KIMUTATSU BLOG
木村達哉のブログ「キムタツブログ」

日別アーカイブ: 2020年10月6日

kimutatsu

To Improve the Students’ English

Posted on: 2020年10月6日(火) 11:31

kanaya1

静岡にKID’S ENGLISHという英語塾があるんです。
その塾の塾長の金谷さんが上の写真を送ってくださいました。

僕のYouTube動画を生徒たちに見せているところですね。

こういうのは嬉しいものです。生徒たちが学んでくれればいいなぁ。

kanaya2

それが終わると『ユメタン』を使った「単語バトル」が始まるそうです。
なんとなく後ろからそっと入っていきたいです。著者として。

また動きやすくなったら、そういう「イタズラ」もしようと思っています。

金谷さん、ありがとうございます。生徒たちによろしくお伝え下さい。

33

英語塾って世間にいっぱいあって、どこに行っていいか迷いますよね。
単にペラペラの(つまり薄っぺらい)英語会話を話させるところもあります。

そうじゃなくて、ちゃんとした骨太の英語を教えるところもあります。

なんとなく英語を話す体験をすればいいんだという場合は前者でいいと思いますね。
でもしっかりと英語力を身につけたいという場合、前者では無理です。

選ぶポイントっていくつかあると思うんですね。
どこも「世話をしてくれる」という点では変わりないので、そこはポイントにはなりません。
英検に合格させてくれるという点でも、あまり変わりないと思います。
英検って過去問をやっているだけで、かなり合格できますからね。

英単語とかリスニングの指導をどうやっているのか聞くことです。
もしくは英文法とか英作文とかですね。
すべてグローバル社会においては必須アイテムばかりです。

それらはなかなか指導者がいないと身につかないんです。
英単語の本を買ってきただけでは。あるいは週1の単語テストをするだけでは。
もしくはリスニングの問題集を単にやっているだけでは。

どこでもいいというわけではないのが英語の塾ですね。

僕もいろんな塾の方を知っています。
全員の指導をライブで見たわけではありません。
しかし、話をしていると機能的な指導をされている人が多いように思いますね。

学校の先生を生徒たちが選ぶことはできないのですね。
だから教員はちゃんと教え方を学ばねばなりません。
塾の場合、教えるのが下手だと生徒がやめて行ってしまいます。
そうすると塾の経営に関わりますから、塾長はめちゃくちゃ学びます。

そういう意味で、しっかり学ばれている塾長や講師がいる塾は大丈夫です。

学校も塾もこれから淘汰されていくはずです。

なにせ劇的に子どもの数が減っていきますからね。

どこも一生懸命です。
僕はそういった人たちのお役に立てればいいなと思っています。
そうすることで、その人たちの向こうにいる子どもたちのお役に立つはずですから。

 

 

ブログにおいで頂き、ありがとうございました。
多くの学校や塾の先生方と知り合えているのは自分の財産です。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 教育全般  

ACCESS COUNTER

Total 32251650 Hits!

▲PAGE TOP