KIMUTATSU BLOG
木村達哉のブログ「キムタツブログ」

kimutatsu

英語の基本的勉強法

Posted on: 2020年2月5日(水) 18:09

05

英語に関する質問がよく届くんですけど、日本語に比べれば
英語はけっこう楽ですけどね。

誰でもできるようになります。

なにせ英語を日本語に直せ、日本語を英語に直せれば誰でも
得意になれるので、あまり難しく考えないことです。

ただ、構造が日本語と違いますし、冠詞や助動詞などの知識
がある程度ないといけないのですが、それでも日本語の助詞
とか時制に比べれば楽勝です。

日本語ってモノをはっきりと言わない「察してくれ言語」で、
一方の英語はしっかりと主語も目的語も原因も理由も明示を
する言語なのですね。だからわかりやすいです。

059

いまは授業でこの『ユメジュク』をやっています。覚えろと
言っているのではないです。使えるようにしてもらいます。

英語の表現がいっぱい詰まっているのですが、機械的に覚え
るというよりも、使用シーンを考えることが大事です。

『ユメジュク』から抜粋します。

It’s dangerous to fall behind with the bills.
The player agreed to a seven-year contract with the team.
The rule applies to all the students of this school.

これを機械的に覚えても、英作文などで使えなければ意味が
あまりないと思いませんか。

上から
請求を滞納するのは危険だよ。
その選手はチームと7年契約を結ぶことに合意した。
その規則はこの学校の全生徒に適用される。

というような意味です。で、これをそのまま覚えるというよ
りも、「滞納する」や「合意する」などのシーンを想像し、
こういう文脈で使えるぞという意識を持つことですね。

そのうえで、単語を変えて自分で言えるようにすることです。

覚える際には必ず声に出します。脳に刷り込むために。
でもその前に必ず文を分析します。たとえば第1文であれば
It is A to doの構文だなとか。その上で頭にまずは入れます。

It’s dangerous to fall behind with the bills.
The player agreed to a seven-year contract with the team.
The rule applies to all the students of this school.

それぞれ3回ずつ声を出してください。出しましたか?

057

では次の日本語を英語に直してください。

請求を滞納するのは危険だよ。
その選手はチームと7年契約を結ぶことに合意した。
その規則はこの学校の全生徒に適用される。

言えなかったらもう一度英語に戻ればいいのです。

何回か声に出して、日本語を見たらちゃんと英語に直せるか
チェックします。直せれば次、また次という具合に進みます。

5文ぐらいやったら、もう一度最初から。

10文やったら、もう一度最初から。

15文やったら、もう一度最初から。

20文やったら、もう一度最初から。

日本語を見て英語に直せるかどうかチェックしていきます。

その上で自分で場面を考えながら単語を入れ替えます。

「大谷選手はチームと5年契約を結ぶことに合意した」とか。

地道な作業ですが、こういうことを通じて「この人、こんな
表現をよく知ってるなぁ」という人になれるのです。

英語はそれほど難しくありません。

でも日常的に使うわけじゃないので、やらなくなると一気に
脳が覚えたことをデリートしやがります。

なので毎日やるのです。同じことを。

 

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
ちなみにイディオムはちゃんとやったほうがいいですよ。
単語も大事やけど、イディオムが使えないと英作文は上がらない。

 


kimutatsu

3月8日 西宮セミナー開催について

Posted on: 2020年2月4日(火) 10:10

02

昨年の西宮セミナーの風景です。木村が主催者です。誰でも
ご参加頂けますので、中学生からお年寄りまで、会社員も
医師も主婦も弁護士も教員も参加していただけます。

次回の西宮セミナーは3月8日(日)に開催します。

以下のとおりです。

**********
日時 3月8日(日)13時半開場 14時開始(18時頃終了予定)
場所 西宮市民会館(阪神西宮駅前)

講師は米田謙三先生と僕が務めます。

内容は以下のとおりです。

第1部:「Society 5.0」の時代に生きるために
~AI時代におけるAI人材って?

第2部 英語の勉強を通じて、発想力を高める
~考える力を高める勉強法

第1部は米田謙三先生です。内容は次のとおり。
情報が溢れている現在(Society 4.0)に対して、IoTやAI等の
最新テクノロジーを活用した社会は本当に便利なのか?
またその社会で求められるAI人材とは?

第2部は木村です。内容は次のとおり。
英語を話せるように&書けるようになるための勉強法を通じて
社会で求められる「考える力」や「発想力」などう鍛えるのか。
僕が日頃行っているトレーニング方法をご紹介します。
普通に過ごしていると考える力は高くなりませんけれども、
鍛えれば鍛えるほど、脳の働きは活性化します。

定員は80名です。参加してみたいなぁと思われる方は

seminar@kimu-tatsu.com

までお申し込みください。

昨日、メールマガジンで流しましたところ、すでに20席ほど
埋まりました。早い目にお願いいたします。

また、ボランティア活動ですので、机を並べたり資料を配付
したりするのをお手伝いしていただければ助かります。

以上、宜しくお願いします。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
前回は灘校の生徒の保護者や医師をされている方、僧侶の方など
たくさんの方が参加されました。どうぞ気楽にご参加下さい。

 


kimutatsu

英作文

Posted on: 2020年2月3日(月) 21:53

kyodai1

毎週1回か2回、京都大学タイプの英作文を高2の生徒たちに
書かせておりましてね。

書かせるといっても、make my students writeではありません。

もう高2になって意欲ややる気がないというのではどうしよう
もありませんので、書く人は書いてくださいという形です。

*****
私の高校時代の恩師は、典型的な日本人であったように思う。
社会においては自己主張より集団の和を尊び、協調性が大事
であると、ことあるごとに繰り返した。学校生活では、生徒
たちが自分の指示がなくとも自分のことを理解してくれるの
を望んだ。私は現在教師をしながら生徒たちと悪戦苦闘を繰
り返している。当時、あれほど恩師に反発していたのに、今
では温故知新の精神で臨む日々である。
*****

先般書いてもらったのがこれです。

ずいぶん前の京大模試の過去問かなにかじゃなかったかなぁ。

英作文って日本語を英語に直す作業じゃないんです。翻訳を
することになりますので、細かい箇所とかどうでもいいので、
著者のメッセージを英語で表現するということになります。

だから「悪戦苦闘」とか「温故知新」とかどうでもいいので、
全体としてまずはなにを言おうとしているのかを読み取り、
そのうえで細部の読み取りを行います。

「自己主張」や「集団の和を尊び」等も「自分の意見に固執
する」とか「集団の中で協力し合う」などと和文和訳します。

授業で行うのは、僕の解説でして、どう考えればどう加工で
きるのかを学ぶことになるのです。

英作文は東大も京大も得点源です。

満点が取れるように指導していきます。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
和文和訳の本、『新ユメサク』をよかったら開いてみてください。

 


kimutatsu

誕生日ケーキ

Posted on: 2020年2月2日(日) 22:21

cake

これ何かわかります?誕生日ケーキなんです。右手に56をかた
どったロウソクがあるでしょ。ケーキなんです。

僕とさくらの写真が載った?焼き付けられた?ケーキ。

嬉しかったです。

でも写真の部分がどうも食べられず、他の人に食べていただき
ました。さくらの部分。僕の部分も別の人が食べました。

アルクの人たちに感謝しています。ありがとうございます。

20200125

ちなみに先日の北海道セミナーの懇親会ではこちらのケーキ
がふるまわれました。参加者全員でいただきました。

あまりこれぐらいの年齢になるとケーキを食べることはほぼ
なくなるのですが、年に1回、誕生日ケーキを頂いています。

当たり前だと思わず、感謝の気持ちを忘れず、謙虚な気持ち
を忘れず、思い上がらずに生きていこうと思います。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました!
当然のことながら、太りました。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 日記  

kimutatsu

浦和南高校さんにて

Posted on: 2020年2月1日(土) 23:58

03

さいたま市立浦和南高校さんを訪問しました。埼玉県の学校
を訪問するのって珍しいのですが、担当の田中先生から是非
来てほしいと言われ、無理やり日程をねじ込みました。

『ユメタン』を使ってくれている生徒たちに話をしました。

05

04

現時点で英語が苦手な子とか数学が苦手な子とかいると思う
んですけど、それってどうでもいいですよね。

だって勉強してこなかったんだからできないのは当然なんで。

これからできるようになれればいいわけですよ。

で、こうすればいいんじゃないですかというのを話しました。

生徒たちはえらい明るくて、僕はかなり気分よく話をさせて
いただくことができました。

このあと、生徒たちが僕の話したことを咀嚼して、自分なり
の人生を考えながら勉強してくれればいいなと思っています。

浦和南高校の先生方、生徒たち、ありがとうございました。

また会いましょう!

それまでは自分のレベルを高めるために、努力して下さいね。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました!
埼玉県でも『ユメタン』を使ってくださっている生徒たちが
増えてきました。採用校を片っ端からまわりたい気持ちです。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 学校訪問  

kimutatsu

重要感

Posted on: 2020年1月31日(金) 10:13

oyster10

あんたいつまで焼き牡蠣の写真載っけてるねんと思われたら
すみません。笑

ぶっちゃけ、牡蠣があたったらヤバいなぁと思いながら焼い
ていたので、たいていの牡蠣は焼き過ぎでした。

でも安心して食えたし、それはそれで美味かったし。

いままで恥の多い人生を生きてきました。

が、ここにきて待っていてくださる人たちもそれなりに居て
くださるので、牡蠣にあたってしまいましたじゃ済まないん
ですよね。仕事というよりも、自分を待ってくださっている
人たちを裏切れないじゃないですか。

D.カーネギーが「重要感」という言葉を使いました。

自分のことを重要だと思ってくれてる人は裏切れないです。

その人の期待に沿えるようにするだけでも、生きてる甲斐が
あるってもんですから。

僕にとっても重要な人たちはいらっしゃいます。その人たち
が僕のことを大切だと思ってくれていれば嬉しいです。

そういう人たちに会いながら生きようと思っています。

まじで。

でも今は生徒たちが目の前にいて、それは大切な存在なので、
彼らの卒業と進路保障だけはしっかりと面倒を見ますが、
それにしても空いた時間は自分のために使います。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございます。
自分が誰かにとって重要な存在だと感じることって
生きるうえである意味、最も大切かもしれないね。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 人生論  

kimutatsu

死ぬときは

Posted on: 2020年1月30日(木) 22:48

oyster11

昨日から今日にかけて、200名ほどの方々からおめでとう!の
メッセンジャーやラインをいただきました。

また、フェイスブックのコメント欄にもたくさんのおめでとう
をいただきまして、恐縮しております。

誕生日はおめでたいことなのですが、さすがに人間を56年もの
間やっていますと、そろそろ死を意識するようになってきます。

死ぬのはしょうがないのですが、生まれてきたときはわんわん
泣いていたのですから、死ぬときは笑って旅立ちたいなと常々
思っております。実際に笑えるかどうかは別として。

笑って死のうと思ったら、やり残したことがあまりにも多すぎ
るよりは、けっこうやり切ったなという感覚が要るかなと。

学校の先生になれればいいなぁと思いながら、学生時代はなん
となく過ごしていました。

24歳のときに教諭として教壇に立つことができました。

本を出したいなぁと思いながら、最初の学校で働いていました。

42歳のときに初めて本を出しました。

ひとつずつですが、「したいなぁ」を「できた」に変換しなが
ら生きてきて、今も次の「したいなぁ」に向かっています。

目標がなくなったらつまらないので、常に目標を20個ぐらいは
メモに書きつけて、ことあるごとに目を通すことにしています。

なんとなく生きるのもいいんですけどね。

基本的に人生は退屈なので、なにかしらの目標を潰していった
ほうがやりがいというのでしょうか、そういうのがあるのです。

ゲームを1面ずつクリアしていく感覚です。

負けることもあるんですけど、長い目で見たときに後悔しない
で済むように、努力を続けていこうと思っています。

改めまして、おめでとうのご連絡やfbのコメントをくださっ
た方々にお礼申し上げます。

これからもお付き合いのほど、宜しくお願いいたします。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
笑って死ねるほどやりたいことをやるために、何よりも
健康に注意しています。心と体の健康管理は大事です。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 人生論  

kimutatsu

誕生日

Posted on: 2020年1月29日(水) 23:43

oyster8

今日は生まれて56回目の誕生日です。まぁだからといって特に
なにというわけでもない・・・はずだったのですが、石川県の
吉田先生がこんな立派な牡蠣を送ってくださいまして。

状況が一変しました。

関学大の山田くんにライン。「焼き牡蠣パーティーしようぜ」

すぐに「入試前なので遅くなりますが、やりましょう!」との
返事が。近所に住んでるとこのあたりが速い!

と、午前中に朝日出版社の津金くんからメッセンジャーが。

営業で関西まわってるんですが、今日とか打ち合わせできませ
んでしょうかと。

お!うちに来て!一緒に焼き牡蠣パーティーしよう!と。

oyster9

さらには『英語反復トレーニング』の執筆の折にお世話になっ
た元文英堂の大橋さんからラインが。

似たようなやりとりをして、結局のところ、山田くんの娘さん
たちも合わせて大人数での焼き牡蠣パーティーとなりました。

本当に楽しいBBQ in winterとなりました。

こうやって急遽でも集まってくれる仲間がいるのは嬉しいもの
ですね。56歳、明るく楽しく元気に愉快に生きていきます。

いつもありがとうございます。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
なんだかんだ言って、最も大切なのは人とのつながりです。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 日記  

kimutatsu

RとLの配点は1:1だったはずなのに

Posted on: 2020年1月28日(火) 21:02

kyodai1

2021年の入試配点を京都大学が発表しましたね。共通テスト
の英語ですが、文科省が進めてきたR100点、L100点を
京都大学はR150点、L50点に換算するそうです。

他の大学がどうするのかわからないですが、RとLを1:1
にすることを看板のひとつにしてきたのですが、大学側が
勝手に換算し直してもよいということがわかりました。

なので、英語外部認定試験・数学国語の筆記導入に引き続き
まして、RとLを1:1にするという看板も倒れました。

もうセンター試験のままでよろしいやん。

肝心の大学側がセンター試験のままでいいですって言ってる
んやから、文科省がどうこう言うのは筋違いちゃうかなぁ。

結局のところ、換算を大学に許すのであれば、RとLの配点
を1:1にするというのも絵に描いた餅に終わりましたね。

文科省の人たち、ちょっともう気の毒になってきたわ。

威厳もなにもない。

国のために働き始めたはずなのに、政治家に振り回されてし
まってるのが気の毒。政治家なんか選挙で落ちたらただの人
なんやから、官僚は官僚らしく、ちゃんと国家を運営して
いってほしいなぁと思っています。

いずれにしても、英語RとLの配点について、他の大学でも
動きがあったら書いていきますね。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
すでに発表された大学もありますが、志望校の配点に
ついては各大学のHPを見てみてください。

 


kimutatsu

懇親会

Posted on: 2020年1月27日(月) 10:29

20200125_2

先日の北海道セミナーの様子です。だいたいこんな感じです。
たくさんの先生方がお集まりになり、いろいろやりますねん。

懇親会の写真はとても出せたものではないですが、大盛り上
がりです。参加された女性の先生が「参加するの、勇気が
要りましたが、参加してよかったです!」と。

なんで勇気がいるん?と聞きますと「リピーターさんばかり
が盛り上がるイメージがある」とのことでした。

いやいやいやいや、そんなことありませんわ。

それにセミナーで話せなかったこととか、個別の質問に答え
られるとか、メリットのほうが多いと思いますけどねぇ。

僕と一緒に撮影した写真ですが、すみませんがSNSなどに
必ずアップしてくださいと言って、みんなと写真を撮ります。

多くの人たちが懇親会にも参加されますので、まぁよければ
参加してください。本当に気楽に。ノンアルでOKなので。

今週は浦和に行きまして、週末は東京です。

どちらも懇親会付きなので、楽しみにしております。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
札幌西高校の先生と、死と宇宙人の話で盛り上がりましたわ。

 


ACCESS COUNTER

Total 31193614 Hits!

▲PAGE TOP