリスニングで苦しんでいる人がいっぱいいらっしゃいます。

また、TOEICで900点を取った人でもそれほど英語が使えないという話
もよく聞きます。僕の周囲にも英検1級でTOEIC900点以上という人も
いますが、それほど英語が話せるわけではありません。

教材がいくら充実しても、4技能型の入試になっても、英語が使えるよう
にするためのトレーニングをしないとアカンと思ってるのです。

企業側もそれに気が付いている人が多くなってきたらしく、今となっては
TOEIC何点以上でないと・・・という考え方ではダメだという経営者も
たくさんいらっしゃるそうです。僕もそれは正しいと思っています。

TOEIC900点程度の英語力では仕事でも全く使えないはずです。

yumetan61

 

言うまでもなく、通訳養成系の専門学校などに通うという手もありますが、
高額ですし、時間的にも厳しいという社会人のほうが多いと思いますね。

自宅で自分を律しさえできれば、ちゃんと英語が使えるようになる教材と
いうのかな、そういう本でもいいのですが、そういうのがなければ
たとえば電車の中でiPodで英語を聞いているだけの人が、前の僕みたい
に「この本ではダメだ」とか「全く聞き取れない」とか言うことになります。

トレーニングをちゃんとしないとですね。

音読音読と言うてるだけではダメで、話すためのトレーニングというので
しょうか、そういうものが音読とは別に要るのです。

フェイスブックで「僕が作ろうかな」と書いたら、たくさんのいいねを頂きま
したので、ちょっと高校生向けにやってる仕事がひと段落したら考えます。

ただ、その1冊だけやれば大丈夫というのは、あまりにも詐欺的になって
しまいます。そんな本はあり得ない。

1冊やれば英語が話せるようになるなんてあり得ません。

いくつかの側面から英語がこうすれば使えるようになりますよという方法
が誰でもわかるような本というか教材を創ってみようかなと考えています。

まずはクイックレスポンスの習慣からですね。

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
僕の家にはリスニング用のテキストがたくさんあって
どれも本当によい本です。でも使い方を間違えると
きっと「聞いてるだけ」になってしまうことになります。

 


ACCESS COUNTER

Total 33275923 Hits!

▲PAGE TOP