KIMUTATSU BLOG
木村達哉のブログ「キムタツブログ」

kimutatsu

ジュンク堂書店福岡店さんにて

Posted on: 2018年12月25日(火) 22:05

junku_fukuoka03

ジュンク堂書店福岡店さんの様子です。福岡からの帰りに立ち
寄りました。担当の馬場さんにご挨拶するために。

junku_fukuoka02

本を出しても書店さんには置いてもらえないのが普通なのです。
まして自分の本のコーナーがあるなんてのは奇跡的なのですが
こうして展開してくださるのはありがたいことです。

junku_fukuoka01

ジュンク堂書店福岡店さんの4階です。

馬場さん、感謝しています。ありがとう。ありがとう。
また顔を出しますが、これからもどうぞよろしくお願いします。

受験生は授業と補習で疲れ果ててしまって、あまり書店さんに
足を向けないのです。学参コーナーで自分に合った本を探すと
いう人は少なくなったと思います。

でも自分に合った1冊を探すためにいろんな本を手に取ること、
そして中身を見て、続けられそうな本を選ぶことが大事です。

大切なのは継続ですからね。

書店員の皆さん、特に学参担当の方は、だいたい受験生と同じ
ように受験を経験した方がたですし、何より参考書や問題集に
関しては誰よりもよく知っている人たちです。

わからないことがあれば、相談してみればいいのです。

書店さんと上手く付き合うことが大事だと思っています。

ジュンク堂書店福岡店さんから気分を良くして帰宅しました。

また来年も何度となく九州には足を運びます。

皆さん、本当にありがとうございました!

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
博多駅に着いてエスカレーターを降りながら、少しずつ
ワクワクが大きくなってくるのを感じるのです。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 日記  

kimutatsu

少子化と学校経営

Posted on: 2018年12月24日(月) 19:14

05

九州は福岡から帰ってまいりました。非常に充実した勉強会で、
懇親会もおおいに盛り上がりました。

懇親会だけで33名の方々がご参加下さいました。勉強会参加者
の半数。こんなことはあまりありません。

上の写真は偏差値のグラフを示しながら、進学校は決して安泰
な存在ではないという説明をしているところです。
もちろん偏差値40前後の私学は10年後にはかなり厳しい経営の
状態になります。子どもが激減するからです。

九州や沖縄はあまり減りません。

でも恐らく激減する近畿や中国地方の私学が九州や沖縄で生徒
募集をすることになるでしょう。なにせ大阪だけで52校分の
生徒が今よりも少なくなり、それぐらいの学校が消えますから。
(今から10年後の話です。2040年頃にはさらに減ります。)

そもそもいない生徒を奪い合っても意味がありません。だから
近畿地方や中国地方の私学は九州や沖縄で募集をすることに
なるんじゃないかなと思っています。

では学校として、教員として、どういうことをしていくべきか
という話をさせていただきました。

のんびりしていると教員のポジションはなくなります。

それは公立と言えども同じです。学校は合併するでしょうけれ
ども、教員の数が余ると、教壇に立てる人の数は限られます。

自分をどうやって鍛えるのかという話と、学校として、管理職
として、どういう姿勢でいなければならないかというような話
もさせていただきました。

厳しい話にはなりましたが、現実を直視することは大事です。

多くの先生方から「来てよかった」と言ってもらいました。

こちらこそ感謝しています。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました!
塾や予備校もいっそう厳しくなりますが、お互いに
頑張っていきましょう。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 教育全般  

kimutatsu

九州で学んでいます

Posted on: 2018年12月23日(日) 15:24

03

現在、東福岡高校におります。教員や塾の関係者、出版社や
企業が一堂に会しまして、勉強会をしております。

チームキムタツの九州支部が主催です。

02

01

まずは英語教師塾。東福岡高校の上村先生とラ・サール高校の
丸山先生が公開授業をしてくれました。お疲れ様でした。

上村先生は英語表現の指導をどうするか。

丸山先生は英作文、特に日本語の加工に特化した授業の方法。

04

現在は久留米大附設中・高の大藪先生が講演をしています。
生徒たちが本当の力を身につけるためにどういった指導を
しなければならないのかという話をしてくれています。

これが終わると僕の番です。

僕はこれから日本は少子化が進んでいくのですが、学校が
どうやって進学実績を伸ばすのか、そして教員としては
どのような勉強をしていくのかという話をします。

67名が出席。

そして懇親会が33名。

半数が懇親会までいらっしゃって、勉強をされるのです。

九州、さすが。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
大藪君も丸山君も、しゃべるの上手くなったなぁ。

 


kimutatsu

沖縄、200名を超えました

Posted on: 2018年12月22日(土) 7:21

024

12月29日、おきなわ学びのネットワーク主催で無料勉強会を
開催するのですが、報告があって200名を超えたそうです。

え、200名???

まじか?

それはめちゃくちゃ嬉しいが・・・

興南の視聴覚教室のキャパを超えてるんちゃう?

009

会場は興南高校。でも那覇市や浦添市だけではなく、県北や
石垣島からも中学生と高校生たちがやってきますねん!

鉄道がない沖縄では異例の多さです。

すっごい。ものすごい。

沖縄の生徒たち、めちゃくちゃ勉強したい気にさせてやるぜ。
終わったら書店さんに飛んでいきたい気持ちにさせてやるわ。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました!
今日は福島学びのネットワーク主催の勉強会を相馬で行います。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 沖縄  

kimutatsu

打ち合わせ

Posted on: 2018年12月21日(金) 9:37

05

フリーの編集者の方が僕のセミナーに参加しておられましてね。

終了後にご挨拶にいらっしゃいました。

内容的に非常に感動したので、書物にして遺したいが、出版社
にかけあっていいでしょうかというものでした。

拒否する理由があろうわけがありませんわな。

でもすっかり忘れていたんですよ。そうしたら彼女から連絡が
ありまして、ある出版社が興味を示しているとのことでした。

まだこれから打ち合わせなのでどうなるかわからないのですが、
そして他にも出版計画が少なくとも10冊はありますので、
今後の執筆計画を立て直さないといけないのですけれども、
そのフリーの編集者がいろんな出版社をまわってくれたことを
想像すると、その気持ちが嬉しいとともに、なんだかんだ言って
情熱ってスピードに表れるものなので、彼女の速さが嬉しいのです。

そう遠くないうちに、新刊のご報告ができると思います。

打ち合わせを楽しみにしているのですが、まさに今日、福島に移動
する前に、その編集者が我が家に来るそうですので、話を聞きます。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました!
現在著作が65冊ですが、数年後には100冊を超えます。
20年後(僕は74歳)に200冊を超えます。
皆さんに愛される本を創り続けようと思っています。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 日記  

kimutatsu

明日から福島

Posted on: 2018年12月20日(木) 21:35

fukushima14

明日から福島です。教育支援のボランティア。チームキムタツ
の先生方が多数ご参加下さるのが嬉しい。

ボランティアって力仕事だけじゃないんですよ。

こういう形での支援もできるのです。

灘の生徒が「僕も参加したい」と言ってくれました。今の高1。

彼には「大学に入ったら、東大生として来い」と言いました。

福島、以前は今みたいに東大に合格者が出ていなかったんです。
その意味では僕は自分の活動と福島の子たちの頑張りを誇りに
思っていますし、僕の教え子たちが有形無形の協力をして
くれたことに感謝しています。

灘だけが東大に入るのではなく、灘の教員や生徒たちの協力で
他の都道府県の生徒たちも東大に入り、世界のために勉強を
するというのが一番いいと考えています。

そんなわけで、明日から福島です。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました!
明日は読売ジャイアンツの鈴木コーチのご実家で焼肉です。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 日記  

kimutatsu

京都

Posted on: 2018年12月19日(水) 22:30

02

「そうだ 京都、行こう」というのは太田恵美さんの代表作で、
コピーライターの本領発揮とも言うべきコピーですよね。

こういう短いコピーにも起承転結はあります。

読点(、)の位置も絶妙。

これが「そうだ、京都行こう」では駄目なのです。

その京都に行ってまいりました。

01

京都と言えば、駅を降りた瞬間に僕たちを見降ろす京都タワー
ですよね。いくら阿倍野ハルカスだの、東京スカイツリーだの
言っても、京都タワーと通天閣と東京タワーには勝てない。

今日の午後に終業式が行われまして、それが終わってから京都
に行ってまいりました。

驚異的な旧さとアバンギャルドな新しさが同居する京都の街並み
は、時として外国人観光客に媚びてはいるんでしょうけれども
1本、道を入ったところはやはり京都です。

ゆっくりさせていただきました。

明日から冬休みです。

生徒たちには「机上の勉強では得られない経験値を高めるように」
と申し上げましたが、教員である僕自身がしっかりと経験値を
高めるよう行動しようと思っております。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
いつもは芋焼酎か泡盛なのですが、どうも古都に絆され、
今日は熱燗でございました。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 日記  

kimutatsu

『4技能を伸ばす必須英文法演習』のご紹介

Posted on: 2018年12月18日(火) 12:55

06

期末考査を返却し、あとは明日の13時から終業式が行われる
のを待つのみとなりました。冬休みが始まります。

英語に関してはみんなよく頑張ってくれました。

今まであまり頑張れていなかった生徒たちも、さすがにもう
実質的に入試まで2年を切りましたからね。いつも40点を
切ってばかりの生徒たちも頑張っていました。ガッツポーズ
をしている生徒たちがけっこういました。

この調子で入試まで頑張ってもらいたいものだ。

71

さて、著者の佐藤先生が『ユメブン⓪』の共著者だから言う
わけではないけど、この本はとてもいい本だと思っています。

単なる英文法ではなく、「読む」「聞く」「書く」「話す」
ために英文法を勉強することがよくわかります。

僕の『5Stage英文法完成』や『英語反復トレーニング』も
同じコンセプトの本ですが、それらは学校専売品なので
書店さんでは手に入れることができないんです。

この『4技能を伸ばす必須英文法演習』は書店さんに並んで
いる本ですので、大人が英語力を伸ばすのにも最適です。

本当にいい本だと思ったので、紹介させていただきました。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
「ブログで紹介してください」といってたくさん本が
送られてくるのですが・・・
この本は実にいい本ですので、ブログで紹介しました。

 


kimutatsu

『蛍雪時代』と大意要約

Posted on: 2018年12月17日(月) 12:29

69

旺文社から『蛍雪時代』1月号が送られてきました。連載を
させていただいている関係で、毎月送ってくださるのです。

けっこうちゃんと読んでおります。

僕は英語の勉強法について書いております。

70

今月号は「センター試験全力特集!」な号なのですけれども、
僕のコラムは大意要約をどのようにやっつけるかについて。

大意要約、得点源なのです。

東大の大問1などは10分程度でまとめられます。

でも方法を知らない人にとっては難問になるのではないかと
思っています。日本語の大意要約もできない人、多いですし。

『蛍雪時代』のコラムが役に立てば嬉しく思います。

国公立大学、大意要約と自由英作文を出題する大学が極めて
多くなりましたが、これも当然の流れだと思っています。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
ちなみに2月号では自由英作文について書きました。
ミスのない英語をかけば大丈夫だと思っている人は
大きな間違いですので、2月号を参考にしてください。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 本の紹介  

kimutatsu

精神のカタルシス

Posted on: 2018年12月16日(日) 20:41

069

左から、酒井社長(ネクストステージ社)、湯本店長(紀伊國屋
書店梅田本店)、僕、渡邉部長(紀伊國屋書店梅田本店)です。

今年のうちに80台で回るという目標を立てていたのですけれども
残念ながら来年に持ち越されることになりました。

今年の最高は95でした。

今日はちなみに54 – 48 の102。

あそこを冒険しなければなぁとか、後から後悔するのですけれども
まぁ今さら言ってもしょうがありません。

来年の目標の1つに、また「80台で回る」を書くことにします。

 

 

今日もブログにおいで頂き、ありがとうございました。
ほんまにゴルフって難しいけど面白いですね。

 


投稿者: kimutatsu  |  カテゴリー: 日記  

ACCESS COUNTER

Total 26487667 Hits!

▲PAGE TOP