KIMUTATSU BLOG
木村達哉のブログ「キムタツブログ」

日別アーカイブ: 2017年12月5日

kimutatsu

授業終了

Posted on: 2017年12月5日(火) 12:16

180

本日、中3の二学期最後の授業が終わりました。明後日から
期末考査です。生徒たちには頑張ってほしいな。

最後の授業はあえて英文法。

特にこれまで特化して教えてこなかった名詞について詳しく
やりました。品詞の理解はかなり大切ですからね。

期末考査は2回行います。

英語Aはリーディングとリスニング。とは言っても設問には
英作文的な要素をふんだんに入れることになります。

英語Bは英単語と英文法。

どちらも努力していれば満点取れる試験にします。

妙な引っかけ問題は1題もありません。

よく英語が苦手という子がいますが、よくよく聞いてみる
と英語が苦手なのではないことがわかります。

単に覚えていないだけというケースがほとんどです。

外国語の勉強をするのに、言葉を覚えないなんてありえな
いわけです。英語のみならず中国語でもフランス語でも。

覚えるべき基本的なことを覚えもせずに英語が得意になる
なんてことはありませんわ。

九九を覚えていない人が「数学苦手」というのに等しい。

九九を覚えたのに2x=6がわからない人はきっと数学が
苦手なのでしょう。でも九九を覚えたら、x=3であるこ
とはわかると思うんですよね。

英語も同じです。覚えてもないのに英語がわからないなん
て、それは当たり前のことです。

英語の得意な人、特にTOEICなどで高得点をとる人などは
ものすごくたくさんの言葉を知っています。単語だけでは
なくてイディオムや慣用表現も含めて。

読んだり聞いたりしながら覚えます。あるいは使いながら
覚えます。単語集なんて便利なものがあるのですから、
それを併用しながら勉強すれば覚える速度は上がります。

ぜひ僕の生徒たちには「知らないことは全て頭に刷り込む」
という意識を強く持って勉強をしてほしいと思っています。

少なくとも僕の生徒たち、英語が苦手だと思い込んでいる
子たちは何人もいますが、本当に英語が苦手な子は見たと
ころ1人もいません。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
声に出して読むのです。CDを聞きながら何度も何度も繰り返して
いるうちに気がついたら頭に刷り込まれています。勉強時間より
重要なのは反復回数なのです。それは古文も日本史も同じです。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 灘校  

ACCESS COUNTER

Total 23560792 Hits!

▲PAGE TOP