KIMUTATSU BLOG
木村達哉のブログ「キムタツブログ」

日別アーカイブ: 2018年11月21日

kimutatsu

リスニングにとって最も重要なのは

Posted on: 2018年11月21日(水) 22:53

011

毎日誰かからメールが届きます。僕のHPから僕にメールが
届くようになっていますが、高校生や保護者からメールが
届くのです。中には僕には答えようがないなと思うものも
ありまして、そういうのは当然お答えできません。

たとえば『キクタン』の勉強法は?というようなものです。
それは『キクタン』の著者に聞いてくださいというしかない。

勉強法全般、英語全般に関する質問が一番多いのですけれども
お前これ調べりゃわかるだろうよというものも無視しています。
たとえばdisappointedは後にatとwithのどちらがよくきますか?
というようなものです。それはググれ!というしかない。

今回は「リスニングが苦手」という沖縄の生徒からの質問。
リスニングの勉強で、これが一番大事!というのを教えてほしい
というメールが届きました。那覇高校のMさん、ありがとう。

いろんな「大事」がありますが、僕が考える「一番大事」は
自分が声を出すという点です。

リスニングといえば「聞く」ことだと思っている人が多いけれども
聞きとれない人の多くは聞いてばかりいて、自分が声を出してない。

単語を覚えるときには必ずCDに合わせて声を出す。
英文を読むときは必ずCDに合わせて声を出す。
CDのないものを読むときも必ず声を出す。

どうして聞き取れないかというと、英語の発音やリズムと自分の
それらとにずれがあるからで、それを矯正することが重要です。

It’s time to go to bed.をイッツタイムトゥゴートゥベッドとしか
発音できない人、つまり我流で発音している人には
ツターイムラゴーラベーーァッドゥが聞きとれるわけがない。

とにかく正しい発音で、正しいリズムで、声を出すことです。

それがリスニング上達の最も大切な、そして最も基本的な姿勢だと
僕は考えています。Mさん、声を出して毎日英語を読みましょう。

那覇高校は幸い『ユメタン』採用校ですよね。

単語を覚えるときからCDを聞くことです。そして声を出す。

長文問題集を使うなら絶対にCD付きのものを選びましょう。
そして解いたものを使って声を出す。

そうしたことの積み重ねでリスニングはどんどん上達しますよ。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
こういう質問の回答はブログで行います。
直接返事を書くことはありません。ご理解ください。

 


ACCESS COUNTER

Total 28860183 Hits!

▲PAGE TOP