KIMUTATSU BLOG
木村達哉のブログ「キムタツブログ」

日別アーカイブ: 2020年2月23日

kimutatsu

修道中学校・高等学校さんにて

Posted on: 2020年2月23日(日) 20:52

20200222広島2

昨日は広島の修道中学校・高等学校さんを訪問しました。

中学1年生の生徒たちに話をさせていただくためです。それと
午後からは先生方を対象にした英作文のセミナーを行いました。

修道中学校の1年生のみんなには、努力には目的が常にあると
いうこと、そして数学や英語を努力するとしたらその目的を
どう設定するのかは個人によって違うので自分で考えること等
を話しました。

目的のない努力なんて続くわけがないです。

理由もないのに毎日フランス語の単語を覚えろ!と言われても
他にやることがありますし、継続しません。

なにか目的があるのであれば、続けられるかと思います。

数学や英語を頑張る意味を自分で見つけないと、勉強が続かな
いのも当たり前じゃないかなと話しました。

20200222広島

夕方は先生方60名に対してセミナーを開催しました。千葉や
石川からも参加してくださっていて、本当に熱心な会となり
ました。ご参加下さった先生方にお礼申し上げます。

英作文、なによりも大切なのは基本的な英語の構文をどのよ
うに組み立てるかということです。

「おばあさんは寝ています」

これを英作するときに、まずはGrandmother sleep.という順
に主部と述部が置かれます。

英語のルールでは一時的な行為を表す場合、進行形を使うと
いうことになっています。

My grandmother is sleeping.

というふうに代名詞Myをつけたり動詞の形を直したりします。

が、主部と述部の順番が日本語とは異なりますから、まずは
そこを意識することです。そのあとに文法を考えます。

便宜的に5つのセンテンスパターンがあると学校では教えます。

「先生は私に入試について、有益な情報を教えてくれました。」

この場合ですと、まずは
Teacher give me information.
を組み立てます。そのあとにルールを考えることになります。

これはあくまでも超基礎の段階ですが、それでもこのレベルを
間違える高校生がかなり多いですので、指導をするときには
いきなり日本語を英語に直すのではなく、構造を考えることが
大切なのではないかと僕は思っています。

というような話から始まり、日本語の加工、そして自由英作文
の指導まで、いろいろと話をしました。

チームキムタツのメーリングリスト(約4700名)で集まられた
先生方ばかりで、同窓会のような雰囲気の下、進められました。

次回の広島セミナーは夏ですね。

また多くの先生方にお会いするのを楽しみにしています。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
懇親会で紹興酒を飲み過ぎましたわ。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 学校訪問  

ACCESS COUNTER

Total 30195410 Hits!

▲PAGE TOP