KIMUTATSU BLOG
木村達哉のブログ「キムタツブログ」

月別アーカイブ: 2016年6月

kimutatsu

一学期授業終了の巻

Posted on: 2016年6月30日(木) 16:00

145

一学期の授業が全て終わりました。最後の授業はリーディングと
その復習(音読と暗唱)、少しだけ英文法(関係代名詞what)を
やりました。50分でこれだけやるのはきつかったな。

夏休みはゆっくりしてもらえばいいなと思います。

部活動もいよいよ中3が引退して自分たちの中から主将が選ばれ
ますしね。ボランティア活動や旅行や読書、自分の研究などなど、
普段あまり時間が取れないことを夏休みにすればよろしい。

宿題はやってもらうけどな。

また二学期から鍛えます。

その前に期末考査。明後日からです。

生徒たち、しっかり復習しいや。期待してるで!

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
英検を受ける人は今年度じゅうに準2級を取っておいてな。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 日記  

kimutatsu

QRコード

Posted on: 2016年6月29日(水) 10:27

142

このブログのQRコードが後ろの黒板にチョークで描かれていました。
作ったのは田畑と井上なんだそうです。バーコードリーダーで読めば
ブログに行ける!と、授業に行くと大騒ぎしとりました。

よぉ考えるなぁ・・・ほんま、えらいわ。

土曜日から始まる期末考査にも期待しております!

一学期の授業は明日、木曜日で終わりです。金曜は定期考査前日
につき臨時休校。一学期、あと1コマしかないなぁ。

そんなわけで、田畑、ブログに載せたよ!

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
愛すべき73回生たち、英語も頑張ってくれています。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 日記  

kimutatsu

1億までは生きてみよう

Posted on: 2016年6月28日(火) 23:00

06

2000万アクセスのキリ番を踏んだ松木先生が、ご自分のfbで僕の
文章を褒めてくださいました。文章を褒められるのは嬉しい。

松木先生によれば、開設3162日で2000万アクセスとのこと。

1日平均でだいたい6325人の方がアクセスしてくださってるのです。

受験期になると増えて、多い日には20000アクセスぐらい頂くときも
ありますし、土日はいつも少なくて4000~5000アクセスです。

TK170

鹿児島の今吉先生からもfbでメッセージを頂戴しました。

2000万アクセスは通過点として、このままのペースでいきますと
1億アクセスに到達するのは僕が89歳ぐらいのときだそうで・・・

「それまでは生きてジョギングを楽しんでいたい」と返信しますと
「その10年後に木村先生の白寿祝いを米寿の今吉が致します。」
とこのうえなく嬉しいメッセージをくださいました。

どこまで続くかわかりませんが、訪れてくださる方がおられる限りは
続けていこうと思います。

まっちゃん、イマキチ君、ありがとうね。

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました!
右目が見えにくいことをブログに書いたところ、
保護者の皆さんや生徒たちからとても温かいメールや言葉を
頂き、恐縮しております。特に生徒たちからの声は嬉しいです。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 日記  

kimutatsu

世界で競う生徒を輩出する教育・・・灘中高

Posted on: 2016年6月28日(火) 17:13

nada050

読売新聞ONLINEで灘校の教育が取り上げられているのを見つけ
ましたので、リンクを貼り付けておきます。

灘校なんかエライ子らばっかりやねんから、どう教えたってできるよ
うになるわ!と言ってる残念な他校の先生方もおられるみたいやが、
それほど甘くないうえに、海外の大学に合格できる程度に育てよう
と思ったら、そのレベルにまで英語を話せるようにしようと思ったら、
授業だけではどうしようもないのですわ。

授業をベースにした、生徒たち自身の主体性=アクティブラーニング
が必要となります。

したがって(何度も言ってるが)アクティブラーニング型授業の導入
なんて言葉を聞くと、ほんまわかってへんなぁと思います。

アクティブラーニングってのは生徒たちの姿勢であって、教員の授業
スタイルのことではありませんねん。

授業中はSTUDYしかできません。

LEARNは授業以外のところでやりますねん。

それを主体的に取り組ませるための雰囲気づくりとでもいうのでしょ
うか、学校にはそれが必要やと思っています。

補習とかでがんじがらめにするような学校ではキツイと思います。

先生方が疲弊しているような学校でもキツイと思います。

文科省官僚たちには言うたのですが、灘校でどうしてそういうことが
できるかというと、教員に時間的な余裕があるからです。

余裕が与えられたのですから、こっちも努力しないとあきません。

たとえば東大の問題ぐらいは簡単に解ける程度の教科の力は必要
です。でないと教材研究に時間を取られすぎることになります。

普段から本を読んだり専門外の話を聞きに行ったりして、教員自身が
いろんなことを学んでおかないと、主体的学習の雰囲気は作れません。

自分の専門を鍛えるのは言うまでもないことですが、それ以上の見識
が必要です。で、多くの学校の場合、それをやるには先生方が
あまりにも忙しすぎます。雑用が多すぎる。

文科省官僚の人たちに言いたいのは、本当にアクティブラーニングを
学校の生徒たちに推進したいのであれば、先生方に大いなる自由を
与えて多くのことを学んでもらわないと絶対に無理やと思っています。

というわけで、前置きが長くなりました。

「世界で競う生徒を輩出する教育・・・灘中高」のリンクはこちらです

どうぞお読みください。

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
僕は卒業生ではないので、客観的に灘校を見ていますが
少なくとも教員がとても働きやすい職場やと思います。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 教育全般  

kimutatsu

教室の後ろに

Posted on: 2016年6月28日(火) 5:25

kyotobunkyo1

アルクの中台君からメール。京都文教高校さんに営業に行っていた
らしいのですが、こんな写真が添付されていました。

京都文教高校といえば野口先生ですね。彼女はいつもセミナーなど
にお越しくださって、懇親会までお付き合いくださいます。

教室の後ろに掲げられた「ユメタンはお友だち」が素晴らしい!

先生の必死な願いというんでしょうかねぇ。伝わってきます。

野口先生、いつもありがとうございます。

アルクの中台君、素敵な写真を送ってくれてありがとう。また飲もう!

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました!
右目が見えにくいのですが、せめて健康をと思って
毎日ジョギングをしています。体重がどんどん落ちます。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: ユメタン  

kimutatsu

Nada Tatsuya

Posted on: 2016年6月27日(月) 5:10

london30

そういえばロンドンに着いてホテルにチェックインしようとしたときの
エピソードです。ユーストン駅の前にあるibisホテルにて。

Hi, may I have your name, please?とフロントの女性。

I’m Tatsuya Kimura from Japan.と僕。

カシャカシャとコンピュータを叩く彼女。眉間に皺が・・・

数秒後、彼女の口から出た言葉は、No booking.でした。

No reservation.はアメリカ英語。

ま、いずれにしても「予約がないよ」という意味です。

え?予約がない?そんなバカな。

When did you make a booking?と聞かれたので、それはわから
ないけど、JTBが僕の代わりにしてくれたはずなんだけどなぁと、
異国の地でこの先どうなるんだろうと冷や汗を流しながら
とにかく英語で説明しました。

ふーむ・・・という顔をして、彼女がひと言。

What’s your company’s name?

london13

会社名は何?と尋ねられた僕は、It’s Nada High School.
I’m a teacher at that school.なんてふうに答えたと思います。

そうすると彼女があれ?という顔をして、Nada High School?
Are you going to stay here for 15 days?と聞くので、
Yes!  Did you find my name on the screen?と答えると・・・

We have a guest named Nada Tatsuya.と言うではないですか!

それから僕はチェックアウトまで「灘達哉」という名前で生活する
ことになりました。

朝食会場に行っても、Good morning, Mr. Nada.とにこやかな顔
で挨拶され、それに対してMorning, Mr.と笑顔で返事をする僕。

チェックアウトの際も、Mr. Nada, have you had a nice stay?と
笑顔でフロントのおねえさんに挨拶され、もちろんサインも
Nada Tatsuyaと筆記体で書きましたがな。

ま、芸名みたいで楽しかったけどね。

イギリスのEU脱退のニュースを見ながら思い出していました。

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました!
僕が生徒たちと次にロンドンに行く頃かなぁ、
イギリスが正式にEUを脱退することになるのは。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 日記  

kimutatsu

20000000アクセス

Posted on: 2016年6月26日(日) 17:03

kimutatsu0001

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございます。

おかげさまで2000万アクセスに到達しました。上の写真に一緒に
写っている嵯峨さんが「ブログやりませんか」と僕に持ちかけ、
始まったのがキムタツブログでした。

当時はアルクのHP内でやっていました。始めたのは2005年6月。
ですから今月でブログを始めてから11年が経ったことになります。

自分で公式HPを作り、ブログを移したのが2007年11月1日。

それから2000万ものアクセスを頂戴しました。

僕みたいな飽き性の人間がブログを続けられたのは、灘校の生徒
たちやいろんな学校の先生方が「今日はどんなことを書いとるんだ
ろうか」と覗いてくださったからです。

「どんなケシカランことを書いとるんだ?」という気持ちで覗かれた
方もいらっしゃることでしょう。

これからも続けていこうと思っています。

昨日、東北のある先生から「うちの職員室、数学や地歴の先生方も
キムタツブログを見ていますよ」というメッセージをfbに頂きました。

なんかそういうのって嬉しいですね。

いつもこんな感じで気負わずに書いております。あまり参考になるよ
うなところはありませんが、よかったら覗いてみてください。

どうぞこれからも宜しくお願いいたします。

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
2000万アクセス、キリ番をゲットしたのは
山形県の松木先生でした。まっちゃん、おめでとう!


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 日記  

kimutatsu

生徒たちに望むこと

Posted on: 2016年6月26日(日) 5:00

london33

これは66回生たちとロンドンに行ったときの写真です。
場所はピカデリーサーカス。

たくさんの人たちが待ち合わせをしています。

僕は日大高校の水口先生を待っていました。

今の73回生たちをロンドンに連れていくのは2年後の7月です。

その頃にはけっこう英語を話せるように&聞き取れるようになって
いるはずですので、彼らには現地で友達を作ってもらいたい。

志望大学合格やら何やらと、彼らの目先の目標はあるのでしょうが
英語の教員としては6年間も僕と一緒に英語を勉強するのだから
卒業するときには英語を使っていろんなことができるように
なっていてほしいなと願っています。

4技能と言いますが、実際には考える力と伝える力、もっと言うなら
動く力とでも言うのでしょうか、行動力が大事ですよね。

英語が使えれば行動範囲を広げてみようかなという気になります。
英語が話せないと海外で活躍することは少し難しくなります。

彼らには日本の〇〇で満足するのではなく、世界中を舞台にして
活躍してほしいし、そのためには僕も多少は鬼になりますよ。

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
しかしEU脱退ですか。生活への不満や不安が相当大きいのでしょう。
日本人は生活や収入に満足している人が多いから、政権の支持率が
高いですね・・・って、本当に満足している人、多いのかなぁ。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 日記  

kimutatsu

よるとしなみにはかてず

Posted on: 2016年6月25日(土) 0:02

kino_umeda04

本を書くのはとてもワクワクする知的作業であるし、英語の本の場合
には、英語以上に日本語の言葉の使い方のほうに気を遣うので
言語能力をフル回転させなければならないのです。

その意味では英語を得意にするためには、日本語の力が要ります。

絶対に。ま、それはちょっと置いとくとして。

現在、ベネッセと水王舎と三省堂とアルクから本を出すべく頑張って
書いているのですが、実は・・・

目の調子が思わしくないのです。

本来は頭を使ってフラフラになりながらも楽しく書いているのですが
右目が上手く見えないので、執筆が遅々として進まず。

両目とも視力は0.01かそれより低いんですね、もともと。

でも眼鏡をかけると左目は1.2になるんです。全く問題ないでしょ。

ところが右目は眼鏡をかけてもぼやーっとしてるんです。

日常がそんな感じなので、ものすごく疲れるんです。

本をもっと書きたいとか読みたいとか思ってるのですが、20時頃に
なるともう疲れてしまって睡魔が襲ってきます。

そこに来て、当たり前といえば当たり前なのですが、執筆が滞ってる
現状を憂いているのは僕よりむしろ編集者のほうで。

編集者諸氏から「まだですか」メールが来るたびに、執筆をやめて散
歩に出かけてしまいたいぐらいストレスが増幅し続けています。

もともとやることが多くて時間がないのに、この2か月ほどかな、寝て
いる時間が長いために、PCに長時間向かえないのですよ。

作家が本を書けなくなったら陸に上がった河童とおんなじです。

フェイスブックで書いてしまったのでいろいろご心配をおかけしていま
すけれども、生き死にの問題ではないので、まぁ気楽に入院生活を
楽しむことにします。ちょっとだけ手術は怖いけどね。

そんなわけで特に編集者の皆さんにはご迷惑とご心配をおかけして
いますけれども、毎日少しずつでも書いております。

どの会社のを優先させるとかは考えず、後世に残る本を書くことのみ
を念頭に置いて命を削って少しずつ書いておりますので、
申し訳ありませんけれども、しばしお待ちください。

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
人生初の入院&手術をすることになりましてな。
いとおそろし。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 日記  

kimutatsu

それぞれの仕事

Posted on: 2016年6月24日(金) 4:55

140

先日のチームキムタツ関西支部勉強会で先生方に申し上げたこと。

われわれ教員の仕事は生徒たちの力を伸ばしてあげて、あぁ明日も
この学校に来て勉強したいと思わせること。

管理職の仕事は教員を管理することではなく、先生方があぁ明日も
この学校で働きたいと思わせること。

ついでに言うなれば、生徒の仕事は、先生方のサポートを受けながら
自分の力を伸ばして誰かの役に立つ人間になろうと努力すること。

保護者の仕事は余計な口出しをせず、子どもたちの成長を見守ること。

僕はそう思っています。

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
教員と生徒と管理職と保護者が自分の仕事を正しく行えば
学校の進学実績は上がります。どこかが狂うとダメです。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 教育全般  

1/41234
ACCESS COUNTER

Total 21842434 Hits!

▲PAGE TOP