KIMUTATSU BLOG
木村達哉のブログ「キムタツブログ」

kimutatsu

心から感謝申し上げます!

Posted on: 2008年12月16日(火) 17:34

大垣書店豊中緑丘店さん1

先日、豊中市の少路小学校で講演を行いまして、終わってからのサイン会で
長蛇の列ができたのはご報告したとおりなのですが・・・

講演会後にも小学校の近くにある大垣書店豊中緑丘店さんに、多くの方々が
「先日講演会をやった先生の本は?」と問い合わせていらっしゃるそうです。

ありがたいですねぇ・・・(┬┬_┬┬)

というわけで、大垣書店豊中緑丘店さんの様子です。

大垣書店豊中緑丘店さん2

大垣書店豊中緑丘店3

更に少路小学校の最寄り書店である田村書店千里店さんでも、『ユメタン』を
置いてくださり、即席のキムタツコーナーを作ってくださったとのことです。

田村書店千里店さん

東京や横浜のいろんな書店さんでキムタツフェアを開催してくださっていますし、
応援してくださっている方々も多いので、これからも頑張ろうと思います!

本当にありがとうございます。応援下さっている皆さんに感謝申し上げます。

モチベーションがガンガンに上がりました↑↑↑

というわけで・・・

まずは期末考査の採点を仕上げ、原稿を書きます。
『ユメタン②』や『ユメタン③』もご期待下さい。かなり良い出来映えです(^-^)

今日も愛のクリックをよろしく!(>_<)
  ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ!

(追記)英語Aの採点はほぼ終わりました。今から英語Bの採点です。
     英語Aは非常に出来がよかったです。
     が、不振者は年明けに呼び出しまーす!(うっしっし!)

 

  


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 日記  

kimutatsu

本番に強い人間になろう!

Posted on: 2008年12月16日(火) 12:15

サイン会
(少路小学校の講演後の様子です)

旺文社『蛍雪時代』でキムタツ成功塾というコラムを連載している木村ですが、
それを旺文社のパスナビというサイトで読むことができます。

1月号の「常勝気流に乗ってドキドキを吹っ飛ばせ!」がアップされました。

お読みになりたいという方はこちらからどうぞ(^-^)。

模試でいくらA判定やB判定を出していても、本番に弱いと合格できません。
逆にE判定であっても本番で自己新を出す受験生もたくさんいます。

是非とも本番に強い受験生であってほしいなと願っております。

今日も愛のクリックをよろしく!(>_<)
  ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ!

(追記)私は学生時代は緊張してばかりいる人間でしたが、最近はまったく
     緊張しなくなりました。講演前はワクワクしております。場数ですね。

  

 


kimutatsu

東大英語基礎力マスターVol.7発売!

Posted on: 2008年12月15日(月) 13:43

基礎力マスター

先日ご紹介させていただいた『東大英語基礎力マスター』リスニング篇ですが、
お陰さまで本日発売になりました。よろしくお願いいたします。

軽くご紹介を。

特徴を列挙しておきます。

・ 1週間完成になっています。PART1と2とに分かれております。

・  PART1はリスニングの基本理論を解説しております。
  リスニングに強くなるコツや音の連結などの変化について具体的に説明し、
  ドリル形式で解いて頂きながら、どうしてwaterは「ワラ」なのか、どうして
  about itは「バウリッ」なのかを、自分で発音しながら身体に染み込ませます。

・  PART2はセンターレベルの会話問題とモノローグ問題が入っています。
  全ての問題に対して、スクリプトのページの前に、全文ディクテーションをする
  ためのページがあります。こんな感じです。わかるかなぁ~?

ディテーションページ

さらにディクテーションが終わると、チェックしてもらった後に音読をしてもらって
英語の耳を鍛えていってもらいます。

音読のページは、音読の回数を書き込むボックスがあるページがありまして、
そこに「正」を書くことで音読を何回やったのかがわかるようになっています。 

音読チェックページ

このスクリプトの右肩のところにボックスがあるのがわかりますか?
この中に「正」の字を書き込んでいき、音読の回数が自分でわかるようにする。

つまりPART2を順番にページをめくっていくと、こういう順番になっています。

 問題
  ↓
 正解と和訳
  ↓
 ディクテーション
  ↓
 スクリプト
  ↓
 音読ページ

という感じになっています。

『センター試験英語リスニング合格の法則』では、ディクテーションが穴埋めに
なっていましたが、今回のは全文ディクテーションとなっています。

さらに音読回数を書き込むボックスを作ることで、ディクテ+音読を徹底的に
行わせるドリルとなっています。

というわけで、リスニングの苦手な方々はどうぞ頑張って取り組んで下さいね。
全文をディクテーションするので、めっちゃ力がつきます!

が、結構きついですよぉ(^-^)。全部やった人はめっちゃ力がつきますからね!

買って下さる方は、こちらからよろしくお願いいたします(-^〇^-)

今日も愛のクリックをよろしく!(>_<)
  ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ!

(追記)今日発売なのに、すでに近畿大学附属東広島高校と江の川高校で
     ご採用賜りました。本当にありがとうございます!

(追記)これで『東大英語基礎力マスター』は打ち止めです。
     来年は『東大英語マスター』(仮題)でお会いしましょう!

 

 

 


kimutatsu

少路小学校にて

Posted on: 2008年12月14日(日) 18:23

講演風景
(少路小学校での講演風景です)

今まで小学校では講演したことがなかったのですが、昨日、少路小学校
で保護者の皆さん(一部生徒たち)対象に講演をしてまいりました。

サプライズが3つ。

①灘の中1の生徒が来てた(^-^)
②西大和学園時代の教え子が子連れで来てた(^-^)
③西大和学園時代の同僚が来てた(^-^)

事前にPTAの方々から「こういう話をしてほしい!」というご意見ご要望を
頂戴していたので、比較的話がしやすかったですね。

皆さん熱心で、適切なところで笑顔を作りながら、真剣に聞いておられた。
おかげで非常に話がしやすかったです。

参加された皆さん、ありがとうございました!

内容的にはどうやって子どもたちを夢に向かわせるのかという話でした。

どうやって子どもを褒め、どうやって叱り、どうやって育てるかというのは
やはり難しいことですが、生徒や子どもを育てる際のキーワードがあり、
それについて子どもたちがすべきことと、親がすべきことを話しました。

キーワードは2つ。「長い目で人生を見る」と「線を引かない」です。
僕が生徒や我が子を指導するときも、それを念頭に置いているのです。

参考になれば幸いです。

さて・・・

明日で期末考査が終わります。点数のよかった生徒だけでなく、悪くて
もがいている生徒たちの指導も考えなければなりません。

厳しいだけでは生徒たちもついてきませんからね。

成績の良い生徒はある意味簡単です。問題は悪い生徒たちですよね。
今回の試験の学年平均は90点を超えそうですが、悪い生徒もいます。

彼らを確実にすくい上げながら、全体をいい学年にしていこうと思います。
採点頑張ります(^O^)。

最後に・・・

少路小学校の保護者の皆さん、PTAの方々、お疲れさまでした。
そして本当にお世話になりました。これからもよろしくお願いいたします!

今日も愛のクリックをよろしく!(>_<)
  ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ!

(追記)講演後のサイン会で長蛇の列ができました。感謝しております。
     が、列の最後のほうの方々、お待たせしてすみませんでした。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 日記  

kimutatsu

申し訳ありません!

Posted on: 2008年12月13日(土) 9:35

酒井さん

最近いろんな人と会う機会が増えてきて、お陰でブクブクと太ってきている木村
ですねん。これはまずい・・・痩せねばならぬ。はけるズボンがない。

いろんな人と会って何故太るのか?という疑問を持つ受験生もいるやろうけど、
それは大人になればわかる。飲めば太る。飲むとラーメン食いたくなるし。

先日コメント欄にこういう苦情を頂戴しました。

******************************

センター直前になってヤバイと思ったリスニングを何とかするために
“合格の法則”を買いました。
PCにいれたところカタカタと嫌な音がするので取り出してよく見てみると
ディスクがゆがんでました><
ほんとPCが壊れるかと思いました。
キムタツ先生の本を愛用してきているだけに残念でした。

苦情になってしまって申し訳ありませんでしたが、CD付の本に
こだわっている先生だからこそこういったことがないよう
本のつくりを考えて欲しかったです。
長々と失礼しました。

**************************

悩める受験生さん、せっかく買ってもらったのに逆に嫌な思いをさせてしまって
本当に申し訳ありませんでした。心からお詫び申し上げます。

で、他にも万一こういうケースがありましたら買った書店か、あるいはアルクに
直接連絡をいただければ交換してもらえると思います。

もちろん『東大英語基礎力マスター』の場合だと講談社に連絡をいただければ
交換に応じてもらえると思います。

お手間を取らせてしまうことになりますが、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

すみませんが、数字が落ちてまいりました(汗)。
今日も愛のクリックをよろしく!(>_<)
  ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ!

 

 


kimutatsu

リスニングが苦手な人のために

Posted on: 2008年12月12日(金) 13:40

基礎力マスターVol.7

来週の月曜日に書店さんに並びます。『東大英語基礎力マスター』Vol.7です。

リスニングが苦手な人のための本ですので、センターですでに40点以上とれる
という人は買う必要はありません。

一言で言うと、ディクテーションと音読を徹底的にやらせる本です。

Part1では音がどんなふうに連結するか、どんなふうに消えるかといったことを
説明し、ドリルを解いていってもらいます。ここは文字通り基礎力マスターです。

そしてPart2ではセンター試験レベルの問題を解いていってもらいます。

解いていってもらいますが、正解できたかどうかより、問題を解いてもらった後、
徹底的にディクテーションしてもらいます。

したがって本の中にディクテーションするスペースがたくさんあります。
紙を用意する必要はありません。ディクテーションするコーナーがあります。

ディクテーションは穴埋めにはなっていません。ぜーーーんぶ!書き取ります。

さらに音読のコーナーでは、スクリプトを再掲載し、音読した回数を正の字を
マス目に書き込んでいってもらうことで、明示してもらいます。

音の聞き取りに自信のない方は1冊潰してください。かなり聞き取れるように
なります。1冊まるまるディクテーション&音読ブックなのです。

まだ発売前ですが、近畿大附属東広島高校で一括採用をいただいています。
心から感謝申し上げます。ありがとうございます。

リスニングの力を高めるために、まずは音の認識をしなければなりません。
そのためにはディクテーションと音読を繰り返すことが何よりも重要なのです。

リスニングに自信のない方はどうぞお使いください。かなり自信作です(^-^)。

すみませんが、数字が落ちてまいりました(汗)。
今日も愛のクリックをよろしく!(>_<)
  ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ!

(追記)13日(土)に豊中の少路小学校で講演を行います。
     一般の方々も参加できるということですので、よければご参加下さい。
     参加される方は文教委員の玉井さんまでご連絡下さい。
     090-7098-3195
     アクセスはモノレール少路駅から徒歩だそうですが、
     御堂筋線の千里中央駅からタクシーでもすぐなんだそうです。
     時間は13時半から15時までとなっております。


kimutatsu

高2の3月までにやっておきたいこと

Posted on: 2008年12月11日(木) 8:02

筑女にて
(筑紫女学園で講演をしたときの様子です)

景気悪いですなぁ。タクシーの運転手さんたちも泣いておられますけれども、
とにかく世間でお金が動きません。お金がないのでしょうがありませんね。

「景気」というのは「お金の動き」と言い換えることができます。

僕はちょっとお金に関してはエエカゲンで、飲んでいるときも奢ることが多い。
奢られたり接待されたりするのはどうも苦手なのです。
(酒ぐらい自分のカネで飲めという弘兼さんの教えを守ってるのである。)

お金のある人はどんどん使って、景気を良くしましょう!

と言っても先行きが不透明なので、貯金に回すのも致し方なし・・・なのかも。
でも庶民のためにも、持っておられる方はどんどん使ってほしいなと思います。

あ、政治家の方々、税金を使う場合は「どんどん」ではなく「有効に」お願いね。
税金も「使うな」と言ってるのではなく、有効に使ってもらえるなら問題ない。

ゆめゆめ料亭での食事代やホテルのバーでの飲み代に税金を使うこと勿れ。

筑紫女学園にて2

英語の勉強法ってのはつまるところ1つしかないのではないかと僕は思ってて
それは結局こういうことなんやろうなというのが最近見えてきたんよね。

もちろんリスニングの勉強法は・・・とか、読解問題の解き方は・・・とか言うと、
それはいくつかあるんやろうけれども、根幹を為す勉強法は1つしかない。

先生方相手の講演をする際には、その「1つ」を惜しむことなく全て伝える。

それから英語教師塾では、授業の方法を惜しむことなく全て教える。

そういう活動をすることで、おそらく日本の教育全体が良くなっていくだろうと
確信しているので、その意味でも今のいろんな活動はやめられないのですな。

ではその「1つ」とは何かというと・・・

今日はHN「みカ」さんの質問に答えることで、その「1つ」を書きます。

*****************************

最近、先生の『東大英語基礎力マスター』を11月頃に買って
このブログにたくさん通ってます★!!! 笑

明日あたりに『ユメタン』を買って始めてみようと思ってます。
やっぱり行きたい大学に現役合格したいので、今から頑張ります!!

あと質問なんですが‥・

高02の03月位までに受験準備?として何をすればいいでしょうか??

中学・高校01~02年の基礎の復習やユメタンを完璧にすれば
いいのかなあ??と思っているのですが他にあれば、
教えていただけると励みになります♪

*****************************

彼女(男ではないよね?)は「高2の3月までに何をすればいいのか」と尋ねて
おられるけれども、特に高2の3月というわけではないが、基本を固めること。

実際に基本が固まっていないのに、赤本をやってもな~んも意味がない。

ただ解いてるだけ。ただ読んでるだけ。

この状態では過去問や『国立大学英語R』や『東大英語L』をやっても意味ない。
1行に1~2個知らない単語が出てくる状態では、なかなか読めないしね。

では「基本を固める」とはどういうことなんやろう?

言語習得に関しては3点。この3点に集中することが大事なんよね。

①語彙力をつける。語彙はその後もひたすら意識しておく。
②基本的な文法力をつける。そしてそれを運用させる。
③読書力をつける。本を読んで長い文章に対応する力をつける。

そしてこの①~③を意識しながら基本を固めつつ、数をこなすことで英語力は
間違いなく上がっていく。間違いなく!絶対に!例外なく!(しつこい?)

①~③のそれぞれをどう固めるのかは、今までだいぶ書いてきたからここでは
割愛するけれども、この3点が1つでも書けると伸びが鈍くなるのです。

高3になったら数をこなすとして、高2の終わりまでにこの3つを固めておけば、
今の日本の大学だったらどこでもだいたい入れると思うよ。
(もちろん英語だけではなく他教科もやらんといかんけどね。)

というわけで、みカさん、参考になりましたでしょうか?質問があればよろしく!

すみませんが、数字が落ちてまいりました(汗)。
今日も愛のクリックをよろしく!(>_<)
  ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ!

(追記)13日(土)に豊中の少路小学校で講演を行います。
     一般の方々も参加できるということですので、よければご参加下さい。
     参加される方は文教委員の玉井さんまでご連絡下さい。
     090-7098-3195
     アクセスはモノレール少路駅から徒歩だそうですが、
     御堂筋線の千里中央駅からタクシーでもすぐなんだそうです。
     時間は13時半から15時までとなっております。

(追記)東京に来ていますが、先週末に札幌を経験しているからか?
     コートが要りません。
     昨夜は東京の先生方、楽しかったですねぇ(笑)。

 

 


kimutatsu

英語力をキープしよう!

Posted on: 2008年12月10日(水) 9:13

札幌です。真っ白!

最近コメント欄にまた質問が増えてきたので、こちらで回答したいと思います。
今回はHN「受験生」さんからの質問です。

******************************

私は京大志望なんですが高3の初めまで英語がすごく苦手で..

でもキムタツ先生の国立大リーディングをやった後の10月の模試では

偏差値が70になりました!

本当にもうすっかりキムタツ先生信者です(*¨人)笑

そして相談なんですが、12月になってからネクステをやり直したり

簡単で短い英文を1日おきにやったりしているんですが

これでは2次までに英語の感覚が鈍ってしまいますか?

英作や難しい長文をほったらかしにしておいていいのかな、

という不安があります。もしお時間があれば是非アドバイスください!

ユメタン絶好調のようで私も嬉しいです(★-∀-)

******************************

国立大学英語リーディング』をやりこんだお陰で偏差値70にアップしたとの
ことで、著者としてはめっちゃ嬉しい!あの本は絶対にお勧めです。

偏差値70にまでアップしたんやから、他教科に力を注ぎたいのが人情やけど
実際のところ大事なのはそのアップした力をキープすることなんよね。

入試で陥りがちな罠は、満点を取ろうとすること!

実際のところは合格最低点が取れればいいわけで、英語がそこまで上がった
のであれば、その英語力をさらにアップさせようとする取り組みは必要やね。

NEXTSTAGEでは英語力のキープにはならへんよ。だってあれは文法問題の
クイズがいっぱい載ってる本なんや。言うなら英語の基礎的素材を扱った本。

中堅私大レベルならそれでもいいけど、京都大学を狙おうとするなら、さらなる
勉強を続けておかないと、あっという間にライバルたちに抜かれてしまう。

過去問はやり尽くしたのかな? まだであればそれをやろう。

あるいは英文解釈に不安があるなら、この本この本がお勧めじゃないかと。
英作文ならば、この本この本あたりがいいと思う。

ただし英作文の後者の本は難しいので、英作文が苦手な人は時期的に考えて
前者の僕の本を使ったほうが無難やと思う。

京都大学は英文解釈と英作文だけなので、だいたいこれでいいとは思うけれど
長文問題を解いていこうとするなら、絶対に毎日1題は読むことが大事やな。

『国立大学英語リーディング』や『私立大学英語リーディング』を使ってくれるなら
めちゃ嬉しいけど、中澤一先生の本などもお勧めです。

というわけで、もう偏差値70もあるんやったらガンガンにやる必要もないけれど
でもせめて実践的な問題を1日に1題は最低でも解きながらキープすること。

安心していると、受験生時代の僕みたいに・・・(笑)ということになる。
油断しないで、合格通知を受け取るまでは一所懸命に頑張りましょう!!!

すみませんが、今日も愛のクリックをよろしく!(>_<)
  ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ!

(追記)13日(土)に豊中の少路小学校で講演を行います。
     一般の方々も参加できるということですので、よければご参加下さい。
     参加される方は文教委員の玉井さんまでご連絡下さい。
     090-7098-3195
     アクセスはモノレール少路駅から徒歩だそうですが、
     御堂筋線の千里中央駅からタクシーでもすぐなんだそうです。
     時間は13時半から15時までとなっております。

 


kimutatsu

北海道の先生方、ありがとうございました!

Posted on: 2008年12月8日(月) 10:17

支笏湖です

札幌へ行って参りました。もちろん遊びに行ったのではありませんけれども、
しかし帰りに支笏湖に寄って、温泉に入り、ゆっくりして参りました。

お世話になった北海道の先生方、ベネッセの皆さん、ありがとうございました。

北海道にはあまり知り合いがいませんで、友達がほしいなと前々から思って
いたのですが、お陰でたくさんの友達ができました。ありがとう!

北海道のいろんなところから集まった先生方から「ライティング(英作文)って
どういうふうに指導すればいいのかという話をしてほしい」という話があって、
それを中心にして、結局のところは長文とか文法とかの話までしました。

英作文力って、実は英作文の指導だけをしていても上がらないのです。

英語のみならず、言語って受信力と発信力を磨きながら総合的な力をつける
ということになるので、まずは受信力を身につけることが大事なのですね。

英語では受信力というのは読解力とリスニング力です。発信力は英作文力と
スピーキング力ですね。その両面を全て鍛えれば総合力がアップすると。

後者の力をつけるのに英作文の授業だけをしていればいいのか、あるいは、
英作文の問題集をしていればいいのか、というとまったく違います。

読解とリスニングを鍛えることです。それらの力を身につけてはじめて、英作
文の力やスピーキングの力を磨くことができるのですね。

有名なラーメン屋です

入試では英作文は得点源です。長文に比べるとレベルはあまり高くないし、
京大レベルの英作文でも満点近く取ることができます。

英作文の解き方については、全てこの本に書きました。お読み下さいね。

多くの学校で冬休みの宿題として生徒に課されているようです。中の解説は
すべて「英作文の解き方」について書きました。熟読してください。

でも解き方の前に、脳の中にデータベースを作らねばなりません。
データベースは単語や文法を勉強しながら作っていけばいいんですよね。

単語は単語、文法は文法と分けて考えるから英作文が伸びないのです。
単語と文法を勉強し終わったら、自然と英作文の力がついているのが理想。

そのための方法はずっと書き続けてきました。このブログでも書いてきた。
そういう話を北海道の先生方にさせていただきました。

帰ったら多くの先生方からメールを頂戴しておりました。これから返信します。
目から鱗でした!と書いてくださった先生もおられました。

それほど難しい話ではありません。教員に粘りがあれば、生徒がその方法を
知っていれば、普通にできることです。英作文は得点源なのです。

北海道の先生方、ベネッセの皆さん、ありがとうございました。

ご紹介した方法を使っていただき、生徒たちの英作文の力を伸ばして頂き、
生徒さんたちが全員!目標の大学に合格されることを祈念しております。

すみませんが、今日も愛のクリックをよろしく!(>_<)
  ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ!

(追記)13日(土)に豊中の少路小学校で講演を行います。
     一般の方々も参加できるということですので、よければご参加下さい。
     参加される方は文教委員の玉井さんまでご連絡下さい。
     090-7098-3195
     アクセスはモノレール少路駅から徒歩だそうですが、
     御堂筋線の千里中央駅からタクシーでもすぐなんだそうです。
     時間は13時半から15時までとなっております。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 日記  

kimutatsu

語彙力は語威力だ!

Posted on: 2008年12月5日(金) 9:44

やる気が出る言葉

鹿児島のラサール高校が『ユメタン』を採用して下さいました。担当の先生方、
本当にありがとうございます。心より感謝申し上げます!m(_ _)m

できれば高2の終わりまでに潰してもらえると、あとが楽になると思いますよ。
以前、NIMSELさんが書いておられたとおりです。

高2の終わりまでにちゃんと潰せば、阪大や名大、九大などの旧帝大レベル
の大学が見えてくると思います。

それから2月か3月に次作「難関国公立大・私立大レベル」が出ます。

それを夏の模試までにしっかりと潰してもらえれば、単語に関しては大丈夫。
早稲田や慶応を受験する人は、その後の「超難関大レベル」までやること。

受験生、頑張れ!(-^〇^-)

前々から言っているとおり、語彙力は「語威力」です。単語をあまり知らずに、
文脈からのみ判断するなんて無茶です。それでは伸びませんからね。

英語の苦手な人、偏差値が60に達しない人は、とりあえず『ユメタン①』の
レベルを確実に覚えることです。四の五の言わないで徹底的に覚えよう!

勉強法云々なんてのは、覚えてからの話です。まずは単語を覚えることや。

覚え方にもいろいろありますが、必ずやらねばならないのはいろんな方向から
覚えようとすることです。でないと、また忘れる!

dogって?と聞かれたら、普通は「犬」と即答できます。

ところが、dispatchは?と聞かれたら?

いろいろと考えているうちはまだまだです。う~んと考えているようでは語彙力
があるとは呼べません。これをすぐに「派遣」と答えるのが語彙力なのです。

そのためにはいろんな方向から覚える。

書いて覚える。声に出して覚える。英語から日本語に直して覚える。日本語から
英語に直して覚える。CDと一緒に発音する。CDを聞いてクイズに答える。

こういうことをしながら覚えるのです。

これを全部1冊だけでできるようにしたかったから、『ユメタン』を作ったのです。

語彙力をつけて、大学合格という目標を果たし、そして自分の夢を叶えましょう。

すみませんが、今日も愛のクリックをよろしく!(>_<)
  ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ!

(追記)13日(土)に豊中の少路小学校で講演を行います。
     一般の方々も参加できるということですので、よければご参加下さい。
     参加される方は文教委員の玉井さんまでご連絡下さい。
     090-7098-3195
     アクセスはモノレール少路駅から徒歩だそうですが、
     御堂筋線の千里中央駅からタクシーでもすぐなんだそうです。
     時間は13時半から15時までとなっております。

 

 


ACCESS COUNTER

Total 26198748 Hits!

▲PAGE TOP