KIMUTATSU BLOG
木村達哉のブログ「キムタツブログ」

日別アーカイブ: 2019年4月2日

kimutatsu

どうして4月1日生まれは前の学年?

Posted on: 2019年4月2日(火) 22:31

011

教員・作家に加えて俳優もですか!的なメールやラインが
昨日から今日にかけて届いておりましたけれども。

いや、まぁ、あのね、普通に考えよか。

そもそも昨日のエントリーがほら、よく見てみようぜ。

どこのプロダクションにも属していないので、オファーは
絶対に来ません。そのうち吉本興業あたりに所属するかも
しれないけど。そうすると吉本新喜劇に出れるかも。

新しい学年が始まりましたね。

1つの学年はある年の4月2日生まれから翌年の4月1日
生まれまでが所属しています。(留年等がない限り)

民法では「前日24時に1つ年をとる」となっています。

したがって僕だったら(1/29生まれ)1月28日24時に年が
1つ増えることになるのです。

これは2月29日生まれの人に対する配慮と言われています。
2/29生まれの人は2/28の24時に年が1つ増えるのです。

で、この民法第百四十三条の第二項によりまして、4/1に
生まれた人は3/31の24時に年を取ることになります。

010

学校教育法 第十七条によりますと「保護者は、子の満六歳
に達した日の翌日以後における最初の学年の初めから、
満十二歳に達した日の属する学年の終わりまで、
これを小学校、義務教育学校の前期課程又は特別支援学校
の小学部に就学させる義務を負う。」とあります。

したがって満六歳に達した日は、4/1生まれの子は3/31の
24時ということになり、前の学年に所属するのですね。

3/31の24時と4/1の0時って同じやんけと思うかもしれま
せんけど、法律って言葉の厳密さが大事なのです。

現実的には4月1日に子どもが生まれたら、2日に生まれ
たことにして届を出す親が多いそうですけどね。

一応、豆知識として知っておきましょう。

民法によると前日の24時に年を取るので、4月1日生まれ
の人は1つ前の学年に所属するという話でした。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
なんか寒い日が続きますね。体調管理をしっかりしましょうね。

 

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 日記  

ACCESS COUNTER

Total 27076032 Hits!

▲PAGE TOP