KIMUTATSU BLOG
木村達哉のブログ「キムタツブログ」

日別アーカイブ: 2018年5月7日

kimutatsu

勉強は面白い

Posted on: 2018年5月7日(月) 22:15

163

さくらの散歩で一番嫌なのが、他の犬の糞を踏むことですねん。

飼い主、持ち帰れ!

かく言う僕はいつも数年前に灘校文化祭で買った灘校トートを
さくらのウンチバッグとして持ち歩いております。

西宮ヨットハーバーや武庫川河川敷などでオレンジ色の小さい
トートを持っている男がいたら、もしかすると僕かもしれません。

167

さて、山田君の息子さんが中学生になったので、入学祝いとして
紙辞書1冊と電子辞書1台をプレゼントしたんです。

紙辞書は『ビーコン英和辞典』、電子辞書はカシオの高校生モデル。

そして晩御飯を一緒に食べて、電子辞書の使い方を教授しました。

こうすれば単語の発音ができるやろ。
こうやればたくさんの辞書が同時に立ち上がるやろ。
ここをこうすると2語以上の熟語が検索できるんや。
この日本語は英語でなんと言うんやろと思ったらこれや。
例文を見るときはこういうふうに使えばいいねん。

沖縄料理店でミニセミナーを開催しました。

山田君の息子さん、それ以来、電子辞書を開いてはいろんなものを
読んでいるそうです。知らなかったことを知るというのは
とてもワクワクすることで、勉強というのは本来そういうもので
実はすごく面白いんですね。

彼に言ったのは、自分ができることを増やしていけばいいよと
いうことです。全部できなくてもいいけど、これはできるなと
いうことを中学や高校にいる間に増やしていこうと。

165

僕は高校時代、勉強が嫌いでした。でもそれは勉強じゃなかった
から面白くなかったんでしょうね。単に「勉強ではない、なにか
強制的にやらされている奴隷的作業」だったのです。

だから面白くなかったんです。

勉強は面白い。絶対に面白い。

キャッチボールが上手くなると面白い。
絵が上手く描けると面白い。
ギターが上手く弾けるようになると面白い。
英語が少し話せるようになると面白い。

勉強は面白いのです。自分の力がつくことが面白くないわけが
ありません。誰がなんといっても面白いのです。

面白くないとすれば、それはなんらかの強制的作業である場合、
あるいは目的もなにもない単純作業である場合でしょうか。

山田君の息子さんが、僕のプレゼントした電子辞書で勉強して
知らなかったことを知る喜びやできなかったことができる喜び
に触れるだけでなく、あぁ勉強って面白いんだなということに
気づいてくれればいいなと思っております。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
木村家から車で40秒ほどの場所に山田家があります。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 人生論  

ACCESS COUNTER

Total 25816877 Hits!

▲PAGE TOP