KIMUTATSU BLOG
木村達哉のブログ「キムタツブログ」

日別アーカイブ: 2015年12月17日

kimutatsu

お礼状書き終えました

Posted on: 2015年12月17日(木) 22:46

akita42

11月9日に秋田県高等学校教育研究会英語部会の全県大会で
講演をさせて頂き、その後には秋田の美味しいお酒を頂いて、
とてもいい気分にさせて頂いたのですが、これまたお礼状を書く
のが滞っておりました。

が、ようやく完成しました。

お世話になった秋田高校の先生方には先に出しておいたのです
けれども、それ以外の先生方は一か月以上も放置しちまった。

山よりも高く、海よりも深く、反省しております。

みんな年賀状を書いてる時期だっていうのに、僕は普通の葉書き
に向かって、ペンを走らせております。

秋田の皆さん、来週早々には届くと思います。

遅くなってしまって本当に申し訳ありません。

でも秋田、とても気に入ってしまったので、来年はちょくちょく
顔を出すことになるかもしれません。

日本酒が美味い!

同じことを福島や仙台や山形でも言ってるけど。

秋田もかなり美味いな。

というわけで、今年以上に行くことになるかと思われます。笑

その折にはよろしくお願いします。

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
灘校は明日の午後に終業式があり、その後は冬休みです。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 日記  

kimutatsu

英作文の指導

Posted on: 2015年12月17日(木) 14:35

magazine

アルクの『英語の先生応援マガジン』最新号ですが、「キムタツの
灘校6年間の授業日記」で英作文の指導について書いています。

よかったらお読みください。

英作文の力を高めるのは大変ですが、段階的に行うことによって
徐々にではありますが、力が付いてきます。

まずは何よりも英文法ベースの英作文を反復することです。

パターンプラクティスを繰り返しているうちに、このパターンはこう、
このパターンはこうという感じで、基本的な組み立て方がわかって
くるようになります。

英文法ベースの英作文力もない人が、英作文の問題集を買って
きてやってみたって、普通は上手くいかないものです。

いい授業を受けてもダメなものはダメです。

それができたら日本語の加工や文章の組み立てなどを身に付け
ながら、英作文力を高めていきます。

日本語の加工を云々語る前に、そもそも英文法ベースな英作文力
ならば大丈夫という自分を、まずは作ることです。

そんなわけで「英語の先生応援マガジン」に僕の英作文の指導
について書きました。どうぞお読みください。

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
しかし今日はえらい寒いですね。受験生のみんなは
風邪やインフルエンザを拾わないようにしましょう。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 日記  

kimutatsu

リーズニングから暗写まで

Posted on: 2015年12月17日(木) 6:00

73_035

今日は期末考査の答案返却日です。午前に返却し、午後からは
成績処理、そして明日が終業式で、終われば冬休みです。

補習などはありませんので、次に生徒たちに会うのは1月8日で、
1月9日に冬休み宿題考査があります。

と、備忘録代わりに書いてみた。

今回の試験、特に教科書は音読、暗唱、暗写をしっかりと時間を
とって行ったこともあり、平均点がとても高くなりました。

73_034

これが暗写の用紙。音読を何度も何度も何度も行い、口頭で英語
に直せることを確認したら、教卓に置いてある暗写用紙を生徒たち
は取りに来て、席に戻ったら書いていきます。

73_041

僕は机間巡視をしながら質問受け付け。生徒たちは「ここのaはthe
ではダメなんでしょうか」とか「どうしてここは複数形なんでしょうか」
などなど、僕に個別に質問をぶつけていきます。

今回の試験はレッスン6~9でした。しっかりと暗写までやっていた
生徒たちの大半が90点以上をゲットしたように思います。

過半数が90点以上というクラスもありました。

こんな感じで教科書の文章を、意味やスペリングだけでなく、発音
やイントネーションまで含めて、丸のみしていきます。

中学の教科書3冊と高1のRの教科書(現在はコミュニケーション
英語Ⅰという名前)を丸のみします。

あとは『ユメタン』⓪①②のフレーズと『ユメブン』2冊の英文全部で
すね。それらを暗写までやってもらおうと思っています。

あまりにも短いフレーズを覚えても英作文にはあまり効果がありま
せんので、センテンスを覚えていってもらいます。

ただ単に覚えるだけでは意味がありません。キーワードはリーズニ
ングおよびバックトランスレーションです。

ここまでやって英語が苦手だったら、僕は生徒たちに謝ります。

でも絶対に大丈夫。先輩たちが証明してくれています。

派手な勉強法ではありません。でも絶対に英語力は上がります。

生徒たちは沈思黙考しながらアクティブラーニングを行います。

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
週末の福岡セミナーはどんどん人が増えていっています。
九州だけでなく、山口県など、他県からの参加者も多く、
本当にありがたいなと思っています。

 


ACCESS COUNTER

Total 28128362 Hits!

▲PAGE TOP