KIMUTATSU BLOG
木村達哉のブログ「キムタツブログ」

日別アーカイブ: 2015年12月16日

kimutatsu

主体的に「得意」を見つけよう

Posted on: 2015年12月16日(水) 6:00

kimutatsu0003

今日も他校の先生といろいろ話をしていたのですが、学生時代の
僕が「勉強ってつまらんなぁ」って思っていた最大の原因としては、
先生にやれと言われてやっていたという点が大きいんでしょうね。

やれと言われてやる勉強が面白いわけない。

自分は自分の人生の主人公なのに、強制されることが多すぎて、
仕事でも勉強でも、あまり面白くないなと思うことがよくあります。

でも自分は世界で唯一の存在だし、死んだらまた生まれる前へと
戻って行き、本を読むことも誰かと話すことも何かを食べることも
できなくなるのですから、自分の人生ぐらいは自分で創りたい。

本来、勉強って面白いはずです。自分の力を伸ばすのですから。

やりたくないんだったら楽器もスポーツも英語も数学もやらなくて
いいと僕は思いますねぇ。

でもせっかく生まれてきたんだから、他の人には絶対に負けない
なにか1つを持って、この世を去りたいなと思っています。

その1つを極めるために、学校でやっている勉強が土台になって
いることが多いんじゃないかなぁと、僕は思っています。

kimutatsu0110

学校ってのは、自分の得意なものを見つける場所です。

苦手に振り回されて、劣等感を高める場所ではない。

高校時代の僕が勉強ってつまらんなぁって思っていたのは、自分
の力を伸ばすために勉強をするはずなのに、誰かにやれと言わ
れてばかりいたから、やる気にならんかったんでしょうね。

それぐらい僕が不甲斐なかったということなんですけどね。

僕はあまり生徒たちに「勉強せい」と言いません。

やれと言えば言うほど、やる気がなくなるやろうなと思うから。

やりたくないならやらなくてもいいけど、でもそれでいいん?とは
言います。音楽もスポーツも英語も数学も何も勉強しないという
のでは、なんか人生面白くないやろうなと思うからです。

主体的に自分の得意を見つけようとすることです。

どんなことでもいい。1つでもいい。

ただ、その1つに関しては誰にも負けないぐらいやらないと、単に
「僕は部活がんばっています」程度の頑張りでは、努力というより
趣味としか言いようがない。

先生にやらされる勉強、親に強制される勉強では伸びないですし
つまらないのは言うまでもありません。

自分の力を高めたいなら、自分で計画を立てて、いつまでにどん
な力を付けるのか決め、それに向かって頑張るべきです。

教員と親はそれをサポートする存在でしかないのです。

サポート役が主役になったら、絶対にドラマは破綻します。

若い人たち、自分の人生は自分で創りましょう。

自分の力が高まれば、勉強は快感に変わります。

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
最近はリスニングの勉強をさぼっていたので、
基本的な本を使って、勉強を再開しました。

 


ACCESS COUNTER

Total 26647281 Hits!

▲PAGE TOP